<報道資料>

プレスリリース 目次
2000年 9月 28日

新商品

ビデオやインターネットなどをワイヤレスで楽しめる
AVとITを家電感覚で使いこなす新コンセプトの“パーソナルITテレビ” 発売

IDT-LF1

パーソナルITテレビ“エアボード”『IDT-LF1』  右:ベースステーションとモニター一体時



 ソニーマーケティング(株)(社長:林 誠宏、本社:東京都港区)は、ワイヤレス技術や簡単操作により、家中のどこからでもテレビ放送やビデオの他、電子メールやインターネットも手軽に楽しめるパーソナルITテレビ“エアボード”『IDT-LF1』を発売します。

型名発売日価格(税別)
パーソナルITテレビ“エアボード”
『IDT-LF1』
12月1日オープン


 本機は、タッチパネル付き10.4型液晶パネルを搭載したモニターと、インターネットや電子メール、テレビ放送やビデオなど多彩な情報とつながるベースステーションで構成された、全く新しいコンセプトのエンターテインメントシステムです。最新ワイヤレス通信技術、インターネット通信技術やデジタル動画圧縮技術(MPEG2)を採用し、ベースステーションとモニター間で動画を伝送します。これにより、モニターを持って移動すれば、インターネットやテレビ放送、ビデオを家中のどこからでもタッチパネルの簡単操作で楽しむことができます。また、家族が各々メモリースティックを持つことで個別にメールを管理できる“ミーメール機能”や、デジタルカメラなどで撮影した静止画見たりすることができる電子アルバム機能を搭載しています。
 本機は、既存の情報機器にはない家電感覚の手軽さや使い勝手を実現することで、社会的に認識されつつあるデジタル・デバイド(情報格差)を解消し、PCを使ったことがなくても様々な情報に手軽にアクセスすることが可能となり、新しいネットワーク利用の可能性を大きくするものです。当社は、本機を「ホームモバイル」という新しいコンセプトのもと、IT(情報技術)の普及に貢献すべく広く訴求していきます。


●主な特長


1.ワイヤレスでテレビやビデオ、電子メールやインターネットを楽しめる
AV端子やTVアンテナ入力、モデム端子などを備えたベースステーションと、10.4型液晶パネルを搭載したモニターの2ピース構成。その間の伝送には最新のワイヤレス通信技術やデジタル圧縮技術を採用し、モニターを持って移動できるので、家中いろいろなところでテレビ放送やビデオ、インターネットや電子メールを楽しむことが可能です。

2.ネットワークへの簡単アクセス
ご家庭の電話回線をベースステーションに接続してネットワークに接続、電子メールの送受信やホームページの閲覧が行えます。また、パソコンのような複雑なネットワーク接続の設定は一切不要。ダイヤルするだけでネットワーク接続設定を自動的に行いますから、簡単にインターネットに接続することができます。

3.家電感覚の手軽さや使い勝手を実現
・ チャンネル切換でインターネットや電子メールを表示
 モニターにタッチパネルを搭載し、画面の切換がインデックス画面によりワンタッチで選択できます。テレビのチャンネルを切り換えるのと同じようにインターネットや電子メール、電子アルバムを楽しめます。
・ 2つのメディアを同時に表示することも可能
 インターネットなどをやりながら、子画面でテレビ放送やビデオを見ることができます。
・ 画面上のリモコンでAV機器の操作が可能
 ベースステーションの外部入力端子にビデオやデジタルCSチューナー、DVDプレーヤーなどを接続すれば、モニター画面上のリモコンにより、これらの機器の操作ができます。

4.使い勝手を追求したメール機能
・ メモリースティックによる“ミーメール/ミーインターネット”機能
 個人用メモリースティックを持つことにより、使用時に挿入するだけで、自分専用のメール環境/インターネット環境で使用できます。家族が各々でメールを管理することができますので、プライバシー保護に役立ちます。
・ タッチパネルを搭載
 画面に直接タッチして、簡単に操作できます。
・ 予測入力方式の採用
 文字の入力に、ソニー独自の予測入力機能を採用。文字を入力するとその文字から単語を予測しリスト化。その単語に付随するフレーズも予測・表示しますから、リストから語句を選択することにより、キーボード操作に慣れていない方でも簡単・迅速に入力できます。
・ 画像貼り付けも簡単
 メモリースティックなどからの画像貼り付けも簡単に行えます。

5.電子アルバム機能
デジタルカメラなどの画像(JPEG、GIF、BMPなど)をメモリースティックで取り込めばアルバムを作成することが可能。画像を、全画面表示、サムネイル形式(縮小サイズ画像)による多画面表示できます。また、メールで送られてきた画像もアルバムに保存できます。




●主な仕様

TV受信方式NTSC方式
TV受信チャンネルVHF 1〜12ch/UHF 13〜62ch、
液晶パネル10.4型、透過型 TFT/アクティブマトリックス (800×600ピクセル)
有効画面寸法 21.1×15.8cm(幅×高さ)、26.4cm(対角)
音声部フルレンジ4×2.8cm楕円×2(左右1個ずつ)
音声実用最大出力(EIAJ) 1W+1W
入出力端子
     ベースステーション





          モニター
 
アンテナ端子×1(75Ω、F型)
ビデオ入力×1(映像:ピンジャック、音声:ピンジャック×2ステレオ)
電話回線×1(モジュラージャック)
AVマウス出力×1(ミニジャック)

メモリースティックスロット×1
ヘッドホン端子×1(ステレオミニジャック)
キーボード端子×1(PS/2)
無線通信変調方式DS-SS(IEEE802.11b準拠)
無線通信距離約30m(屋内)*使用環境によって異なります
モデム56kbpsモデム(V.90準拠)
メモリーベースステーション:RAM 16MB/ROM 8MB
モニター:RAM 32MB/ROM 16MB
消費電力ベースステーション:約10.5W(モニター使用時)
          約8.7W(モニターOFF時)
          約19.9W(モニター充電時)
モニター:約14.8W
電源ACパワーアダプター使用時:AC100-120V、50/60Hz
リチウムイオンバッテリー使用時:1800mAh
電池使用可能時間電池使用可能時間(モニター):約1時間 *付属バッテリー使用時
別売バッテリー使用時:約3時間
質量ベースステーション:約1.0kg
モニター:約1.5kg(付属バッテリ-を含む)
最大外形寸法ベースステーション:23.9×12.0×14.8cm(幅×高さ×奥行き)
モニター:32.0×20.4×3.9cm(幅×高さ×奥行き)
付属品1時間用バッテリー(1)、ACパワーアダプター(ベースステーション用:1)、タッチペン(1)、
モジュラーテレホンコードカプラー(1)、テレホンコード(1)、アンテナ分配器(1)、AVマウス(1)、
クリーニングクロス(1)、取扱説明書  ほか
別売アクセサリーACパワーアダプター(モニター用)『AC-LF1M』3,500円
3時間用バッテリー『BP-LF2』15,000円
AVマウス『VM-50』2,500円
プラグアダプタ『PC-230M』900円


※お客様からのお問い合わせ:
ソニーマーケティング(株) お客様ご相談センター
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル)、03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
※ ソニードライブ(ホームページ):
URL http://www.sony.jp/airboard/


◆インデックス画面例
index
◆ビデオ画面例(リモコン表示)
video
◆ インターネット画面例(子画面表示)
internet
◆メール入力画面例(予測入力機能)
mail
◆ アルバム画面例(一覧表示)
album