<報道資料>

プレスリリース 目次

2002年 8月 20日

 

新商品


コンパクトで置き方が自由に選べるDVDプレーヤーと、
MPEG-2 AACやドルビープロロジックIIに対応したホームシアターシステム 発売

〜統一したデザインで、組み合わせれば、より一体感のあるホームシアターシステムに〜

 
 CD/DVDプレーヤー『DVP-F25』シルバー(左)、ホームシアターシステム『HT-K25』(右)




 ソニーマーケティング株式会社は、コンパクトで3通りの置き方(縦置き、横置き、正面置き)ができ、壁にかけても※1使用可能なCD/DVDプレーヤー『DVP-F25』と、音声圧縮方式のMPEG-2 AACやドルビープロロジックII対応のデコーダーをサブウーファーに内蔵し、BSデジタル放送の5.1ch音声の再生が可能で、音楽CD等の2chステレオ音源を、1chで再生して楽しめるホームシアターシステム『HT-K25』を発売します。
 両機はデザインを統一しており、組み合わせることで、より一体感のあるホームシアターシステムとしてご利用いただけます。

型 名 発売日 希望小売価格 カラー 当初月産
CD/DVDプレーヤー
『DVP−F25』
10月21日 オープン価格 シルバー
ホワイト
10,000台
ホームシアターシステム
『HT−K25』
シルバー 5,000台

 『DVP-F25』は、DVDビデオや音楽CD(CD-DA)をはじめ、様々なディスクメディアの再生が可能です。ビデオモードで記録したDVD-RW/Rディスク、音楽用(CD-DA)・ビデオCDフォーマットで記録されたCD-RW/Rディスク、およびCD-RW/Rディスクに記録したMP3音声などにも対応しています※2。MP3音声再生時に、アルバム名とトラック名をそれぞれ別の選択画面で表示できる「MP3ブラウザ※3」を搭載し、目的の曲名をすばやく探し出すことが可能です。
また、ディスク6枚分まで再生を停止した個所を記憶する「つづき再生※4」機能を搭載。
これは、ディスクを入れ替えても停止個所から続きを楽しめる便利な機能です。
 本体色は"シルバー"と"ホワイト"の2種類をご用意しました。本体正面に、電源オン時に青色に光るイルミネーションをほどこし、インテリアとしてもお洒落にお楽しみいただけます。
 『HT-K25』は、システムのコントロールを行う本体(コントロールセンター部)と、5.1chのアンプ及びデコーダーを内蔵したサブウーファー、5本のスピーカーをパッケージにしたコンパクトなホームシアターシステムです。
サブウーファーに内蔵のアンプ部には、ソニー独自の"S-masterデジタルアンプ"を搭載しています。音声信号処理をフルデジタルで行うため音質の劣化が極めて少なく、高音質で迫力のある音声をお楽しみいただけます。また、デコーダーは、5.1chドルビーデジタル及びDTS、MPEG-2 AAC、ドルビープロロジック?に対応しています。
音声圧縮方式MPEG-2 AAC対応により、BSデジタル放送の5.1ch音声を再生できます。
またドルビープロロジック?によって、音楽CD等の2chの音源を5.1chで再生して、お楽しみいただけます。
本体は、場所にあわせて、縦置き・横置き・正面置きと自由に設置でき、壁にかける※1ことも可能です。本体パネルの文字表示は、縦置き・横置きに合わせて水平に変えることができます。


『HT-K25』(左)と『DVP-F25』(右)を組み合わせて縦置きに設置

*ドルビーデジタル、ドルビープロロジック?は、米国ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
*DTSは、デジタルシアターシステムズ社の登録商標です。




●『DVP-F25』の主な特長

1.3通りの置き方を可能にしたデザインと、選べる2色のカラーバリエーション
本体はコンパクトで縦置き・横置き・正面置きの3通りの置き方ができるデザインを採用しています。また、背面には壁掛け用の穴を設け、プラズマテレビ、液晶テレビなどとあわせて壁掛け設置も可能です。本体カラーは、シルバー・ホワイトの2色を用意。お好きな色やお部屋のインテリアに合わせて選択できます。
本体正面には、電源オン時にブルーに光るイルミネーションを設け、デザインにアクセントをつけています。また、各端子の接続部分を隠すジャックカバーを装備し、すっきりとしたケーブル処理が実現できます。
2.スロットイン方式の採用
置き方に関わらず、ディスクを軽く押すだけで、流れるように内部に滑り込み、自動的にディスクローディングできるスロットイン方式を採用しています。
3.テレビバーチャルサラウンド+ドルビーデジタル/DTS対応光デジタル音声出力端子搭載
ソフトの種類や視聴環境、好みに合わせて選べる4つのサラウンドモード(スタンダード/ダイナミック/ワイド/ナイト)を用意しています。DVDソフトに収録されているサラウンド音声をもとに、テレビのステレオスピーカーだけでも迫力のサラウンドがお楽しみいただけるテレビバーチャルサラウンドを搭載しました。さらに『HT-K25』など、ドルビーデジタル/DTSデコーダー内蔵のAVアンプおよびスピーカーシステムとの組み合わせにより、5.1chサラウンドへのシステムアップも可能です。

4.より高画質な映像が楽しめるD1出力端子装備

D端子付きのテレビやモニターと、ケーブル一本(別売り)で簡単に接続。高画質なコンポーネント映像をお楽しみいただけます。
 
5.コントロールS入力端子装備
コントロールS端子を搭載したソニーのテレビなどと接続すれば、本機のリモコン信号をテレビ側でうけとることができ、本機が視聴場所から離れていても快適にリモコン操作ができます。


●『HT-K25』の主な特長

1. コンパクトなワンパッケージシステム
システムのコントロールを行うコントロールセンター部本体と、5.1chアンプおよびサラウンドデコーダーを内蔵したサブウーファー、5本のサテライトスピーカーをワンパッケージにしました。幅196×高さ60mmのコンパクトなコントロールセンター部本体は、縦置き・横置き・正面置き・壁掛けと、設置スタイルに合わせて自由にレイアウト可能です。本体表示の向きも、縦置き・横置きに合わせて変えることができます。
デザインを合わせたCD/DVDプレーヤー『DVP-F25』と組み合わせることで、省スペースでデザインに一体感のあるホームシアターシステムをお楽しみいただけます。
2.MPEG-2 AACとドルビープロロジック?に対応
ドルビーデジタル・DTSに加え、MPEG-2 AACとドルビープロロジック?デコーダーを搭載。
DVDビデオの高音質はもちろん、BSデジタル放送の5.1ch音声や、音楽CD等の2chの音源も5.1chで楽しめます。
3.S-masterデジタルアンプ搭載
サブウーファー部に内蔵したアンプには、サテライトスピーカー用50W×5chと、サブウーファー用90Wの大出力を実現する"S-masterデジタルアンプ"を採用。コンパクトなシステムながら、迫力あるサウンドを高音質で楽しめます。

4.デジタルシネマサウンド(シネマスタジオEXモード)を搭載

独自のDSP技術により、ご家庭で映画館の音場を再現するデジタルシネマサウンド「シネマスタジオEX」モードを搭載。DVD映画ソフト再生時に、このモードを選ぶだけで、映画館特有の残響、バーチャル・3D技術を駆使して生成した仮想のマルチリアスピーカー、スクリーン方向の奥行き感を加え、映画館の音場がご家庭でお楽しみいただけます。

●パッケージ構成 : コントロールセンター部(本体)、5.1chアンプおよびサラウンド
デコーダーを内蔵したサブウーファー、フロントスピーカー×2、
センタースピーカー、リアスピーカー×2のセット
●付属品 : ワイヤレスリモコン、コントロールセンター部接続ケーブル、
スピーカーケーブル(3.5m×3、10m×2)、光ケーブル、
コントロールセンター専用スタンド





●主な仕様
『DVP-F25』
形式 CD/DVDプレーヤー
信号形式 JEITA標準、NTSCカラー方式
水平解像度 約500本
音声周波数特性 DVD(PCM96kHz再生時):2Hz〜44kHz(±1.0dB)※5
DVD(PCM48kHz再生時):2Hz〜22kHz(±0.5dB)※5
CD:2Hz〜20kHz(±0.5dB)※5
音声S/N比 115dB※5(AUDIO OUT L/R端子のみ)
音声高調波ひずみ率 0.003%※5
音声ダイナミックレンジ DVD:103dB※5 CD:99dB※5
ワウ・フラッター 測定限界(±0.001% W PEAK)以下※5
出力端子(映像系)
コンポーネント映像
S映像
コンポジット映像
D1端子1系統
1系統
1系統
出力端子(音声系)
光デジタル
アナログ(L/R)
1系統(ドルビーデジタル、DTS、リニアPCM)
1系統
電源 AC 100V、50/60Hz
消費電力 9W(待機時:0.2W)
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 196×61×265(mm)(最大突起部含む)
質量 約1.8kg


『HT-K25』 (本体:コントロールセンター部)
入力端子
光デジタル入力
同軸デジタル入力
アナログ入力
2系統
1系統
2系統
外形寸法(W×H×D) 196×60×269(mm)
質量 約1.1kg

『HT-K25』 (5.1chアンプ内蔵サブウーファー部)
周波数特性 20〜20kHz
SN比 84dB (アナログ)
90dB(デジタル)
実用最大出力(JEITA、フロント/センター/リア6Ω、サブウーファー3Ω)
総合340W:フロント50W+50W、センター50W、リア50W+50W、サブウーファー90W
使用ユニット(サブウーファー) 16cmコーン、防磁型
公称インピーダンス(サブウーファー)
実効周波数帯域(サブウーファー) 30〜200Hz
電源 100V AC、50/60Hz
消費電力 約45W
待機時消費電力 0.6W以下
外形寸法(W×H×D) 224×318×344(mm)
質量 約7.1kg

『HT-K25』(サテライトスピーカー部)
  フロントL/R、センター、リアL/R
使用ユニット 5.7cmコーン、防磁型
公称インピーダンス
実効周波数帯域 130Hz〜20kHz
外形寸法(W×H×D) 77×115×89mm
質量 約0.5kg

 

※1: 壁掛けには市販のネジを使用。壁の強度等は事前に確認が必要です。
※2: DVD-RW/DVD-R/CD-RW/CD-Rドライブで記録されたディスクには、傷や汚れ、また記録状態・記録条件が原因で再生できないものがあります。VRモードで録画されたディスクは再生できません。
また、すべての記録終了時に終了情報を記録するファイナライズ作業をしていないディスクは再生できません。詳しくは、レコーダーの取扱説明書をお読みください。パケットライト方式で記録したディスクは再生できません。
※3: アルバム/トラック選択画面で表示できる文字は、アルファベットまたは数字のみです。
それ以外の文字は「*」で表示されます。
※4: つづき再生機能は、DVDビデオ、ビデオCDのみ有効です。
※5: JEITA(電子情報技術産業協会)の規格による測定値です

 

※お客様からのお問い合わせ先 :ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター
  TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル) 03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
※ソニードライブ URL http://www.sony.co.jp/SonyDrive







本商品は、ソニードリームワールド2002で展示されます。

− 「Sony Dream World 2002」の概要 −

日 時:
2002年9月 14日(土)10:30〜18:00
15日(日)10:30〜17:00
会 場: パシフィコ横浜 展示ホール
入場料: 無 料
お問合せ先ナビダイヤル
携帯・PHSからは
 0570-001800
 0466-31-5090

「Sony Dream World 2002」の広報発表文はこちら
「Sony Dream World 2002」のホームページはこちら