報道資料
総合トップ会社案内 プレスリリース
サイト内検索

2005年 2月 1日

新商品

持ち運びに便利な小型ワイド7V型の液晶モニターで、
海外でも日本のテレビを視聴できる“ロケーションフリーテレビ” 発売
sony
“ロケーションフリーテレビ” 『LF-X5』
<タッチパネル付き液晶モニター>と<ベースステーション>



 ソニーマーケティング株式会社は、持ち運びに便利な小型ワイド7V型の液晶モニター(幅20.6cm×高さ11.8cm×奥行2.6cm)で、テレビ・インターネットをはじめとする多機能を搭載し、海外でも日本のテレビ放送を視聴できる、ロケーションフリーテレビ『LF-X5』を発売します。
  本機は、家中の好きな場所で視聴できます。また外出先からでも、ブロードバンド環境(有線LAN環境)に加え、無線LAN環境のあるオフィスや、無線LANアクセスポイントが設置されたレストラン、ホテルなどの施設(公衆無線LAN)での使用により、自宅のベースステーションに入力したテレビ放送などをリアルタイムで視聴できます。本機を旅行先や出張先に持ち出して、手軽にお楽しみいただけます。

型 名 発売日 希望小売価格
ロケーションフリーテレビ 『LF-X5』
3月10日 オープン価格

 ロケーションフリーテレビ『LF-X5』は、ワイド7V型の液晶モニター部と本体部(ベースステーション)で構成され、双方の通信に5GHz帯ワイヤレス規格の無線技術(IEEE802.11a)と2.4GHz帯のワイヤレス規格の無線技術(IEEE802.11b / IEEE802.11g)に対応する“デュアルHi-Bitワイヤレス”を採用しています。
 通信環境に応じて、5GHz帯と2.4GHz帯のワイヤレスチャンネルを自動的に切り替えることができる“デュアルバンドオートスキャン”機能の搭載により、より安定した映像をお楽しみいただけます。
 また本機は、有線LAN環境及び、無線LAN環境での使用が可能で、旅行先や出張先に持って行ったモニターから、自宅のベースステーションに入力したテレビ放送や接続したDVDレコーダー、「スカイパーフェクTV!」チューナー等の映像をリアルタイムで視聴できます。
 なお、ベースステーションとモニターは1対1で機器認証され、伝送されるデータは暗号化されています。
 加えて、高画質テレビに採用されている映像信号処理回路(三次元Y/C分離回路)や、通信状態を安定させるためにデータ品質を保証する技術(Quality of Service)を採用しているため、ノイズの少ない鮮明な画像を再現できます。
 ロケーションフリーテレビは、12.1V型『LF-X1』(既発売)に、さらにコンパクトになった小型ワイド7V型『LF-X5』の商品ラインナップを加え、“お風呂”から“海外”まで、お好きな場所でテレビ放送やDVDなどを楽しめる、ブロードバンド時代における新しいテレビの視聴スタイルを提案します。

 ※: お風呂でお使いいただくには、別売のお風呂ジャケットが必要です。お風呂ジャケットは『LF-X1』のみ装着できます。

●主な特長

1、海外からでも日本の自宅のテレビやDVD/ビデオをリアルタイムで視聴できる“NetAV”機能
自宅に設置したベースステーションに、テレビアンテナ、DVDやビデオ機器、「スカイパーフェクTV!」チューナーなどとインターネットを接続し、付属のモニターを出張先や旅行先に持って行けば、モニターをインターネットに接続することにより、自宅のベースステーションに接続したテレビ放送や接続機器の映像を、外出先から手軽に、リアルタイムで楽しめます。(“NetAV”機能)
テレビのチャンネルや接続機器は、モニターの画面上でリモートコントロールできます。
家の中だけに限定されていたテレビの楽しみをさらに広げる“ロケーションフリー”を実現しました。
* “NetAV”の用途は個人使用を目的としています。
* “NetAV”の使用時は、ブロードバンド回線に接続してご使用下さい。
※ 実際の放送に関しては、多少の遅れが生じます。

2、公衆無線LANに対応
モニターは、街中のカフェや空港、駅などで提供されている公衆無線LANにも接続可能です。
今後、公衆無線LANの設置場所が増えていくにつれ、“NetAV”機能を使用したロケーションフリーテレビの楽しみがさらに広がります。

3、IEEE802.11a /IEEE802.11b/IEEE802.11g対応の「デュアルHi-Bitワイヤレス」と送信時のデータ品質を保証する「QoS(Quality of Service)」による、高品質で安定したワイヤレス伝送を実現
5GHz帯の「IEEE802.11a」と2.4GHz帯の「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」を採用。
2.4GHz帯で3CH、5GHz帯で4CHと最大7CHのワイヤレスチャンネルから、通信環境に応じて最適なワイヤレスチャンネルに自動的に切り替わるため、安定した映像をお楽しみいただけます。

4、持ち運びに便利な小型・軽量のモニター
モニターは、単行本サイズ(A5)で、奥行2.6cm、質量約575g(バッテリー含む)と薄型・軽量なため、手軽に持ち運ぶことができます。
外出先や出張先にモニターを持って行き、手軽にテレビ放送の視聴やインターネットへの接続が可能です。
※ 奥行と質量は、Sバッテリー(BP-LX5A)装着時。

5、モニター画面上のタッチパネルリモコンで、DVDレコーダーなどをどこからでも遠隔操作し、視聴可能
モニター画面にはタッチパネル方式を採用し、画面上に表示されるリモコンに触るだけでテレビのチャンネル切替えや、離れた部屋に置いてあるDVDレコーダーなどのAV機器をコントロールして視聴可能です。

6、インターネット機能、メール機能を搭載
インターネットに接続でき、お好みのウェブサイトをモニター画面上のタッチパネル操作で簡単に閲覧できます
ウェブサイト上にある、PDFファイルも表示可能です。
メール機能も搭載し、予測入力変換(POBox)に対応したタッチパネルキーボードにより簡単に文字入力ができます。
※ サイトによって閲覧できない場合もございます。

7、その他の機能
充電式バッテリー駆動の液晶モニター
モニターは充電式バッテリー駆動により電源アダプターがなくても、自由に持ち運んで使用可能です。

画面キャプチャー機能
モニターに表示されているテレビ放送やビデオ映像、ホームページのなどの画像を、そのまま静止画としてアルバム機能に保存できます。
保存した画像は、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。

メモリーカードインターフェース
コンパクトフラッシュカードスロットを搭載。
静止画を閲覧できるアルバム機能を利用すれば、デジタルカメラなどで“メモリースティック デュオ”をはじめとする、各種メモリーカードに記録した画像を閲覧できます。
メモリーカードの種類に合わせて、対応するコンパクトフラッシュカードアダプターが必要になります。
コンパクトフラッシュカードアダプターは、別売です。
動作確認済みの各種メモリーカードやアダプターについては、後日ホームページにてご案内致します。
(URL:http://www.sony.jp/airboard/

ワイヤレスLANアクセスポイント機能
ベースステーションにアクセスポイント機能を搭載し、「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」のワイヤレスLAN接続に対応。
対応機種については、後日ホームページにて御案内致します。
(URL:http://www.sony.jp/airboard/

◆先行展示予定
本商品の先行展示を2005年2月2日(水)より、下記会場にて行います。
  「ソニービル ソニーショールーム(東京・銀座)」
  「メディアージュ ソニースタイル(東京・お台場)」
  「ソニースタイルストア(大阪・梅田)」

商品名とLocationFreeTV ロゴについて

デジタルネットワーク時代の新しいライフスタイルの創造に向けて、『LF-X5』より商品名を従来の“エアボード”から“ロケーションフリーテレビ(LocationFreeTV)”とし、新しいロゴを採用します。

1、商品名“ロケーションフリーテレビ(LocationFreeTV)”
“世界中どこでもリアルタイムの映像を楽しむ”をコンセプトに、商品名を“ロケーションフリーテレビ(LocationFreeTV)”とします。これにより、北米と商品名が統一され、ワールドワイドでの“ロケーションフリーテレビ(LocationFreeTV)”の確立を目指します。

2、ロゴ LocationFreeTV
ロゴマークは地球をモチーフに、“LF”という文字から形成されています。“大きい緑の丸”は地球を表し、その内部にある“白い丸と線”は、地球上に張り巡られた様々なネットワークを表しています。これが“LF”の文字を形成することで、ネットワークにつなげ「ロケーションフリー」に楽しむライフスタイルを表現しています。
また、右の二つの“小さい緑の丸”は衛星を表し、様々なAV,IT機器(衛星)が、ワイヤレスやネットワークを通じてLocationFreeTV(地球)につながることで、LocationFreeTVを中心として、今後、様々なAV,IT機器で「ロケーションフリー」なライフスタイルが楽しめることを表現しています。




●主な仕様

型名
LF-X5
システム
 
 
 
 
 
 
 
 
テレビ受信方式
NTSC方式
テレビ受信チャンネル
VHF: 1〜12ch UHF:13〜62ch CATV:C13〜C63
画面寸法
ワイド7型 152×91mm(幅×高さ)
表示方式
透過型TN液晶パネル
駆動方式
TFT(薄膜トランジスタ) アクティブマトリクス駆動方式
有効画素率
99.99%
有効画素数
WVGA 水平800ドット・垂直480ライン
スピーカー
15×15mm 丸型×2(左右1個ずつ)
音声出力
実力最大0.5W×2(JEITA)、8Ω
ベース ステーション部
 
 
 
 
 
VHF/UHF端子
VHF/UHF 75Ω F型コネクター
ビデオ入力端子
映像:ピンジャック×2 音声:ピンジャック×2
S映像:ピンジャック×1
ビデオ出力端子
映像:ピンジャック×1 音声:ピンジャック×1
DC IN端子
12.0V
LAN端子
10BASE-T/100BASE-TX RJ45コネクター×1
AVマウス出力
ミニジャック×1
モニター部
 
 
 
カードスロット
コンパクトフラッシュカードスロット×1
ヘッドホン端子
ステレオミニジャック×1
DC IN端子
12.0V
LAN端子
10BASE-T/100BASE-TX RJ45コネクター×1
Webブラウザ
 
 
 
 
HTML
HTML 4.01, XHTML Basic 1.0, フレーム対応, JavaScript, SSL(V2/3), TLS 1.0, JavaApplet(PJAE1.2対応)
イメージファイル
GIF、JPEG、PNG
文字コード
US-ASCII、ISO-8859-1、UTF-8、ISO-2022-JP、SHIFT-JIS、EUC-JP
Flash
Ver.6
PDF
Adobe Reader LE V1.0
電子メール
 
送信プロトコル
SMTP
受信プロトコル
POP3
アルバム
対応ファイル
GIF、JPEG、PNG、BMP、MPEG1ムービー(MPG)
無線部
 
 
通信距離
屋内約30m(ただし周辺環境の条件によって変わります)
使用周波数帯
(準拠規格)
2.4GHz帯(IEEE802.11b/IEEE802.11g)、5GHz帯(IEEE802.11a)
変調方式
DS-SS/OFDM
電源部・その他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
消費電力
 
 
 
 
ベースステーション 約12W(テレビ視聴時)
約0.6W(電源オフ、ACアダプター装着時)
モニター
約10W(テレビ視聴時、ACアダプター装着時)
約10W(テレビ視聴時、バッテリー使用時)
約18W(電源オフ、バッテリー充電時)
電源
 
ACアダプター使用時:100-240V、50/60Hz
バッテリー使用時:2200mAh(別売アクセサリBP-LX5B:4800mAh)
バッテリー使用可能時間(モニター)
約2時間(バックライトの明るさ、最大)
*別売アクセサリBP-LX5B使用時:約4時間(バックライトの明るさ、最大)
充電時間
約80分(別売アクセサリBP-LX5B:約3時間)
*モニター電源OFF時のみ充電できます。
外形寸法
(幅×高さ×奥行mm)
ベースステーション:58×222×180(突起形状含まず)
モニター:206×118×26(突起形状含まず)
質量
 
ベースステーション:550g
モニター:約575g(バッテリー含む)(別売アクセサリBP-LX5B使用時:約640g)
付属品
 
 
 
 
 
タッチペン
バッテリー BP-LX5A
ベースステーション用ACアダプター AC-LX1B
モニター用ACアダプター AC-LX5M
電源コード (×2本)
アンテナ接続ケーブル
AVマウス
キャリングケース
ベースステーション用スタンド
取扱説明書、保証書、ソフトウェアに関する重要なお知らせ、「使用上のご注意」シール
*FlashはMacromedia,Incの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*“メモリースティック”、POBox、Location Freeはソニー株式会社の登録商標です。
*コンパクトフラッシュは、米国SanDisk社の登録商標です。
*Copyright 2004 Adobe Systems Incorporated. All right reserved. Patents Pending.
*Adobe、Adobeロゴ及びAdobeReader は、Adobe Systems Incorporatedの商標または登録商標です。

※お客様からのお問い合わせ先:
  ソニーマーケティング(株) お客様ご相談センター TEL  0570-00-3311(ナビダイヤル)
  03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
※ソニードライブURL http://www.sony.co.jp/SonyDrive
   
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail
プレスリリースなどの新製品情報はもちろんのこと、ソニー製品をより楽しんでいただくための活用ガイドなど、ソニードライブ内のさまざまな更新情報をピックアップしてお届けします。
+ 登録はこちら