報道資料 総合情報会社案内 プレスリリース

2006年8月30日
新商品

自然の色をありのままに鮮やかに再現
全機種に 広色域バックライトシステム搭載
液晶テレビ<ブラビア>V2500及びS2500シリーズ発売

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
(上左から)“V2500シリーズ” 『KDL-32V2500』 『KDL-40V2500』 『KDL-46V2500』
(下左から)“S2500シリーズ” 『KDL-32S2500』 『KDL-40S2500』 『KDL-46S2500』

ソニーは、液晶テレビ<ブラビア>から、フルHD※1液晶パネル搭載機種※2をラインアップに揃えたV2500シリーズ及び、色の再現性を高める広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”を新たに搭載したスタンダードモデルS2500シリーズを発売します。

型 名 発売日 希望小売価格
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ<ブラビア>
V2500シリーズ
『KDL-46V2500』(46V型)
『KDL-40V2500』(40V型)
『KDL-32V2500』(32V型)
S2500シリーズ
『KDL-46S2500』(46V型)
『KDL-40S2500』(40V型)
『KDL-32S2500』(32V型)

 
10月20日
10月20日
11月10日
 
10月20日
10月20日
10月20日

 
 
 
 オープン価格
※1) 水平1,920×垂直1,080 画素。 ※2) V2500シリーズ40V型、46V型。

●V2500シリーズ・S2500シリーズ共通の主な特長

色鮮やかで繊細な色合いの映像を再現:
従来のテレビが苦手としていた「真紅」や「深い緑」「鮮やかな青」を映し出し、色鮮やかで繊細な色合いを再現する広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”搭載。

ノイズを抑えた精細感の高い映像を再現:
高画質回路“ブラビアエンジン”に映像処理を集約させ、フルデジタル処理することでアナログ映像はもちろん、デジタルハイビジョン映像でもノイズを抑えた精細感が高い映像を再現します。

暗いシーンでの高い陰影表現力:
映像の明暗を自動で検知し、液晶パネルのバックライトの明るさをコントロールする “アドバンスト・コントラストエンハンサー”を新たに搭載。暗部の深い黒を引き締めながらもつぶさずきめ細やかに映し出します。

●V2500シリーズのみの主な特長

ハイビジョンの映像美を余すところなく、忠実に映し出すフルHD※1液晶パネル(『KDL-40V2500』『KDL-46V2500』):
高精細フルHD液晶パネル(水平1,920×垂直1,080 画素)を搭載することによりハイビジョン映像の解像度をそのまま再現します。

※1)

水平1,920×垂直1,080画素


●詳細な特長

1.
高画質化、広色域化技術

<ライブカラークリエーション>
自然な色で映像を再現する広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”

色鮮やかな映像を再現するには、映像信号処理回路に加え光源となるバックライトが重要となります。 “ライブカラークリエーション”のバックライトでは、ソニーが独自に開発した蛍光体により、青、緑、赤の3原色全ての波長の純度を向上し、更に純度の低い青や緑が混色しないようにサブピーク※1を抑えることにより、より鮮やかで純度の高い色再現が可能となりました。 色再現力を当社従来CCFL※2方式液晶テレビ比約120%※3 NTSC比※4約102%に拡大しました。従来のテレビが苦手としていた「真紅」や「深い緑」「鮮やかな青」といった色を映し出し、色鮮やかで繊細な色合いを再現します。

※1)

色を濁らせてしまう余分な光成分。

※2)

CCFL(Cold Cathode Fluorescent Lamp)の国内名称は「冷陰極蛍光管」。 
照明の蛍光灯と同様の原理で発光し、低消費電力である。液晶テレビのバックライトとして一般的に用いられている。

※3)

u’v'色度図による、当社従来CCFL方式液晶テレビ比。

※4)

u’v'色度図によるNTSC比。
NTSC(National Television System Committee)が、1953年に策定した従来テレビ(地上アナログ放送)方式。

色分布の比較概念図
※画像はイメージです
<ブラビアエンジン>
精細感が高い豊かな映像表現を実現する高画質回路 “ブラビアエンジン”

高画質化の重要な要素を占める各種映像処理技術を、より最適化させたフルデジタルの高画質回路が“ブラビアエンジン”です。 アナログ放送はもちろん、デジタルハイビジョンの魅力であるノイズが少なく精細感ある映像をさらに際立たせるとともに、コントラスト向上による豊かな陰影を再現し、色鮮やかで深みのある映像をつくり出します。

1)

より色鮮やかな映像を再現:
カラープロセッサーにより、表示デバイスの能力を最大限発揮させる色彩表現が可能になります。他の色に影響を与えることなく、特定の色をより鮮鋭に引き出すことができます。抜けるような空の青さ、萌えるような木々の緑、鮮やかな空に広がる雲の白さを表現でき、より自然の美しさを引き出します。

2)

より奥行き感や立体感のある映像を再現:
一つ一つの映像シーンを分析し、最適なコントラストバランスを検出。明るいシーンでは白の階調表現をアップさせ「白トビ」を抑え、立体感のある映像を実現します。また、暗いシーンでは黒の階調表現をアップし「黒つぶれ」を抑え、深みのある画質をつくり出します。コントラスト比の高い液晶パネルとの相乗効果によって、より奥行き感や立体感のある映像を再現します。

3)

MPEGノイズリダクションによりクリアな映像を再現:
MPEG圧縮された映像の字幕やテロップ、またデジタルレコーダーなどで録画する際に圧縮された映像に発生しやすい「モスキートノイズやブロックノイズ」を低減。これにより字幕やテロップもくっきりと見やすくなります。

4)

より精細感あふれる映像を再現:
ディテールエンハンサーで緻密な輪郭補正を行うことにより、細かい部分までくっきりと精細感あふれる映像を再現します。

<アドバンスト・コントラストエンハンサー>
映像の明暗を自動検知し、暗部の再現能力を高める “アドバンスト・コントラストエンハンサー”

映像の明暗を自動検知して階調表現を上げるだけでなく、暗い映像の時にはバックライトの輝度も自動で調整することにより、光漏れによる黒浮きや、黒を沈めすぎて発生する黒つぶれ等を起こさずに、暗部の階調表現を向上させました。より上質な黒の映像表現が可能になると同時に輝度を変化させることで変化しがちな色調も補正し、自然な色調の陰影を表現します。暗部の深い黒を引き締めながらもつぶさずに、きめ細やかに映し出すことが可能になりました。星空や宇宙の漆黒の中に瞬く星や、映画の微妙な陰影表現などを、しっかりと美しく映しだします。
※画像はイメージです
<フルHD※1液晶パネル>
フルHD※1液晶パネル搭載(『KDL-40V2500』 『KDL-46V2500』)※2

ハイビジョン映像の解像度をそのまま表現できるフルHD※1液晶パネルを搭載。従来のハイビジョン液晶パネルの約2倍のきめ細かさ※3でハイビジョン映像を描き出します。

※1)

水平1,920×垂直1,080画素。

※2)

KDL-32V2500はワイドXGAです。

※3)

当社ワイドXGA液晶テレビとの比較において

<ソニーパネル>
高性能・高品質液晶“ソニーパネル” 搭載

視野角・コントラスト比・応答速度において高い性能を持つソニーパネルは、製造時の厳密な品質管理により高い信頼性を確立しています。それにより液晶パネル部については従来1年のメーカー保証を2年に延長しています。

※)

ソニーパネルはS-LCD商標を付したソニー仕様のパネルです。

2.
高音質技術

豊かな低音や明瞭感のある声を再現する“TruSurround XT”
従来の技術に比べて自然でパワフルな低音再生を特徴とするサラウンド技術です。音の広がりや臨場感はもちろん、一般的にサラウンド効果の弱点とされている声の明瞭感も向上させ、映画のセリフや通常の番組も、より快適にお楽しみいただけます。

※)

TruSurround XT、SRSと()記号はSRS Labs Inc.の商標です。

音質のぼやけやコントラストの薄さを改善する“BBE DIGITAL”
高低音域を強調しライブ感・立体感あふれる音声を再現します。

※)

この製品は米国 BBE Sound, Inc. の所有する特許USP5510752及び 5736897を使用しています。
BBE と BBE のシンボルは、 BBE Sound, Inc.の登録商標です。

3.
デザイン

デザインコンセプト「クール&モダン」を継承、さらに進化した新デザインを採用(V2500シリーズ)
従来の「Vシリーズ」で好評の黒を基調色とした「クール&モダン」コンセプトを継承し、より映像を美しく引き立てるデザインに進化させることで、モダンインテリアに調和する深みと高級感のある本体色を実現します。

4.
低消費電力機能

環境に配慮した豊富な省電力機能
“消費電力設定”“無操作電源オフ”“オートシャットオフ”“スリープタイマー”“PCパワーマネジメント”など豊富な省電力機能を搭載。さらに、“消費電力レベルバー”を搭載し、消費電力量の目安※を表示することも可能です。

※)

バックライト最大かつ消費電力設定「標準」とした時の消費電力を標準値とする。

5.
便利機能

ビデオやDVDなどの外部入力を視聴中に、放送波番組を視聴可能な“番組子画面”機能(『KDL-40V2500』 『KDL-46V2500』)※
外部入力によりDVDなどの映画を視聴中に、気になる放送波番組を簡単にチェックが可能。ドラマや野球などのスポーツ番組の途中経過を確認できます。

※)

KDL-32V2500は対応していません。

様々な機能を快適に操れる使いやすい“シンプルリモコン”を採用
最もよく触れるリモコンをシンプルに使いやすくし、テレビの使い勝手を大幅に改善した“シンプルリモコン”を採用。 操作ボタンのレイアウトを工夫し、よく使うチャンネル部を中心付近にまとめ、メニュー部を色分けすることで、見やすく、使いやすくしました。 またチャンネル数字ボタンのサイズを直径8ミリに拡大し、ボタンの間隔も広げ、リモコンに表記されている文字を大きくすることで押しやすく、見やすくしました。
また、V2500シリーズではアルミヘアライン仕上げ、S2500シリーズではシルバーの光沢 塗装でシンプルながらも高品位に仕上げています。
<リモコン操作で可能な便利機能>

“チャンネルポン”:スタンバイ状態から、見たいチャンネルのボタンを押すだけで、そのチャンネルで電源が入ります。

“消音ポン”:消音ボタンを押すと消音状態でテレビの電源が入るので、深夜等の視聴時に便利です。

6.
その他

視聴環境に合わせてバックライト輝度を最適に自動調節する“明るさセンサー”
テレビを視聴する環境の明るさに合わせて、バックライトを最適に自動調節します。それにより視聴環境に最適な輝度で映像をお楽しみいただけるとともに、不要な電力の消費も抑えることが可能です。
1080p対応*HDMI入力端子2系統(V2500シリーズ)
ハイビジョン環境の普及に伴い搭載機器が増えてきたHDMI端子を2系統に増やし、さらにKDL-40V2500とKDL-46V2500では1080p※信号に対応しました。

※)

KDL-32V2500は1080i対応です。

便利なPC入力端子等、豊富な入力端子を装備
PC入力(RGB)端子も搭載し、液晶テレビでありながらパソコンモニターとしてもご利用いただけます。さらに、D4映像入力端子2系統など将来に備えた豊富な入力端子を搭載しています。
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー内蔵
2006年12月より全国展開が開始される地上デジタル放送はもちろんのこと、BSデジタル、110度CSデジタル放送の各種サービス(テレビ、ラジオ、データ)に対応。多チャンネル、5.1CHマルチサラウンド放送、データ放送など、新しいデジタル放送の楽しみが広がります。

●主な仕様 『KDL-32V2500』 『KDL-40V2500』 『KDL-46V2500』

  『KDL-32V2500』 『KDL-40V2500』 『KDL-46V2500』
画面サイズ 32V型 40V型 46V型
パネル解像度
(画素:水平×垂直)
ワイドXGA
1,366×768
フルHD
1,920×1,080
画面輝度 450cd/?
視野角*1 上下左右 178度
コントラスト比*2 1,700:1 1,800:1 1,800:1
パネル応答速度 8msec
有効画面寸法 69.8×39.2cm(幅×高)
80.0cm(対角径)
88.6×49.8cm(幅×高)
101.6cm(対角径)
101.8×57.3cm(幅×高)
116.8cm(対角径)
入力対応信号 1125p※3,1125i,750p,525p,525i
受信チャンネル VHF:1〜12ch, UHF:13〜62ch, CATV:C13〜C63
地上デジタル放送:000〜999ch, BSデジタル放送:000〜999ch,
110度CSデジタル放送:000〜999ch
映像部 地上・BS・110度CSデジタルチューナー/地上アナログチューナー、
ブラビアエンジン,ライブカラークリエーション
音声部 実用最大出力 10W+10W(JEITA)
入出力端子 HDMI入力端子:2系統2端子
コンポーネント入力端子:2系統2端子(D4映像入力端子:2系統2端子)
ビデオ入力端子:3系統3端子(S2映像入力端子:2系統2端子)
PC入力端子(D-sub15ピン):1系統1端子
PC音声入力端子(ステレオミニ):1系統1端子
デジタル放送/ビデオ出力端子:1系統1端子(S2映像出力端子:1系統1端子)
光デジタル音声出力端子(AAC/PCM出力):1系統1端子
音声出力端子:1系統1端子
ヘッドホン端子(ステレオミニジャック):1端子
電話回線端子(モデム内蔵)最大2400bps:1端子
LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX):1端子
消費電力(待機時) 157W(0.06W) 210W(0.07W) 250W(0.07W)
年間消費電力量 156kWh/y 206kWh/y 248kWh/y
質量(スタンド含む) 15.0kg(17.0kg) 23.0kg(27.5kg) 30.0kg(36.0kg)
外形寸法
(スタンド除く)
79.1×54.5×10.2cm
(幅×高さ×奥行)
98.8×66.5×10.5cm
(幅×高さ×奥行)
112.0×75.5×11.8cm
(幅×高さ×奥行)
外形寸法
(スタンド含む)
79.1×59.2×21.9cm
(幅×高さ×奥行)
98.8×71.5×26.6cm
(幅×高さ×奥行)
112.0×80.5×33.4cm
(幅×高さ×奥行)
付属品 リモコン『RM-JD007』、電源コード(2.5m)、転倒防止用ベルト、
VHF/UHF用アンテナ接続ケーブル(2.5m)、ケーブルホルダー、B-CASカード、
テレホンコード(10m)、モジュラーテレホンコードカプラー、乾電池(単3×2)、
取扱説明書、保証書など
別売アクセサリー 『SU-WL31』既発売(32V型用壁掛けユニット)
希望小売価格:36,750円(税抜価格35,000円)
『SU-WL51』既発売(40V/46V型用壁掛けユニット) 
希望小売価格 47,250円(税抜価格45,000円)

※1)

JEITA規格準拠(コントラスト比10:1)。

※2)

液晶テレビとして。

※3)

HDMI入力のみ。32?型は対応していません。


●主な仕様 『KDL-32S2500』 『KDL-40S2500』 『KDL-46S2500』

  『KDL-32S2500』 『KDL-40S2500』 『KDL-46S2500』
画面サイズ 32V型 40V型 46V型
パネル解像度
(画素:水平×垂直)
ワイドXGA
1,366×768
画面輝度 450cd/?
視野角*1 上下左右 178度
コントラスト比*2 1,700:1 1,300:1
パネル応答速度 8msec
有効画面寸法 69.8×39.2cm(幅×高)
80.0cm(対角径)
88.6×49.8cm(幅×高)
101.5cm(対角径)
101.8×57.3cm(幅×高)
116.8cm(対角径)
入力対応信号 1125i,750p,525p,525i
受信チャンネル VHF:1〜12ch, UHF:13〜62ch, CATV:C13〜C63
地上デジタル放送:000〜999ch, BSデジタル放送:000〜999ch,
110度CSデジタル放送:000〜999ch
映像部 地上・BS・110度CSデジタルチューナー/地上アナログチューナー、
ブラビアエンジン、ライブカラークリエーション
音声部 実用最大出力 10W+10W(JEITA)
入出力端子 HDMI入力端子:1系統1端子
コンポーネント入力端子:2系統2端子(D4映像入力端子:2系統2端子)
ビデオ入力端子:3系統3端子(S2映像入力端子:2系統2端子)
PC入力端子(D-sub15ピン):1系統1端子
PC音声入力端子(ステレオミニ):1系統1端子
デジタル放送/ビデオ出力端子:1系統1端子(S2映像出力端子:1系統1端子)
光デジタル音声出力端子(AAC/PCM出力):1系統1端子
音声出力端子:1系統1端子
ヘッドホン端子(ステレオミニジャック):1端子
電話回線端子(モデム内蔵)最大2400bps:1端子
LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX):1端子
消費電力(待機時) 157W(0.06W) 192W(0.06W) 235W(0.06W)
年間消費電力量 150kWh/y 181kWh/y 208kWh/y
質量(スタンド含む) 15.0kg(17.0kg) 21.0kg(26.0kg) 28.0kg(34.0kg)
外形寸法
(スタンド除く)
79.2×54.6×9.9cm
(幅×高さ×奥行)
98.8×66.4×10.3cm
(幅×高さ×奥行)
112.0×75.5×11.6cm
(幅×高さ×奥行)
外形寸法
(スタンド含む)
79.2×59.3×21.9cm
(幅×高さ×奥行)
98.8×71.6×26.6cm
(幅×高さ×奥行)
112.0×80.5×33.4cm
(幅×高さ×奥行)
付属品 リモコン『RM-JD008』、電源コード(2.5m)、転倒防止用ベルト、
VHF/UHF用アンテナ接続ケーブル(2.5m)、ケーブルホルダー、
B-CASカード、テレホンコード(10m)、モジュラーテレホンコードカプラー、
乾電池(単3×2)、取扱説明書、保証書など
別売アクセサリー 『SU-WL31』既発売(32V型用壁掛けユニット)
希望小売価格:36,750円(税抜価格35,000円)
『SU-WL51』既発売(40V/46V型用壁掛けユニット) 
希望小売価格 47,250円(税抜価格45,000円)

※1)

EITA規格準拠(コントラスト比10:1)。

※2)

液晶テレビとして。


■お客様からのお問い合わせ■
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター 
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル)、03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
ソニードライブ:http://www.sony.co.jp/SonyDrive/
ソニーブラビアホームページ:http://www.sony.co.jp/BRAVIA/
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail