報道資料 総合情報会社案内 プレスリリース

2007年2月6日

新商品

CDに迫る高音質録音が可能なステレオICレコーダー発売
〜 大口径・高感度のステレオマイクを搭載 〜

ステレオICレコーダー『ICD-SX77』(左) 『ICD-SX67』(右) / 『ICD-SX77』付属スタンド装着時
SONYステレオICレコーダー『ICD-SX77』(左) 『ICD-SX67』(右) / 『ICD-SX77』付属スタンド装着時

ソニーは、新開発の“ステレオハイクオリティーモード(STHQ)”の搭載と、大口径・高感度のステレオマイクにより、CDに迫る高音質録音を実現した、大容量メモリー搭載ステレオICレコーダー2機種を発売します。

ICレコーダーは、会議録音などのビジネス用途や、語学学習・習い事など幅広いシーンで活用され、簡単・手軽・長時間録音という基本性能の向上に加えて、“より高音質での録音”にユーザーの関心は広がっています。 今回発売する両機種は、会議や講演など録りたい音を確実に記録するだけでなく、臨場感あふれる楽器演奏などもクリアに録音できる、ソニーならではの高音質録音を追求したICレコーダーです。


型 名 発売日 希望小売価格 カラー
ステレオICレコーダー
『ICD-SX77』(1GBメモリー内蔵)
3月16日 オープン価格 ダークシルバー
『ICD-SX67』(512MBメモリー内蔵) シルバー

●主な特長

1.

CDに迫る高音質録音が可能な新開発“ステレオハイクオリティーモード(STHQ)”搭載

2.

大口径(φ10?)・高感度ステレオマイク内蔵

3.

単4形ニッケル水素充電池付属、USB充電にも対応

4.

用件タイトルやメニュー表示で使いやすい、漢字表示対応の大型液晶ディスプレイ搭載:
暗い場所での操作に便利なバックライト付き

5.

録音レベルメーター表示と、マニュアルの録音レベル調整に新たに対応



●主な特長(詳細)

1.
CDに迫る高音質録音を実現した新開発“ステレオハイクオリティー(STHQ)モード”搭載

新開発のSTHQ(ステレオハイクオリティー)モードは、80〜20000Hzまでの広帯域に対応した録音が可能で、CDに迫る高音質での録音を実現しました。 また、従来のステレオモードは、オーディオ信号の高域成分をより効率的に記録することで、周波数帯域を13,500Hzから16,500Hzに広げ、音質を大幅に向上させました。

2.
大口径(φ10mm)・高感度マイク搭載

直径10ミリの大口径・高感度マイクを最適な角度で左右に配置することで、集音効果の向上と自然なステレオ録音を実現しました。
弊社従来機(「ICD-SX66/SX56」)に比べマイク感度が約3倍向上し、遠くの小さな音もはっきり録音できます。

3.
指向性を切り換えて用途にあわせた集音ができる「トリプルマイク」構造を採用

指向性切り換えスイッチの「入/切」により、用途に適した集音が可能です。
指向性スイッチを「切」にした場合、左右に備え付けられたマイク2つが作動し、臨場感あるステレオ録音ができます。 会議の録音や楽器演奏の録音などに最適です。
一方、指向性スイッチを「入」にした場合は中央にある単一指向性マイクが作動し、マイクを向けた方向の声を集中的に録音します。 取材や講演会、口述の録音などに便利です。

4.
ニッケル水素充電池付属で、USB充電にも対応

繰り返し使用できるニッケル水素充電池を付属。USBケーブル(付属)でパソコンと接続し、本体充電が可能です。 また別売りのUSB充電ACアダプター(「AC-U50A」)を使用すれば、パソコンなしで充電(及び給電)もできます。

5.
漢字表示対応のバックライト付き大型液晶ディスプレイ搭載

用件タイトルやメニュー表示がわかりやすい漢字表示に対応。暗い場所でも操作しやすいようにバックライトも搭載しました。

6.
用途に応じて使い分けが可能な録音レベル調整(オート/ マニュアル)

本体に搭載した大型液晶に、録音レベルメーターの表示が可能で録音レベルを目で確認しながら録音ができます。

オート録音:
AGC(Auto Gain Control)により、録音する音声の大小を聞きやすく自動調整し均一に録音ができます。会議などの録音に適しています。
マニュアル録音:
録音レベルメーターを目で確認しながらマニュアルで調節することができ、録音する音量変化が大きい楽器演奏でも、音声が平坦にならずに、抑揚のついた臨場感のある録音ができます。

7.
録音クオリティを高める充実装備

1.

LCF(ローカットフィルター)搭載:
200Hz以下の低い周波数をカットしそれ以外の高い周波数部分を取り出すフィルタ回路。会議室でのエアコンやプロジェクターから発生するファンノイズなどのノイズを低減することが可能です。

2.

設置面からのノイズを低減する専用スタンドを付属。三脚用ネジ穴も装備:
ICレコーダー本体の設置面を減らし、机などから伝わる振動によるノイズを低減できる専用スタンドを付属。 スタンド装着時は、マイク部分を上方に向けることができるため集音範囲が広がり、より臨場感のあるステレオ録音が可能です。 さらに裏面にネジ穴に三脚を接続すれば、楽器演奏などの録音時にも活用できます。

8.
データストレージ機能搭載

ICレコーダー本体がパソコン側でUSBマスストレージとして認識され、画像やテキストデータなどのパソコンデータをドラッグ&ドロップで簡単に転送でき、大容量USBメモリーとして簡単・手軽に使用できます。

9.
音楽などのMP3ファイルの再生に対応

お手持ちのMP3ファイルをパソコンからICレコーダーへ転送でき、ボイス録音機としてだけでなく、音楽プレーヤーとしても使用できます。 ID3タグにも対応し、MP3再生時には曲のタイトルやアーティスト名を本体液晶に表示します。

10.
充実のボイス録音・再生機能を搭載

<再生時に便利な機能>

1.

DPC(デジタルピッチコントロール)機能搭載:
再生スピードを通常の約3倍速(+200%)から1/4倍速(-75%)の間で、36段階で調整可能。再生スピードを変えても自然な音の高さで聞こえるので、会議や講義の速聞きや、語学学習などでの遅聞きに便利です。

2.

デジタルボイスアップ:
大きな音の再生レベルはキープしたまま、聞き取りにくい小さな音だけを大きな音で再生。音声レベルを快適に自動調整する機能です。

<録音時に便利な機能>

3.

デジタルV.O.R(Voice Operated Recording):
音の有無にあわせて自動的に録音や一時停止を行なう機能。ポーズ・ストップ操作が省けるので、口述録音のときなどに、無音録音の部分がなくなるので効率よく録音ができます。

4.

マイク感度設定:
使用する場所や状況にあわせて、会議(High)/口述(Low)の2つの感度を切り換えることが可能です。(オート録音時の設定として有効)

5.

マイク/オーディオ兼用入力端子搭載:
外部マイクだけでなく、CDプレーヤーやミニコンポなど様々な音源から直接録音が可能。

11.
録音データをMP3ファイル変換できるアプリケーションソフト「Digital Voice Editor Ver.3」を付属

<新搭載の機能>

1.

MP3ファイル変換機能:
LPEC形式で録音した音声データを、汎用性の高いMP3ファイルに簡単に変換することができます。 仲間とのデータ共有やポッドキャストへの活用など、録音後の楽しみが広がります。

2.

CD情報取得:
CD録音機能を使って音楽CDや語学教材CDなどをパソコンに取り込む際、タイトル情報などがインターネット経由で自動取得できます。


●『ICD-SX77』『ICD-SX67』主な仕様

  ICD-SX77 ICD-SX67
内蔵メモリー 1GB 512MB
内蔵マイク ステレオ
録音形式 LPEC
再生対応フォーマット LPEC、MP3
録音時間
  LP(モノラル長時間) 374時間55分 185時間55分
SP(モノラル標準) 140時間35分 69時間40分
STLP(ステレオ長時間) 88時間45分 44時間00分
ST(ステレオ) 46時間05分 22時間50分
STHQ(ステレオ高音質) 17時間25分 8時間35分
MP3ファイルの記録時間/曲数
(128kbps MP3ファイルを1曲あたり4分で換算した場合の曲数)
約17時間35分/約263曲 約8時間40分/約130曲
MP3ファイル再生対応ビットレート 32〜320kbps,VBR
周波数範囲
  LP(モノラル長時間) 80〜3,500Hz
SP(モノラル標準) 80〜6,000Hz
STLP(ステレオ長時間) 80〜7,000Hz
ST(ステレオ) 80〜16,500Hz
STHQ(ステレオ高音質) 80〜20,000Hz
スピーカー径 直径16mm
実用最大出力(スピーカー) 150mW
本体入出力端子  ヘッドホン出力(ステレオミニジャック)、外部入力(マイク/オーディオ兼用)(ステレオミニジャック)、USB端子(Hi-Speed USB対応)
電源  単4形ニッケル水素充電池×2(付属)
単4形アルカリ乾電池×2(別売り)
USB充電ACアダプター AC-U50A(別売り)
電池持続時間(付属充電池使用時 )
  録音時 LP(モノラル長時間):約19時間 / SP(モノラル標準):約17時間
STLP(ステレオ長時間):約16.5時間 /ST(ステレオ)約14.5時間
STHQ(ステレオ高音質)約13.5時間
再生時
(付属ステレオイヤーレシーバー使用)
LP(モノラル長時間):約28.5時間 / SP(モノラル標準):約27.5時間
STLP(ステレオ長時間):約24.5時間 /ST(ステレオ):約23時間
STHQ(ステレオ高音質):約22時間 /MP3(128kbps):約24時間
再生時
(本体スピーカー使用)
LP(モノラル長時間):約19.5時間 / SP(モノラル標準):約19時間
STLP(ステレオ長時間):約17.5時間 /ST(ステレオ):約17時間
STHQ(ステレオ高音質):約16.5時間 /MP3(128kbps):約17.5時間
最大外形寸法(mm) 幅30.8×高さ119.3×奥行14.9
質量 約70g(電池含む)
付属品 ステレオイヤーレシーバー、単4形ニッケル水素充電池2本スタンド、USBケーブル、キャリングポーチパソコン用アプリケーションソフト“Digital Voice Editor Ver.3”(CD-ROM)

Digital Voice Editor Ver.3に必要なパソコンのシステム

適応パソコン:
以下の性能を満たしたIBM PC/ATおよびその互換機
(NEC PC-98シリーズとその互換機、また自作パソコン、標準インストール品から他のOSに変更したものでは動作保証いたしません。Macintosh(R)には対応していません)

CPU:
266 MHz以上のPentium(R)IIプロセッサーもしくは同等の性能を有するプロセッサー

OS:
Microsoft Windows(R) XP Media Center Edition 2005 Service Pack2 以降/
Windows(R) XP Media Center Edition 2004 Service Pack2 以降/
Windows(R) XP Professional Service Pack2 以降/
Windows(R) XP Home Edition Service Pack2 以降/
Windows(R) 2000 Professional Service Pack4 以降 標準インストール(日本語版のみ)

RAM:
128MB以上

ハードディスク空き容量:
150MB以上

ハードディスク空き容量:
150MB以上
※音声データ量の扱いに比例して多くの空き容量が必要です。

ドライブ:
CD-ROMドライブ

USBポート(Hi-Speed USBをサポートしています)

サウンドボード:
Microsoft Windows(R) XP Media Center Edition 2005,
Windows(R) XP Media Center Edition 2004,
Windows(R) XP Professional,
Windows(R) XP Home Edition,
Windows(R) 2000 Professional
対応のもの

ディスプレイ:
ハイカラー(16ビットカラー)以上、800x480ドット以上


推奨環境すべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。

Windows(R)Vistaには、デジタルボイスエディターVer.3.1からの対応を予定しています。
Ver.3.1は5月上旬よりダウンロードサービスを開始する予定です。詳細はこちらをご確認ください。


■お客様からのお問い合わせ■
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター 
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル)、03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
ソニードライブ:http://www.sony.co.jp/SonyDrive/
IC Recorder Official Webサイト:http://www.sony.co.jp/ic-rec/
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail