報道資料 総合情報会社案内 プレスリリース

2007年5月29日

新商品

“メモリースティック”※1にハイビジョン映像を記録
世界最小・最軽量※2デジタルハイビジョン“ハンディカム”発売

AVCHD “メモリースティック”“ハンディカム”『HDR-CX7』
SONYAVCHD “メモリースティック” “ハンディカム” 『HDR-CX7』

ソニーは、“メモリースティック”※1にハイビジョン映像を記録する、世界最小・最軽量※2のデジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-CX7』を発売します。お子様の誕生や成長記録、家族のイベントなどの一生に一度の大切な思い出を、いつでもどこでも手軽にハイビジョン画質で撮影してお楽しみいただけます。

※1

メモリースティックデュオは使用できません。
メモリースティックPRO デュオおよびメモリースティック PRO-HG デュオの容量は512MB以上を推奨します。

※2

1080i方式ハイビジョンビデオカメラとして(2007年5月発表時点、ソニー調べ)


型 名 発売日 希望小売価格
AVCHD “メモリースティック” “ハンディカム”『HDR-CX7』 7月10日 オープン価格

●主な特長

1.

“メモリースティック”※1にハイビジョン映像を記録する、世界最小・最軽量※2のデジタルハイビジョン“ハンディカム”。
外形寸法69×67×131mm(幅×高さ×奥行き) (最大突起含む、同梱バッテリー装着時)、質量約450g(同梱バッテリー 装着時)の小型軽量ボディを実現。8GBの“メモリースティック”を使用すると最大約2時間55分の長時間撮影が可能です。

2.

「クリアビッドCMOSセンサー」「エンハンスド・イメージング・プロセッサー」を搭載し、高精細なハイビジョン映像と最大610万画素の静止画記録が可能。

3.

光学式手ブレ補正機能搭載で、手ブレを抑えた映像記録を実現。


●主な特長(詳細)

1.
“メモリースティック”※1にハイビジョン映像を記録する、世界最小・最軽量※2のデジタルハイビジョン“ハンディカム”

AVCHD 記録メディアに“メモリースティック”※1を採用した、世界最小・最軽量※2のデジタルハイビジョン“ハンディカム”。“メモリースティック”を採用することで、テープやディスクを動かす駆動部が不要になることに加えて、半導体の小型化やメイン基板の集約、レンズブロックの小型化などにより、外形寸法69×67×131mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含む、同梱バッテリー装着時)、質量約450g(同梱バッテリー装着時)を実現しました。
映像記録方式にはAVCHD規格を採用。映像圧縮にはMPEG-4 AVC/H.264方式を、音声にはドルビーデジタル方式を採用し、迫力あるハイビジョン映像の記録再生を実現します。また、本体の消費電力を削減したことにより、AVCHD“ハンディカム”として最長の「スタミナ」約6時間※3を実現しました。
記録メディアは、メモリースティックPROデュオおよびメモリースティック PRO-HG デュオに対応しています。※4

<録画モードと記録時間>※5※6
ハイビジョン画質(ビデオコーデック:MPEG-4 AVC/ H.264)

録画モード 2GB“メモリースティック” 4GB“メモリースティック” 8GB“メモリースティック”
XPモード(15Mbps) 約15分 約30分 約1時間
HQモード (9Mbps) 約25分 約55分 約1時間55分
SPモード (7Mbps、標準) 約35分 約1時間5分 約2時間20分
LPモード (5Mbps) 約40分 約1時間25分 約2時間55分

また、スタンダードディフィニション(SD)画質で記録することができるほか、SD画質とハイビジョン画質を混在して“メモリースティック”に保存できます。
“メモリースティック”に記録した映像は、パーソナルコンピュータ“VAIO”※7に直接挿入して再生・編集ができるほか、「プレイステーション3」(PS3TM)でも直接スロットに挿入して再生を楽しめます。※8また、HDMIケーブル(タイプCミニ)を使用して、大画面ハイビジョンテレビ“BRAVIA”で観賞したり、USBケーブルを使用して、パーソナルコンピュータ“VAIO”への映像保存・再生・編集が可能です。

なお、別売りのDVDライター『VRD-MC5』を使用すればパソコンを使用することなく、簡単にハイビジョン画質のDVDディスクを作成することが可能です。

※3

別売の“インフォリチウム”バッテリー『NP-FH100』、液晶モニター(バックライトOFF)時

※4

“メモリースティック”は本体には同梱されていません。

※5

出荷時の設定は、SPモードに設定されています。

※6

動きの速い映像を撮影すると、録画時間は短くなる場合があります。

※7

パソコンでのご利用にあたっての最新の注意事項は、“ハンディカム” サポートページにて随時公開いたしますので、ご参照ください。

※8

2007年夏に予定されているPS3(“メモリースティック”スロット搭載モデル)のシステムソフトウェアのアップデートで対応します。
尚、PS3のシステムソフトウェアアップデートのご案内につきましては、http://www.jp.playstation.com/にて随時情報公開いたしますので、ご参照ください。

2.
「クリアビッドCMOSセンサー」「エンハンスド・イメージング・プロセッサー」搭載で、高精細なハイビジョン映像と最大610万画素の静止画記録を実現

クリアビッドCMOSセンサー イメージングセンサーには、1/2.9型「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載。ソニー独自の画素配列に適したソニー独自の画像処理エンジン「エンハンスド・イメージング・プロセッサー」を搭載し、ハイビジョンに必要な画素数(1920×1080)の2倍以上の情報から映像を作り出し、決め細やかなハイビジョン映像を表現します。

● 高感度撮影の実現
独自の画素配列により、1画素あたりの面積を拡大。光をより多く取り込むことで、高解像度を実現しつつ、高感度特性も大幅に向上させました。最低被写体照度5ルクス(オートスローシャッター「入」時、HDモード時)を実現し、夕方や薄暗い場所での撮影でも明るい画で撮影することが出来ます。

● 最大610万画素(4:3)の高精細な静止画記録を実現
高精細なハイビジョン映像の撮影に加え、静止画撮影も進化。「クリアビッドCMOSセンサー」の独自の画素配列や高速信号処理により、高精彩かつ高機能な静止画機能を実現しました。

1) 最大610万画素相当の静止画記録
「クリアビッドCMOSセンサー」の画素配列に適したソニー独自の画像処理エンジン「エンハンスド イメージング プロセッサー」との組み合わせによる信号相関画素補間により、静止画モードで最大610万画素相当(4:3) の高精細な静止画記録を実現しました。

2) 動画と460万画素相当静止画を同時記録
動画撮影中にフォトボタンを押すと、最大460万画素相当(16:9) の静止画を一度の撮影に3枚まで同時に記録することが可能です。※9

※9

静止画同時記録を行った場合、動画撮影停止後に3〜10秒の動画が記録できない時間があります。

3) 再生中の動画から300万画素相当静止画を切り出し
付属のソフトウェア「Picture Motion Browser」を使用すれば、撮影したハイビジョン動画から300万画素相当の画質(記録サイズ:3840×2160)の静止画を切り出すことが可能です。ご自宅のパソコンで動画を確認しながら決定的なシーンをあとから写真にすることができます。

画質効果は、撮影シーンによって異なります。

3.
光学式手ブレ補正機能(アクティブレンズ方式)を搭載

高倍率撮影時に欠かせない手ブレ補正は、光学式アクティブレンズ方式を採用しました。“ハンディカム”本体に内蔵されたセンサーで手ブレを感知すると、レンズそのものが上下左右にシフトし、光軸を曲げることでブレを補正します。手ブレによる映像の乱れが発生しやすい望遠撮影中や暗い場所でも、ブレの少ない映像を撮影することができます。

4.
自然界に存在する物体色をより忠実に記録することが可能な「x.v.Color」※10対応

x.v.Color IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)に規定されている動画用広色域色空間の国際規格である「xvYCC」(「IEC61966-2-4」)に準拠した「x.v.Color」に対応しました。ありのままの色により近い豊富な色彩でハイビジョン記録が可能です。例えば、南国の海の美しい青緑色や、花の鮮やかな赤色など、今まで記録できなかった色を残せるようになりました。撮影した映像を「x.v.Color」対応の“ハンディカム”やブルーレイディスクレコーダー、液晶テレビ“BRAVIA”※11などで再生することで、自然界に存在する物体色により忠実な色再現を楽しむことができます。

マンセル色票(自然界にある物体色から代表される色票)による色域の違い
(左)従来のsRGB (右)xvYCC

※10

「x.v.Color」 :
動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した製品に付される新名称およびロゴ。
より忠実な色を再現するという利点をお客様にわかりやすく訴えていくために、ソニーが業界の統一呼称として広く提唱しています。

※11

「x.v.Color」対応製品 :
“ハンディカム” 「HDR-CX7」「HDR-UX7」「HDR-UX5」「HDR-HC7」、
液晶テレビ“BRAVIA”「X2500シリーズ」、ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-V7」「BDZ-V9」、
DVDレコーダー“スゴ録”「RDZ-D900A」「RDZ-D600A」など(2007年5月現在)

5.
使いやすい新搭載の検索機能“フィルムロールインデックス”“フェイスインデックス”

新機能“フィルムロールインデックス”と“フェイスインデックス”を搭載し、「撮る」機能のみならず、「見る」機能も強化しました。見たい映像をより簡単に探し出し、再生することができます。従来の“ビジュアルインデックス”にも対応しているので、ソニー独自のタッチパネルと合わせて、再生・検索がより簡単にできます。

● 日付インデックス
撮影した日付で検索することが可能です。

● フィルムロールインデックス
本体のフィルムロールボタンを一押しするだけで、各シーンの先頭だけでなく、動画のシーンの中身まで一定間隔でインデックス表示することができます。3秒、6秒、12秒、1分、5分と間隔を選ぶことが可能です。

● フェイスインデックス
顔検出技術を利用して、検出した顔をサムネイル表示し、選んだ顔画像から動画を再生することができるので、再生の楽しみがより広がります。

(左)日付インデックス
(中)フィルムロールインデックス
(右)フェイスインデックス

6.
「見る」楽しみを広げる映像管理ソフトウェア「Picture Motion Browser」※12

撮影した映像は、同梱の映像管理ソフトウェア「Picture Motion Browser」を使用すれば、簡単に管理・閲覧することができます。パソコンに保存した映像を月別・日別・時間別に表示できるカレンダービュー機能の他、動画のカット編集やハイビジョン画質のDVDディスク作成、ハイビジョンの高精細な映像から300万画素相当の静止画の切り出しにも対応しているため、撮影後の楽しみがより広がります。※13

(左)年 (中)月 (右)日

※12

「Picture Motion Browser」の動作環境

■ハイビジョン画質(SPモード)を扱う場合

 

◎OS : Windows(R)2000 SP4/XP Home Edition /XP Professional/XP Media Center Edition/Vista Home Basic/Vista Home Premium/Vista Ultimate/Vista Business/Vista Enterprise(64bit版のOSには対応しておりません。)

 

◎CPU : インテル(R) Pentium(R) 4 2.8GHz以上(推奨インテル(R)Pentium(R) 4 3.6GHz以上、Pentium(R) D 2.8GHz以上、CoreTM Duo 1.66GHz以上、CoreTM 2Duo 1.68GHz)(パソコンへの転送・保存、ハイビジョン画質のDVD作成の場合のみ、Pentium(R) ?1GHz以上)

 

◎メモリー : 512MB以上(Vistaの場合は1GB以上)(推奨1GB以上)

 

◎HDD空き容量 : 約800MB以上(AVCHD対応ディスクを作成する場合、10GB以上必要)

 

■スタンダード画質を扱う場合

 

◎CPU : インテル(R) Pentium(R) ?1GHz以上

 

◎メモリー : 256MB以上(Vistaの場合は512MB以上)

 

◎HDD空き容量 : 約800MB以上

動作保障されているパソコン環境でも、画像がコマ落ちしてなめらかに再生できない場合があります。(取りこんだ画像や作成するディスクの画質には影響ありません。)

すべてのパソコン環境について動作を保証するものではありません。バックグランドで動作している他のソフトウェアが動作に影響を与える場合があります。

5.1ch音声の再生に対応しておりません。2ch音声の再生になります。

ノートパソコンをご使用の場合、パソコンをACアダプターにつないで使用してください。パソコンの省電力機能により、正常に動作しない場合があります。

付属ソフトウェアは、Macintosh非対応です。

※13

画質効果はシーンにより異なります。切り出しサイズは、3,802×2,160です。


●メモリースティック PRO-HG デュオ

画像:メモリースティック PRO-HG デュオ 「メモリースティック PRO-HG デュオ」
『MS-EX1G』(1GB) 『MS-EX2G』(2GB) 『MS-EX4G』(4GB)


30MB/s※14(240Mbps 読み出し/書き込み)の高速データ転送を実現。
動画などの大容量データを転送する場合、「メモリースティック デュオ ExpressCardTMアダプター」との組み合わせで、『HDR-CX7』で記録した1時間のファイル(3.6GB)を約2分でPCに転送することができます。
また、既存の「メモリースティックPRO」対応機器および「メモリースティック PRO デュオ」対応機器でもご使用いただけます。
希望小売価格 : オープン価格
発売日 : 2007年8月発売予定

画像:メモリースティックデュオ ExpressCard(TM)アダプター
※デザインは最終ではありません。 「メモリースティックデュオ ExpressCardTMアダプター」

高速データ転送を実現するExpressCardTMスロット専用アダプター『MSAC-EX1』
希望小売価格 : 8,980円(税込)
発売日 : 2007年8月発売予定

※14

『MSAC-EX1』使用時、当社所定の環境下で実測した転送速度


●主な別売アクセサリー

画像:HIGH SPEED対応 HDMIミニ端子用接続ケーブル HIGH SPEED対応 HDMIミニ端子用接続ケーブル
『DLC-HDM15 B』 『DLC-HDM20 B』


ハイビジョン“ハンディカム”で撮影した映像をフルデジタルで伝送。
1本のケーブルで高精度デジタル映像信号と高音質デジタル音声信号を伝送可能。
(HDMIミニ端子⇔HDMI標準端子 )
希望小売価格 : オープン価格
発売日 : 2007年6月21日


●主な仕様

型名 HDR-CX7
イメージセンサー 1/2.9型クリアビッドCMOSセンサー
記録画素数 静止画 最大610万画素相当(2848×2136、4:3時)
総画素数 320万画素
有効画素数 動画 228万画素 16:9時
静止画 304万画素 4:3時
最低被写体照度 5ルクス(オートスローシャッターON、シャッタースピード1/30秒時)
ナイトショット撮影時0ルクス
レンズ カール ツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
ズーム 動画 光学10倍  デジタル20倍
  静止画 光学10倍
F値 F=1.8〜2.9
焦点距離(35mm換算) f = 5.4〜54 mm (40〜400mm、16:9時)
フィルター径 37mm
手ブレ補正機能 アクティブレンズ方式(光学式)
液晶モニター 2.7型(16:9)、21.1万ドット、タッチパネル、クリアフォト液晶プラス
ビューファインダー
ナイトショット/スーパーナイトショット スーパーナイトショット
記録メディア 動画 メモリースティックPRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ
(512MB以上推奨)
静止画 メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、
メモリースティック PRO-HG デュオ
静止画サイズ 静止画
モード時
610万画素相当 4:3(2,848×2,136ドット)
460万画素相当 16:9(2,848×1,602ドット)
310万画素相当 4:3(2,048×1,536ドット)
30万画素相当 4:3(640×480ドット)
動画撮影時 460万画素相当 16:9(2,848×1,602ドット)
340万画素相当 4:3(2,136×1,602ドット)
インテリジェントフラッシュ ●(プリフラッシュ調光)
HDMI出力
コンポーネント出力
映像出力
S映像出力
HDMI端子(別売HDMIケーブル使用)(タイプCミニ)
特殊D端子(D3/D1対応)
特殊コネクター
特殊コネクター(別売AVケーブル使用)
本体質量 約370g
撮影時総質量 約420g(NP-FH50使用時)
約450g(NP-FH60<本体付属品>使用時)
約470g(NP-FH70使用時)
約570g(NP-FH100使用時)
外形寸法最大突起部含む
(付属バッテリー装着時)
幅69 × 高さ67 × 奥行129mm
(幅69 × 高さ67 × 奥行131mm)
基本バッテリーシステム “インフォリチウム”Hシリーズ対応
連続撮影時間※15
液晶バックライトON時
( )内は実撮影時間
NP-FH50 (別売) 約1時間10分(約35分)
NP-FH60 (付属) 約1時間35分(約45分)
NP-FH70 (別売) 約2時間30分(約1時間15分)
NP-FH100 (別売) 約5時間50分 (約2時間55分)
付属品 ACアダプター、電源コード、リチャージャブルバッテリーパック(NP-FH60)、特殊D端子コンポーネントビデオケーブル、AV接続ケーブル、USBケーブル、ワイヤレスリモコン(RMT-835)、CD-ROM(Windows(R)用ソフト「Picture Motion Browser」)その他

※15

連続撮影時間は、1本の満充電したバッテリーを使用して、25℃で連続撮影した場合の時間。実撮影時間は撮影、ズーム、撮影スタンバイ、電源ON/OFFを繰り返した時の撮影時間の目安です。ビデオ再生など、撮影以外の操作は含まれていません。
実際にはこれより短くなる場合があります。


文中の効果写真はすべてイメージ写真です。

Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国及びその他の国における登録商標です。

ハンディカム、HANDYCAM、Handycam、Handycam はソニー株式会社の登録商標です。

AVCHD及びAVCHDロゴは松下電器産業株式会社とソニー株式会社の商標です。

x.v.Colorはソニー株式会社の登録商標です。

メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック PRO デュオ、メモリースティック デュオおよびメモリースティックはソニー株式会社の商標です。

“プレイステーション”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。また“PS3”は同社の商標です。

ExpressCardTMワードマークとロゴは、Personal Computer Memory Card Inter-national Association (PCMCIA)の所有であり、ソニーへライセンスされています。他のトレードマークおよび名称については、個々の所有者に帰属するものとします。



■お客様からのお問い合わせ■
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター 
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル)、03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
ソニードライブ:http://www.sony.co.jp/SonyDrive/
“ハンディカム”ホームページ:http://www.sony.co.jp/cam/
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail
製品サイトへ