報道資料 総合情報会社案内 プレスリリース

2007年5月29日

新商品

大容量のハードディスク(HDD)を内蔵し、長時間のハイビジョン映像が撮影できる
AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”2機種発売
〜業界初※1、大容量100GBのHDDを内蔵し、最長約38時間※2
および60GBのHDDを内蔵し、最長約22時間※3のハイビジョン撮影が可能なモデルを発売〜

左:AVCHD HDD“ハンディカム”『HDR-SR8』(ブラック)右:AVCHD HDD“ハンディカム”『HDR-SR7』(シルバー)
SONY 左:AVCHD HDD“ハンディカム”『HDR-SR8』(ブラック)右:AVCHD HDD“ハンディカム”『HDR-SR7』(シルバー)

ソニーは、大容量100GBと60GBのHDDを内蔵したデジタルハイビジョン“ハンディカム”2機種を発売します。 今回発売する2機種は、従来機の『HDR-SR1』に比べて大容量HDDを搭載しながらも、大幅な小型・軽量化を実現するとともに、ソニー独自の「クリアビッドCMOSセンサー」により高精細な動画・静止画記録を実現しました。 また、「x.v.Color」※4にも対応し、自然の色により近い色彩で記録します。

型名 発売日 希望小売価格
AVCHD HDD “ハンディカム”『HDR-SR8』 6月20日 オープン価格
AVCHD HDD “ハンディカム”『HDR-SR7』 6月20日 オープン価格

※1

デジタルHDビデオカメラレコーダーとして(2007年5月発表時点、ソニー調べ)

※2

『HDR-SR8』でAVCHD 5Mbps (LPモード)撮影時

※3

『HDR-SR7』でAVCHD 5Mbps (LPモード)撮影時

※4

「x.v.Color」:
動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した製品に付される新名称およびロゴ。より忠実な色を再現するという利点をお客様にわかりやすく訴えていくために、ソニーが業界の統一呼称として広く提唱しています。

●主な特長

1.

大容量の内蔵HDDに高精細なハイビジョン映像を長時間記録可能。
『HDR-SR8』:業界初※1、100GBのHDDを内蔵し、最長約38時間※2の長時間記録を実現
『HDR-SR7』:60GBのHDDを内蔵し、最長約22時間※3の長時間記録を実現

2.

「クリアビッドCMOSセンサー」の搭載で、高精細なハイビジョン映像と最大610万画素の静止画記録を実現。

3.

光学式手ブレ補正機能搭載で、手ブレを抑えた映像撮影を実現。


●主な特長(共通、詳細)

1.
大容量の内蔵HDDにハイビジョン映像を長時間記録

映像記録方式にはAVCHD規格を採用。 映像圧縮にはMPEG-4 AVC/H.264方式を、音声にはドルビーデジタル方式を採用し、迫力あるハイビジョン映像の記録再生を実現します。
『HDR-SR8』では、記録媒体に業界初※1、大容量100GBのHDDを内蔵し、最長約38時間※2のハイビジョン撮影が、『HDR-SR7』では、記録媒体に60GBのHDDを内蔵し、最長約22時間※3のハイビジョン撮影が可能です。 ※5※6

<録画モードと記録時間>
ハイビジョン画質(ビデオコーデック:MPEG-4 AVC/H.264)

  録画モード 『HDR-SR7』 『HDR-SR8』
録画時間 XPモード(15Mbps) 約8時間 約13時間30分
HQモード(9Mbps) 約14時間40分 約24時間40分
SPモード(標準:7Mbps) 約17時間50分 約30時間
LPモード(5Mbps) 約22時間50分 約38時間10分

両モデルとも、従来のスタンダードディフィニッション(SD)画質でも記録可能です。撮影目的や再生・編集機器にあわせて記録方式が選べます。

※5

出荷時の設定は『HDR-SR8』『HDR-SR7』ともSPモードに設定されています。

※6

動きの速い映像を撮影すると、録画時間は短くなる場合があります。

なお、別売りのDVDライター『VRD-MC5』を使用すればパソコンを使用することなく、簡単にハイビジョン画質のDVDディスクを作成することが可能です。

2.
進化した「クリアビッドCMOSセンサー」搭載で、高精細なハイビジョン映像と最大610万画素の静止画記録を実現

イメージセンサーには、1/2.9型「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載。 ソニー独自の画素配列で、ハイビジョンに必要な画素数(1920×1080)の2倍以上の情報から映像を作り出し、きめ細かなハイビジョン映像を表現します。 加えて、黒つぶれや白トビを抑えた自然な階調表現、スミアのない映像など、「CMOSセンサー」の優れた特長を持ち合わせています。

高感度撮影の実現
独自の画素配列により、1画素あたりの面積を拡大。光をより多く取り込むことで、高解像度を実現しつつ、高感度特性も大幅に向上させました。最低被写体照度は5ルクス※7を実現し、夕方や薄暗い室内でもノイズの少ない明るく美しい撮影が可能です。

※7

オートスローシャッター「入」時、シャッタースピード1/30秒時、HDモード時

最大610万画素の静止画記録の実現
高精細なハイビジョン映像の撮影に加え、静止画撮影も進化。「クリアビッドCMOSセンサー」の独自の画素配列や高速信号処理により、高精彩かつ高機能な静止画機能を実現しました。

1)

最大610万画素相当の静止画記録
「クリアビッドCMOSセンサー」の画素配列に適したソニー独自の画像処理エンジン「エンハンスド イメージング プロセッサー」との組み合わせによる信号相関画素補間により、静止画モードで最大610万画素相当(4:3)の高精細な静止画記録を実現しました。

2)

動画と460万画素相当静止画を同時記録
動画撮影中にフォトボタンを押すと、最大460万画素相当(16:9)の静止画を一度の撮影に3枚まで同時に記録すること可能です。※8

※8

静止画同時記録を行った場合、動画撮影停止後に3〜10秒の動画が記録できない時間があります。

3)

再生中の動画から300万画素相当静止画を切り出し
付属のソフトウェア「Picture Motion Browser」を使用すれば、撮影したハイビジョン動画から約300万画素相当の画質(記録サイズ:3,840×2,160)の静止画を切り出すことが可能です。 ご自宅のパソコンで動画を確認しながら決定的なシーンをあとから写真にすることができます。

※画質効果は、撮影シーンによって異なります。

3.
光学式手ブレ補正機能(アクティブレンズ方式)を搭載

手ブレ補正機能には、光学式手ブレ補正機能(アクティブレンズ方式)」を搭載。“ハンディカム”本体に内蔵のセンサーがブレを感知すると、レンズそのものが上下左右にシフトし、光軸を曲げることでブレを補正します。手ブレが起きやすい望遠撮影中や暗い場所での撮影でも、ブレを抑えた映像を撮影することができることに加え、静止画撮影時にも補正効果を発揮します。

4.
自然界に存在する物体色をより忠実に記録することが可能な「x.v.Color」 に対応

IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)に規定されている動画用広色域色空間の国際規格である「xvYCC」(「IEC61966-2-4」)に準拠した「x.v.Color」に対応しました。 ありのままの色により近い豊富な色彩でハイビジョン記録が可能です。例えば、南国の海の美しい青緑色や、花の鮮やかな赤色など、今まで記録できなかった色を残せるようになりました。 撮影した映像を「x.v.Color」対応の“ハンディカム”やブルーレイディスクレコーダー、液晶テレビ“BRAVIA”※9などで再生することで、自然界に存在する物体色により忠実な色再現を楽しむことができます。

※9

「x.v.Color」対応製品:
“ハンディカム” 「HDR-SR8」「HDR-SR7」「HDR-UX7」「HDR-UX5」「HDR-HC7」、
液晶テレビ“BRAVIA”「X2500シリーズ」、ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-V7,」「BDZ-V9」、
DVDレコーダー“スゴ録”「RDZ-D900A」「RDZ-D600A」など(2007年5月現在)

5.
小型・軽量化の実現

ICチップやメイン基盤の統合、レイアウトの最適化や更なる高密度実装などを実現した結果、従来機種の『HDR-SR1』と比較し、体積比で約20%の小型化および約110gの軽量化(『HDR-SR1』:640g、『HDR-SR8』『HDR-SR7』: 530g)を実現しました。

6.
より直感的な操作が可能な「GUI(グラフィックユーザーインターフェース)」を搭載

「ホームメニュー」「オプションメニュー」を搭載。タッチパネルによる操作と組み合わせることでより直感的に操作することが可能です。「ホームメニュー」では、撮影・画像再生・設定変更・画像編集など、「オプションメニュー」ではより細かいカメラの設定がおこなえます。また、「ホームメニュー」上の 「ヘルプボタン」をタッチすると、各項目の詳細説明が表示され、初心者の方でも簡単に操作していただけます。

7.
使いやすい3つの検索機能

「日付インデックス」の他に、新たに「フィルムロールインデックス」と「フェイスインデックス」を搭載し、見たい映像をより簡単に検索することが可能です。

1)

日付インデックス
撮影した日付で検索

2)

フィルムロールインデックス
本体のフィルムロールボタンを押すと、ひとつの動画ファイルを細かく表示。 表示時間は3秒、6秒、12秒、1分、5分と選択することが可能。

3)

フェイスインデックス
1スタート/ストップした映像の中から、検出した顔をサムネイル表示。 そこから選んだ顔画像から再生することが可能。

8.
ハードディスクドライブのデータを守る「HDD スマートプロテクション」搭載※10

ハードディスクドライブを衝撃から守る「HDDスマートプロテクション」を搭載。

1)

3Gセンサー
ビデオカメラ本体の落下を自動検知すると、ハードディスクドライブ上からヘッドを自動退避し、ハードディスクドライブを保護します。

2)

耐衝撃ダンパー
ハードディスクドライブを上下から挟み込む特殊形状の「耐衝撃ダンパー」の採用により、撮影時の振動や誤って落下させてしまった場合の衝撃からハードディスクドライブを守ります。

3)

落下ストリームバッファー
ハードディスクドライブ上からヘッドが退避したあとも本体内蔵のバッファーメモリーに一定期間記録を続けます。 ハードディスクドライブが再び動き出した際に、バッファーに溜まったデータを自動的に ハードディスクドライブに記録します。

※10

すべての衝撃に対してハードディスクドライブが破損しないことを保障するものではありません。

9.
「見る」楽しみを広げる映像管理ソフトウェア「Picture Motion Browser」※11

撮影した映像は、同梱の映像管理ソフトウェア「Picture Motion Browser」を使用すれば、簡単に管理・閲覧することができます。パソコンに保存した映像を月別・日別・時間別に表示できるカレンダービュー機能の他、動画のカット編集やハイビジョン画質のDVDディスク作成、ハイビジョンの高精細な映像から300万画素相当の静止画の切り出しにも対応しているため、撮影後の楽しみがより広がります。※12

※11

「Picture Motion Browser」の動作環境

■ハイビジョン画質(SPモード)を扱う場合
OS:Windows(R)2000 SP4/XP Home Edition /XP Professional/XP Media Center Edition/Vista Home Basic/Vista Home Premium/Vista Ultimate/Vista Business/Vista Enterprise(64bit版のOSには対応しておりません。)
CPU:インテル(R) Pentium(R) 4 2.8GHz以上(推奨インテル(R)Pentium(R) 4 3.6GHz以上、Pentium(R) D 2.8GHz以上、CoreTM Duo 1.66GHz以上、CoreTM 2Duo 1.68GHz)(パソコンへの転送・保存、ハイビジョン画質のDVD作成の場合のみ、Pentium(R) ?1GHz以上)
メモリー:512MB以上(Vistaの場合は1GB以上)(推奨1GB以上)
HDD空き容量:約800MB以上(AVCHD対応ディスクを作成する場合、10GB以上必要)

■スタンダード画質を扱う場合
CPU:インテル(R) Pentium(R) ?1GHz以上
メモリー:256MB以上(Vistaの場合は512MB以上)
HDD空き容量:約800MB以上

動作保障されているパソコン環境でも、画像がコマ落ちしてなめらかに再生できない場合があります。(取りこんだ画像や作成するディスクの画質には影響ありません。)

すべてのパソコン環境について動作を保証するものではありません。バックグランドで動作している他のソフトウェアが動作に影響を与える場合があります。

5.1ch音声の再生に対応しておりません。2ch音声の再生になります。

ノートパソコンをご使用の場合、パソコンをACアダプターにつないで使用してください。パソコンの省電力機能により、正常に動作しない場合があります。

付属ソフトウェアは、Macintosh非対応です。

※12

画質効果はシーンにより異なります。切り出しサイズは、3,802×2,160です。


●主な別売アクセサリー

画像:アクセサリーキット『ACC-TCH7』 ソフトキャリングケース『LCS-SRB』
『HDR-SR8』『HDR-SR7』専用キャリングケース。 取り出しやすい縦型スタイルで、“ハンディカム”をキズや汚れからガードします。

希望小売価格:4,935円(税抜価格:4,700円)
発売日:2007年6月20日

画像:アクセサリーキット『ACC-TCH7』 HIGH SPEED 対応HDMIミニ端子用接続ケーブル『DLC-HDM15 B』『DLC-HDM20 B』
ハイビジョン"ハンディカム"で撮影した映像をフルデジタルで伝送。 1本のケーブルで高精度デジタル映像信号と高音質デジタル音声信号を伝送可能。
(HDMIミニ端子⇔HDMI標準端子)

希望小売価格:オープン価格
発売日:2007年6月21日


●主な仕様

型名
HDR-SR7
HDR-SR8
イメージセンサー 1/2.9型クリアビッドCMOSセンサー  
記録画素数 静止画 最大610万画素相当(2848×2136、4:3時)
総画素数 320万画素
有効画素数 動画 228万画素 16:9時
静止画 304万画素 4:3時
最低被写体照度 5ルクス(オートスローシャッターON、シャッタースピード1/30秒時)
ナイトショット撮影時0ルクス
レンズ カール ツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
ズーム 動画 光学10倍  デジタル20倍
静止画 光学10倍
F値 F=1.8〜2.9
焦点距離(35mm換算) f =5.4〜54 mm (40〜400mm、16:9時)
フィルター径 37mm
手ブレ補正機能 光学式(アクティブレンズ方式)
液晶モニター 2.7型(16:9)、21.1万ドット、タッチパネル クリアフォト液晶プラス
ビューファインダー 0.27型(16:9)、12.3万ドット、カラー
ナイトショット/スーパーナイトショット スーパーナイトショット
記録メディア 動画 内蔵HDD 60GB 内蔵HDD 100GB
静止画 内蔵HDD、メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HGデュオ、
静止画サイズ 静止画モード時 610万画素相当 4:3(2,848×2,136ドット)
460万画素相当 16:9(2,848×1,602ドット)
310万画素相当 4:3(2,048×1,536ドット)
30万画素相当 4:3(640×480ドット)
動画撮影時 460万画素相当 16:9(2,848×1,602ドット)
340万画素相当 4:3(2,136×1,602ドット)
インテリジェントフラッシュ ●(プリフラッシュ調光)
HDMI出力
コンポーネント出力
映像出力
S映像出力
HDMI端子タイプCミニ
特殊D端子(D3/D1対応)
特殊コネクター
特殊コネクター(別売AVケーブル使用)
本体質量 約530g
撮影時総質量 約580g(NP-FH50使用時)
約610g(NP-FH60<本体付属品>使用時)
約625g(NP-FH70使用時)
約725g(NP-FH100使用時)
外形寸法
※最大突起部含む(付属バッテリー装着時)
幅75 × 高さ81 × 奥行144mm(幅75 × 高さ81 × 奥行149mm)
基本バッテリーシステム “インフォリチウム”Hシリーズ対応
連続撮影時間※13
※ビューファインダーON時
( )内は実撮影時間
NP-FH50(別売)約1時間05分(約30分)
NP-FH60(付属)約1時間30分(約45分)
NP-FH70(別売)約2時間20分(約1時間10分)
NP-FH100(別売)約5時間25分(約2時間40分)
付属品 ACアダプター、電源コード、リチャージャブルバッテリーパック(NP-FH60)、ハンディカムステーション、D端子コンポーネントビデオケーブル、AV接続ケーブル、USBケーブル、ワイヤレスリモコン(RMT-835)、CD-ROM(Windows(R)用ソフト「Picture Motion Browser」)、その他

※13

連続撮影時間は、1本の満充電したバッテリーを使用して、25℃で連続撮影した場合の時間。実撮影時間は撮影、ズーム、撮影スタンバイ、電源ON/OFFを繰り返した時の撮影時間の目安です。 ビデオ再生など、撮影以外の操作は含まれていません。 実際にはこれより短くなる場合があります。

文中の効果写真はすべてイメージ写真です。

Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国及びその他の国における登録商標です。

ハンディカム、HANDYCAM、Handycam はソニー株式会社の登録商標です。

AVCHD及びAVCHDロゴは松下電器産業株式会社とソニー株式会社の商標です。

x.v.Colorはソニー株式会社の商標です。

■お客様からのお問い合わせ■
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター 
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル)、03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)
ソニードライブ:http://www.sony.co.jp/SonyDrive/
“ハンディカム”ホームページ:http://www.sony.co.jp/cam/
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail
製品サイトへ