報道資料 総合情報会社案内 プレスリリース

2007年11月14日

新商品

業務用HDVシリーズより レンズ交換が可能なカムコーダー2機種と
プログレッシブ記録・再生に対応したレコーダー 登場

(左から)HDVカムコーダー『HVR-Z7J』、HDVカムコーダー『HVR-S270J』、メモリーレコーディングユニット(『HVR-Z7J』『HVR-S270J』に付属)、HDVレコーダー『HVR-M35J』

SONY

(左から)HDVカムコーダー『HVR-Z7J』、HDVカムコーダー『HVR-S270J』、
メモリーレコーディングユニット(『HVR-Z7J』『HVR-S270J』に付属)、HDVレコーダー『HVR-M35J』


ソニーは、HD(ハイディフィニション)の高画質な映像をDVカセットテープに記録できるHDV※1シリーズから、レンズ交換が可能なカムコーダー『HVR-S270J』(ショルダータイプ)と『HVR-Z7J』(ハンディタイプ)を発売します。

『HVR-Z7J』は、業務用HDVハンディタイプカムコーダーとして初めて、レンズ交換方式を採用しました。※2これにより、映像制作領域において、より幅広い映像表現と機動力を実現します。
両機種とも新開発1/3型“3クリアビッドCMOSセンサー”※3に、“Exmor”※4の技術を加えた新型イメージャーを採用することで、更なる高画質化を図りました。
また、HDVの1080/24p/25p/30pプログレッシブ記録・再生に対応し、HD/SD-SDI出力を装備したHDVレコーダー『HVR-M35J』を同時発売します。


型 名 発売日 希望小売価格
HDVカムコーダー『HVR-S270J』 2008年2月中旬 1,155,000円(税抜価格 1,100,000円)
HDVカムコーダー『HVR-Z7J』 2008年2月上旬 735,000円(税抜価格700,000 円)
HDVレコーダー『HVR-M35J』 2008年2月上旬 609,000円(税抜価格580,000 円)

なお、最新の業務用HDVラインアップは2007年11月20日(火)から千葉市・幕張メッセで開催される「2007国際放送機器展(Inter BEE 2007)」にて展示予定です。

※ 主な出展製品については 「Inter BEE 2007 ソニーブースのご案内」 をご覧下さい。

※1

HDVおよびHDVロゴは、ソニー株式会社、日本ビクター株式会社の商標です。

※2

業務用HDVハンディタイプカムコーダーとして。(2007年11月14日現在、ソニー調べ)

※3

“3 ClearVid CMOS Sensor ”および“3 ClearVid CMOS Sensor ロゴ”はソニー株式会社の商標です。

※4

“Exmor”は、ソニー株式会社の商標です。この“Exmor”は、カラム並列ADコンバーターを搭載することにより、高速処理、低ノイズ性能、低消費電力に優れたCMOSセンサーです。



●HDVカムコーダー『HVR-S270J』『HVR-Z7J』の主な特長

『HVR-S270J』(ショルダータイプ)、『HVR-Z7J』(ハンディタイプ)の共通特長


1.新開発1/3型“3クリアビッドCMOSセンサー”に“Exmor”の技術を加えた新型イメージャー

画素を45度回転させ、1画素の面積を広く取ることで高感度と高解像度を両立し、フルHD(1920×1080ドット)※5の信号処理を実現する“3クリアビッドCMOSセンサー”の1/3型を新開発。
更に、CMOSセンサー内にカラムA/Dコンバーターとデュアルノイズリダクションを集積化する“Exmor”の技術により、暗部での撮影でも低ノイズ化を図り、最低被写体照度1.5lux※6を実現しました。

※5

HDV記録は1440×1080iとなります。

※6

シャッタースピード1/30秒固定、オートアイリス、オートゲイン時。


2.手ぶれ補正など充実の機能を内蔵した光学12倍ズームカールツァイスレンズを付属

『HVR-S270J』、『HVR-Z7J』に付属のカールツァイスレンズは、光学12倍ズーム、焦点距離32.0-384mm(35mm換算、16:9時)で、レンズ交換方式ながら、オートフォーカス・光学手ぶれ補正機能を搭載。操作性の向上したフォーカス、ズーム、アイリスリングは、ENGレンズに近い操作性を実現します。更に、別売の8倍ワイドレンズでは、焦点距離24.0-192mm(35mm換算)の広画角な撮影が可能です。


3.多彩な交換レンズに対応

交換レンズ 1/3型バヨネットマウントの採用により、レンズ交換方式に対応。従来のHDVカムコーダーでは実現出来なかった映像表現が可能になります。業務用ビデオレンズメーカー製の1/3型ENGレンズは直接装着が可能です。また、1/2型や2/3型のENGレンズもアダプター※7,8を介して使用が可能なため、既存のレンズ資産も有効活用できます。更に、ソニー製デジタル一眼レフカメラ“α”シリーズのレンズも、“α”レンズアダプター『LA-100W』(別売)を介して使用できます。※9

※7

1/2レンズマウントコンバーター「ACM-12」(フジノン株式会社取り扱い)。焦点距離は約1.3倍になります。

※8

2/3レンズマウントコンバーター「ACM-17」(フジノン株式会社取り扱い)。焦点距離は約2倍になります。

※9

“α”レンズ使用時の焦点距離は約7倍になります。


4.HDVの1080/24p、30pプログレッシブ記録に対応

従来のHDV1080/60i、DVCAM/DV 480/60i記録に加え、HDVの1080/24p、30pプログレッシブ記録に対応しました。※10 映画のような映像表現やショートムービーなどの制作が可能です。また、インターレースに変換して記録可能なプログレッシブスキャンモードも搭載しています。

※10

HDVの1080/24p、30pは、それぞれ23.98p、29.97pでの記録になります。


5.“XtraFine”※11LCDモニター/ビューファインダーを搭載

LCDモニターとビューファインダーには、高精細VGAパネル“XtraFine”を採用。LCDモニターには、3.2型、92.1万(1920×480)ドット、16:9画面の高解像度パネルを搭載。ビューファインダーには0.45型、122.7万(852×3[RGB]×480)ドット相当、16:9画面のパネルを搭載。HD映像に求められるよりシビアなフォーカシングに対応します。

※11

“XtraFine”はソニー株式会社の商標です。


6.進化したピクチャープロファイル

細かな画質調整が可能なピクチャープロファイルが更に進化。既存のショルダーカムコーダーやハンディタイプカムコーダー、映画フィルムの映像特性に近い色再現が可能なモードをプリセットとして登録。設定項目も、ガンマ、ニー、ディテール、カラーモードなど、より細やかな設定が可能になりました。


7.カムコーダーと一体化して運用が可能なメモリーレコーディングユニットを同梱

同梱のメモリーレコーディングユニットにより、コンパクトフラッシュ(CF)カード※12(別売)にHDV/DVCAM/DVの映像をファイルとして記録できます。8GBのCFカードに約36分、16GBでは約72分の映像記録が可能です。※13また、ケーブルやバッテリー無しに『HVR-S270J』『HVR-Z7J』本体に装着して使用でき、カムコーダーと一体化の上、テープ記録とメモリー記録がワンパッケージで運用可能です。例えば、テープとCFカードへの同時記録により、テープはマスター映像として保管し、CFカードに記録されたファイルはPCに転送してノンリニア編集をするといった効率的な運用が可能です。

※12

コンパクトフラッシュ(CompactFlash)は、米国サンディスク社の登録商標です。

※13

容量16GBのコンパクトフラッシュカードは、2008年4月中に発売予定です。


左図:コンパクトフラッシュカード(左)とメモリーレコーディングユニット(右)
中図:メモリーレコーディングユニット装着時 『HVR-S270J』 右図:メモリーレコーディングユニット装着『HVR-Z7J』

『HVR-S270J』(ショルダータイプ)の特長

上記の共通性能に加え、『HVR-S270J』には、ショルダータイプカムコーダーならではの以下の特長があります。

1.スタンダードサイズカセットに対応し、最長4.5時間の長時間収録が可能

従来のミニDVカセットに加え、スタンダードサイズカセットにも対応。これにより、HDV記録時で最長276分※14、DVCAM記録時で最長184分※15の長時間記録が可能になりました。

※14

PHDV-276DM使用時

※15

PDV-184N使用時


2.新デザイン “デュアルファインダー”

新デザイン “デュアルファインダー” 『HVR-S270J』は、ビューファインダーの上にLCDモニターを装備。肩に載せた状態でも、ビューファインダーとLCDモニターどちらでも映像を確認できます。また、LCDモニターは回転するため、ハイアングル/ローアングルなど、撮影中あらゆる角度から映像を確認することができます。


3.多彩なインターフェース

HD/SD-SDI出力(BNC)、i.LINK端子(6ピン)、アナログコンポーネント出力(BNC×3)、コンポジット出力(BNC)、Sビデオ出力(DIN 4ピン)、TC出力(BNC)、オーディオ入力(XLRタイプ×4)などの豊富なインターフェースを標準装備しています。


4.HDV 4chオーディオ対応

HDV 4chのオーディオ記録に対応し、幅広い業務へ対応しワンマンオペレーションをサポートします。



●HDVレコーダー『HVR-M35J』の主な特長


1.HDVプログレッシブ記録・再生

HDVカムコーダー『HVR-S270J』『HVR-Z7J』などで撮影したHDV規格に準拠したHDVの1080/24p/25p/30pプログレッシブ記録・再生に対応しました。


2.HDVの4chオーディオ記録・再生

『HVR-S270J』で記録されたHDV 4chオーディオの再生や、4chオーディオ信号で記録されたDVCAMテープの再生も可能です。


3.HD/SD-SDI出力を標準装備

汎用性の高いHD/SD-SDI出力(音声、TC信号重畳)※16を標準装備。上位フォーマットへのコピー用途や、モニターでの映像確認が可能です。また、AES/EBU出力(BNC×2)、TC出力も装備しています。

※16

リファレンス信号には対応していません。


4.小型スピーカーを内蔵

映像と同時にオーディオの簡易確認が出来る小型モノラルスピーカーを本体底面に装備しました。



●『HVR-S270J』『HVR-Z7J』専用別売アクセサリー


・ワイドズームカールツァイスレンズ 『VCL-308BWS』『VCL-308BWH』

『HVR-S270J』専用の『VCL-308BWS』と『HVR-Z7J』専用の『VCL-308BWH』。倍率は8倍、焦点距離24.0-192mm(35mm換算)の広画角な撮影が可能です。
発売日:2008年5月下旬   希望小売価格:未定


・“α”レンズアダプター 『LA-100W』

『HVR-S270J』『HVR-Z7J』専用、デジタル一眼レフカメラ“α”シリーズのレンズ装着アダプター。
発売日:2008年5月下旬   希望小売価格:未定


・ACアダプターチャージャー 『AC-VQL1BP』

『NP-F570/770/970』に対応した4巻充電チャージャー(2個同時充電が可能)。Battery Log機能により総充電回数や総充電時間、最後に使用した年月の表示が可能。
発売日:2008年2月上旬   希望小売価格:42,000円(税込み)


・LCDフード 『SH-L32WBP』

『HVR-S270J』『HVR-Z7J』専用のLCDフード。下部の遮光も可能です。また、フードを折りたため、本体に装着したまま収納ができます。
発売日:2008年2月上旬   希望小売価格:6,300円(税込み)


・カムコーダーサポート 『VCT-SP1BP』

『HVR-Z7J』や『HVR-Z1J』など、ハンディタイプカムコーダーの撮影を強力サポート。通常撮影での重量負荷の軽減やハイアングルでの撮影など、幅広い撮影スタイルをサポートします。更に、リモートコマンダー『RM-1BP』を付属し、手元でのリモコン操作も可能です。
発売日:2008年2月上旬   希望小売価格:73,500円(税込み)


・コンパクトフラッシュカード 『NCFD8GP』(容量8GB)

業務用HDVカムコーダーでのハイブリッド記録に推奨のコンパクトフラッシュカード。『HVR-S270J』『HVR-Z7J』に付属のメモリーレコーディングユニットに、容量8GBのコンパクトフラッシュカード『NCFD8GP』を挿入して撮影した場合、HDV/DVCAM/DV(SP)の各フォーマットで約36分の記録が可能です。※13
発売日:2008年2月   希望小売価格:オープン価格 

※13

容量16GBのコンパクトフラッシュカードは、2008年4月中に発売予定です。


●主な仕様

「HVR-S270J」「HVR-Z7J」の主な仕様

 
HVR-S270J

HVR-Z7J
システム 録画方式 HDV 回転2ヘッドヘリカルスキャン
DVCAM/DV 回転2ヘッドヘリカルスキャン
録音方式 HDV 回転2ヘッド、
2ch記録時:MPEG1 Audio Layer?、16ビット48kHz、転送レート384kbps
4ch記録時:MPEG2 Audio Layer?、16ビット48kHz、転送レート384kbps
回転2ヘッド、
MPEG1 Audio Layer?、16ビット48kHz、
転送レート384kbps
DVCAM/DV 回転2ヘッド、12ビットFs32kHz(チャンネル1/2、チャンネル3/4)、16ビットFs48kHz(チャンネル1/2)
映像信号 NTSCカラー、EIA標準方式、1080/60i方式
使用可能カセット 「DVCAM」マークのついたスタンダード/ミニDVCAMカセット
「DV」マークのついたスタンダード/ミニDVカセット
「DVCAM」マークのついたミニDVCAMカセット
「ミニDV」マークのついたミニDVカセット
テープ速度 HDV 約18.81mm/秒
DVCAM 約28.21mm/秒
DV(SP) 約18.81mm/秒
録画・再生時間 HDV 276分(PHDV-276DM使用時) 63分(PHDVM-63DM使用時)
DVCAM 184分(PHDV-276DM使用時) 41分(PHDVM-63DM使用時)
DV(SP) 276分(PHDV-276DM使用時) 63分(PHDVM-63DM使用時)
撮像素子  1/3型 3クリアビッドCMOSセンサー
総画素数:約112万画素 有効画素数:16:9動画撮影時 約104万画素
色温度切り替え、ホワイトバランス [AUTO]、[ONE-PUSH A/B]、[OUTDOOR (selectable level -7〜+7、 約 500K/step)]、
[INDOOR]、[MANUAL WB (2300K〜15000K, 100K/step)]
最低被写体照度 1.5lx(ルクス) (1/30秒シャッタースピード固定、オートアイリス、オートゲイン)
NDフィルター [1]クリア、[2]1/4、[3]1/16、[4]1/64
同梱レンズ カールツァイスレンズ カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
焦点距離  f=4.4-52.8mm (35mm換算、16:9時 f=32.0-384mm、 4:3時 f=39.5-474mm)
ズーム 光学12倍
フォーカス AUTO / MANUAL
手ぶれ補正 光学手振れ補正
フィルター径  72mm
入・出力端子 HD/SD SDI OUT端子 BNC型×1 -
A/V OUT端子 AV-multi
(付属)
- 映像(ピン×1)、音声(ピン×2)
※付属のAV接続ケーブル使用)
コンポジット BNC型×1 -
Sビデオ 4ピンミニDIN×1 -
オーディオ ピンジャック×2 -
COMPONENT OUT端子 BNC型×3 Y(ピン×1)、Pb/Pr、Cb/Cr(ピン×2) ※付属のコンポーネントビデオケーブル使用
ヘッドホン端子 ステレオミニジャック(Φ3.5)×1
AUDIO IN端子 XLRタイプ3ピン(凹)×4 XLRタイプ3ピン(凹)×2
HDV/DV
IN/OUT端子
i.LINK(IEEE1394、6ピンコネクターS100)×1
HDMI出力端子 - HDMI端子×1
LANC端子 ステレオミニジャック(Φ2.5)
液晶画面 画面サイズ 8.0cm (3.2型、16:9)
ドット数 約92.1万ドット (1920×480)
ファインダー 画面サイズ 1.1cm (0.45型、16:9)、カラー/モノクロ切り替え式 
ドット数 約122.6万ドット (852×3[RGB] ×480)相当
電源部・その他 電源電圧 DC14.4V(バッテリー)、DC11 - 17V(ACアダプター) 7.2V(バッテリー)、8.4V(ACアダプター)
消費電力 HDV記録時:約12.5W、DVCAM/DV記録時:約12.4W HDV記録時:約7.2W、DVCAM/DV記録時:約6.9W
動作温度 0-40 ℃
保存温度  -20〜+60℃
外形寸法(幅×高さ×奥行) 約305×277×505 mm(バッテリーを除いた状態で、最大突起部含む) 約176×199×439mm(レンズカバー付きフード、マイク(ECM-XM1)、ラージアイカップ含む)
本体質量 約5.4kg(本体のみ) 約2.4kg(本体のみ)
撮影時総質量 約6.7kg (BP-L80S、テープ(PHDV-276DM)、レンズカバー付きフード、マイク(ECM-XM1)、メモリーレコーディングユニット含む) 約3.1kg(バッテリー:NP-F970、テープ(PHDVM-63DM)、レンズカバー付きフード、マイク(ECM-XM1)、ラージアイカップ、メモリーレコーディングユニット含む)
メモリーレコーディングユニット 物理フォーマット FAT32
ファイルフォーマット HDV MPEG2-TS(.m2t)
DVCAM/DV AVI Type1(.AVI)/Raw DV(.DV)
記録媒体(別売) コンパクトフラッシュ Type1×133 2GB以上
転送速度(平均)i.LINK接続時 110Mbps @×133/4GB
対応ビデオフォーマット HDV1080:60i/24p/30p DVCAM/DV:480/60i
録画モード インターバル(DVCAM/DVのみ)、ループ、キャッシュ(約14秒)
i.LINK 6ピン×1
バッテリー NP-F570/770/970(別売)
消費電力 2.2W
動作温度 0℃〜40℃
保存温度 -20℃〜60℃
外形寸法 約57×102×34mm
質量 約130g

「HVR-M35J」の主な仕様

  HVR-M35J
システム 録画方式 HDV 回転2ヘッドヘリカルスキャン
DVCAM/DV 回転2ヘッドヘリカルスキャン
録音方式 HDV 回転2ヘッド、
2ch記録時:MPEG1 Audio Layer?、16ビット48kHz、転送レート384kbps
4ch記録時:MPEG2 Audio Layer?、16ビット48kHz、転送レート384kbps
DVCAM/DV 回転2ヘッド、12ビットFs32kHz(チャンネル1/2、チャンネル3/4)、16ビットFs48kHz(チャンネル1/2)
映像信号 1080/60i方式、NTSCカラー、EIA標準方式
1080/50i方式、PALカラー、CCIR標準方式
使用可能カセット 「DVCAM」マークのついたスタンダード/ミニDVCAMカセット
「DV」マークのついたスタンダード/ミニDVカセット
テープ速度 HDV 約18.81mm/秒
DVCAM 約28.21mm/秒
DV(SP) 約18.81mm/秒
録画・再生時間 HDV 276分(PHDV-276DM使用時)、63分(PHDVM-63DM使用時)
DVCAM 184分(PHDV-276DM使用時)、41分(PHDVM-63DM使用時)
DV(SP) 276分(PHDV-276DM使用時)、63分(PHDVM-63DM使用時)
入・出力端子 VIDEO IN/OUT端子 BNC型×2
MONITOR VIDEO OUT端子 ピンジャック型×1
S VIDEO IN/OUT端子  4ピンミニDIN×2
COMPONENT OUT端子 BNC型×3
HDV/DV IN/OUT端子 i.LINK (IEEE1394、6ピンコネクター×1、S100)
HD/SD SDI OUT端子 BNC型×1
AUDIO IN端子 ピンジャック×4
AUDIO OUT端子  XLR型3ピン(凸)×4
MONITOR AUDIO OUT端子  ピンジャック×1
ヘッドホン端子 ステレオミニジャック×1 (Φ3.5)  16Ω負荷
AES/EBU OUT端子 BNC型×2
TC OUT端子 BNC型×1
リモートコントロール端子 LANC ステレオミニジャック(Φ2.5)  CONTROL S IN ステレオミニジャック(Φ3.5)
液晶画面 画面サイズ 6.7cm (2.7型、16:9)
ドット数 約21.1万ドット(960×220)
電源部・その他 電源電圧 AC100V、50/60Hz
消費電力  13W
動作温度 5℃〜40℃
保存温度 -20℃〜60℃
外形寸法(幅×高さ×奥行) 212×98×390mm(最大突起含む)
本体質量 約4.4kg

■お客様からのお問い合わせ■
ソニーマーケティング(株) 業務用商品お客様ご相談センター 
TEL 0570-00-2288(ナビダイヤル)、0466-31-2588(携帯電話・PHSの場合)
ソニードライブ 「プロフェッショナル業務用商品」:http://www.sony.jp/pro/
プロフェッショナルHDVオフィシャルサイト:http://www.sony.jp/hdv/
一般のお客様へ
SonyDrive News Mail
製品サイトへ