本文へ

会社情報>プレスリリース一覧>プレスリリース

プレスリリース

2009年1月15日

新商品

HANDYCAM

世界初※1、裏面照射型CMOSセンサーを採用
約2倍※2の感度向上で暗所でもノイズの少ない高画質撮影が可能
AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”2機種発売

- 歩き撮りでもブレにくい新開発「光学式手ブレ補正※3」機能、世界初※1となるGPS機能搭載 -

左:AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-XR520V』(240GB)(ブラック) 右:AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-XR500V』(120GB)(シルバー)

SONY左:AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-XR520V』(240GB)(ブラック)
        右:AVCHD HDDデジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-XR500V』(120GB)(シルバー)

 

ソニーは、独自の「裏面照射構造」を採用することによって感度を従来の約2倍※2にまで高めた新開発のCMOSセンサー「“Exmor R”(エクスモア アール)」や、従来の約10倍※4に手ブレ補正の領域を拡大した新開発「光学式手ブレ補正機能※3」、独自の高性能「Gレンズ」などを搭載することで、ハイビジョン映像の画質レベルをさらに向上させたデジタルハイビジョン“ハンディカム”2機種を発売します。
両機は、「裏面照射型構造」を採用したCMOSセンサーを搭載する世界初のデジタルビデオカメラとなります。

型名 発売日 希望小売価格
AVCHD HDD デジタルハイビジョン“ハンディカム”
『HDR-XR520V』
2月20日 オープン価格
AVCHD HDD デジタルハイビジョン“ハンディカム”
『HDR-XR500V』

新開発のCMOSセンサー「“Exmor R”」には、2008年6月に発表した当社独自開発の「裏面照射型構造」を採用しています。従来の裏面照射型CMOSセンサーでは、感度が向上しても画質を悪化させてしまう要因が多くありましたが、当社では、最適化した独自のフォトダイオード構造、オンチップレンズ、高精度アライメント技術を新たに開発することなどで、感度と画質の向上の両立を実現しました。

なお、『HDR-XR520V』は、大容量240GBの内蔵HDDに、ハイビジョン映像を最長約101時間※5記録できます。『HDR-XR500V』は、大容量120GBの内蔵HDDに最長約50時間※5のハイビジョン映像を記録できます。

※1
2009年1月広報発表時点。
※2
当社従来機種との比較(F値:F2.0時)
※3
「アクティブモード」時。
※4
ワイド側での手ブレ補正角度(当社従来機種比)。テレ端(望遠側)での効果は従来機種相当。
※5
HD画質記録LPモード音声2ch撮影時、HDDの最大記録時間をご使用される場合にはデモ映像の削除が必要です。

主な特長

1.新開発CMOSセンサー「“Exmor R”(エクスモア アール)」や「光学式手振れ補正機能※3」搭載。

  1. 世界初※1となる「裏面照射型構造」を採用したCMOSセンサーを搭載することにより、感度を従来比の約2倍※2に高め、暗所でもノイズの少ない高画質なハイビジョン撮影を実現。
  2. 手ブレ補正の領域を従来比約10倍※4に拡大することで、歩き撮りなどで撮影する際の手ブレをしっかり防ぎ、見やすくてきれいな映像を残せます。

2. 大容量の内蔵HDDにハイビジョン映像を長時間記録。

  1. 『HDR-XR520V』は、240GBの内蔵HDDに最長約101時間※5、『HDR-XR500V』は120GBの内蔵HDDに最長約50時間※5のハイビジョン映像を記録可能。

3. 世界初※1となるGPS機能搭載。

  1. 映像に位置情報を記録できるので、旅行などでの思い出の映像を、撮影場所を確認しながら楽しむことができます。また、ビデオカメラ本体に搭載された地図上で現在地の確認なども可能。

『HDR-XR520V』『HDR-XR500V』の主な特長(共通、詳細)

  1. さらなる高画質撮影を実現する、独自技術
「“Exmor R” CMOSセンサー

(1)新開発、1/2.88型CMOSセンサー「“Exmor R”(エクスモア アール)」

  • “Exmor R”CMOSセンサー世界初※1となる、「裏面照射型構造」を採用した新開発の1/2.88型CMOSセンサー「“Exmor R”」によって感度を従来の約2倍※2に高め、暗所でもノイズの少ない高画質なハイビジョン撮影を実現しています。「裏面照射型構造」は、配線層をフォトダイオード(基板)の裏側に配置し、入射光を効率よく利用することで、高感度を実現し、高画質撮影を可能にしています。
  • 独自のクリアビッド画素配列や高速信号処理、そして画像処理エンジン「BIONZ」との組み合わせにより、動画・静止画ともに高解像度・高感度・低ノイズの高精細ハイビジョン映像の記録を実現しました。

    以上の様々な機能を実現しています。
  1. 最大1200万画素相当の静止画記録
    静止画モードで最大1200万画素相当(4:3撮影時)の高精細な静止画記録を実現しました。
  2. 動画と最大830万画素相当の高画質写真を同時記録
    動画撮影中に、最大830万画素相当(16:9撮影時)の静止画を、記録メディアの記録可能容量に達するまで、同時に記録できます。

新開発、「光学式手振れ補正機能(アクティブモード)」搭載(2)新開発、「光学式手振れ補正機能(アクティブモード)」搭載
新開発の「光学式手ブレ補正機能」では、「アクティブモード」時にワイド端側での手ブレ補正領域を約10倍※4にまで拡大し、従来に比べて補正効果を大幅に向上しています。これにより、歩きながらの撮影でも手ブレをしっかり補正し、見やすくてきれいな映像を残せます。

(3)高性能「Gレンズ」搭載
独自の光学技術を結集した高性能「Gレンズ」を搭載。特殊低分散レンズ、非球面レンズを採用し、コントラストが高く、色にじみの少ない、優れた描写力を発揮します。また、絞りの形状が真円に近い虹彩絞りを採用することにより、味わい深いボケ味も魅力です。

(4)自動逆光補正機能
「Dレンジオプティマイザー機能」をさらに進化させました。
撮影時に逆光を自動で判断して、人物はもちろん、景色のみでも逆光補正を行います。
白トビや黒つぶれの少ない鮮明な映像を撮影できます。

  1. 大容量の内蔵HDDに1920×1080iハイビジョン映像を長時間記録
  • 『HDR-XR520V』は、大容量240GBの内蔵HDDに、ハイビジョン映像を最長約101時間※5記録できます。また『HDR-XR500V』は、大容量120GBの内蔵HDDに最長約50時間※5のハイビジョン映像を記録できます。
  • 別売りの“メモリースティック”にも、動画および静止画の記録が可能です。撮影目的や再生・編集機器にあわせて記録メディアが選べるほか、内蔵HDDに記録した映像を本体上で“メモリースティック”に簡単にダビングすることが可能です。
  • 映像記録方式にはAVCHD規格を採用。映像圧縮にはMPEG-4 AVC/H.264方式、音声にはドルビーデジタル5.1ch/2ch方式を採用し、映像ズームに合わせて音声もズームすることが出来るズームマイクを内蔵しました。臨場感あふれるハイビジョン映像の記録再生を実現します。
  • 両モデルとも、スタンダードディフィニション(SD )画質での記録が可能。撮影目的や再生・編集機器に合わせて記録方式が選べます。また、全ての画質モードに可変ビットレートを採用し、動きの早い被写体など情報量が多い映像では高い記録レートにするなど、被写体に合わせて記録レートを自動調節することで、より効率的な記録が可能です。

<録画モードと記録時間>※6※7
ハイビジョン画質(ビデオコーデック:MPEG-4 AVC/H.264)

  内蔵HDD
『HDR-XR520V』(240GB) 『HDR-XR500V』(120GB)
録画時間 FHモード
(16Mbps)(1920x1080i)
約29時間10分 約14時間30分
HQモード
(9Mbps)
約59時間20分 約29時間30分
SPモード
(標準:7Mbps)
約72時間10分 約35時間50分
LPモード
(5Mbps)
約96時間10分 約47時間50分
LPモード※8
(5Mbps)
約101時間 約50時間10分
※6
出荷時の設定は『HDR-XR520V』『HDR-XR500V』ともSPモードに設定されています。
※7
動きの速い映像を撮影すると、録画時間は短くなる場合があります。HDDの最大記録時間をご使用になる場合にはデモ映像の削除が必要です。
※8
音声を2chで記録した場合。
  1. 世界初※1となるGPS機能
  • 世界初となるGPS機能“ハンディカム”本体の「GPSスイッチ」をONにすると、動画および静止画を撮影する際に位置情報も記録できます。例えば、家族旅行や海外旅行の思い出を、撮影した場所の情報とともに、より鮮明に思い起こすことができます。また、「マップインデックス」機能を使うと、映像を撮影した位置が地図上にマーカーで表示されるため、地図から見たい映像を探すことができます。
  • 本体に内蔵した世界地図※9で現在地も確認することもできるので、初めて訪れる土地を歩くときなども便利です。
  • GPSを使って時刻を随時補正するため、海外旅行先での時計設定は不要で、常に現地時刻での記録が可能です。
  • 撮影した映像をPCのHDDに転送し、付属の映像管理ソフトウェア「PMB(Picture Motion Browser)」を使用すると、「マップビュー」上に位置情報付きの映像をサムネイル表示できます。
※9
地図搭載エリア:北米・欧州・オセアニア・日本。
  1. 「顔検出」を進化させた「スマイルシャッター」機能
「顔検出」を進化させた「スマイルシャッター」機能

人物の顔を高速かつ高精度に検出してピントや明るさなどを自動調整することで顔部分を鮮明で美しく撮影できる「顔検出」機能をさらに進化させた「スマイルシャッター」機能を搭載しています。動画撮影中に自動で笑顔を認識し、動画と同時に最大830万画素相当(16:9撮影時)の笑顔の写真を残せるので、撮影後はハイビジョンの動画に加えて、静止画切り出しなどをすることなく自然な笑顔の写真を鑑賞できます※10。「スマイル検出設定」を「常時」に設定すると、静止画モード時は最大1200万画素相当(4:3撮影時)のさらに高画質な写真を残せます。

※10
初期設定は動画撮影時にのみ笑顔を検出します。

(1)優先したい被写体を設定
デジタルスチルカメラ“サイバーショット”で好評の、「子ども」と「大人」を自動判別する「優先被写体設定」機能を搭載。「子ども」の笑顔を優先して撮影する「こども優先」、「大人」の笑顔を優先する「おとな優先」を設定でき、優先した被写体の笑顔を優先的に検出して写真を撮影します。

(2)スマイル検出感度を設定
笑顔を感知するレベルを任意で設定できます。

スマイル検出感度を設定

(3)顔画質優先の動画圧縮レートコントロール
AVCHDでの撮影時、検出された顔部分に優先的にデータ容量を割り当てて圧縮することにより、顔部分の画質改善を実現。

  1. 液晶パネルを開くとすぐ起動

液晶パネルを開くと高速起動し、撮りたい瞬間に即座に対応できます。撮影後は、液晶パネルを閉じるだけで電源をOFFできるので、電源の切り忘れやムダ撮りを防げます。

  1. その他、「見る」楽しみを広げる様々な機能を搭載

(1)盛り上がっているシーンを自動的に抽出する「ハイライト再生」機能
“顔検出機能”や“スマイルシャッター”などを使って撮影したハイビジョン動画の中から、盛り上がっていると判断したシーンだけを自動で抽出し、エフェクトとBGMをつけて再生することができます。大画面液晶テレビ〈ブラビア〉と本機をHDMI端子でつなげば、大切な思い出をハイビジョンの一作品として、面倒な設定なしで手軽に楽しめます。

  • エフェクト:“シンプル”“ノスタルジック”“スタイリッシュ”“アクティブ”から選択可能。
  • BGM:4種類の楽曲や、撮影時の音声から選択可能。また、付属ソフトウェアを使用して、好みの楽曲に入れ替えることもできます。
  • 再生範囲:再生したい映像の開始日と終了日を選択し、設定することが可能。

(2)「x.v.Color」※11に対応し、自然界に存在する物体色をより忠実に記録
IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)に規定されている動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」(「IEC61966-2-4」)に準拠した「x.v.Color」に対応。自然界に存在する物体色をより忠実に記録でき、たとえば南国の海の美しい青緑色や、花の鮮やかな赤色など、今まで記録できなかった色をありのままの色により近い豊富な色彩でハイビジョン記録できます。また、撮影した映像を「x.v.Color」対応の“ハンディカム”やブルーレイディスクレコーダー、液晶テレビ〈ブラビア〉などで再生すると、より忠実な色再現を楽しめます。

※11
「x.v.Color」:動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した製品に付される新名称およびロゴ。より忠実な色を再現するという利点をお客様にわかりやすく訴えていくために、ソニーが業界の統一呼称として広く提唱しています。

(3)見たい映像をすぐに探せる検索機能
「日付インデックス」「フィルムロールインデックス」「フェイスインデックス」「マップインデックス」の4種類の検索機能によって、見たい映像をより簡単に検索できます。

  1. 日付インデックス
    撮影した日付で検索
  2. フィルムロールインデックス
    ひとつの動画ファイルを細かく表示。
    表示時間は3秒、6秒、12秒、1分、5分の中から選択できます。
  3. フェイスインデックス
    1スタート/ストップした映像の中から検出した顔をサムネイル表示し、そこから選んだ顔画像から再生することが可能。

    フェイスインデックス

  4. マップビュー
    撮影した場所を地図で表示。見たい場面を地図から選んで再生できます。

(4)〈ブラビア〉のリモコンで撮影した映像を楽しめる“ブラビアリンク”
本機と液晶テレビ〈ブラビア〉をHDMIケーブル※12でつなぐと、本機で撮影した映像が自動的に表示されます。また、〈ブラビア〉のリモコンで、本機を操作することもできます。

※12
D端子A/Vケーブルで接続した場合、テレビ側の設定が必要です。

(5)「映像管理ソフトウェア「PMB(Picture Motion Browser)」付属
従来からの、パソコンに保存した映像の月別・日別・時間別表示や、動画のカット編集、ハイビジョン画質のDVDディスク作成、ハイビジョン映像から300万画素相当の静止画を切り出せる機能, 顔検索機能に加え、以下機能が加わることで、撮影した映像の管理・閲覧がさらに簡単で便利になりました。

<主な新機能>

  • ブルーレイディスクに保存できます※13
  • 効果音や吹き出し、テロップがつけられる「eDeco(イーデコ)」機能搭載。「YouTubeTM」などの動画共有サイトにアップロードできます。
  • GPS搭載“ハンディカム”で撮影した位置情報つき映像を、PMBでも地図上に表示できます。
※13
付属CD-ROMからインターネットを介したダウンロードでブルーレイディスク作成機能を提供します。ブルーレイディスク作成可能なブルーレイディスクドライブが必要です。

(6)ハードディスクドライブ(HDD)のデータを守る「HDD スマートプロテクション」搭載※14
HDDドライブを衝撃から守る「HDDスマートプロテクション」を搭載しています。

  1. 3Gセンサー
    ビデオカメラ本体の落下を自動検知すると、HDD上からヘッドを自動退避し、HDDを保護します。
  2. 耐衝撃ダンパー
    HDDを上下から挟み込む特殊形状の「耐衝撃ダンパー」の採用により、撮影時の振動や誤って落下させてしまった場合の衝撃からHDDを守ります。
  3. 落下ストリームバッファー
    HDD上からヘッドが退避したあとも本体内蔵のバッファーメモリーに一定期間記録を続けます。HDDが再び動き出した際に、バッファーに溜まったデータを自動的にHDDに記録します。
※14
すべての衝撃に対してHDDが破損しないことを保障するものではありません。

 


なお、今回の新商品は、銀座・ソニーショールーム、お台場・ソニースタイルショールーム、ソニースタイル 大阪にて、1月17日(土)より先行展示を行います。

 

「HDR-XR520V」「HDR-XR500V」の主な仕様

型名 HDR- XR520V HDR- XR500V
イメージセンサー 1/2.88型CMOSセンサー“Exmor R”
記録画素数 静止画 最大1200万画素相当(4,000×3,000、4:3時)
総画素数 663万画素
有効画素数 動画 415万画素 16:9時
静止画 600万画素 4:3時
最低被写体照度 ローラクスモード時:3ルクス
(オートスローシャッターON、シャッタースピード1/30秒時)
ナイトショット撮影時:0ルクス
レンズ(フィルター径) Gレンズ(37mm)
ズーム 動画 光学12倍  デジタル150倍
静止画 光学12倍
F値 F=1.8〜3.4
焦点距離(35mm換算) f =5.5 〜 66.0 mm (35mm換算 43〜516mm、16:9時)
手ブレ補正機能 光学式(アクティブレンズ方式)
液晶モニター 3.2型(16:9)、92.1万ドット、タッチパネル、エクストラファイン液晶
ビューファインダー 0.27型(16:9)、12.3万ドット
ナイトショット
記録メディア 動画 内蔵HDD 240GB/“メモリースティックPROデュオ”、
“メモリースティックPRO-HGデュオ”(1GB以上推奨)
内蔵HDD 120GB/“メモリースティックPROデュオ”、
“メモリースティックPRO-HGデュオ”(1GB以上推奨)
静止画 内蔵HDD、“メモリースティック デュオ”、“メモリースティック PRO デュオ”、“メモリースティック PRO-HGデュオ”
静止画サイズ 静止画
モード時
1200万画素相当 4:3(4,000×3,000ドット)
900万画素相当 16:9(4,000×2,250ドット)
620万画素相当 4:3(2,880×2,160ドット)
190万画素相当 4:3(1,600×1,200ドット)
30万画素相当 4:3(640×480ドット)
動画撮影時 830万画素相当 16:9(3,840×2,160ドット)
620万画素相当 4:3(2,880×2,160ドット)
インテリジェントフラッシュ ●(プリフラッシュ調光)
HDMI出力
映像出力/S映像出力
(別売AVケーブル使用)/
音声出力/D端子出力(D3/D1出力対応)
/リモート
HDMIミニコネクタ

A/Vリモート端子
本体質量 約510g 約500g
撮影時総質量 約560g(NP-FH50使用時)
約590g(NP-FH60〈本体付属品〉使用時)
約600g(NP-FH70使用時)
約700g(NP-FH100使用時)
約550g(NP-FH50使用時)
約580g(NP-FH60〈本体付属品〉使用時)
約590g(NP-FH70使用時)
約690g(NP-FH100使用時)
外形寸法 ※最大突起部含む
(付属バッテリー装着時)
幅71 × 高さ75 × 奥行134mm(幅71 × 高さ75 × 奥行137mm)
基本バッテリーシステム “インフォリチウム”Hシリーズ対応
連続撮影時間※15
※ビューファインダー使用時
( )内は実撮影時間
NP-FH50 (別売) 約1時間10分(約35分)
NP-FH60 (付属) 約1時間35分(約45分)
NP-FH70 (別売) 約2時間30分(約1時間15分)
NP-FH100 (別売)約5時間50分(約2時間55分)
付属品 ACアダプター、電源コード、リチャージャブルバッテリーパック(NP-FH60)、
D端子A/Vケーブル、A/V接続ケーブル、USBケーブル、ワイヤレスリモコン(RMT-835)、
CD-ROM(Windows®用ソフト「PMB(Picture Motion Browser)」)
※15
連続撮影時間は、1本の満充電したバッテリーを使用して、25℃で連続撮影した場合の時間。実撮影時間は撮影、ズーム、撮影スタンバイ、電源ON/OFFを繰り返した時の撮影時間の目安です。ビデオ再生など、撮影以外の操作は含まれていません。実際にはこれより短くなる場合があります。

 

主な別売アクセサリー

  • ワイヤレスマイク「ECM-HW2」
  • ワイヤレスマイク「ECM-HW2」Bluetoothに対応。最大100M離れた被写体の音声をしっかり感知可能。
    希望小売価格:21,000円(税抜価格:20,000円)
    発売日:2009年2月20日

  • ワイドエンドコンバージョンレンズ「VCL-HGE07A」(09年春モデル全機種対応)
  • ワイドエンドコンバージョンレンズ「VCL-HGE07A」(09年春モデル全機種対応)ハイビジョン対応。ワンタッチで着脱可能な軽量モデル。前面のレンズ周りにダイヤモンドカットを施した高品位デザイン。
    希望小売価格:12,600円(税抜価格:12,000円)
    発売日:2009年2月20日

  • ワイドコンバージョンレンズ「VCL-HGA07」(09年春モデル全機種対応)
  • ワイドコンバージョンレンズ「VCL-HGA07」(09年春モデル全機種対応)ハイビジョン対応。複数のレンズ径に対応し、フルレンジハイグレード広角レンズ。
    希望小売価格:18,900円(税抜価格:18,000円)
    発売日:2009年3月1日

  • スポーツパック 「SPK-HCE」
  • スポーツパック 「SPK-HCE」 “ハンディカム”を塵や汚れ、水滴から守り、水深5mまで使用可能。
    希望小売価格:24,990円(税抜価格:23,800円)
    発売日:2009年2月20日

 

(注)
文中の効果写真はすべてイメージ写真です。
(注)
Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国及びその他の国における登録商標です。
(注)
ハンディカム、HANDYCAM、HANDYCAMはソニー株式会社の登録商標です。
(注)
AVCHD及びAVCHDロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
(注)
x.v.Colorはソニー株式会社の商標です。
(注)
YouTubeTMはGoogle.Incの商標です。
(注)
GPS機能について
GPS衛星からの電波の受信状況によって画面に表示されるアイコンが変わります。
お買い上げ時はGPSスイッチがONになっています。GPS測位中に撮影した動画・静止画には位置情報が記載されています。位置情報を記録しない場合は、GPSスイッチをOFFにしてください。
初めて使用する場合やしばらく使用しなかった場合は、位置情報を取得できるまで数十秒から数分かかることがあります。
本機の電源が入っていなくても、GPSスイッチがONになっているとGPSは動作しています。飛行機の離着陸時は、GPSユニットをOFFにし、電源をお切りください。その他ご利用になる場所の規制に従ってお使いください。
GPSの受信状況によっては、正しい位置を表示できなかったり位置情報を取得できなかったりする場合があります。
地図データの内容は制作時現在のものです。
地図データの更新はできません。
本機にはナビゲーション機能はありません。
収録されている日本地図は株式会社ゼンリン、海外地図はNAVTEQによって提供されています。
NAVTEQおよびNAVTEQ Maps ロゴは、NAVTEQの米国およびその他の国における商標です。
(注)
PMBの動作環境について
ハイビジョン画質(SPモード)を扱う場合
OS:Windows®XP SP3(64bit版のOSには対応しておりません。)/ Vista® SP1
CPU:インテル® Pentium®4 2.8GHz以上(推奨インテル®Pentium®4 3.6GHz以上、Pentium®D 2.8GHz以上、CoreTM Duo 1.66GHz以上、CoreTM2Duo 1.66GHz)(パソコンへの転送・保存、ハイビジョン画質のDVD作成の場合のみ、Pentium®?1GHz以上)
メモリー:512MB以上(Vistaの場合は1GB以上)(推奨1GB以上)
HDD空き容量:約500MB以上(AVCHD対応ディスクを作成する場合、10GB以上、ブルーレイディスクを作成する場合は、50GB以上必要な場合があります。)
スタンダード画質を扱う場合
CPU:インテル® Pentium®?1GHz以上
メモリー:256MB以上
HDD空き容量:約500MB以上(SD画質のDVDを作成する場合、5GB以上必要な場合があります。)
動作保証されているパソコン環境でも、画像がコマ落ちしてなめらかに再生できない場合があります。
(取りこんだ画像や作成するディスクの画質には影響ありません。)
すべてのパソコン環境について動作を保証するものではありません。バックグランドで動作している他のソフトウェアが動作に影響を与える場合があります。
5.1ch音声の再生に対応しておりません。2ch音声の再生になります。
ノートパソコンをご使用の場合、パソコンをACアダプターにつないで使用してください。パソコンの省電力機能により、正常に動作しない場合があります。
付属ソフトウェアは、Macintosh非対応です。
(注)
その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 0466-31-2546(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜20:00 土日祝:9:00〜17:00

ページトップへ