本文へ

製品情報>会社情報>プレスリリース一覧>プレスリリース

プレスリリース

2009年8月26日

新商品

独自の高音質技術により、ブルーレイディスクの高品位なサウンドをリアルに表現する
5.1chホームシアターシステム 発売

〜ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』とデザインをあわせ、洗練されたホームシアターを構築〜

ホームシアターシステム『HT-SF360』

SONYホームシアターシステム『HT-SF360』

ソニーは、独自のデジタル・シグナル・プロセッサー(DSP)アルゴリズムとフルデジタルアンプ“S-Master”の搭載により、ブルーレイディスクの高品位なサウンドをリアルに表現する5.1chホームシアターシステム『HT-SF360』を発売します。
『HT-SF360』は、ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』(9月5日発売予定)とデザインをあわせ、組み合わせた際に美しく調和し、洗練されたホームシアターを構築します。
ブルーレイディスクなどの高画質映像を臨場感溢れるサウンドでお楽しみ頂ける本製品により、ご家庭で手軽に本格的なサラウンド空間の構築が可能です。


型名 発売日 希望小売価格
5.1chホームシアターシステム『HT-SF360』 9月19日 オープン価格

主な特長

  1. ブルーレイディスクの高品位なサウンドをリアルに表現する独自のDSPアルゴリズムを採用
  2. 音質劣化を抑え、原音に忠実な音声再生を実現するフルデジタルアンプ“S-Master”搭載
  3. ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』とのデザインマッチング

主な特長(詳細)

高音質再生を実現する技術

  1. ブルーレイディスクの高品位なサウンドをリアルに表現する独自のDSPアルゴリズムを採用

ソニー独自のDSPアルゴリズムを採用することにより、ブルーレイディスクの高品位なサウンドをリアルに表現し、臨場感のある豊かなサラウンドをお楽しみいただけます。
また、総合出力は980Wと余裕を持った大出力で迫力あるサラウンド再生が可能です。

  1. 音質劣化を抑え、原音に忠実な音声再生を実現するフルデジタルアンプ“S-Master”搭載

各チャンネルのアンプ部には、フルデジタルで音声信号処理を行うソニー独自のフルデジタルアンプ“S-Master”を搭載しました。
“S-Master”は、ソニーが長年にわたり蓄積したD/A変換技術を発展させて開発された技術で、音源の入力部からスピーカー部への出力直前までの全工程をデジタル処理可能なため、音の歪み、音質劣化、変換時に生じるノイズを最小に抑え、原音を忠実に再生します。
また、電力効率が高いため、ハイパワーで省電力設計が可能です。



理想的なホームシアター空間を実現するデザイン・機能

  1. ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』とのデザインマッチング

本機アンプ部は、色や質感などの点で、ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』とのデザインマッチングを図っており、組み合わせた際には、美しく調和する洗練されたリビングを演出します。

ホームシアターシステム『HT-SF360』のアンプ部(左)とブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』(右)

ホームシアターシステム『HT-SF360』のアンプ部(左)とブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S360』(右)

  1. 簡単操作で理想的なシアター音場に調整する自動音場補正機能“D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)”搭載

付属の測定用マイクをリスニングポジションに設置することにより、部屋の音響特性を高精度かつ高速に自動で測定・補正できる技術です。スピーカーの有無判定、各チャンネルの距離設定、音量を補正し、スピーカーの設置場所に合わせた音場補正を自動で行います。
これにより、スピーカーの位置がリスニングポジションからみて左右非対称であったり、音の到達距離が異なったとしても、バランスのとれた臨場感のあるホームシアターを簡単に構築することが可能です。

  1. テレビサイズに合わせて高さ調節が可能なフロントスピーカー/サラウンドスピーカー

フロントスピーカーとサラウンドスピーカーはスタンドに設置する際に、高さ調節が可能です。
このため、組み合わせるテレビの高さや、視聴ポジションに合わせて、最適なホームシアターを構築することができます。

  • フロントスピーカーの高さ(スタンド含む): 1,015mm(最小)〜1,345mm(最大)
  • サラウンドスピーカーの高さ(スタンド含む):1,045mm(最小)〜1,235mm(最大)


快適操作を実現する機能・楽しみを広げる機器連携

  1. 〈ブラビア〉のリモコン1つで簡単・快適に操作できる「ブラビアリンク」※1に対応

「ブラビアリンク」は、HDMI機器制御信号を使ってHDMIケーブルで接続した対応機器を液晶テレビ〈ブラビア〉のリモコンで連動操作できる機能です。
例えば、本機とHDMIケーブルで接続した〈ブラビア〉のリモコンの「シアターボタン」を押すだけで、テレビのスピーカーから本機へ音声が切り換わり、画面も映画の視聴に適した「シネマモード」に設定されます。
さらに、本機の音量調整や、〈ブラビア〉と本機の一斉電源オフも〈ブラビア〉のリモコンで行えます。

※1
「ブラビアリンク」対応〈ブラビア〉 W5/F5/V5/J5/XR1/X1/W1/ZX1/F1/V1/J1/JE1/X7000/X5050/X5000/W5000/V5000/V3000シリーズ(2009年8月現在)
  1. 番組情報(EPG情報)に応じて自動でサウンドフィールドを切り替える「オートジャンルセレクター」※2搭載

本機は、10種類ものサウンドフィールドを搭載し、多彩な番組、映画、音楽を最適な音でお楽しみいただけます。
デジタル放送を視聴の際は、番組情報(EPG情報)に基づいて、サウンドフィールドを自動的に切り替える「オートジャンルセレクター」により、操作なしで最適なサウンド設定で番組を視聴いただけます。

※2
本機能に対応したテレビやブルーレイディスクレコーダーとの接続が必要です。
「オートジャンルセレクター」に対応したサウンドフィールドは、スタンダード、ムービー、ニュース、スポーツ、ミュージックです。

「オートジャンルセレクター」対応〈ブラビア〉:W5/F5/V5/J5/XR1/X1/W1/ZX1/F1/V1/J1/JE1シリーズ(2009年8月現在)
「オートジャンルセレクター」対応ブルーレイディスクレコーダー:BDZ-EX200/RX100/RX50/RX30/RS10/X100/X95/L95/L55/A950/A750/T75/T55(2009年8月現在)
  1. HDMI入力端子を3系統搭載

ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤーおよびその他のHD対応機器との接続に対応したHDMI入力端子を3 系統搭載しました。(1080P、“x.v.Color”対応※3、リニアPCMマルチチャンネル音声再生※4

※3
“x.v.Color”(エックスブイ・カラー) 動画色空間規格の国際規格のひとつ「xvYCC」に対応した機器に付す名称としてソニーが提案している商標です。
※4
リニアPCM7.1chの音声では、サラウンドバックスピーカーは対応していません。リニアPCM7.1ch音声の入力時には、5.1chスピーカーにダウンミックスして再生します。
  1. “ウォークマン”※5の音楽も楽しめるデジタルメディアポートアダプターに対応

本機にはデジタルメディアポート端子を搭載しており、別売のデジタルメディアポート(DMPORT)アダプターに接続することにより、対応する“ウォークマン”に貯めた音楽をホームシアターシステムによる迫力の高音質で楽しめます。
また、本機のリモコンで“ウォークマン”の再生・停止・曲送りなどの基本操作が可能です。

※5
対応“ウォークマン”:NW-X1000、NW-A910、NW-A820、NW-A800、NW-S730FK、NW-S730F、NW-S710F、NW-S700F、NW-S630FK、NW-S630F、NW-S610F、NW-S600(2009年8月現在)

 


なお、本製品は、銀座・ソニーショールーム、ソニースタイル大阪にて9月15日(火)より先行展示し、お客様にご覧いただけます。

 

主な仕様

型名 『HT-SF360』
チューナー部 AM/FMチューナー(プリセット数) AM(10)/FM(20)
アンプ/本体部 総合出力 980W
実用最大出力
(非同時駆動、JEITA)
フロント(R/L) 各143W
センター 143W
サラウンド(R/L) 各143W
サブウーファー 265W
入出力 HDMI入力/出力 3系統/1系統
デジタル音声入力 同軸1系統、光2系統
アナログ音声入力 3系統
DMPORT 1系統
スピーカー出力 6ch各1系統(特殊ソケット)
電源
AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時)本体 約150W(0.3W )
大きさ(幅×高さ×奥行) 約430×66.5×333mm
質量 約3.4kg
スピーカー部 使用ユニット フロント フルレンジ、バスレフ型、65mmコーン型
センター フルレンジ、アコースティックサスペンション型、30×60mmコーン型
サラウンド フルレンジ、バスレフ型、65mmコーン型
サブウーファー バスレフ型、160mmコーン型
サイズ(幅×高さ×奥行)
質量
フロント 約315×1,015(最小)〜1,345(最大)×315mm(スタンド含む)、約3.3kg(スタンド含む)
センター 約380×50×64mm、約0.38kg
サラウンド 約290×1,045(最小)〜1,235(最大)×290mm(スタンド含む)、約2.6kg(スタンド含む)
サブウーファー 約220×395×325mm(幅/高さ/奥行)、約5.6kg
その他の機能 対応フォーマット ドルビーデジタル、DTS、ドルビープロロジック、ドルビープロロジック?、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch
サウンドフィールド スタンダード、マルチ、ムービー、ムービー―D.C.S―、ミュージック、2chステレオ、スポーツ、ニュース、ドルビープロロジック、ポータブルオーディオエンハンサー
リニアPCM7.1chの音声では、サラウンドバックスピーカーは対応していません。リニアPCM7.1ch音声の入力時には、5.1chスピーカーにダウンミックスして再生します。

S-MASTER”は、ソニー株式会社の登録商標です。
“ウォークマン”、“WALKMAN”、“WALKMAN”ロゴは、ソニー株式会社の登録商標です。
“DIGITAL MEDIA PORT”、“DMPORT”は様々なポータブルオーディオ機器とソニーのAV商品とを接続する規格の名称です。
記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 0466-31-2546(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜20:00 土日祝:9:00〜17:00

ページトップへ