本文へ

製品情報>会社情報>プレスリリース一覧>プレスリリース

プレスリリース

2010年8月25日

新商品

3D映画などの臨場感ある音場をさらに向上させる新機能を搭載した
7.1ch対応マルチチャンネルインテグレートアンプ2機種を発売

〜世界初※1スピーカー再配置技術「スピーカーリロケーションwith A.P.M.」を搭載※2

7.1ch対応マルチチャンネルインテグレートアンプ(左から)『TA-DA5600ES』『TA-DA3600ES』

ソニーは、3D対応のマルチチャンネルインテグレートアンプ『TA-DA5600ES』『TA-DA3600ES』の2機種を発売します。※3
『TA-DA5600ES』は世界初※1スピーカー再配置技術“スピーカーリロケーション with A.P.M.(オートマティック・フェーズ・マッチング)”を搭載。サラウンド環境での音場のつながりを向上したA.P.M.技術を進化させ、家庭では必ずしも理想位置には配置できないスピーカーの設置位置・角度を電子的に修正し、音源を再配置します。この技術により、再生環境に合わせたつながりの良いサラウンド音場を楽しめます。
さらに、ソニー独自の映画音場技術“HD-D.C.S.(HD デジタル・シネマ・サウンド) フロントハイ”モードを新搭載。フロントスピーカーの上方にフロントハイスピーカーを設置することにより、「広さ」方向に加えて「高さ」方向の表現力を向上し、3D映画などにふさわしい立体感ある高音質音場を実現しました。
『TA-DA3600ES』は“A.P.M.”や“HD-D.C.S. フロントハイ”など、『TA-DA5600ES』の主要機能を搭載したモデルです。

 

型名 発売日 希望小売価格
マルチチャンネルインテグレートアンプ『TA-DA5600ES』 10月21日 273,000円
(税抜価格260,000円)
マルチチャンネルインテグレートアンプ『TA-DA3600ES』 136,500円
(税抜価格130,000円)
※1
マルチチャンネルインテグレートアンプとして、サラウンド・センタースピーカーの位相特性をフロントに合わせた上で、ファントム定位※4によりスピーカーの音源を理想の位置・角度へ再配置する技術として世界初。(2010年8月25日現在、ソニー調べ)
※2
“スピーカーリロケーションwith A.P.M.”は『TA-DA5600ES』のみ搭載しています。
※3
テレビやブルーレイディスクレコーダー/プレーヤーが「3D」に対応している必要があります。
※4
ファントム定位とは、2つ以上のスピーカーから出る音の音圧配分を利用し、音源位置そのものを実スピーカーの位置とは異なる位置・角度で定位させることです。



『TA-DA5600ES』『TA-DA3600ES』の特長

  1. 世界初※1“スピーカーリロケーションwith A.P.M.”を採用した“D.C.A.C. EX”を搭載 (TA-DA5600ES)

一般の家庭では部屋の形状や環境(家具、柱、ドア、窓などの配置)によって、スピーカーを理想的な場所に設置できないことが多く、必ずしも完全な音場を得られるとは言えませんでした。
そこでソニーは、従来の独自音場補正技術“アドバンストD.C.A.C.”を進化させ、世界初※1スピーカー再配置技術“スピーカーリロケーションwith A.P.M.(オートマティック・フェーズ・マッチング)”を開発・搭載した“D.C.A.C.(デジタル・シネマ・オート・キャリブレーション) EX”を搭載。実際のスピーカー環境をもとに高精度なデジタル演算を行い、ファントム定位※4を利用することで、サラウンドとして理想的な音源位置・角度に再配置します。制約の多い一般家庭はもちろん、専用リスニングルームをお持ちの場合でも、より理想的なサラウンド音場をお楽しみいただけます。

世界初(※1)“スピーカーリロケーションwith A.P.M.”を採用した“D.C.A.C. EX”を搭載 (TA-DA5600ESのみ)

音源の再配置は、フロントL/R、サラウンドL/Rの最低4chのスピーカーがある環境でご利用できます。これにより、7.1chのスピーカーが全て揃っていない、もしくはスピーカーの角度がずれている環境でも、存在しないスピーカーをファントム生成し、7.1chの理想的な環境を作り出します。

再配置する理想のスピーカーの位置・角度は、「タイプA」、「タイプB」から選択することができ、「タイプA」は5.1chや7.1chで収録された映画コンテンツ、「タイプB」は音楽・ライブコンサートなどのコンテンツに最適です。

スピーカーリロケーション タイプA/スピーカーリロケーション タイプB

フロントスピーカーは左右60度に設置することが理想的ですが、部屋の設置環境によりスピーカーの間隔が開いてしまう場合でも、理想的な角度に音源を再配置することができます。

  • “A.P.M.”を採用した“アドバンスト D.C.A.C.”を搭載” (TA-DA3600ES)

    マルチチャンネル再生は、フロント、サラウンド、センター全てのチャンネルに同じスピーカーを用いて音圧と位相の両方の周波数特性を一致させておくことが理想的です。
    “アドバンストD.C.A.C.(デジタル・シネマ・オート・キャリブレーション)”は従来の自動音場補正技術“D.C.A.C.”に加えて、“A.P.M.(オートマティック・フェーズ・マッチング)”を採用。“A.P.M.”は、フロントスピーカーと他のスピーカーの音響特性の測定結果の違いから高精度な演算を行い、全てのスピーカーの位相周波数特性をフロントスピーカーに合わせます。この結果、全てのスピーカーをフロントスピーカーと同一スピーカーで構築したかのような、臨場感あるマルチチャンネルオーディオの再生が可能になります。

  1. “HD-D.C.S.フロントハイ”を新搭載 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

“HD Digital Cinema Sound/HD-D.C.S.フロントハイ”/“HD-D.C.S.スタンダード映画館で聴く臨場感豊かなサラウンド音場をホームシアターで実現する、ソニー独自の技術“HD-D.C.S.(HDデジタル・シネマ・サウンド)スタンダード”をさらに進化させました。フロントハイスピーカーを使用し、映画館の音場の「高さ」方向までも再現する“HD-D.C.S. フロントハイ”モードを追加。フロントハイスピーカーを加えた7.1ch環境で、「高さ」の音場をお楽しみいただけます。
また、7.1chの環境で“HD-D.C.S. フロントハイ”と”スピーカーリロケーションwith A.P.M. ”を併用すると、サラウンドバックをファントム生成することにより、「7.1ch」と「ファントムサラウンドバック2ch」の聴感上9.1chのサラウンド効果を得ることができます。
3D時代にふさわしい、スクリーン全体から迫力ある映画サウンドを臨場感溢れる音場で再現することが可能になりました。
その他、サラウンドバックスピーカーを使用する7.1chと、通常の5.1ch環境時に機能する“HD-D.C.S. スタンダード”モードも継続搭載しています。

米国カルバーシティにあるソニー・ピクチャーズ・スタジオのケリーグラント・シアター(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント提供)映画制作者は映画館そのものであるダビングシアターと呼ばれる環境で映画の音を編集しています。ソニーは、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)の協力を得て、ハリウッドにある大型ダビングシアターの音場を測定。そのデータを詳細に解析し、スクリーン内の高さ感を表現している反射音成分を抽出。これを再現することにより、まさに映画館が持つ音場を表現することができました。

  1. 「第三世代広帯域パワーアンプ」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

一般的なアナログアンプが抱える「温度変化による高域の位相特性の変化」という問題点をパワーアンプの広帯域化によって改善した「第三世代 広帯域パワーアンプ」を搭載。音の濁りがなく、音像フォーカスに優れたサウンドを実現。より自然な音色と臨場感豊かな音楽を再現できます。
『TA-DA3600ES』は上位機種『TA-DA5600ES』と同等の性能を得るために、回路をモジュール化した「ワイドバンドメタルコアモジュール」を採用し、ダイナミックで抜けの良い、高音質を実現しました。

『TA-DA5600ES』の第三世代広帯域パワーアンプドライバー/『TA-DA3600ES』の第三世代広帯域パワーアンプドライバー/『TA-DA3600ES』のワイドバンドメタルコアモジュール

  1. スイッチングハブ機能付きのLAN端子 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

スイッチングハブ機能付きのLAN端子DLNAサーバー機能を持った機器と直接接続可能なスイッチングハブ機能付きの4ポートLAN端子を本体に搭載しました。スイッチングハブを内蔵することによりサーバーとAVアンプの信号経路を最短にし、LAN経由による音楽再生の高音質化を実現しました。DLNAクライアント機能を使って、非圧縮リニアPCM(WAVファイル)、MP3、Windows Media Audio、
AAC※5ファイル等を再生することが可能です。
また、LAN端子が4ポートあることで、薄型テレビやNAS(ネットワーク対応HDD)、ゲーム機器など、周辺機器をネットワークへ接続することも容易です。

※5 付属のアプリケーションソフト「VAIO Media plus」使用時に可能です。

  1. 「ユーザーリファレンス」機能 (TA-DA5600ES)

「ユーザーリファレンス」機能 (TA-DA5600ES)自動音場補正の3つの補正モード(フルフラット、エンジニアリファレンス、フロントリファレンス)に加え、新たにユーザーが自由に作成できる「ユーザーリファレンス」を追加。付属のアプリケーションソフト「セットアップマネージャー」を使用することで、パソコン上で31バンドのグラフィックイコライザーを自由に調整し、そのデータを『TA-DA5600ES』へ転送できます。これにより、お好みの音場をお楽しみいただけます。

  1. その他の高音質技術
  • <音質>
  • 「デジタル・レガート・リニア (D.L.L.)」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    音声圧縮のエンコード/デコードに伴い発生する視聴に影響を及ぼす成分を、独自の高度なデジタル技術で除去する技術です。可聴帯域内の補完などにより、音源を歪めずに再生できるため、BS/地上デジタル放送(AAC)、DVD(ドルビーデジタル、DTS)など圧縮音源ソースを原音に忠実な高音質で楽しめます。

  • “H.A.T.S.(High quality digital Audio Transmission System)for HDMI” (TA-DA5600ESのみ)

    スーパーオーディオCD/CDプレーヤー『SCD-XA5400ES』をフロー制御により動作させる“H.A.T.S.”をHDMI伝送に搭載。アンプ内のDA変換器の近くに配置したマスタークロックでオーディオ信号を再構築することにより、フォーカスや音場感が改善し、低音の力強さも加わり、音楽再生のクオリティが向上します。

  • 32bit DSD−DAC機能 (TA-DA5600ES)

    スーパーオーディオCDのDSD信号を直接受け取り、AVアンプ内で高精度なアルゴリズムにより32bit分解能のPCM信号に変換する技術です。DSD信号のダイナミックレンジを余すところなく変換し、情報量の欠落がほとんどない高音質を実現します。

  • 「ポータブルオーディオエンハンサー」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    「ポータブルオーディオエンハンサー」は、アナログ音源の再生時に圧縮音源の高域を補正します。これにより、ポータブル機器の音源も豊かな音質で再現します。

  • 最新のHD音声規格とリスニングモードに対応 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    DOLBY/dts-HDブルーレイディスクに採用されている「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」など 最新のロスレス音声フォーマットに対応。
    さらに、新しいリスニングモード「ドルビープロロジック?z」にも対応しました。

  • 「第二世代低ジッタ型・ロスレスデコードエンジン」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」などのロスレス音声のデコード時にDSPが発生する電気ノイズを抑え、ジッタを起こしにくいデコードエンジンを搭載。
    ソニーならではの高音質ロスレスデコードにより、ブルーレイディスクソフトをより高品位に再生できるほか、AACなどの圧縮音声のデコードも高音質に行うことができます。

  • 「ジッタ・エリミネーション回路」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    HDMIやデジタル音声伝送により、デジタル信号から分離したマスタークロックに原理的に含まれるジッタを排除する技術。これにより、高いS/N感と美しい音色を再現することができます。ブルーレイディスクの新音声フォーマット音声のみならず、リニアPCMや従来の圧縮音声を用いるDVDにも有効で、HDオーディオ時代にふさわしい音質を実現しています。

  • <構造>
  • 高剛性なシャーシを採用
    • メタル・アシスト・ホリゾンタルFBシャーシ (TA-DA5600ES)

      『TA-DA5600ES』のシャーシシャーシ自体のフレーム部を強化する新たな金属製の補強ビームを装備し、FBシャーシ自体のねじれ変形を防止した、『TA-DA5500ES』と同じシャーシを搭載。これにより、大きな音圧がかかったときに発生する部品の振動レベルが下がり、音の濁りが防止され、スピード感と量感の両立した低音を実現しました。

    • メタル・アシスト・ホリゾンタルFBエンボスシャーシ (TA-DA3600ES)

      『TA-DA3600ES』のシャーシ本体の外周フレームと底板に加え、両サイドのフレーム部分をつなぐように梁を走らせた強靭なシャーシ構造です。
      本機はシャーシ底面のU字型断面形状のエンボスにより梁を構成。重量のある電源トランスを安定して支えることができるため、スピーカーや外部からの振動の影響を受けにくく、しなやかで安定感のある音質を実現しました。

  • <ネットワーク>
  • インターネットラジオ“SHOUTcastTM” (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    インターネットに接続することにより、パソコンを使用することなく、インターネットラジオ(SHOUTcastTM※6)をお楽しみいただくことができます。

    ※6
    デジタル音声ストリーミングによるラジオサービス
  • <機能>
  • 3D3D映像信号のパススルー伝送、オーディオリターンチャンネルに対応 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    3D映像信号のパススルー伝送に対応。3D対応のテレビやブルーレイディスクレコーダー/プレーヤーとHDMIケーブルで接続することにより、リアリティのある3Dコンテンツを臨場感豊かなサラウンド音声でお楽しみいただけます。また、HDMI接続のみで、テレビからの音声信号を再生できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応しています。従来必要だったテレビとアンプを接続する光デジタルケーブルは不要です。

  • HDMI 端子 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    『TA-DA5600ES』は6入力/2出力、『TA-DA3600ES』は4入力/1出力のHDMI端子を搭載。
    音質に有利な“for Audio”として、『TA-DA5600ES』は2系統(IN4, IN5)、『TA-DA3600ES』は1系統(IN4)を搭載しています。出力は全てのアナログ映像信号に対し、1080pまでのビデオアップスケーリングに対応しています。

    『TA-DA5600ES』のリアパネル/『TA-DA3600ES』のリアパネル

  • デジタルメディアポート(DMPORT) (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    DMPORT端子を搭載し、別売のデジタルメディアポートアダプター『TDM-NW10』やBluetooth®機能搭載の『TDM-BT10』を接続して、対応する“ウォークマン”などの音楽を手軽に高音質で楽しめます。

  • 「オートスタンバイ」 (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)

    信号が入力されず、無音かつ無操作の状態が30分間続いた場合、自動で電源がオフになる「オートスタンバイ」機能を搭載。環境に配慮しながらも高音質な音場を楽しむことができます。

    設定で無効にすることも可能です。
  • <その他> (TA-DA5600ES/TA-DA3600ES)
  • ブラビアリンク、アプリキャスト「オーディオ機器コントロール」アプリの連動、オートジャンルセレクター、AVシンク、x.v.Color、Deep Colorに対応。
  • GUI、バイアンプを装備。
  • ソニー独自開発の高音質無鉛はんだを採用。

 

先行展示

本商品は、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア名古屋にて8月26日(木)より先行展示いたします。

 



『TA-DA5600ES』『TA-DA3600ES』の主な仕様

型名 『TA-DA5600ES』 『TA-DA3600ES』
映像系機器(音声&映像)入力/出力 5系統/1系統
映像モニター出力 1系統
コンポーネント映像入力/出力 3系統/1系統
HDMI入力/出力 6系統/2系統
(A/B切り替え、同時、OFF)
4系統/1系統
HDMI(3D対応/ARC/パススルー) ※7
LAN端子 4系統(スイッチングハブ)
DMPORT 1系統
デジタル入力 光/同軸 6系統/ 3系統 4系統/ 3系統
デジタル出力 1系統
オーディオ入力 フォノ(MM)/ライン系 1系統/5系統 1系統/4系統
オーディオ出力 REC OUT 1系統
フロント(L/R) 1系統
センター 1系統
サブウーファー 1系統
サラウンド(L/R) 1系統
サラウンドバック(L/R) 1系統※8 1系統※9
フロントハイ(L/R) 1系統※8 1系統※10
ヘッドホン 1系統
マルチチャンネル入力 1系統(7.1ch)
実用最大出力(JEITA,4/8Ω)/
定格出力(20Hz-20kHz,8Ω)
フロント 160W+160W/120W+120W 150W+150W/100W+100W
センター 160W/120W 150W/100W
サラウンド 160W+160W/120W+120W 150W+150W/100W+100W
サラウンドバック/フロントハイ 160W+160W/120W+120W 150W+150W/100W+100W
スピーカー適合インピーダンス 4Ωまたはそれ以上
全高調波ひずみ率 フロント0.09%以下
(8Ω負荷、120W/120W、20Hz〜20kHz)
フロント0.09%以下
(8Ω負荷、100W/100W、20Hz〜20kHz)
周波数特性 10Hz〜100kHz±3dB (8Ω時)
SN比(Aネットワーク) LINE系:96dB(サラウンド、EQ全てOFF時)
トーンコントロール フロント/センター/サラウンド/
サラウンドバック/フロントハイ
BASS/TREBLE
ネットワーク機能 DLNAクライアント ○(音楽/写真)
DLNAサーバー ○(音楽) -
インターネットラジオ再生 ○(SHOUTcastTM
ヘッドホン出力 60mW+60mW(32Ω) 50mW+50mW(32Ω)
電源 AC100V、50/60Hz  
消費電力 約300W 約250W
待機時消費電力 約0.5W
ACアウトレット 連動2系統 -
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 約430×175×430 約430×157.5×388
質量 17.8kg 13.7kg
付属品 多機能リモコン、簡単リモコン、キャリブレーションマイクロフォン、電源コード、セットアップマネージャー CD-ROM、VAIO Media plus CD-ROM
AVマウス -
※7 
ARC/パススルーはA出力のみです。
※8 
サラウンドバックスピーカーとフロントハイスピーカーの同時再生はできません。
※9 
フロントハイ(L/R)共有です。
※10
サラウンドバック(L/R)共有です。
DLNA、DLNA CERTIFIEDは、Digital Living Network Allianceの商標です。
VAIOはソニー株式会社の登録商標です。
“Dolby” “ドルビー” “Pro Logic” “プロロジック” “AAC”ロゴ、およびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
DTS および記号はDTS,INCの登録商標です。またDTS ロゴはDTS,INCの商標です。
HDMI、HDMI ロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。
SHOUTcast®はAOL LLC.の登録商標です。
“DIGITAL MEDIA PORT”、“DMPORT”は様々なポータブルオーディオ機器とソニーのAV商品とを接続する規格の名称です。
“WALKMAN”、“ウォークマン”およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です。
Bluetoothとそのロゴマークは、Bluetooth SIG, INC.の商標で、ソニーはライセンスに基づき使用しています。
“ブラビアリンク”および“BRAVIA Link”ロゴはソニー株式会社の登録商標です。
「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメントの登録商標です。「プレイステーション3」、「PS3」は同社の商品です。
記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。


関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 0466-31-2546(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00

ページトップへ