プレスリリース一覧

2012年9月12日
  • 新商品

2つの位相差AFセンサーを同時に使い、高性能なAFを実現する世界初※1「デュアルAFシステム」採用
35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載 デジタル一眼カメラ“α”Aマウント最上位機種を発売

〜静止画も動画も最高画質を求める方へ〜
『DT 55-300mm F4.5-5.6 SAM』
レンズ交換式デジタル 一眼カメラ“α99”

ソニーは、有効約2430万画素35mmフルサイズの新開発“Exmor(エクスモア)”CMOSイメージセンサーと、進化した画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」の搭載などで高画質を実現した“α”Aマウント最上位機種“α99”を発売します。

“α99”にはレンズからの光を常にCMOSイメージセンサーとAF(オートフォーカス)センサーへ同時に導く透過ミラーにより高速・高精度なAFや高速連写などを実現する独自開発の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」※2を搭載しています。今回、この技術を進化させ、19点の位相差AFセンサーに加えて、被写体との距離を検出する102点の像面位相差センサーをイメージセンサー上に埋め込み、二つのAFセンサーで高精度に被写体を捉え続ける世界初※1の「デュアルAFシステム」を搭載しました。AF駆動の距離範囲を設定するAFレンジコントロールも可能です。トランスルーセントミラー・テクノロジーと、高解像度・高コントラスト・視野率100%のXGA有機EL電子ビューファインダーにより、ファインダーで捉えた映像をそのまま撮影できます。

型名 発売日 価格
レンズ交換式デジタル一眼カメラ “α99”『SLT-A99V』 10月26日 オープン価格


本機は、高い解像力と高画質を生成するソニー独自の“カラムA/D変換技術”に最先端のプロセス技術を採用したCMOSイメージセンサー“Exmor(エクスモア)”を搭載しています。またイメージセンサーに最適化した新開発画像処理エンジン「BIONZ」と、フルサイズイメージセンサーが生成する大容量データを高速処理する新「フロントエンドLSI」を連携させることで、高画質化を実現します。また“α99”には、14bit Raw出力対応による豊かな諧調表現や、シーンに応じて画を分割しながら暗所でも解像力を維持しつつノイズを低減する「エリア分割ノイズリダクション」機能により、高い解像力、ダイナミックレンジのある画像・映像を生み出す“α”シリーズ最高画質のフラッグシップモデルです。

また“α99”は、フルサイズイメージセンサー搭載モデルとして初めてAVCHDVer2.0準拠の60pフルハイビジョン動画撮影に対応し、HDMI同時出力で外部レコーダーによる非圧縮動画記録が可能です。また、別売アクセサリーの縦位置グリップを使用することにより、本体内のバッテリーパック1個を加え、あわせて3個装着でき、長時間の動画撮影が可能です。さらに、音声レベルを最適に調整し録音ができる「マイクレベルメーター・コントロール」機能や、収録した音を高品質でモニター可能なヘッドホンジャックも搭載し、高音質な記録ができるよう配慮しています。

本機は、防塵・防滴に配慮した設計、高剛性のマグネシウム合金ボディと耐久性の高いシャッターユニット搭載により、厳しい環境下での撮影にも対応します。さらに静止画及び動画撮影時のバックアップ対応として2枚のメディアを使用した同時録機能を備えるなど、高い信頼性を確保しています。

また、設定情報のインターフェースも、“α900”の「クイックナビ」から新インターフェース「クイックナビプロ」へと進化し、操作性を向上しました。水準器やヒストグラムの表示、各々の項目を設定する際、現在の設定値とその前後の設定値候補と計3つの選択肢が設定画面上に表示され迅速な設定が可能です。

今回発売する“α99”により、エントリー機“α37”、“α57”、“α65”、中級機“α77”の計5機種を揃えました。当社は、ソニーならでは技術・デバイスを進化させ、撮影者の感性やニーズに応じた、カメラ、交換レンズ、システムアクセサリーのラインナップの強化につとめ、撮影表現の可能性を広げていきます。

  • ※135mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載レンズ交換式デジタルカメラにおいて
    (2012年9月12日広報発表時点。ソニー調べ)
  • ※2「トランスルーセントミラー・テクノロジー」は、高性能透過ミラーと高精細な電子ビューファインダーを採用したソニー独自の技術です。高精細な電子ビューファインダーにより、ファインダーをのぞいたまま各種設定の効果を事前に確認し、撮影も可能です。
●主な特長
1. 新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーと、進化した画像処理エンジンによって実現する“α”シリーズ最高画質
  • 有効約2430万画素35mmフルサイズで像面位相差AFを実現した新開発CMOSイメージセンサー
    102点の多点像面位相差AFセンサー埋め込んだ、本機専用に新規開発したフルサイズセンサーを搭載。高い解像力で“α”レンズの描写力を余すところなく受け止め、高精細な画像データを生成します。
  • ソニー独自の最新技術を結集
    CMOSイメージセンサー上でカラム(列)ごとにAD変換を行う「オンチップカラムAD変換」に加え、アナログとデジタル信号双方でノイズを除去する「デュアルノイズリダクション」、集光効率を高め、画素単位のS/N(信号量/雑音量)を大幅に改善する「高集光プロセス技術」により、さらなる高感度・低ノイズ化を実現しました。また、受光面積が大幅に拡大された「ワイドフォトダイオード設計技術」との組み合わせで、鮮やかな画質を保持しながら、従来比2倍以上のワイドなダイナミックレンジを実現します。さらに放送用ハイエンド業務機器で培ったソニーならではの技術「多点分離光学ローパスフィルター」により、モアレ・偽色低減しながら、高い解像感を実現しました。独自にイメージセンサーを開発するソニーだからこそできる技術により、高画質を達成します。
  • システムとして進化した画像処理エンジン“BIONZ”
    画像処理エンジンには“α99”用に最適化された新開発「BIONZ」を搭載しています。今回新たに、大容量化したフルサイズセンサーによって生成される膨大データを高速に処理するために、「フロントエンドLSI」搭載し、広角レンズ使用時などに見られる画像の周辺が暗くなる周辺光量の低下を最適化する「シェーディング補正」や、画質の基準となるブラックレベルを高精度、かつ高速に合わせ込む「クランプ処理」等によって、フルサイズセンサーの高画質性能を前段処理で担保します。
    また、負荷の高いRAW画像や膨大な情報でも高速かつ豊かな諧調表現で生成可能な「14bit RAW出力」への対応や、“α”で初めて、シーンに応じて画を分割しながら、暗所でも解像力を維持したままノイズを低減する「エリア分割ノイズリダクション」の採用。さらに、最大9段のISO50※3−25600という広い感度領域において、美しい描写力、高解像力、高ISO感度・低ノイズ・広いダイナミックレンジ全てを実現する“α”シリーズ最高画質を生成します。
2. 独自の技術、「トランスルーセントミラー・テクノロジー」が実現する先進機能
  • 世界初※1、11点クロス19点+102点の先進AFシステム「デュアルAFシステム」
    クロスセンサーを11点配置した19点の高速・高精度位相差AFセンサーと、イメージセンサー上に埋め込んだ102点の多点像面位相差AFセンサーの両AFシステムを、世界初※1、同時駆動させます。これにより、被写体が19点AFセンサー上から外れた場合でも、カバー範囲がより広い多点像面位相差センサーが追尾し続ける、高性能なAFを実現します。

    • AF-Dモード

      19点のAFポイントを、102点の多点像面位相差センサーがより広い範囲でカバーして強力にサポートする先進のコンティニュアスAFモード。動きの大きい被写体を捉え続けます。

  • AFレンジコントロール
    AF駆動の距離範囲を、ユーザーの意図に応じて自由に設定することが可能のため、背景ヌケや前景の邪魔な物体にピントが合うことを防ぎます。
  • 高解像度・高コントラストのXGA有機ELビューファインダー“XGA OLED Tru-Finder”
    先進の視野率100%のXGA有機ELビューファインダー“XGA OLED Tru-Finder”を搭載。
    従来機からさらに性能を進化させ、本機では自発光方式ならではのコントラストと約235.9万ドットの高解像力で、イメージセンサーに捉えた映像をそのまま設定どおりにファインダーに投影できるため、ストレスなく撮影することが可能です。
    また、各種設定や拡大表示機能による微細なピント合わせ、ボケ像の正確な確認、撮影画像の確認など、従来の光学ファインダーでは不可能な機能で、ユーザーを強力にサポートします。
    さらに、本機では新たにAPS-Cフォーマット専用レンズを装着した場合でも、画角を自動的にAPS-Cフォーマットに変更し、ファインダー内のパネル全体を使って画像表示を行う、APS-Cフォーマットにも完全に互換のあるファインダーです。
  • 「トランスルーセントミラー・テクノロジー」が実現する高いレスポンス
    前述の世界初※1「デュアルAFシステム」の実現に加え、「トランスルーセントミラー・テクノロジー」は高いレスポンス性能にも寄与しています。フルサイズでありながら毎秒約6コマのAF追従高速連写(テレコン高速連写を選択で約10コマ/秒もしくは約8コマ/秒※4)や、電子先幕シャッター搭載による約0.05秒のレリーズタイムラグ、被写体追尾性能の向上を実現しています。加えて、シャッターボタンの半押し時に自動で追尾AF状態になるなど、操作性も改善した新しい追尾フォーカス機能などを搭載しています。
3. 映像表現、音、操作すべてにこだわった本格的な動画撮影機能
  • フルサイズセンサーならではの描写力と滑らかな動画撮影を実現
    ISO6400の高感度撮影が可能な35mmフルサイズCMOSイメージセンサーにより、鮮やかな描写力と滑らかな画質を実現。
    フルサイズセンサーならではの狭い被写界深度を使った背景のボケ表現や、主役となる被写体を際立たせたり、暗いシーンの雰囲気を活かした高感度での撮影など、一眼カメラならではの表現力が動画撮影においても活用できます。また、滑らかな動画撮影を実現するAVCHD Ver. 2.0に準拠した Full HD 60p/24p記録に加え、プロフェッショナルな撮影には欠かせない多彩な機能も新たに搭載。さらに、新たに3段階の動体追従感度調整が可能になった「Full-time Continuous AF Movie」を搭載し、マニュアルフォーカスでは合わせることのできない動きの速い被写体にもピントを合わせ続けるなど、意図通りのフォーカシング表現をオートで行うことができます。
  • “音”へのこだわりを追求
    音声レベル表示・録音レベルコントロール機能やヘッドホン端子など、ソニーならではの“音”へのこだわりも追求しています。ソニー製の高性能ヘッドホンとの組み合わせで、高品質で正確な収録音のモニターができ、同時発売のXLRアダプターキット(XLR-K1AM)と接続をすることで、XLR端子機器からの入力が可能になります。“α”Aマウント最上位機種にふさわしい本格的な動画撮影を楽しむことができます。
  • 充実の本格動画機能

    プロ用オーディオ機器、動画撮影に最適なインターフェースを導入し、高いパフォーマンスを発揮します。

    • 「サイレントマルチコントローラー」

      ボディ前面に搭載し、AFエリア、AFモード、ローカルエリア、露出補正、ISO感度、測光方式の設定に加え、動画モード時のシャッタースピード、絞り値、マイクレベルをはじめ、多彩なパラメーターの調整を録画中でも音を立てずに行うことができます。

    • HDMI同時出力(情報表示OFF可)

      録画しながらHDMI同時出力を行うことが可能です。外部モニターを使った正確な映像確認や、外部レコーダーを使った非圧縮動画記録ができます。

4. ハイエンドユーザーの期待に応える高い信頼性と操作性
  • 瞬時に意図した設定ができる、新開発「クイックナビプロ」
    ハイエンドユーザーが自在にカメラを操作し、より快適で直観的な撮影ができるよう、“α900”、“α700”で好評いただいたクイックナビをさらに進化させた新開発「クイックナビプロ」を搭載。設定情報を一目で確認できることに加えて、本機では新たに各項目の現在の設定値とその前後の選択肢の計3つの値を表示することで迅速に項目選択が可能な新インターフェースや、水準器表示に加え、「トランスルーセントミラー・テクノロジー」ならではのヒストグラム表示を採用。直感的かつ確実に意図した設定値を選択でき、より高い操作性を実現しています。
  • 世界初※5動画2枚同時録画も実現。自在に保存設定ができる「デュアルスロット」
    SDカードスロットとSD/MSカードスロットの2つのメディアスロットを搭載。両方のスロットにメモリーカードを入れることで、2枚のメディア間でのバックアップ用同時記録ができ、より確実な撮影を実現します。また、RAW/JPEG、静止画/動画の振り分け記録・メディア間コピーなど、目的に応じて自在に操作することも可能です。さらに、世界初※5動画の2枚同時録画も可能。大容量の動画データでも高速かつ確実に記録できる信頼性を実現します。
  • “WhiteMagic™”技術を採用したソニー独自の新デザイン「3軸チルト液晶モニター」
    ハイポジションやローポジションでの撮影はもとより、縦構図や横構図、三脚撮影など、どんな撮影スタイルでも無理なく撮影から画像確認までが行えるフレキシビリティーの高い可動式液晶モニターには、約122.9万ドット(VGA相当)の高精細「エクストラファイン液晶」を採用。液晶画面は、黒の再現性に優れる超低反射構造技術と、“α”で初となる“WhiteMagic™”技術により、画素に白画素を追加することで、屋外晴天時での視認性が“α77”比で約2倍に向上し、高コントラストで深みのある色調の再現を実現するなど、使いやすさを向上しています。
  • 35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載世界最軽量※5ボディを実現
    ハイエンドユーザーの厳しい撮影環境での使用にも耐えられるよう、主要な外装カバーや内部フレームには、軽量で高強度なマグネシウム合金を採用しています。また、堅牢なボディを確保しつつ、軽量化との両立も達成。「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を採用することで、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載モデルでは世界最軽量※5812g(バッテリー・メディア含む)を実現し、35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載しながら軽快自在な撮影を可能にします。
  • 防塵・防滴に配慮した設計
    主要な操作ボタン・ダイヤル部へのシーリング処理や、メディア・ジャックカバー、各キャビネット部品の合わせ部を2重構造にすることで水滴、ほこりが侵入しにくくなるような対策を実施しています。
  • ごみやホコリがつきにくい「アンチダスト機能」
    CMOSセンサー表面に新開発の特殊コーティングを採用。乾質系、湿質系の両方のゴミやほこりの付着を抑制しています。さらに電源オフのたびに自動でセンサーを振動させるアンチダスト駆動により、ゴミやほこりをセンサーにつきにくくしています。
  • レリーズ耐久性約20万回の高耐久性・信頼性を実現
    約20万回にもおよぶレリーズテストをクリアした高耐久性の新開発シャッターユニットを採用。最高速度1/8000秒、フラッシュ同調速度1/250秒。高い連写性能も兼ね備え、撮影枚数の多いユーザーをサポートします。
  • 本格撮影をサポートする、細部にこだわったボディデザイン
    握りやすさを徹底的に検証し、手のひら全体がかかる高さや、指置きスペースも広く取ることで、さらにホールディング性を高めたグリップ。また、隣り合ったボタンのキートップ形状やボタン周囲の造形にも変化をつけ、ファインダーを覗いたままでの操作性も高めました。また、露出モードダイヤルにロック機構を設けるなど、安心感と機能性とを追求したデザインで快適な撮影をサポートします。
  • 縦位置グリップ使用によるバッテリー3個駆動
    別売の縦位置グリップを使えば、本体内のバッテリー1個に加えて計3個搭載することができ、3個のバッテリーにより、スタミナ約3倍の長時間撮影を実現します。カメラボディ内のバッテリー容量が十分なときは電源を切らずに、縦位置グリップ内のバッテリーを交換できます。また、動画撮影中でも電源を切らずにバッテリー交換が可能です。
  • マルチインターフェースシュー採用
    アクセサリーシュー(ISO518準拠のシュー)を備えたソニー製のアクセサリーも装着可能で、フラッシュやマイクなど、静止画や動画撮影等のための多様なアクセサリーの制御・電源供給機能に対応した新開発のアクセサリーシューを採用。
    ソニー製のカメラ(デジタルスチルカメラ/レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー/レンズ交換式デジタルカメラなど)に共通のシューを新たに開発することにより、アクセサリーの互換性を拡大し、ユーザーに幅広い撮影体験の提供を実現しました。また、同梱のシューアダプター(ADP-MAA)を使えば、従来のオートロックアクセサリーシュー対応のアクセサリーも安心してご利用できます。
  • PCからカメラをコントロールする「PCリモート」
    PCからの各種設定値の変更、静止画/動画の撮影や、撮影画像(静止画のみ)の自動データ転送が可能。スタジオ撮影のフローを効率化できます。

  • ※3 ISO50/64/80は拡張
  • ※4 画像サイズは460万画素(10コマ/秒)もしくは1000万画素(8コマ/秒)になります。
  • ※5 35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載レンズ交換式デジタルカメラにおいて
    (2012年9月12日広報発表時点。ソニー調べ)
●レンズ
『SAL300F28G 2』『SAL300F28G 2』
“α”[Aマウント]用交換レンズ300? F2.8 G SSM II 『SAL300F28G 2』
発売日:10月26日 メーカー希望小売価格:813,750円(税抜:775,000円)
  • 新光学設計による高画質性能
    今後も進むイメージャーの高画素化に対応した高画質・高コントラスト性能を実現する光学設計へ変更。
    球面収差を最適化することにより、Gレンズの特徴でもある美しいボケ味を実現しています。
    また、コントラストを向上させ、高コントラストと美しい背景ボケを両立。さらに、鏡筒内壁の遮光線仕上げや、マウント内壁、フード内壁の植毛仕上げで、ベーリンググレアの少ない、黒が締まった、透明感のある描写を実現しています。
  • ナノサイズの構造を持つ新コート、ナノARコーティングを採用
    500mm F4 G SSMと同じ、ナノサイズの構造を持ったナノARコーティングを採用。ソニー独自の新開発コーティング技術で、大幅に反射率を低減し、内面反射によるフレア・ゴーストを抑えた抜けの良いクリアな画質を実現しています。
  • 動体追尾性能が向上した高性能AF
    レンズ処理LSI(マイコン)の処理速度を高速化し、複雑できめ細やかな制御が可能になったことにより、AF速度、精度ともに向上。前機種 300mm F2.8 G 比、動体追尾性能が約4倍の速度を実現しています。また超音波モーターSSM(Super Sonic wave Motor)の搭載により、レンズが高速かつ静かで滑らかに駆動。動体撮影時のレスポンスの良さにも寄与しています。
  • 防塵・防滴に配慮した設計
    屋外でのタフな環境下でも耐えられる、防塵・防滴設計を採用。特に、レンズの前後やフォーカスリング周辺など、水が浸入しにくい構造を施しています。“α99”との組み合わせで、システムとしてよりハードなシーンでの撮影が可能となります。
  • 高い操作性
    フォーカスホールドボタンをレンズ鏡胴部に4箇所配置し、あらゆるホールディングスタイルでも瞬時にフォーカスホールドが可能です。また、2方式DMFモードやフォーカスレンジ切り替え、フォーカス位置をあらかじめ設定できるプリフォーカス機能など操作性も徹底的に追及。加えて、内側に植毛を施し余分な反射を抑えたカーボンファイバー製のレンズフードや、90度毎にクリックを備えた三脚座も装備しています。
  • “α” Aマウントボディとの組み合わせで高い手ブレ補正性能
    “α”Aマウントボディはすべてのレンズで手ブレ補正に対応するボディ内手ブレ補正を搭載しています。本レンズでも、例えば“α99”との組み合わせなら最大で4.5段の手ブレ補正性能を実現します。
●カールツァイスレンズのラインナップを拡充
『Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM』 『Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM』

なお当社では、Aマウント用の新レンズとして、35mmフルサイズ対応の大口径標準レンズ「Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM」の開発を進めています。発売は、2013年春を予定しています。

●主な別売アクセサリー
クリエイティブなライティングを静止画・動画の両方で実現する、LEDライト搭載の新フラッグシップフラッシュ『HVL-F60M』
『HVL-F60M』『HVL-F60M』
フラッグシップモデルとしてご好評いただいている従来品『HVL-F58AM』の性能・操作性・信頼性を大幅に向上させ、動画撮影にも対応するLEDライトを新たに搭載したGN60の大光量フラグシップフラッシュです。
従来のソニー独自の発光部回転機構「クイックシフトバウンス」機構やワイヤレス多灯光量比制御などの豊富な機能に加え、新たに“α”カメラ本体でもご好評いただいているクイックナビも搭載し、静止画・動画の両方でクリエイティブなライティングを、より素早く操作できるようになりました。
また、防塵・防滴に配慮した設計だけでなく、バウンスアダプターやLEDライト用色温度変換フィルターも 同梱され、多様な撮影シーンで活用いただけます。マルチインターフェースシュー搭載カメラに加え、同梱シューアダプター(ADP-AMA)によりオートロックアクセサリーシュー搭載カメラでも使用できます。
  • ISO100・m

希望小売価格:68,250円(税抜き価格:65,000円)
発売日:10月26日

縦位置撮影での快適な操作性とより長時間使用を実現する縦位置グリップ『VG-C99AM』
『VG-C99AM』『VG-C99AM』

縦位置撮影に最適な操作性・ホールディング性と、ボディへの格納分を含めたリチャージャブルバッテリーパック(NP-FM500H)合計3個使用による、スタミナ約3倍の長時間撮影を実現。また、縦位置グリップ内のバッテリーは、撮影時も電源を切らずに交換が可能で、カメラ本体で電池残量が%表示もされます。各部操作ボタン・ダイヤル部・電池挿入口にはシーリング処理を施し、防塵・防滴に配慮した設計になっています。

希望小売価格:39,900円(税抜き価格:38,000円)
発売日:10月26日

  • リチャージャブルバッテリーパック(NP-FM500H)は別売りです。
フルサイズ動画に見合った高品質で多様な音声表現を実現するXLRアダプターキット『XLR-K1M』
『XLR-K1M』『XLR-K1M』

プロ動画の音声入力の標準仕様であるXLR端子付きアダプターにより、幅広いプロ用マイクでの音声入力や、ライン入力が可能となり、フルサイズ動画の品質に見合った高品質で多様な音声表現が可能になります。
XLRアダプターでは入力のチャンネルを2チャンネル設定可能で、撮影意図やマイクの性質に合わせ、録音レベルやアッテネーター、風音低減、MIC/LINE切換等がチャンネルごとに独立して設定できます。XLRアダプターで直接調整・設定できることにより、撮影後の編集作業も軽減されます。
鋭い指向性を持ち、屋外での狭角度収音、中距離収音に適したモノラルショットガンマイクロホン『ECM-XM1』も同梱されています。

  • “α99”には直接装着はできませんが、ブラケット(別売)の利用により、ご使用いただけます。

希望小売価格:84,000円(税抜き価格:80,000円)
発売日:10月26日

マクロ撮影で効果的なライティングを実現する進化したリングライト『HVL-RL1』
『HVL-RL1』『HVL-RL1』

白色LEDを搭載し、約700 lx/0.3mと従来品よりも約4倍の明るさを実現しました。すべてを点灯させた無影撮影から、右側サイド光・左側サイド光でコントラストを活かして立体感を強調する照明もでき、またディマーによる無段階の明るさ調整も可能なため、撮影意図を細かく反映したクリエイティブなライティングを演出できます。発光部の輝点が目立たず、発光部全体として滑らかな照射を実現します。ライトが点灯し続けるため、動画での活用だけでなく静止画でも仕上がりを見ながらのライティングが可能です。

アクセサリーシューによりマルチインターフェースシュー搭載カメラに直接装着できる他、同梱のシューアダプター(ADP-AMA)により、オートロックアクセサリーシュー搭載カメラでもご使用いただけます。

対応レンズ径:φ49mm、φ55mm
希望小売価格:34,650円(税抜き価格:33,000円)
発売日:10月26日

  • 『SAL30M28』『SAL50F18』での使用の際には、マクロアダプター(FA-MA1AM)が別途必要です。
収納性に優れた高機能バックパック『LCS-BP3』
『LCS-BP3』『LCS-BP3』

従来品バックパックと比較して高い収納性を実現し、縦位置グリップや望遠ズームレンズを装着したカメラ本体のほか、交換レンズ3〜4本や多様なアクセサリーといった撮影機材だけでなく、15.5インチまでのノートパソコン(一部、17インチ薄型のノートパソコン)も収納できるようになりました。また、沢山の機材を持ち運ぶ重量負荷を軽減するための工夫を凝らした各種ベルトや、屋外撮影の利便性を追求したポケットやレインカバーの装備など、プロのカメラマンの要求にも応える本格的なバックパックです。

希望小売価格:16,800円(税抜き価格:16,000円)
発売日:10月26日

動画・静止画の両方でワイヤレス操作が可能なリモートコマンダー『RMT-DSLR2』
『RMT-DSLR2』『RMT-DSLR2』

離れた場所からカメラの静止画・動画撮影の基本操作ができ、テレビ接続時の再生操作も可能です。リモコン受光部搭載の“α”Aマウントカメラと“α”Eマウントカメラで使用可能です。

希望小売価格:3,150円(税抜き価格:3,000円)
発売日:10月26日

マルチインターフェースシュー搭載カメラにオートロックアクセサリーシュー対応のアクセサリーを装着するためのシューアダプター『ADP-MAA』
『ADP-MAA』『ADP-MAA』

“α99”の同梱シューアダプターと同等品です。

希望小売価格:2,625円(税抜き価格:2,500円)
発売日:10月26日

オートロックアクセサリーシュー搭載カメラにマルチインターフェースシュー対応のアクセサリーを装着するためのシューアダプター『ADP-AMA』
『ADP-AMA』『ADP-AMA』

フラッシュ『HVL-F60M』、リングライト『HVL-RL1』の同梱シューアダプターと同等品です。

希望小売価格:2,625円(税抜き価格:2,500円)
発売日:10月26日

モニター保護セミハードシート『PCK-LM14』
『PCK-LM14』『PCK-LM14』

“α99”専用のセミハードタイプのモニター保護シートで表示パネル(カメラ上面)用保護シートも付いています。

希望小売価格:1,785円(税抜き価格:1,700円)
発売日:10月26日

●先行展示、デジタルイメージング新商品体験会

“α99”のお客様向け先行展示を銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪で9月13日(木)から実施します。また、デジタルイメージング新商品体験会を9月15日(土)より全国7都市で順次開催予定です。 体験会場においては、本日発表の“α99”および『NEX-VG900』のハンズオンコーナーに加えて、『DSC-RX1』の展示を行います。また、写真家や評論家の方々による、“α99”を中心とした新製品の魅力を語っていただくトークショーを予定しています。

  • 『DSC-RX1』は、非動作品の展示となります。
●「αcafe(アルファカフェ)」

“α”で撮った作品をみんなで楽しむコミュニケーションサイト「αcafe(アルファカフェ)」において、より会員がコミュニケーションをとりやすいように、2012年9月末(予定)に機能追加を実施します。
(内容:コミュニケーション履歴ページの新設、コメント返信機能設定、コメント件数Max値の変更 他)

●“α99”使い方セミナー

また、2012年11月よりソニーストア 銀座・名古屋・大阪において、“α99”購入者を対象とした「モデル別使い方セミナー“α99”」(有料)を実施します。

●予約受付開始日
“α99”および関連アクセサリーの予約受付は、全国の販売店にて2012年10月10日(水)より随時開始予定です。
  • 実際の予約受付開始日につきましては、各販売店により決定されます。

詳細については、“α”オフィシャルサイトをご覧ください。

“α99”の主な仕様
型名 “α99”
型式 レンズ交換式デジタルカメラ
使用レンズ ソニーAマウントレンズ, ミノルタ/コニカミノルタαレンズ
撮像部 撮像素子 35?フルサイズ、
RGB原色フィルター付“Exmor”CMOSセンサー
画素数 有効画素数:約2430万画素
記録フォーマット
(静止画)
画像ファイル形式 JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、MPF Baseline)準拠、
RAW(ソニー独自ARW 2.3フォーマット)、RAW+JPEG
記録フォーマット
(動画)
動画記録方式 AVCHD Ver. 2.0(Progressive)/AVCHD/MP4
記録媒体 “メモリースティック PRO デュオ”、“メモリースティック PRO-HG デュオ”、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-1対応)、SDXCメモリーカード(UHS-1対応)※1
2メモリーカード間記録モード 同時記録(静止画のみ)、同時記録(動画のみ)、同時記録(静止画動画)、振り分け(JPEG/RAW)、振り分け(静止画・動画)、コピー
フォーカス 検出方式 TTL位相差検出方式
検出素子・測距点数 検出素子1:CCDラインセンサー、19点(11点クロスタイプ)
検出素子2:像面位相差センサー、102点アシスト
露出制御 測光方式 1200分割ライブビュー分析測光
ISO感度
(推奨露光指数)
静止画撮影時:ISO100〜25600(1/3EVステップ)(拡張ISO50/64/80)、AUTO(ISO100〜6400、上限/下限設定可)
動画撮影時:ISO100-6400相当(1/3EVステップ) AUTO(ISO100-3200相当)
ファインダー 形式 1.3cm(0.5型)XGA 有機EL 電子式ビューファインダー
総ドット数 2,359,296ドット
視野率 100%
倍率 最大0.71倍(50mmレンズ、無限遠)
液晶モニター 形式 7.5cm(3.0型) TFT駆動
ドット数 1,228,800ドット
手ブレ補正機能 方式 静止画撮影時:イメージセンサーシフト方式、動画撮影時:電子式
音声 マイク 内蔵マイク:ステレオ
ステレオマイクロフォン:ECM-ALST1(別売)/ECM-CG50(別売)/XLR-K1M(別売)
スピーカー モノラル、音量設定:8ステップ
質量 約812g(バッテリーと“メモリースティックPROデュオ”を含む)、
約733g(本体のみ)
外形・寸法 約147(幅)×111.2(高さ)×78.4(奥行き)mm
使用温度範囲 0〜40℃
  • ※1SDXCメモリーカードは、SDXCに対応している機器で使用できます。SDメモリーカード、SDHCメモリーカードのみに対応した商品では使用できません。
レンズ(別売)の主な仕様
名称 300mm F2.8 G SSM II
型名 『SAL300F28G2』
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
レンズ構成 12群13枚(フィルター1枚含む)
画角 8゚10'
最小絞り(F値) 32
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 2.0m
最大撮影倍率 0.18倍
フィルター径 42mm(専用)
外径寸法(最大径×長さ) 122×242.5?
質量 2,340g(三脚座別)
フラッシュ『HVL-F60M』(別売)の主な仕様
型名 HVL-F60M
ガイドナンバー 60(105mm、ISO100・m)
焦点距離 24-105mm(内蔵ワイドパネルにより15mmまでの画角をカバー)
調光方式 プリ発光による光量制御(P-TTL、ADI調光)、マニュアル発光
バウンス角度 下10度〜上150度、クイックシフトバウンス左90度〜右90度
発光間隔(当社試験条件による) 約0.1〜3.5秒(アルカリ乾電池使用)
発光回数(当社試験条件による) 約120回以上(アルカリ乾電池使用)
光量レベル(マニュアル発光時) 25段階(1/1, 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32, 1/64, 1/128,1/256) 1/3段ステップ
※ハイスピードシンクロ撮影時には1/128に制限されます
ワイヤレス多灯光量比制御 3グループまでのフラッシュを光量比制御可能
LEDライト最大照度 約1200lux(0.5m)/約300lux(1m)(LEDライト用内蔵ディフューザー、色温度変換フィルター未使用時)
LEDライト色温度 5500K/3200K(LEDライト用色温度変換フィルター使用)
電源 単三乾電池(アルカリ/ニッケル水素)いずれか同種のもの4個、外部電池アダプターFA-EB1AM(別売)(ソニー製単3形電池6個)使用可能
外形寸法/質量 約80mm×150mm×102mm(幅×高さ×奥行)/約450g(電池別)
付属品 フラッシュ用バウンスアダプター、LEDライト用色温度変換フィルター、ミニスタンド、キャリングケース、ミニキャリングケース、キャリングポーチ、シューアダプター(ADP-AMA)、端子保護キャップ
  • 本体内部部品に、再生材使用比率99%を実現した資源循環型 難燃ポリカーボネイト樹脂“SoRPlas (ソープラス)”採用。
  • 本体筐体に再生材比率10%のPC樹脂を使用。
  • “α”および、α はソニー株式会社の商標です。
  • “BIONZ”および BIONZ は、ソニー株式会社の商標です。
  • “Exmor”は、ソニー株式会社の商標です。
  • AVCHDおよびAVCHDロゴは、パナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • “Multi Interface Shoe(マルチインターフェースシュー)”は、ソニー株式会社の商標です。
  • WhiteMagic™は、株式会社ジャパンディスプレイの商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 0466-31-2546(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00