プレスリリース

2014年4月14日
  • 新商品

包み込まれるようなサラウンドを部屋中に広げるディフューザーを新搭載
テレビ前にすっきり設置できる高さ5cmのスリムなサウンドバー『HT-CT370』など
ホームシアターシステム全4機種を同日発売

テレビ前に置くサウンドバータイプ 『HT-CT370(ブラック)』
テレビ前に置くサウンドバータイプ 『HT-CT370(ブラック)』
テレビ下に設置するボードタイプ『HT-XT1』
テレビ下に設置するボードタイプ『HT-XT1』
5.1ch タイプ 『HT-IV300』
5.1ch タイプ 『HT-IV300』
5.1chタイプ 『BDV-N1B』
5.1chタイプ 『BDV-N1B』

ソニーは、包み込まれるようなサラウンドの臨場感を部屋の広範囲に届けるディフューザーを新搭載し、高音質と設置性を両立させた高さ5cmのスリムなサウンドバー『HT-CT370』など、ホームシアターシステム全4機種を発売します。
4K対応テレビを中心とした大型テレビの需要の高まりに伴い、ホームシアターシステムの需要も近年活況を呈しています。この度の新商品4機種を加えた豊富なラインアップを通じ、お客様のご自宅の環境に合わせて、日頃のテレビ番組や映画視聴、ゲーム、来たる2014年FIFAワールドカップの観戦、さらにはスマートフォンなどの音楽再生に至るまで、1台で、様々なコンテンツをリビングで楽しめる、オーディオ体験をお届けいたします。

サウンドバー『HT-CT370』のディフューザーの仕組み
型名 発売日 価格
サウンドバータイプ 『HT-CT370』(ブラック・シルバー) 5月31日 オープン価格
ボードタイプ 『HT-XT1』
5.1chタイプ 『HT-IV300』
5.1chタイプ 『BDV-N1B』

サウンドバータイプ『HT-CT370』は、包み込まれるようなサラウンドを広範囲で再現すべく、スピーカーのメインユニット前面に、新たにディフューザーを搭載。テレビ前にすっきり設置できる高さ5cmのスリムなサウンドバーながら、高音質も両立させました。サウンドバーは、壁掛けにも対応。重低音の広がりを再現するサブウーファーは、スリムで※1、縦横両方の向きに設置でき、また部屋中どこでも置けるよう、本体とのワイヤレス接続も対応しています。
ボードタイプ『HT-XT1』は、テレビの下に設置できる台座型のシステムです。スピーカーのメインユニットを正面の左右に配置し、底面に2基のサブウーファーをワンボックスに内蔵。天面には強化ガラスを採用し、傷がつきにくく、かつリビング空間に高級感を演出します※2。なお、『HT-CT370』 および『HT-XT1』 の2機種は、 HDMIバージョン2.0に準拠の 4K/60pに対応しており※3、4K対応テレビとの組み合わせにも適しています。

5.1chタイプ『HT-IV300』『BDV-N1B』は、5つのスピーカーと1つのサブウーファーで、本格的なシアター環境を楽しめるシステムです。『HT-IV300』は、パーソナルルームで映画、音楽、スポーツ、ゲームまで、様々なコンテンツにこだわりのある方におすすめのモデルで、コンパクトな5つのスピーカーを並び替え、多彩な設置パターンに対応します。『BDV-N1B』は、昨年発売の好評モデル『BDV-N1WL(ホワイト)』の新色モデルで、黒色を基調としています。一台に、CD、SA-CD、DVD、ブルーレイディスクなどのディスク再生機能を搭載し、かつインターネット動画・音楽再生にも対応。より高音質なサラウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。両機種は、サッカースタジアムの音場を演出するサウンドモード(サッカーモード)も搭載。5.1chのリアルなサラウンドの臨場感を再現し、2014年FIFAワールドカップ観戦をより一層盛り上げます。

  • ※1『HT-CT370』のサブウーファーの大きさは、幅約135mm×奥行き394mm×高さ361.5mm。
  • ※2耐荷重30kg まで。2011年発売以降の50V型以下の液晶テレビ ブラビア™の設置に対応しています。
  • ※34096×2160p @ 59.94/60Hz、3840×2160p @ 59.94/60Hz に対応しています。
    なおYCbCr 4:2:0/8bit対応のみです。映像ソース機器側の出力信号仕様および映像表示機器側の入力信号仕様もご確認ください。
サウンドバー 『HT-CT370』の主な特長
1. 部屋のより広い範囲にサラウンドを届けるディフューザーを新搭載

前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンドを再現する技術S-Force PROフロントサラウンド™に加え、本体のスピーカーユニット前面に搭載したディフューザーの効果により、スピーカーから発される音を、部屋中、より広範囲に届け、包み込まれるような豊かな音場を再現します。なお、付属のスタンドを使い、本体の角度を2段階に調整できるほか、壁掛けにも対応します。

部屋より広い範囲にサラウンド音を届けるディフューザーを新搭載
2. テレビ前にすっきり設置できるスリムなサウンドバー、ワイヤレスサブウーファー
高さ5cmのスリムなサウンドバー

高さ5cmとスリムなサウンドバーなので、テレビの前に置いても画面を隠さず、すっきりと設置できます。

縦横両方の置き方に対応したコンパクトな※1ワイヤレスサブウーファー

サブウーファーは縦横の両方の置き方ができ、リビングルームの隅やテレビ台の横など、場所を取らずに※1設置可能。加えてワイヤレス伝送技術(2.4GHz)の採用により、本体とのケーブル配線が不要なので、お好みの場所に設置できます。

3. 最新の4K映像信号に対応。4K対応テレビとの組み合わせに適したHDMI規格採用(※『HT-XT1』と共通)

HDMIバージョン2.0準拠の 4K/60p※3に対応し、4K対応テレビと組み合わせて迫力の映像とともに臨場感あふれる音をお楽しみいただけます。

4. NFC搭載で、スマートフォンの音楽もワイヤレスで手軽に再生(※新商品4機種共通)
NFC搭載で、スマートフォンの音楽もワイヤレスで手軽に再生(※新商品4機種共通)

NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)のワンタッチリスニング機能に対応。スマートフォンなどの対応モバイル端末を本機にかざすことでBluetooth®機器の登録を意識することなく、音楽再生を簡単にワイヤレス※4で行えます。

  • ※4NFC機能を利用するには、NFC対応スマートフォン、または一部のおサイフケータイ®対応のAndroid™搭載スマートフォンが必要です。一部のスマートフォンは「NFC簡単接続」アプリをインストールする必要があります。スマートフォンの音楽再生は、Bluetooth接続が必要です。
ボードタイプ『HT-XT1』の主な特長
1. 迫力の重低音も楽しめるサブウーファー一体のワンボックスモデル

スピーカーのメインユニットを正面の左右に配置し、底面に2基のサブウーファーを内蔵したワンボックスの サラウンドシステム。約170Wの実用最大出力を備え、迫力の重低音もお楽しみいただけます。

『HT-XT1』の音の広がり(イメージ)
『HT-XT1』の音の広がり(イメージ)
底面に搭載した2基のサブーファー(イメージ)
底面に搭載した2基のサブーファー(イメージ)
ボードタイプ『HT-XT1』の設置イメージ・スピーカー構成
2. 天板に強化ガラスを採用し、テレビ下に設置できる設計 リビング空間に高級感を演出

本体の天面に、傷がつきにくい強化ガラスを採用。テレビ下に直接置いて使えるよう、設置性に配慮したモデル※2です。50V型以下のテレビとの組み合わせをおすすめしています。なお、本体内部にダンパー支持構造を採用し、天面に置いたテレビへの振動をやわらげ、さらに安定した設置性能を実現します。

3. テレビのニュースやドラマなどの人の声を聞き取りやすくするボイスアップ機能

リモコンの「ボイス」ボタンを押すだけで、声・セリフの聞き取りやすさを3段階で調整できます。

4. 最新の4K映像信号に対応。4K対応テレビとの組み合わせに適したHDMI規格採用(※『HT-CT370』と共通)

HDMIバージョン2.0に準拠の4K/60p※3に対応しており、4K対応テレビと組み合わせて迫力の映像とともに臨場感あふれる音をお楽しみいただけます。

5.1ch タイプ 『HT-IV300』の主な特長
1. 映画・音楽に加え、ゲームやサッカーなど、様々なコンテンツに最適なサウンドフィールドを搭載
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
ゲームモード(『HT-CT370』、『HT-XT1』、『HT-IV300』共通)

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのサウンドデザイナーの意見を元に、ゲームの制作者の意図を目指して調整されたモードです。多くのゲーム作品で採用されている5.1ch音声を、より臨場感豊かに再現します。なお、本機を含む3機種(『HT-CT370』、『HT-XT1』、『HT-IV300』)は、株式会社スクウェア・エニックスにて4月14日に発売される「プレイステーション4」(PS4)用ゲームタイトル「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のゲームプレイに適した機器として、推奨認定を取得しています。

推奨認定機器とは、ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア「プレイステーション 3(PS3)版」「PS4版」「Windows®版」それぞれのプレイにおいて株式会社スクウェア・エニックス独自の検証基準を満たし、動作認定を受けた、特にお勧めの周辺機器です。

サッカーモード

サッカースタジアム環境※5での音の響きの測定をもとに、周囲に広がる歓声やボールを蹴る音などを調整し、スタジアムの広々とした音の広がりを演出。アナウンスや解説をオフにできるナレーションオフ機能も搭載しています。

  • ※5ブラジルのサンパウロ・モルンビースタジアムの音を測定。
その他

その他、コンサートホールの音場を再現するデジタルミュージックアリーナモードや映画に最適なムービーモードなど、各コンテンツに応じた多彩なモードを提供します。

2. 大口径65mmのユニットを採用 六角柱形の5つのスピーカーを並び替え、サラウンド環境を工夫できる

広い音域をカバーする5つのメインのスピーカーに、大口径65mmのユニットを採用し、豊かなサラウンドを実現します。六角柱のフォルムなので、ユニットを上向き、正面、下向きなど、部屋の設置環境に合わせ、音の広げかたを工夫して設置できます。また、フック部を使い、壁掛けにして、お好みのサラウンド音場を作ることもできます。

六角柱形のフォルムを生かした様々な設置パターン(イメージ)
六角柱形のフォルムを生かした様々な設置パターン(イメージ)
3. スマートフォンの画面をワンタッチでテレビ画面に映しだすワンタッチミラーリングに対応

NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)を搭載しており、本体アンプ部に、対応スマートフォンやタブレット※6などの端末をタッチすれば、端末の画面を、本機を経由してテレビ画面に表示できます。

  • ※6対応端末:Xperia™ AX/Xperia VL/Xperia Z/Xperia A/Xperia UL/Xperia Z1/Xperia Z1 f/Xperia Z Ultra/ Xperia Tablet Z(2014年4月時点)。
5.1chタイプ 『BDV-N1B』の主な特長

昨年発売し、好評のホワイト色のモデル『BDV-N1WL』に加え、黒色を基調としたモデルを追加発売します。ワイヤレス伝送技術(2.4GHz)の採用により、リアスピーカーをワイヤレス接続でき、部屋を横切る配線をなくすなど設置性に配慮。各スピーカーに、磁性流体スピーカーとソフトドームトゥイーターを採用することで、より本格的な高音質でリアルなサラウンドを楽しめます。本機は、『HT-IV300』と同様に、サッカーモードを搭載しているので、来たる2014年FIFAワールドカップ観戦を、さらに盛り上げてお楽しみいただけます。

商品の詳細は、こちらをご参照ください。

<先行展示のご案内>

今回の新商品を銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて、4月15日(火)より、順次展示します。

主な仕様
型名 『HT-CT370』 『HT-XT1』
アンプ/チューナー部 総合出力 270W 170W
実用最大出力(非同時駆動、JEITA) フロント 85W+85W 35W+35W
サブウーファー 100W 100W
出力 HDMI 1 1
入力 HDMI/光デジタル 3/1 3/1
アナログ音声 1(ステレオミニ) 1(ステレオミニ)
電源 AC100V、50/60Hz AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時) スピーカー:約34W(約0.3W以下)
サブウーファー:約30W(約0.5W以下)
約34W(約0.5W以下)
スピーカー部 使用ユニット フロント フルレンジ、アコースティックサスペンション型、60?コーン型 フルレンジ、アコースティックサスペンション型、35×80?コーン型
サブウーファー バスレフ型、100×150?コーン型 バスレフ型、100?コーン型×2
機能 対応フォーマット DTS-HD Master Audio、
DTS-HD High Resolution Audio、
DTS-HD Low Bit Rate Audio、
DTS 96/24、DTS、Dolby TrueHD、
Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、
リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
DTS-HD Master Audio、
DTS-HD High Resolution Audio、
DTS-HD Low Bit Rate Audio、
DTS 96/24、DTS、Dolby TrueHD、
Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、
リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
サウンドフィールド ClearAudio+、ムービー、ゲーム、スポーツ、ミュージック、ポータブルオーディオエンハンサー、スタンダード ClearAudio+、ムービー、ゲーム、スポーツ、ミュージック、ポータブルオーディオエンハンサー、スタンダード
総合 大きさ(幅×高さ×奥行?) スピーカー:約900×50×113(スタンド無し)
サブウーファー:約135×361.5×394
約720×72×310
質量(kg) スピーカー:約2.4
サブウーファー:約7.0
約8.0
付属品 リモコン、光デジタル音声コード、AVマウス、スタンド×2、スタンド取り付け用ネジ×2、スピーカークッション(サブウーファー用)×4、単三形乾電池×2 リモコン、光デジタル音声コード、テレビ転倒防止ベルト、単四形乾電池×2
型名 『HT-IV300』 『BDV-N1B』
アンプ/チューナー部 総合出力 800W 800W
実用最大出力(非同時駆動、JEITA) フロント 100W+100W 155W+155W
センター 200W 155W
サラウンド 100W+100W 90W+90W
サブウーファー 200W 155W
出力 HDMI 1 1
入力 HDMI/光デジタル/同軸デジタル 2/1/1 2/1/0
アナログ音声 1(赤白ピン) 1(赤白ピン)
電源 AC100V、50/60Hz AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時) 100W(約0.3W以下) アンプ本体:約75W(約0.3W以下)、サラウンドアンプ:約50W(約0.5W以下)
スピーカー部 使用ユニット フロント フルレンジ、バスレフ型、
65?コーン型
トゥイーター:20mmソフトドーム型
ウーファー:バスレフ型、80mmコーン型磁性流体スピーカー
センター フルレンジ、バスレフ型、
65?コーン型
トゥイーター:20mmソフトドーム型
ウーファー:バスレフ型、60mmコーン型磁性流体スピーカー
サラウンド フルレンジ、バスレフ型、
65?コーン型
トゥイーター:20mmソフトドーム型
ウーファー:バスレフ型、80mmコーン型磁性流体スピーカー
サブウーファー バスレフ型、180?コーン型 バスレフ型、180mmコーン型
機能 対応フォーマット DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS-HD Low Bit Rate Audio、DTS 96/24、DTS-ES Discrete6.1、DTS-ES Matrix6.1、DTS、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、 Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch) DTS-HD Master Audio※1、DTS-HD High Resolution Audio※1、DTS-HD Low Bit Rate Audio※1、DTS 96/24※3、DTS-ES Discrete6.1※2、DTS-ES Matrix6.1※2、DTS、Dolby TrueHD※1、Dolby Digital Plus※1、 Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch※1
サウンドフィールド ClearAudio+、ムービー、ゲーム、ミュージック、デジタルミュージックエンハンサー、デジタルミュージックアリーナ、サッカー(ナレーションON/OFF)、ナイト ムービー、ミュージック、デジタルミュージックエンハンサー、サッカー(ナレーションON/OFF)、デモサウンド、オート、3Dサラウンド、ベルリンフィルハーモニックホール、ナイト
総合 大きさ(幅×高さ×奥行?) フロントスピーカー:約114×100×102
センタースピーカー:約114×100×102
サラウンドスピーカー:約114×100×102
サブウーファー:約245×350×325
フロントスピーカー:約140×455×140(スタンド有)、センタースピーカー:約365×75×75、サラウンドスピーカー:約140×455×140(スタンド有)、サブウーファー:約280×440×280、本体:約480×79×228、サラウンドアンプ:約206×60×238
質量(kg) フロントスピーカー:約0.41
センタースピーカー:約0.41
サラウンドスピーカー:約0.41
サブウーファー:約6.2
アンプ:約1.6
フロントスピーカー:約1.2(スタンド有)、センタースピーカー:約1.3、サラウンドスピーカー: 約1.2(スタンド有)、 サブウーファー:約8.0、本体:約3.1(ワイヤレストランシーバー含)、サラウンドアンプ:約1.3(ワイヤレストランシーバー含)
付属品 リモコン、光デジタル音声コード、FMワイヤーアンテナ、フロントスピーカーケーブル、サラウンドスピーカーケーブル、サブウーファーケーブル、スピーカークッション、単四形乾電池×2 リモコン、アナログ音声コード、FMワイヤーアンテナ、測定用マイク、スピーカーケーブルフロント×2、リア×2、センター×1、スピーカースタンド×4、スタンド取り付け用ネジ×4、ネジ穴カバー×4、単四乾電池×2
  • ※1HDMI入力1、入力2は、対応していません。
  • ※2DTSコアとしてデコードされます。
  • ※3HDMI入力1、入力2は、DTSコアとしてデコードされます。
  • 「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
    その他、記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00