プレスリリース

2015年1月22日
2015年1月22日(15:00)改訂
  • 新商品

さらなる高音質、小型化を実現したワイヤレスポータブルスピーカー 3機種発売

Bluetooth®で従来比※1最大約3倍の情報量を伝送可能な高音質モデルと、小型・高出力のキューブ型モデル
左から、ワイヤレスポータブルスピーカー 『SRS-X55』(外形寸法:幅約221?×高さ約118mm×奥行約51?)  、『SRS-X33』(外形寸法:幅約185mm×高さ約60mm×奥行約59?)、『SRS-X11』(外形寸法:幅約61mm×高さ約61mm×奥行約61?)
左から、ワイヤレスポータブルスピーカー 『SRS-X55』(外形寸法:幅約221?×高さ約118mm×奥行約51?) 、
『SRS-X33』(外形寸法:幅約185mm×高さ約60mm×奥行約59?)、『SRS-X11』(外形寸法:幅約61mm×高さ約61mm×奥行約61?)

ソニーは、新開発の高音質コーデックLDAC™(エルダック)により、Bluetoothで従来比※1最大約3倍の情報量を伝送可能にした他、独自技術によりさらなる高音質化を実現した『SRS-X55』および『SRS-X33』と、約61mm角のキューブ型デザインで高出力も両立させた『SRS-X11』の、計3機種のワイヤレスポータブルスピーカーを発売します。

型名 発売日 価格 カラー
ワイヤレスポータブルスピーカー 『SRS-X55』 2月21日 オープン価格 ブラック/ホワイト
『SRS-X33』 3月14日 ブラック/ホワイト/レッド/ブルー
『SRS-X11』 2月21日 ブラック/ホワイト/レッド/ブルー/ピンク

『SRS-X55』と『SRS-X33』は、新開発の高音質コーデックLDACを採用したモデルです。Bluetooth経由での音楽再生において、従来の技術に比べ※1最大約3倍の情報量を伝送することが可能で、対応機器間においてワイヤレス接続時でもより高音質なサウンドをお楽しみいただけます。
加えて、豊かで高精細な低音域再生を実現するデジタルアンプS-Master™や高音域補完技術DSEE™、デジタル音声信号処理技術ClearAudio+™、また広がりのある音場を実現するサウンドモードなど、オーディオメーカーとして長年培った独自技術をコンパクトボディに凝縮することで、高音質再生を実現しています。なお、『SRS-X55』は、出力を従来機比※2で10W向上させた、実用最大出力30Wのデジタルアンプを搭載。『SRS-X33』では、小型・軽量化を追求し、従来機比※3で体積約20%減、質量約14%減を実現しました。

『SRS-X11』は、約61mm角のコンパクトなキューブ型のボディに実用最大出力10Wの高出力デジタルアンプとデュアルパッシブラジエーターを搭載しており、手軽に迫力のサウンドを楽しめます。また、約12時間※4の長時間再生が可能です。

3機種とも、NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)のワンタッチリスニング機能に対応しており、スマートフォンなどの対応機器を本機にかざせば、Bluetooth機器間の複雑な登録(ペアリング)を意識せず簡単に接続でき、さまざまな端末で音楽再生できる他、ハンズフリーの通話もワイヤレス※5でお使いいただけます。

  • ※1:Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)。対応の再生機器は、ウォークマン®『NW-ZX2』およびウォークマン®Aシリーズ『NW-A16』、『NW-A17』(Aシリーズは、2015年4月よりアップデートで対応予定)です。(2015年1月22日時点)
    ウォークマン®「NW-A16/A17」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ
  • ※2:従来機種『SRS-X5』との比較。
  • ※3:従来機種『SRS-X3』(外形寸法:幅約185?×高さ67?×奥行66?。質量:約850g)との比較。
  • ※4:Bluetooth接続時。
  • ※5:Bluetooth対応機器をワイヤレス接続する必要があります。
『SRS-X55』、『SRS-X33』の主な共通特長
1. 新開発の高音質コーデックLDACを採用
LDAC

Bluetooth経由で従来の技術に比べ※1最大約3倍の情報量を伝送することが可能なので、対応機器間において、ワイヤレスでもより高音質なサウンドをお楽しみいただけます。
音声品質(ビットレート)は、990kbps、660kbps、330kbpsの3つから選択可能です※6

なお、ウォークマン®『NW-ZX2』や、ウォークマン®『NW-A16』、『NW-A17』(2015年4月以降アップデート予定)と、本商品を連携することで、LDACを生かしたより高音質なワイヤレス音楽体験が可能です(2015年1月22日時点)。

  • ※6:本機から音声品質選択は行えません。本機に接続されたウォークマン®から変更してください。
2. 高音質デジタルアンプS-Master

ソニーの高度なデジタル技術でアンプのデジタル化を実現しています。これにより、音質劣化を最小限に抑え原音を忠実に再生します。また、発熱も少ないためアンプの小型化が可能になりました。

3. 圧縮によって失われた音声を復元するDSEE

MP3などの高圧縮音源で、失われがちな高音域をクリアに再現し、圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聴き疲れしにくい自然な音で楽しめます。

4. 音場を広げるサウンドモード

広がりのある音場が楽しめるサウンドモードを搭載し、一人の時はもちろん、家族や友人が集まった時でも、スピーカーを意識することなく音楽に没入できます。

5. ソニー推奨の上質な音を楽しめるClearAudio+
ClearAudio+

オーディオメーカーとして長年培った独自のさまざまなデジタル信号処理技術をバランスよく組み合わせることで上質な音を手軽に楽しめるClearAudio+を搭載することにより、複雑な設定が不要となり、一回の操作で低域から高域まで、ソニーがお勧めするクリアかつ臨場感ある音を簡単に楽しめます。

6. その他の共通の特長(『SRS-X55』、『SRS-X33』、『SRS-X11』)
1)「Definitive Outline」 デザイン

あらゆるインテリア空間との調和と高音質を両立する、フレームの美しさを追求した「Definitive Outline (ディフィニティブアウトライン)」デザインを採用しています。ラバーなどの素材をそれぞれの面に採用することで、シンプルな本体にフレームの美しさが際立ち、あらゆる空間に溶け込みます。12辺のフレームの角を処理し、稜線をなめらかな面でつなぐ「Definitive Outline」によって、角部で音波が反射する回折現象が低減されるという、音質面での効果も得られます。

2)BluetoothとNFCを搭載し、簡単にワイヤレスで音楽再生などが楽しめる

Bluetoothの搭載により、気軽にワイヤレスで音楽再生が行えます。また、NFCのワンタッチリスニング機能に対応しており、NFC搭載のスマートフォンをかざせば、Bluetooth機器間の複雑な設定(ペアリング)を意識することなく、簡単に接続して音楽やハンズフリーの通話をワイヤレス※5で楽しめます。

『SRS-X55』の主な特長
1. 実用最大出力30Wの高出力デジタルアンプほか、独自のサウンド技術を凝縮

実用最大出力を、従来機比※2で10W向上させた30Wの高出力デジタルアンプを採用しました。スピーカーの構成として、左右のユニットに加えてサブウーファーを搭載。さらに、低音増強振動板ユニットのパッシブラジエーターを2つ配置したデュアルパッシブラジエーター方式を採用したことで、豊かな低域音再生を楽しめます。
<内部構造イメージ図>

左右:スピーカー(5W+5W) 中央:サブウーファー(20W)
左右:スピーカー(5W+5W)
中央:サブウーファー(20W)
デュアルパッシブラジエーター(背面)
デュアルパッシブラジエーター(背面)
 
『SRS-X33』の主な特長
1. 実用最大出力20Wの高出力デジタルアンプ、対向配置型パッシブラジエーター搭載

実用最大出力20W(10W+10W)の高出力デジタルアンプを搭載し、ライフスタイルに合わせてさまざまな場所に持ち運んで、迫力のサウンドを手軽に楽しめます。低音増強のために、パッシブラジエーターを前面と背面計2つを対向に配置しました。実用最大出力20Wのパワーを持つアンプから駆動されるスピーカーユニットからの空気圧力を十分に受け止めることが可能となり、コンパクトなサイズながら存在感のある低音域再生を実現します。
<内部構造イメージ図>

左右:スピーカー(10W+10W) 中央:パッシブラジエーター(前面)
左右:スピーカー(10W+10W)  
中央:パッシブラジエーター(前面)
パッシブラジエーター(背面)
パッシブラジエーター(背面)
 
2. 従来機比※3で、さらなる小型・軽量化を実現

従来機と比較し※3、体積は約20%減(外形寸法:幅約185mm×高さ約60mm×奥行約59mm)、質量は約14%減の約730gを実現したことで、より気軽に待ち運びやすくなりました。

『SRS-X11』の主な特長
1. 約61?角の小さなキューブ型の本体で、迫力のサウンドを再生
〜実用最大出力10Wのデジタルアンプ、デュアルパッシブラジエーター搭載〜

実用最大出力10Wのデジタルアンプに加え、デュアルパッシブラジエーターを搭載しました。約61mm角のキューブ型のコンパクトボディながらも、迫力のあるサウンドを楽しめます。
なお、本体の色に合わせたシリコンストラップを付属しており、持ち運びにも便利です。

前面:フルレンジスピーカー(10W) 両側面:パッシブラジエーター
前面:フルレンジスピーカー(10W)
両側面:パッシブラジエーター   
『SRS-X11』にはシリコンストラップを付属(イメージ)
『SRS-X11』にはシリコンストラップを付属(イメージ)
 
2. 最長約12時間のワイヤレス長時間再生に対応

リチウムイオン内蔵充電池を採用、最長約12時間※4のワイヤレス長時間再生が可能です。

3. 2台のスピーカーをワイヤレス接続で音楽再生が楽しめるSpeaker Add機能※7
2台のスピーカーをワイヤレス接続で音楽再生が楽しめるSpeaker Add機能

本機2台をBluetooth接続することで、Speaker Add(スピーカーアド)機能が利用可能です。ステレオで音楽再生が可能なステレオモード、同じ音をモノラルで再生するダブルモードを設けており、机上での音楽再生の楽しみ方の幅を広げます。なお、モード切り替え用のADDボタンを背面に新設したことで、より簡単にスピーカー同士を接続できるようになりました。

  • ※7:Speaker Add機能を使用するには、『SRS-X11』を2台用意する必要があります。
別売アクセサリー
型名 発売日/価格 特長
キャリングケース 『CKS-X33』
※『SRS-X33』専用
3月14日/オープン価格 持ち運びに便利な、折りたためるキャリングケース。
キャリングケース『CKS-X33』
特設サイト「ワイヤレススピーカーラウンジ」に試用レポートを掲載

本日、発表の新商品を含めて、特設サイト「ワイヤレススピーカーラウンジ」に、さまざまな分野で活躍されている音楽愛好家の著名人の方々による試用レポートを掲載しています。

<先行展示のご案内>

今回の新商品の先行展示を、1月23日(金)より、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて行います。

主な仕様
型名 『SRS-X55』 『SRS-X33』 『SRS-X11』
スピーカー部 使用スピーカー 直径38mm(フルレンジ)×2、58mmサブウーファー 直径34mm(フルレンジ)×2 直径45mm(フルレンジ)×1
エンクロージャー方式 パッシブラジエーター方式
周波数帯域 60Hz-20000Hz 60Hz-16000Hz 非公開
アンプ部 実用最大出力
(JEITA調べ)
総合出力30W(20W+5W+5W) 総合出力20W(10W+10W) 総合出力 10W
Bluetooth 通信方式 Bluetooth標準規格ver. 3.0
対応プロファイル*1 A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデック*2*3 SBC、AAC、LDAC SBC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
接続 NFC
入力 ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)
サウンド ClearAudio + -
マイク部 形式 エレクトリックコンデンサー型
指向特性 全指向性
電源部・その他 電源 リチウムイオンバッテリー、AC電源 リチウムイオンバッテリー
電池持続時間
(Bluetooth接続時*4
約10時間 約12時間 約12時間
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行 mm)
約221×約118×約51 約185×約60×約59 約61×約61×約61
質量 約1,200g 約730g 約215g
付属品 ACアダプター USB ACアダプター、マイクロUSBケーブル シリコンストラップ、マイクロUSBケーブル
  • *1:Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth機器の特性ごとに機能を標準化したものです。
  • *2:音声圧縮変換方式。
  • *3:Subband Codecの略。
  • *4:周囲の温度や使用状況により、上記の持続時間と異なる場合があります。2015年より当カテゴリー製品の充電池による再生時間の測定方法を変更しました。
  • 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00