プレスリリース

2017年9月13日
  • 新商品

世界最速※1 0.03秒※2の高速AFとAF/AE※3追従最高約24コマ/秒※4を実現
24-600mm※5 F2.4-4高倍率ズームレンズと1.0型Exmor RS®イメージセンサーを搭載した『RX10 IV』発売

〜タッチフォーカスやフォーカスレンジリミッター※6など高速撮影をアシストする機能も追加〜
サイバーショット(R) 『RX10 IV』
サイバーショット® 『RX10 IV』
『RX10 IV』で撮影した作品
『RX10 IV』で撮影した作品

ソニーは、世界最速※1 0.03秒※2の高速AFと、AF/AE※3追従最高約24コマ/秒※4の高速連写を実現した、メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS® (エクスモアアールエス) 搭載のデジタルスチルカメラ サイバーショット® 『RX10 IV』を発売します。本機は、高性能AF・高速連写性能に加え、24-600mm※5光学25倍 F2.4-4の大口径・高倍率ズームレンズを搭載し、動く被写体の一瞬を広角から超望遠まで幅広いシーンで捉え、画質・動画機能・操作性などを高いレベルで実現します。スポーツや野生動物などの躍動感あふれる動きの瞬間や表情、肌の質感、飛び散る水しぶきまで、鮮明に捉えることが可能です。

型名 発売日 価格
デジタルスチルカメラ サイバーショット 『RX10 IV』 DSC-RX10M4 10月6日 オープン価格

予約販売は9月20日(水)10時より開始します。

  • *『RX10 IV』で撮影した高画質作例は、こちらをご覧ください。
  • *『RX10 IV』で撮影した映像は、こちらをご覧ください。
ファストハイブリッドAF
ファストハイブリッドAF

『RX10 IV』は、有効約2010万画素メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、AF速度や動体捕捉に優れた位相差検出方式とAF精度の高いコントラスト検出方式を併用するファストハイブリッドAFシステムをRX10シリーズとして初めて搭載しています。315点の像面位相差検出AF※7センサーを配置し、被写体を瞬時に広範囲かつ高精度に捉え、さらに高密度AF追従テクノロジーにより高精度に追従します。また、最新の高速画像処理エンジンBIONZ X®とそれをサポートするフロントエンドLSIにより、画像処理速度も高速化しています。連写時も大容量画像データを高速に処理し、バッファメモリーの大容量化などにより、連続撮影枚数は249枚※4(画質「ファイン」時)までに増加。加えて、連写した静止画のグループ表示や、タッチフォーカス機能、タッチパッド機能、フォーカスレンジリミッター※6など、高速撮影をサポートする機能にも対応します。

さらに、サイレント撮影※8が可能なため、静粛さが求められる野生動物やコンサート会場での撮影時など、場所やシーンを選ばずに撮影できます。また、ファストハイブリッドAFは動画撮影時にも対応。画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K(QFHD:3840×2160)動画※9機能、撮影時間が増えた最大40倍のスーパースローモーション機能※10など、プロの映像制作のニーズにも応え、より幅広い映像表現を1台のカメラで実現します。

  • ※1:1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2017年9月13日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※2:CIPA準拠 内部測定条件 f=8.8mm(ワイド端) 明るさ EV6.8、プログラムオート、フォーカスモード:AF-A、AFエリア:中央。
  • ※3:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
  • ※4:連続撮影モード「Hi」。
  • ※5:35mm判換算。
  • ※6:35mm換算焦点距離 150-600mmのみ有効。
  • ※7:高速性と動体への追従性に優れた位相差検出AFセンサーをイメージセンサーの撮像面に配置し、位相差を検出してAFを行う方式。
  • ※8:シャッターモード:電子シャッター、電子音:切 のときに有効です。
  • ※9:XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I (U3)のSDHC/SDXCカードが必要です。
  • ※10:音声は記録できません。Class10以上のSDHC/SDXCカードが必要です。
『RX10 IV』の主な特長
1. 躍動する被写体を捉え、追従するファストハイブリッドAFシステムと高速連写
ファストハイブリッドAFシステムによる世界最速※1 0.03秒※2の高速AF

高速性と追従性に優れた像面位相差AF方式と高精度なコントラストAF方式を併用するファストハイブリッドAFシステムをRX10シリーズとして初めて搭載。レンズ駆動制御も最適化し、世界最速※1 0.03秒※2の高速AFを実現しています。

315点像面位相差検出AFセンサーによる広いカバー範囲

RX10シリーズとして新搭載のイメージセンサーには、撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差検出AFセンサーを配置。広いAFカバー範囲と高密度配置により、ピント合わせが難しい小さな被写体や動く被写体でも、広範囲かつ高精度に捉えます。

動体追従性能を大幅に向上させる高密度AF追従テクノロジー
動体追従性能を大幅に向上させる高密度AF追従テクノロジー

『α6500』と『α6300』に搭載している、高密度AF追従テクノロジーをサイバーショットとして初めて搭載。被写体の動きに連動して高密度に集中したAF枠を動的に制御することで、複雑な動きをする動体に対しても正確で安定した追従ができます。

瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能も進化

進化した画像処理エンジンBIONZ Xにより、瞳AF機能の検出精度・速度・追従性能も大幅に向上※11。動きのあるポートレート撮影で、正面からうつ向き顔になった場合や、振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなど、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従します。

  • ※11:現行機種『RX10 III』との比較において。
AF/AE※3追従最高約24コマ/秒※4で最大249枚※4の連続撮影

画像処理エンジンBIONZ XとそれをサポートするフロントエンドLSIにより、最高24コマ/秒※4の高速連写を実現します。バッファメモリーの大容量化などにより、249枚※4(画質「ファイン」時)まで連続撮影できます。

高速撮影に応える新機能と操作性

連写した静止画のグループ表示やグループ単位での削除にも対応。RX10シリーズとして新たに、直感的なフォーカス操作ができるタッチパッド機能とタッチフォーカス機能、距離に応じてあらかじめ合焦する範囲を限定するフォーカスレンジリミッター※6、静止画撮影時にAF-ONをAELボタンなどに割り当てるAF-ON設定※12、カメラが自動判別してAFモードを切り替えるAF-Aモードも、搭載しています。

  • ※12:AF-A、AF-S、AF-C、DMFモードにおいて有効です。
サイレント撮影※8とアンチディストーションシャッター

本体に搭載した望遠レンズの性能を生かしつつシャッター音も消音できるため、野生動物の撮影時やコンサート会場など静粛さが求められるシーンの撮影にも適しています。また、テニスのスイングなど、高速で動く被写体を撮影する際に生じやすい動体歪みを抑えて記録でき、最高1/32000秒の高速シャッタースピードまで、歪みを気にせず撮影できます。

2. 広角から超望遠まで幅広いシーンで高い描写性能を発揮するズームレンズと進化した画像処理エンジン
大口径・高倍率ズームレンズと4.5段※13の光学式手ブレ補正機能

光学25倍ZEISS®Vario- Sonnar (バリオ・ゾナー) T∗ 24-600mm※5 F2.4-4大口径・高倍率ズームレンズは、計8枚のED(特殊低分散)ガラスを採用することで、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を良好に補正し、ズーム全域で高コントラストかつシャープな画質を実現します。本レンズは、1.0型イメージセンサーの性能を引き出した高い描写性能を発揮し、レンズ交換式カメラであれば通常3本以上の大口径交換レンズが必要なところ、広角から超望遠まで幅広いシーンの高画質な撮影を1台のカメラで実現します。また、超望遠や暗所撮影時に役立つ4.5段※13分の高い手ブレ補正効果に加え、美しいぼけを生み出す9枚羽根円形絞り機構を採用しています。
さらに、600mm※5で約72cm(最大撮影倍率0.49倍)まで被写体に寄れるテレマクロ撮影が楽しめます。

  • ※13:CIPA規格準拠。Pitch/Yaw方向、600mm (35mm判換算)時。
進化した高速画像処理エンジンBIONZ X

高速画像処理エンジンBIONZ Xは、画像処理アルゴリズムの進化により、静止画と動画共に解像感と低ノイズを両立。被写体のもつ質感をよりリアルに描写でき、また高感度を要するスピード撮影においての高画質性能もさらに向上しており、AF/AE※3追従最高約24コマ/秒※4の高速連写時にも、高い質感で捉えます。さらに、表示システムの高速化により撮影中の電子ビューファインダーへの表示タイムラグが大幅に低減し、スムーズな映像を見ながら決定的な瞬間を逃さずに撮影できます。

3. ファストハイブリッドAFにも対応し、高い描写性能とプロのニーズに応える多彩な機能も備えた動画撮影
従来機比※11 2倍の高速AFを実現する新搭載のファストハイブリッドAF

ファストハイブリッドAFシステムは、静止画だけでなく動画撮影時にも対応。従来機比※11 2倍の高速AFで、よりスムーズで迷いのないピント合わせを行い、特に4K動画撮影時に求められる高精度で追従性の高いフォーカシングが可能です。また、動画撮影時のAF駆動速度やAF追従感度も設定できます。

高解像度4K動画※9で広角から超望遠まで幅広いシーンを自在に撮影

4K動画※9の撮影や本体内記録に対応。全画素を画素加算なく読み出し、4K映像に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を活用し、高解像に4K映像を記録します。記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVC®を民生用に拡張したXAVC S®※9を採用。4K 30p/24p記録時やフルHD120p記録時には最大100Mbps、フルHD 60p/30p/24p記録時には最大50Mbpsの高ビットレートでの高画質記録が可能で、高精細かつ圧縮ノイズの少ない美しい映像を実現します。

プロの映像制作をサポートする動画機能、新たにプロキシー記録にも対応

業務用の映像制作機器に搭載されている多彩な動画機能に対応。新たにプロキシー記録にも対応し、高/低ビットレート動画を同時に記録することで、撮影後の素材確認や映像編集時の負担を減らし、効率的に作業できます。ピクチャープロファイル、 S-Gamut/S-Log2/S-Log3※14、ガンマ表示アシスト、ゼブラ機能、HDMIクリア出力、TC/UB、レックコントロール、マーカー機能も搭載しています。

  • ※14:S-Log2およびS-Log3とは、広い輝度ダイナミックレンジを記録するためのソニー独自の輝度特性カーブで、グレーディング (撮影後の画像加工処理)をすることが前提の機能です。白とびや黒つぶれしやすいシーンでも、ディテールを引き出す編集を可能にします。
撮影時間が増えた最大40倍のスーパースローモーション機能※10

600mm※5の超望遠ズームを生かし、マリンスポーツやスタジアムスポーツなど離れた場所からしか撮影できない状況でも、被写体を大きく捉えて4倍〜40倍のスーパースローモーション動画を撮影できます。バッファメモリーの容量が増えたため、撮影時間も撮影時間優先で最長約7秒、画質優先で最長約4秒に増加。MOVIE(動画)ボタンを押してからある一定の時間を記録する「スタートトリガー」と、ボタンを押した瞬間から時間をさかのぼって記録する「エンドトリガー」に加えて、さかのぼる時間が半分の「エンドトリガーハーフ」にも新たに対応し、状況に応じて最適な録画時間やタイミングの設定が可能です。また、プロキシー記録にも対応することで、スマートフォンへの転送やインターネット共有が手軽にできます。

4. その他プロの撮影現場でも活躍する操作性、信頼性
  • 新搭載の高精細3.0型、約144万ドットで、スムーズなフォーカス位置の選択や移動が可能なタッチ操作にも対応するチルト可動式液晶モニター
  • 明るく見やすい235万ドット相当の有機ELファインダー XGA OLED Tru-Finder®
  • お好みのメニュー項目を最大30個までカスタマイズ登録できるマイメニュー登録機能
  • レンズ部での操作が快適に行えるフォーカス・ズーム・絞りの3つのリング
  • 望遠撮影時のフレーミングをサポートするズームアシスト機能
  • 精度が向上したピーキング機能
  • モバイル機器と連携するWi-FiとNFCを搭載、新たにBluetooth®経由での位置情報取得※15にも対応
  • ※15:本機とBluetooth接続できるモバイル端末は次の通りです。2017年9月13日広報発表時点。Android搭載端末(Android 5.0以降、Bluetooth 4.0以降)、iPhone/iPad(iPhone 4S以降/iPad(第3世代) 以降。
<先行展示のお知らせ>

新商品をソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、9月16日(土)より展示します。詳細は、ソニー商品情報サイトの先行体験・先行展示一覧ページにて、ご案内予定です。

主な仕様や詳細については、こちらをご参照ください。

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • サイバーショット、Exmor RS、BIONZ X、XAVC、XAVC S、Tru-Finderは、ソニー株式会社の商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00