プレスリリース

2017年10月10日
  • 新商品

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®」「DTS:X」対応でリアルな立体音響を実現
スマートスピーカー連携やハイレゾで音楽再生も楽しめるフラッグシップモデルのサウンドバー発売

サウンドバー『HT-ST5000』
サウンドバー『HT-ST5000』
『HT-ST5000』と液晶テレビ ブラビア(R)との組み合わせイメージ
『HT-ST5000』と液晶テレビ ブラビア®との組み合わせイメージ

ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」に新たに対応し、リアルな3次元の立体音響を実現したサウンドバー『HT-ST5000』を発売します。全方位からの音に包まれる臨場感を実現した本機と、4K HDR※1対応テレビや4K Ultra HD Blu-rayプレーヤーを組み合わせることで、リビングルームでより迫力あふれる映像・音楽体験をお楽しみいただけます。

型名 発売日 価格
サウンドバー『HT-ST5000』 11月18日 オープン価格

『HT-ST5000』は、従来のチャンネルベースに、音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた「ドルビーアトモス」と「DTS:X」に対応しました。天井に音を反射させてオーバーヘッドサウンドを実現する新開発のドルビーアトモスイネーブルドスピーカーを内蔵しているため、バースピーカーとワイヤレスサブウーファーだけで3次元の立体音響をお楽しみいただけます。さらに、アップミキサー「ドルビーサラウンド」と「Neural:X」を搭載。「ドルビーアトモス」や「DTS:X」に対応していないコンテンツでも3次元の立体音響を実現します。また、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応で、音楽を本格的に楽しみたい方にも最適です。2017年内に発売予定のソニー製スマートスピーカーなどGoogle アシスタント搭載のスマートスピーカーに話しかけることで、ストリーミングサービスなどの音楽を『HT-ST5000』で楽しむことも可能です。さらに、入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信する4Kパススルーに加え、HDR※1信号のパススルーに対応。HDR10、HLG(Hybrid Log-Gamma)、Dolby Vision(ドルビービジョン)などにも対応することで、多彩な4Kコンテンツをお楽しみいただけます。

  • ※1:HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、通常の放送などで使用されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになります。これにより、白飛びしてしまいがちな明るい部分の色味や潰れてしまいがちな暗部の階調も再現し、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再現できます。
主な特長
1. 最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」対応でリアルな音響空間を実現

「ドルビーアトモス」と「DTS:X」に新たに対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるような臨場感を実現します。バースピーカーの左右には、天井に音を反射させてオーバーヘッドサウンドを実現する新開発のドルビーアトモスイネーブルドスピーカーを内蔵しました。さらに、「ドルビーアトモス」や「DTS:X」に対応していないコンテンツでも3次元の立体音響で再生可能です。「3Dサラウンド」を選択すると、アップミキサー「ドルビーサラウンド」と「Neural:X」が働くため、より臨場感豊かにお楽しみいただけます。

バースピーカーの左右に内蔵したドルビーアトモスイネーブルドスピーカー
バースピーカーの左右に内蔵したドルビーアトモスイネーブルドスピーカー
3次元の立体音響技術により音に包み込まれるイメージ
3次元の立体音響技術により音に包み込まれるイメージ
2. 音声操作やハイレゾで広がる音楽体験
works with Google アシスタント HI-Res AUDIO

音声操作で広がる新しい音楽体験をお楽しみいただけます。Google Homeなどの対応スマートスピーカーに話しかけることで、『HT-ST5000』からストリーミングサービスなどの音楽を流せるほか、ホームネットワーク内の対応オーディオ機器から同じ音楽を同時に流すマルチルーム再生を使用することもできます。

また、ハイレゾ対応のため、まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聞いているかのような美しい音色をお楽しみいただけます。

3. 様々な4Kコンテンツに対応、映像と音楽の迫力を表現
4K HDR COMPATIBLE DOLBY VISION

入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信する4Kパススルーに加え、HDR※1信号のパススルーに対応しました。HDR10、HLG (Hybrid Log-Gamma)、ドルビービジョンなどにも対応することで、多彩な4Kコンテンツをお楽しみいただけます。

4. フラッグシップモデルとして突き詰めたクオリティ
エネルギッシュで豊かな広がりのあるサウンド
エネルギッシュで豊かな広がりのあるサウンド

複数のスピーカーを直線状に並べた7.1.2ch構成のアレイスピーカー配置と、ソニー独自の波面制御技術を搭載した「S-Force Pro フロントサラウンド」で、エネルギッシュな音の密度と豊かな広がり感を実現しました。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの協力のもと、映画再生に適した音質調整がなされています。

独立アンプ駆動とこだわりのパーツ

バースピーカーは同軸スピーカー構成を採用しており、点音源化と広帯域再生を両立。加えて、同軸スピーカー部分はトゥイーター、ウーファーそれぞれを別のアンプでつなげるバイアンプ接続でスピーカーユニットを独立駆動させています。これにより、スピーカーケーブルに生じてノイズの原因となる共通インピーダンスを避け、トゥイーターとウーファーユニット間で生じる時間軸や位相のずれを信号処理で補正。それぞれの音域が干渉し合うことなく、クリアに音声を再生します。新開発のワイヤレスサブウーファーには、ドライブ能力の高いシグマ型磁気回路を採用し、歪みが少なく原音に忠実な低音再生を実現しました。

また、ソニーのマルチチャンネルインテグレートアンプで採用している「高純度無鉛高音質はんだ」や高音質表面実装抵抗「ファインサウンドレジスター」を使用。情報量が多く力強さがありつつ、より自然で豊かな音色を実現しました。

高級感と設置のしやすさを両立したデザイン

バースピーカーの本体にアルミ素材を採用し、高級感のあるたたずまいに仕上げました。グリルはお好みに合わせてマグネットで手軽に着脱可能です。バースピーカーの背面下部には、テレビのスタンドとの干渉を避けるためのスペースを設けた、テレビ前に設置しやすいデザインです。

<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア大阪、ソニーストア 福岡天神にて、10月11日(水)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS 社の登録商標または商標です。© DTS, Inc. All Rights Reserved.
  • Google、Google アシスタント、Google Homeは、Google Inc. の商標です。
  • 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00