商品情報・ストアアクティブスピーカー LSPX-S1 LSPX-S1をもっと知る 本物にこだわる仕事

LSPX-S1をもっと知る

本物にこだわる仕事

世界に誇れる、現在進行形のメイド・イン・ジャパンをご紹介します。研ぎ澄まされた美しいデザイン、使って心地よく、長く愛用できるクオリティ。
逸品が生まれる背景には、作り手の真摯な思いが息づいています。

本物にこだわる仕事
 Where good items come from

Glass Sound Speaker

Navigated by Sony

人と音楽を新しい関係でつなぐ「音の泉」

一見すると軽やかでモダンな照明器具のよう。けれどひとたび音楽が流れると、周囲の風景を変えるほどの圧倒的な存在感を放つ。
美しいスピーカーは、思いと技術が結実したひとつの到達点だ。

LSPX-S1
LSPX-S1
LSPX-S1

マットな質感のアルミに透明な筒、そして中央で温かな光を灯すLED。スピーカーと言われてもピンとこないほど、周囲に溶け込む控えめなデザイン。けれど音楽が流れ出すと、息遣いや舌の動きまで感じられるヴォーカル、ひとつひとつのギターの音、さらには音が消えた後の余韻までが耳に届き、一瞬で空間が変わってしまう。“何かが降りてきた”というほどの感覚を覚える。「音の立ち上がりと粒立ちのよさが、このスピーカーの最大の特長です」と、開発を担当した鈴木伸和さんが教えてくれた。この音を生み出すのは、独自の音響システムだ。一般的なスピーカーはコーンと呼ばれるパーツを振動させて音を出す。一方このグラスサウンドスピーカーは、有機ガラス菅の底の端面を加振器で叩くことで円筒面全体を振動させ、360度の方向に音を出す。この仕組みが打楽器や弦楽器の原理と近く、驚くほど生々しく再現できるという。「有機ガラス菅も音質を追求した結果。とても透明感のある音が出ます。もうひとつユニークな利点があって。透明なので、聴く人が頭に浮かんだイメージを投影しやすいんです」

LSPX-S1
LSPX-S1
LSPX-S1

確かに音で体を満たしつつ灯りを眺めていると、演奏者の姿や過去にその曲を聴いた風景がふっと浮かぶ。五感が自由になるような心地よい体験だ。そして、それを可能にするミニマムなデザインの内部には高精度の装置が詰まっている。「加振器はわずか数ミクロンの幅で高速かつ精密に動きます。個体差なく作りあげるには熟練したワーカーの腕も不可欠でした」結果、製作を日本で行うことに。機械、電気、音響、デザインなど、各分野のエキスパートが知恵を出し合い、試行錯誤を重ねた。音質の進化や小型化において、ひとつの到達点に達した入魂の一品、と語る。それまでは Hi-Fiオーディオの分野に携わってきた鈴木さん。その経験をふまえ、今までにない音楽体験をと発想したのがこの前身となるスピーカーだった。「スピーカーは特性上、壁や部屋の隅に置かれていました。でも音が噴水のようにわき出れば、みんなで同じ音を聞ける。実際の噴水のように、それを中心に人が集うような、そんな体験を提供できればと思ったんです」バッテリー内蔵で、住まいのあちこちに持ち運びが可能。相棒のようなスピーカーは音楽と人の新たな関係を築きつつある。

カタログPDFダウンロード
アクティブスピーカー サイトマップ