商品情報・ストアコンポーネントオーディオSS-AR1特長
特長

ゆったりと上質な音楽をお届けするために

コンサートホールで聴く柔らかな包まれるような音。それは心に響く豊かな音。
その音をご家庭でくつろいで聴いていただきたい。さらに、持つ喜びをも感じていただきたい。
SS-AR1は、このテーマを高次元で追求したスピーカーシステムです。

適材適所を妥協なく追求しました

妥協せずスピーカーシステムとしての極みをめざそう。
その象徴ともいえるのが50mm厚のバッフル板の素材として選んだ北海道産の楓(かえで)材です。
北の地に育った楓は、スピーカーの不要な振動を抑える強固さと、豊かな響きを兼ね備えた材料。
伐採時期も冬季に限定。このスピーカーのために、厳選して切り出されます。
側面はフィンランド産の樺(かば)材を採用。このように素材を厳選し、音の響きをコントロール。
情緒豊かでリアリティーのある音質を実現しました。
外装仕上げはピアノフィニッシュ。
高級感を醸し出すことに加え、高温多湿の環境から木材を守るという役割も担っています。
こうして厳選された素材をもとに、木工加工から塗装仕上げまで日本の卓越した技巧を持つ木工職人の手によって、一体一体丹念に仕上げられます。

■側板の曲面加工は、美しい響きをコントロールするとともに、不要な定在波および音の回析による波面の乱れを低減

■バッフル面は楓材を積層した50mm厚の高剛性板で構成

目指す音を求めてユニットを新たに開発しました

ユニットは単に特性を追求するだけでなく、作品に込められた演奏者の思いまで感じられる情緒豊かでリアリティーのある音を目指して開発しました。
ウーファーは、力強く深い低音を求めてアルミ振動板と強力な磁気回路を。
艶やかで自然な中高域再現のために、ミッドレンジはスライスコーンの紙振動板を。
高域用のトゥイーターにはソフトドームタイプを採用しました。
ミッドレンジユニットに見える放射状の模様。これもひとつのこだわりの証です。

■ウーファーにかかる背圧・ポートノイズに配慮しオフセット配置したバスレフポート

見えないものにまで音質優先を貫きました

ネットワークは、各ユニットごとに適切なスロープを与えるマルチスロープ構成として、全体としての音色や、音楽のバランスを重視しました。基板も帯域ごとに独立させ相互干渉を排除。
使用パーツも、世界の名高き音響素子を試聴した上で、厳選採用しています。

美しくたたずむスピーカーでありたい

ご家庭でゆったりと上質な音楽を楽しんでいただくために、音の吟味はもちろんのこと、リビングにも溶け込む上質なデザインを目指しました。
シンプルでありながら、滑らかな曲線がエレガントさをさりげなく主張しています。

ソニーストアで購入すると
850,000 円+税

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
コンポーネントオーディオ サイトマップ
コンポーネントオーディオ
HDDオーディオプレーヤー
ステレオアンプ
マルチチャンネルインテグレートアンプ
スーパーオーディオCDプレーヤー
レコードプレーヤー
ヘッドホンアンプ