本文へ

製品情報>ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー>最新情報

最新情報

RSS
戻る

2009年10月14日
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社

ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S350/S360/S5000ES」ソフトウェアアップデートのお知らせ

日頃より、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S350/S360/S5000ES」について、ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-RX100/RX50」や「BDZ-EX200」(2009年11月5日発売予定)を用いて、「スカパー!HD録画」で録画し、ブルーレイディスク(BD)にダビングしたタイトルを再生できるようにするなどの機能向上のためのソフトウェアアップデートを、2009年10月14日(水)よりネットワークダウンロードにて実施いたします。
また、「BDP-S350/S5000ES」については、上記のソフトウェアアップデートにより、スロー再生及びコマ送り再生の機能が追加となります。

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-X100/X95/A950/A750/L95/L55/T75/T55/X90/A70/L70/ T90/T70/T50」のソフトウェアアップデートにつきましては、こちらをご覧下さい。

- 記 -

【対象製品】
BDP-S350/S5000ES(ソフトウェアバージョンの下3桁が「019」以下が対象となります)
BDP-S360(ソフトウェアバージョンの下3桁が「006」以下が対象となります)

<ソフトウェアバージョン確認方法>

[1]
リモコンの「ホーム」ボタンを押して、ホームメニュー(クロスメディアバー) を表示させます。
[2]
ホームメニュー左端の「設定」列の「本体設定」を選択します。
[3]
「本体情報」を選択すると、ソフトウェアのバージョンが確認できます。

【ソフトウェアダウンロード開始日時】
2009年10月14日(水)15:00 より

【機能向上内容】

[1]
「スカパーHD!録画」で録画し、BDにダビングしたタイトルの再生機能追加(「スカパーHD!録画」対応機種は「BDZ-RX100/RX50」および「BDZ-EX200」となります)
[2]
BD及びDVD再生時におけるスロー再生及びコマ送り再生の機能追加(BDP-S350/S5000ES)※BDP-S360は発売時から再生可能
[3]
その他の機能向上

「スカパー!HD録画」とは
スカパー!HDで放送されているスポーツや映画などの豊富なハイビジョン番組を、「スカパー!HD録画」に対応したデジタルCSチューナーとレコーダーとを接続したホームネットワーク(LAN接続)を通じて、ハイビジョン画質でレコーダーに録画することができる機能です。

スロー再生及びコマ送り再生の操作方法
再生一時停止中にリモコンのボタンを1秒以上押すと、スロー再生します。
再生一時停止中にリモコンのボタンを軽く押すと、コマ送り再生します。
なお、逆方向へのスロー再生又はコマ送り再生はできません。また、通常の再生に戻すには、リモコンのボタンを押します。

【ソフトウェアのアップデート方法】
以下の(1)と(2)の2つのアップデート方法があります。

(1)本機をインターネットに接続する場合

 
ネットワーク(LAN)ケーブル(別売)を使って本機をインターネットに接続し、ネットワーク経由でアップデートを行うことが出来ます。具体的なネットワーク設定方法とダウンロードの手順は、取扱説明書の「ネットワークアップデート」の項目をご確認ください。なお、すでに本機をインターネットに接続済みで、「本体設定」の「ソフトウェアアップデート通知」が「入」に設定されている場合、電源を入れた時に自動でアップデートの通知画面が表示されますので、画面の指示にしたがってアップデートの操作に進んでください。

(2)本機をインターネットに接続しない場合(PCを使用する場合)

 
お持ちのPCがインターネットに接続でき、CD-Rにデータを書き込むことが可能な場合は、アップデート用のデータをPCにダウンロードし、CD-Rにデータをコピーしてください。作成したCD-Rを本機に読み込ませることで、アップデートを行うことができます。

「BDP-S350」の詳しいアップデート手順については、こちらをご確認ください。
「BDP-S360」の詳しいアップデート手順については、こちらをご確認ください。
「BDP-S5000ES」の詳しいアップデート手順については、こちらをご確認ください。


ご注意

ソフトウェアのアップデートには15 分〜20分程度の時間がかかります。
(※本機をインターネットに接続してアップデートを行う場合は、接続環境等によってアップデートにかかる時間は変動します)。
アップデートが完了するまでは、電源コードを抜かないでください。
アップデート中は本機を操作することはできません。
CD-R を使ってアップデートを行う場合は、未使用のCD-R をお使いください。CD-RWのご使用は推奨しておりません。

【アップデート後のソフトウェアバージョンについて】
アップデートが正常に完了すると、ソフトウェアバージョンの下3桁が、以下のように更新されます。

BDP-S350:
「020」に更新されます。
BDP-S5000ES:
「020」に更新されます。
BDP-S360:
「007」に更新されます。

【お問い合わせ先】

使い方相談窓口
●フリーダイヤル・・・0120-333-020
上記にご連絡いただき、最初のガイダンスが流れている間に
「103」 + 「#」を押してください。直接、担当窓口におつなぎします。

●携帯電話・PHS・一部のIP電話等からかける場合・・・0466-31-2511 (有料)

  • 受付時間:9時〜18時(月曜〜金曜)
  • 9時〜17時(土曜、日曜、祝日)
  • ※年末年始を除く

<個人情報取扱に関して>

上記窓口においてお客様からご提供いただく氏名、住所、電話番号などの個人情報は、本件のお問い合わせ、無償修理およびアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソニーカスタマーサービス株式会社の3社(以下、「ソニー」)にて共同で利用させていただきます。
また、一部の作業を他の事業者に委託する場合、当該委託先に対してお客様の個人情報の提供が必要になったときには、当該委託先にお客様の個人情報を提供することがありますが、使用・保管・廃棄についてはソニーと同様に管理を徹底させます。
なお、お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者は、ソニー株式会社となります。


その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください


このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください。(消去および利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます)
ページトップへ