商品情報・ストアテレビ ブラビア製品に関する重要なお知らせ

製品に関する重要なお知らせ

メモリースティック PRO対応のテレビ・ビデオプロジェクターをご使用のお客様へ
メモリースティック PROご使用に関しての重要なお知らせ

2014年10月1日

ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社

2014年9月30日をもって無償修理および専用電話での受付を終了させていただきました。
2014年10月1日以降は弊社保証書の記載内容に従い対応させていただきます。

メモリースティック PRO対応のテレビ・ビデオプロジェクターをご使用のお客様へ
メモリースティック PROご使用に関しての重要なお知らせ

平素よりソニー製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

このたび、メモリースティック PRO対応スロットを搭載したテレビ・ビデオプロジェクターの一部機種において、今後発売される特定のメモリースティック PROをご使用になった場合、以下の2点の不具合が発生する可能性があることが判明いたしました。
これらの不具合の発生を未然に防止するため、以下の対応を行わせていただきますのでお知らせいたします。

1)下記1-1のテレビにおいて、2005年4月下旬より順次発売されるメモリースティック PRO(High Speed)/PRO Duo(High Speed)(下記2)をご使用になり、一部の機能(「メモ、回転、録画」など)の操作を行った場合、データの読み出しや記録が正常に行われず、保存されているデータの一部が破損する可能性があります。対象の機種をお持ちのお客様で、メモリースティック PRO(High Speed)/PRO Duo(High Speed)をご使用いただく場合には、テレビの修理・点検を無償で行わせていただきますので、下記窓口にお問い合わせくださいますようお願い申しあげます。
2)下記1-2のテレビ・ビデオプロジェクターにおいて、2GBを超えるメモリースティックをご使用になった場合、保存されているデータの一部が破損する可能性があります。対象の機種をお持ちのお客様には、2GBを超えるメモリースティックを、対象の機種にてご使用なさらないようお願い申しあげます。 また、この不具合の発生を防止するソフトウェア修正*1(一部の機種では回路の点検・修理)を無償で行わせていただきますので、下記窓口にお問い合わせくださいますようお願い申しあげます。

*1 今回の処置を行なわせていただいた場合でも、2GBを超えるメモリースティックはお使いになれません。

なお、対象製品における、2GB以下のメモリースティックへの動作確認の状況につきましては、以下のURL(メモリースティック対応表)にてご確認ください。
http://www.sony.jp/products/ms/compatible/tv.html

お客様にはご不便、ご迷惑をおかけ致しますことをお詫び申しあげます。 
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

改訂 平成19年9月7日
平成17年4月14日
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーイーエムシーエス株式会社


1-1 メモリースティック PRO(High Speed)/PRO Duo(High Speed)で不具合の起きるテレビの対象機種:

トリニトロンカラーテレビ
KD-28HR500 製造番号 2000001〜2017200 まで
KD-32HR500 製造番号 2000001〜2022974 まで
KD-36HR500 製造番号 2000001〜2010525 まで
KD-28HD900、32HD900、36HD900 全数
KV-32DX850 製造番号 2000001〜2021200 まで
KV-36DX850 製造番号 2000001〜2006000 まで
液晶カラーテレビ
KDL-L30HX1 全数
KDL-L28HX2、L32HX2、L42HX2
(メディアレシーバー MBD-HX2Lの製造番号 7800001〜7828792 まで)
KDL-L26RX2 製造番号 2000001〜2001717 まで
KDL-L32RX2 製造番号 2000001〜2002019 まで
プラズマカラーテレビ
KDE-P42HX1、P50HX1 全数
KDE-P42HZ1、P50HZ1(パレットディスプレイ) 全数
KDE-P42HX2、P50HX2、P61HX2
(メディアレシーバー MBD-HX2Pの製造番号 2000001〜2006000 まで)
KDE-P42HX2N、P50HX2N、P61HX2N
(メディアレシーバー MBD-HX2PNの製造番号 2000001〜2000694 まで)
KDE-P32HV2 製造番号 2000001〜2007282 まで
KDE-P37HV2 製造番号 2000001〜2007600 まで
KDE-P42HV2 製造番号 2000001〜2006000 まで
グランドベガ
KDF-42HD900 製造番号 2000001〜2007400 まで
KDF-50HD900 製造番号 2000001〜2002800 まで
KDF-60HD900 製造番号 2000001〜2002400 まで
トリニトロンカラーモニター
Q015-KX36 製造番号 2000001〜2000035、2001001〜2001032 まで



1-2 2GBを超えるメモリースティックで不具合の起きるテレビ・プロジェクターの対象機種:

トリニトロンカラーテレビ
KD-28HR500、32HR500、36HR500 全数
KD-28HR500B 製造番号 2000001〜2002200、1000001〜1007629まで
KV-32DX850、36DX850 全数
液晶カラーテレビ
KDL-L28HX2、L32HX2、L42HX2 全数
KDL-L23RX2、L26RX2、L32RX2 全数
KLV-23HR2、KLV-21SG2、KLV-26HG2 全数
KDL-L26HVX 製造番号 2000001〜2002700 まで
KDL-L32HVX 製造番号 2000001〜2005383 まで
KDL-L40HVX 製造番号 2000001〜2003142 まで
プラズマカラーテレビ
KDE-P42HX2、P50HX2、P55HX2、P61HX2 全数
KDE-P42HX2N、P50HX2N、P61HX2N 全数
KDE-P32HV2、P37HV2、P42HV2 全数
KDE-P37HVX 製造番号 2000001〜2002716 まで
KDE-P42HVX 製造番号 2000001〜2003300 まで
KDE-P50HVX 製造番号 2000001〜2001158 まで
トリニトロンカラーモニター
Q015-KX36 製造番号 2000001〜2000035、2001001〜2001044 まで 
シネザ
VPL-HS10、VPL-HS20 全数


製造番号は、製品の背面(二体型モデルのメディアレシーバーの場合は側面、ビデオプロジェクターの場合は底面)でご確認いただけます。下記をご参照ください。













2 上記1)の不具合が起こる、ソニー製メモリースティックの対象機種:

IC記録メディア「メモリースティック PRO」(High Speed)
『MSX-2GN』、『MSX-1GN』、『MSX-512N』、『MSX-256N』
IC記録メディア「メモリースティック PRO デュオ」(High Speed)
『MSX-M2GNU』、『MSX-M2GN』、『MSX-M1GN』、『MSX-M512N』、『MSX-M256N』

*今後発売されるメモリースティックとの互換性につきましては、「メモリースティック対応表」
http://www.sony.co.jp/mstaiou)で順次ご案内いたしますので、ご確認ください。

【受付窓口】
修理相談窓口

フリーダイヤル  0120-222-330
※携帯電話・PHS・一部のIP電話からは 050-3754-9599 をご利用いただけます。

受付時間:午前9時〜午後6時(平日)
午前9時〜午後5時(土曜、日曜、祝日)


上記窓口においてお客様からご提供いただく氏名、住所、電話番号などの個人情報は、本件のお問い合わせ・上記に記載したお客様への対応、およびアフターサービスのためにのみ、本件の発信元であるソニーグループ各社(以下、「ソニー」)にて共同で利用させていただきます。また、一部の作業を他の事業者に委託する場合、当該委託先に対してお客様の個人情報の提供が必要になったときには、当該委託先にお客様の個人情報を提供することがありますが、使用・保管・廃棄については、ソニーと同様に管理する事を徹底します。
なお、お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者は、ソニー株式会社となります。

その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。

※このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください(消去および利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応〔本件のお問い合わせ・上記に記載したお客様への対応、およびアフターサービス〕ができない場合がございます)。
※14さいまでのおきゃくさまは、ほごしゃのかたといっしょに、おといあわせください。
ページの先頭へ