商品情報・ストアブラビアお知らせ

お知らせ

更新 2011年6月3日
2011年5月10日

ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社

2011年5月10日に掲載いたしました、下記ソフトウェアアップデートのための放送ダウンロードを2011年6月6日(月)〜2011年8月28日(日)の期間で実施いたします。追加される新機能・機能向上の詳細に変更はありません。

ブルーレイ/HDD搭載液晶テレビ〈ブラビア〉「KDL-40HX80R/46HX80R/55HX80R/26EX30R/32EX30R」
新機能追加と機能向上のためのソフトウェアアップデート開始のお知らせ

日頃より、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
ブルーレイ/HDD搭載液晶テレビ〈ブラビア〉「KDL-40HX80R/46HX80R/55HX80R/26EX30R/32EX30R」を対象に、新機能の追加、および機能向上のためのソフトウェアアップデートを2011年6月より放送ダウンロードにて開始いたします。

―記―

【対象製品】

KDL-40HX80R/KDL-46HX80R/KDL-55HX80R
KDL-26EX30R/KDL-32EX30R

【ソフトウェアの放送ダウンロード開始日】

2011年6月予定 (※詳細は後日改めてご案内致します)

【追加される新機能・機能向上】

● ブルーレイディスクからハードディスクへの『ムーブバック』機能(2011年1月27日ご案内済み)
● ダブルフルハイビジョン3D“ハンディカム”「HDR-TD10」で撮影した3D映像のブルーレイディスクへの保存
● 3Dモード自動切替機能 (HX80Rシリーズのみ)
● 3D 映像への手動切替操作の利便性向上 (HX80Rシリーズのみ)
● ケーブルテレビチューナーからのLANケーブル接続によるハイビジョン録画
● 早送り、早戻し、15秒送り、10秒戻し時の動作向上
● 録画画質向上
● その他の機能改善

【追加される新機能・機能向上の詳細】

● ブルーレイディスクからハードディスクへの『ムーブバック』機能

本機やソニー製ブルーレイディスクレコーダー※1からブルーレイディスク※2にダビングしたデジタル放送番組を、上記製品の内蔵ハードディスクにムーブバックする(書き戻す)こと※3が可能になります。
例えば、複数のブルーレイディスクに保存した連続ドラマをハードディスクに書き戻し、1枚のブルーレイディスクにまとめ直すことができます。

※1
2006年以降に発売されたソニー製ブルーレイディスクレコーダー。
※2
BD-REまたはBDクローズされていないBD-R。
※3
ムーブバックしたデジタル放送番組は、ブルーレイディスク上から削除されます。DVDからのムーブバックはできません。

● ダブルフルハイビジョン3D“ハンディカム”「HDR-TD10」で撮影した3D映像のブルーレイディスクへの保存

ダブルフルハイビジョン3D“ハンディカム”「HDR-TD10」で撮影した3D映像を、ハンディカムの『ワンタッチディスクダビング』機能でブルーレイディスクに保存することができます※4。ブルーレイディスクへの保存後は、本機や3D対応のソニー製ブルーレイディスクレコーダーにて3D再生が可能です※5。また、通常映像と同等に本機での編集が可能です。

※4
ブルーレイ搭載液晶テレビ本体のHDDには保存できません。
※5
EX30Rシリーズは3D表示非対応モデルです。3D映像の保存は可能ですが、再生時には2D映像となります。

● 3Dモード自動切替機能 (HX80Rシリーズのみ)

本機を使用して、放送中の3D番組や録画した3D番組を視聴する際、3Dテレビが自動で3Dモードに切り替わります。
また、3Dテレビが3Dモードの状態でも、本機のメニュー画面を表示しての操作が可能です※6※7

※6
番組に3D識別情報が付与されていない場合、自動切替機能は動作しません。3D識別情報の運用は各放送局によるものです。2011年5月10日現在、日本BS放送(BS11)にて運用が開始されております。
※7
左右分割方式、および上下分割方式の3D映像を視聴中にホーム画面へ移ると、自動的に2D映像に切り替わります。再度、3D映像を視聴する場合は、2D表示のままなので、手動で3D表示に切り替える必要があります。

● 3D 映像への手動切替操作の利便性向上(HX80Rシリーズのみ)

リモコンの「3D ボタン」の操作のみで3D 映像の選択が行なえます。

● ケーブルテレビセットトップボックス(STB)からのLANケーブル接続によるハイビジョン録画

本機とケーブルテレビセットトップボックス (ケーブルテレビチューナー)※8をLANケーブルで接続することにより、ケーブルテレビセットトップボックスの番組表と連動したハイビジョン録画が可能になります※9

本機能は2011年4月6日に日本ケーブルラボ(JLabs)から発表されたプレスリリースのDLNA運用仕様書(ケーブルテレビセットトップボックスと接続されるホームネットワークの標準仕様)に準拠しており、この仕様に基づいてパイオニア株式会社と共同で互換機能を確認いたしました。
この標準仕様に準拠したセットトップボックスの機種は、順次拡大される見込みです。

※8
対象機種:パイオニア製品 「BD-V301」、「BD-V371」、「BD-V371L」(2011年5月10日時点)
※9
ご加入のケーブルテレビ局がサービスの提供を開始した場合にご利用いただけます。本サービスのご提供状況に関しましては、ケーブルテレビ局からの今後のご案内をご参照ください。
なお、ソニーサポートページでも情報をご提供してまいります。

● 早送り、早戻し、15秒送り、10秒戻し時の動作向上

早送り、早戻し時のコマ数を増やすことで、早送り、早戻し中の画面をより滑らかに表示します。また、15秒送り、10秒戻し時の反応速度も向上します。

● 録画画質向上

フェードにより映像が切り替わる際の録画画質が向上し、ノイズを抑えた映像でお楽しみいただけます。特にノイズが発生しやすい低レートでの録画番組やPSP®「プレイステーション・ポータブル」へ『おでかけ転送』した映像に効果があります。
また、サイドバイサイドの3D放送の映像に含まれる顔の検出精度を向上。録画時の効率的なビットレート配分により、より高画質な3D映像が楽しめます。

【ソフトウェアのバージョンアップ方法】

地上デジタル放送及びBS デジタル放送を使ったソフトウェアダウンロードによるバージョンアップです。
対象期間内の決まった時間に、デジタル放送から数分程度のバージョンアップ用データが送信され、該当製品がその信号を受信し、内部のソフトウェアを自動で最新のソフトウェアに更新いたします。 確実にダウンロードを行っていただくために、以下をご確認ください。

ソフトウェア更新中は本機前面の通信ランプが点滅いたします。
また、ソフトウェアの更新には25分〜40分程度かかります。
1)
取扱説明書の「困ったときは」-「ソフトウェアアップデートについて」に従って放送ダウンロード対応が可能な環境設定であるかご確認ください。
(1)
地上デジタル放送またはBS デジタル放送のアンテナ線が接続してあること
(2)
アンテナレベルが以下の数値以上であること
・地上波デジタル放送で「40 以上」、BS デジタル放送で「20」以上
(3)
「ソフトウェアアップデート」が「自動」に設定されていること
2)
バージョンアップの実施
上記項目(1)〜(3)を満たした状態で、電源をスタンバイ状態(リモコンの電源ボタンで電源を切った状態)にしていただければ、対象期間の決まった時間に、放送ダウンロード によりアップデートファイルがダウンロードされ、ソフトウェアが更新されます。
(本体の電源スイッチを押し主電源を切ると、ダウンロードが実施されませんのでご注意ください)
3)
バージョンアップ完了の確認方法
「ソフトウェアの自動アップデートが正常に完了しました」のメールを受信していればソフトウェアの更新は完了しています。

【お問い合わせ先】

使い方相談窓口

●フリーダイヤル・・・0120−333−020

上記にご連絡いただき、最初のガイダンスが流れている間に
「200」 + 「#」(液晶テレビ)
を押してください。直接、担当窓口におつなぎします。

●携帯電話・PHS・一部のIP電話等からご連絡いただく場合・・・0466−31−2511(有料)

受付時間: 9時〜18時(月曜〜金曜)
  9時〜17時(土曜、日曜、祝日)
  * 年末年始を除く。

<個人情報取扱に関して>
上記窓口においてお客様からご提供いただく氏名、住所、電話番号などの個人情報は、本件のお問い合わせ、無償修理およびアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソニーカスタマーサービス株式会社の3社(以下、「ソニー」)にて共同で利用させていただきます。
また、一部の作業を他の事業者に委託する場合、当該委託先に対してお客様の個人情報の提供が必要になったときには、当該委託先にお客様の個人情報を提供することがありますが、使用・保管・廃棄についてはソニーと同様に管理を徹底させます。
なお、お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者は、ソニー株式会社となります。
その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。

※ このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください。(消去および利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます)。

ページトップへ
ページの先頭へ