商品情報・ストアブラビアW600Bシリーズ特長 : 高音質
特長 : 高音質

自然でクリアな音をつくりだす「Clear Audio+」

大画面と一体となり心を奮わせる音を。ブラビアはソニー独自のオーディオ技術を注ぎ込み、音声信号の入力からスピーカーに至るまでの信号処理を最適化。「 Clear Phase(クリアフェーズ)テクノロジー」、「S-Force(エス・フォース)フロントサラウンド」、 「ボイスズーム」の3つの技術により、クリアで伸びのある音と豊かな音場を再現し、その場所にいるような迫力を味わえます。

信号処理により、音響特性を補正する「Clear Phaseテクノロジー」

高級オーディオ機器の開発で得た高音質技術のノウハウをもとに、高精度なデジタル信号処理によって理想的な音響特性に補正する「Clear Phase テクノロジー」を採用しました。テレビスピーカーの特性に左右されず、振幅特性の平滑化と位相特性の直線化を実現し、従来のテレビスピーカーでは難しかった自然な音色と明瞭な音像定位が得られます。

映像の世界と一体になったような臨場感「S-Forceフロントサラウンド」

映画館で使われているマルチサラウンドスピーカーシステムの音場をテレビのスピーカーだけでバーチャルに再現。5.1ch 入力信号をそのままダイレクトで5.1ch出力が可能なため(*)横から後ろへと音が移動する立体的な音場を体感できます。

* W920A/W500A/W600Aシリーズは2chにダウンミックスしてからサラウンドをつくり、再度5.1chに変換して再生しています

声の大きさを自由にコントロール「ボイスズーム」

全体の音の大きさを変えず、声の音量を変えることが可能です。たとえば、ニュースキャスターの声が聞きづらいときに、声の音量を大きくして聞き取りやすくできます。また、スポーツ中継などで、実況や解説の声が大きすぎる場合は、声の音量だけを小さくすることも可能です。

圧縮された音源も高音質「ネット動画(低音質)」モード

ネット動画の音声は圧縮され、高音の情報が失われたり、ダイナミックレンジが狭まりがちです。ブラビアの音質設定で「ネット動画(低音質)」モードを選択すれば失われた高音の情報を復元し、ダイナミックレンジを広げることによって明瞭かつインパクトのある音を再現します。

クリアな音質を再現「S-Masterデジタルアンプ」

小型・高効率のデジタルアンプ「S-Master」をテレビ用に最適化して搭載しました。「S-Master」は、デジタルからアナログ変換の過程における情報の欠落を低減。音質劣化が少ない忠実な音を、自然でクリアに再現します。

スリムな筐体で高音質「バスレフボックススピーカー」

本体背面に豊かな低音の出力を可能にするバスレフ型スピーカーを搭載。コンパクトなスピーカーボックスでありながら、クリアで迫力あるサウンドを再現。音の通りがよく、人の声などを聞きとりやすくします。

ブラビアに迫力をプラス。自由な設置が可能な「ワイヤレスサブウーファー」対応

■迫力のサウンド
最大出力100W の大容量ウーファーを搭載。サイズを超えた豊かな重低音を生みだします。

■レイアウトフリー
テレビとワイヤレスで接続できるので部屋中どこでも設置でき、テレビの前もすっきり。

■簡単セッティング
設定は付属のワイヤレストランシーバーをテレビのUSB 端子につなぐだけ。音質はテレビと連携し、自動でベストチューニングします。

※ 写真は、KDL-60W600B、別売サブウーファーSWF-BR100です

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
液晶テレビ BRAVIA ブラビア サイトマップ
液晶テレビ ブラビア