製品情報 > サイバーショット > ラインアップ > DSC-WX10 > 特長
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット
DSC-WX10
デジタルスチルカメラ

DSC-WX10

商品の特長 | 高感度CMOSセンサー&明るい7倍レンズ

有効1620万画素の高画素を実現。ソニー独自の「高感度」裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”

ソニー独自開発の「裏面照射技術」によって、コンパクトカメラの課題であった受光感度を改善。従来モデルに比べ約2倍(*)の高感度を実現しました。有効1620万画素の描写力と相まって、夜景や室内など暗いシーンでも、ひときわ美しい写真を撮影できます。

  • * 同画素以上、同サイズの撮像素子を搭載した機種との比較(当社比)

先進の画像処理技術で、より美しい写真に仕上げる。画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」

デジタル一眼カメラ“α(アルファ)”にも搭載されている、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」。高感度撮影時のノイズ低減に加え、高精度なフォーカシング、露出・コントラストの最適化など卓越したカメラ性能を実現。さらに、色再現性と色ノイズの低減が大幅に向上し、鮮やかな色彩の写真に仕上げます。

光学7倍ズームと、F2.4の明るさを両立した高性能「Gレンズ」

デジタル一眼カメラ“α(アルファ)”用レンズとして定評のある、高性能「Gレンズ」を採用。さらに、“Exmor R”CMOSセンサー、画像処理エンジン「BIONZ」との組み合わせにおいて、最大限のパフォーマンスを発揮するように設計し、あらゆる撮影領域で「Gレンズ」の卓越した描写性能を存分に味わえます。

広角24mmから望遠168mm(光学7倍ズーム)まで撮影可能。目の前の風景をひろびろ写せるワイド撮影や、遠くの被写体に大きく迫れる高倍率ズーム撮影がこれ一台で楽しめます。

  • ※ 焦点距離は静止画撮影時(アスペクト比4:3時)の35mmフィルム換算の数値です

光学7倍ズームに加え、F2.4の明るさも実現。室内など薄暗い場所でも、速いシャッタースピードで撮影でき、ブレを抑えた明るい写真を記録できます。

ブレもノイズも抑えて美しく。「光学式手ブレ補正」

ノイズの心配がなく高画質のまま補正できる「光学式手ブレ補正」を採用。シャッターを押す際のわずかな手の揺れも内蔵ジャイロセンサーが感知し、シフトレンズで手ブレをしっかりと補正します。また、手ブレ補正角度を約10倍(*)に拡大したアクティブモードも搭載しています。

  • * ワイド側での手ブレ補正角度(スタンダードモードとの比較)。テレ端での効果は従来機種相当

撮った写真を美しく再生できる。約46万ドットの2.8型「クリアフォト液晶プラス」

液晶画面は、高精細な約46万ドットの大画面2.8型。構図やピントの確認をするときや、撮った写真を見るときに美しい画質で快適に見られます。また、色再現性に優れた「クリアフォト液晶プラス」なので、被写体を色鮮やかに映しだせます。

スタイリッシュに持ち歩ける、デザイン&カラーバリエーション

ソリッドな直線と、柔らかな曲線が融合した独創的なフォルム。さらに、カラーにもこだわり、大人の上質感を演出する洗練の3色をラインナップ。撮らないときも美しいカメラを追求しました。

製品情報 > サイバーショット > ラインアップ > DSC-WX10 > 特長