商品情報・ストアハイレゾ・オーディオサイト ハイレゾ・テイスティング・スポット

Hi-Res TASTING SPOT ハイレゾ・テイスティング・スポット

ソニーがオススメするハイレゾ楽曲をご紹介。全国の家電店のウォークマンコーナーで実際に試聴できます!

ソニータイアップ楽曲が先行試聴できる! ソニータイアップ楽曲が先行試聴できる!
  • Don’t be Afraid -English version-

    L'Arc-en-Ciel

    出だしからピアノや電子音の瑞々しい鳴りに耳を奪われ、そして圧倒的な存在感を擁したhydeのボーカルがその中心を貫く。まるで目の前で歌われているかのような近さや艶感は、まさしくハイレゾならでは。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • Hey Now(WALKMAN ver.)

    MAN WITH A MISSION

    全体的にデジタル処理の質感を強く感じさせるソリッドな質感、そしてまるで洪水のように押し寄せるギター・リフの分厚いサウンドに鳥肌が立つ。また、音数がグッと絞られるブリッジ部では、ハウスのようなタイトかつウェットな鳴りのドラムの魅力も際立っている。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • あなた以外誰も愛せない

    JUJU

    こういったピアノとストリングス主体のシンプルなバラードはやはりハイレゾと相性抜群。JUJUのボーカルのダイナミックレンジの広さや音程の正確さがより明瞭にわかるだけでなく、リヴァーブ感やコーラスの存在感までもがグッと増している。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • ヒカリ

    anderlust

    煌びやかなシンセを中心に据えたバンド・サウンドが軸となるこの楽曲だが、越野アンナの歌声やストリングスの伸びやかな高音はハイレゾで聴くとさらに心地よく響く。また、クライマックス部となる大サビでの高揚感、迫力も鳥肌モノだ。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • I & I

    Leola

    Leolaの艶やかなボーカルやジャジーなピアノ、流麗なストリングスなどももちろん感動を誘うポイントだが、緩急をつけた演奏にさり気なく絡むようにして入ってくるパーカッションの定位感にも、ハイレゾで聴くとハッとさせられる。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • The Seven Deadly Sins Medley

    瀧川ありさ

    瀧川ありさのエモーショナルな歌声と、それを盛り上げるドラマチックなストリングスが印象的なこの曲。特筆すべきは3分2秒頃のストリングスの余韻のみを残したブレイク部分と、そこからなだれ込む大サビ部分。この迫力は是非ともハイレゾで!

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

邦楽

RUN and RUN

lyrical school

rhythm

iri

ライトブルー

江本祐介

Newspeak

ぼくのりりっくのぼうよみ

Change the world

平井 大

STAY TUNE

Suchmos

オドループ

フレデリック

VOICES tilt-six Remix feat. Miku Hatsune

Xperia / tilt-six

向日葵

木村カエラ

good bye my love

鬼束ちひろ

With You

THE BACK HORN

DEPARTURES(ALBUM MIX)

globe

楽曲解説

RUN and RUN

lyrical school

スマホに最適化した縦長のMVでも話題となったリリスクのシングル曲。分厚いコーラスで圧倒されるサビは、ハイレゾで聴くことでそれぞれの声が分離し、立体的な音像に。煌めくシンセやそれぞれのラップのパートもよりクリアで生々しく響く。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

rhythm

iri

神奈川県逗子市在住の話題の新人女性シンガーiri。rhythmはデビュー・アルバムのリード曲。フィルターがかかったようなイントロから急に彼女の生々しいボーカルが出てくる瞬間、ブレスも含めて一気にその場の空気が変わるかのような音の迫力は鳥肌もの。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ライトブルー

江本祐介

乃木坂46、桜井玲香の個人PV『アイラブユー』にも使用され注目を集めた江本祐介によるシングル曲。ハイレゾによって出だしのブレスの違いがハッキリとわかるだろう。また、ギターと逆チャンに配置されたパーカッションも抜けの良い響きに。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Newspeak

ぼくのりりっくのぼうよみ

"ぼくりり"のメジャー1st EPからのリード曲。最初は抑揚を抑えたクールなラップ調のボーカルが、後半に進んでいくにつれて徐々に熱を帯びていく。そのピークとなるのが終盤のエモーショナルなシャウト。ハイレゾならその生々しい空気感までも逃さない。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Change the world

平井 大

ROCK、R&B等、様々なサウンドを取り込んだ初のカヴァー・アルバムより、エリック・クラプトンの名曲カバー。シンプルな構成ながら、2本のギターの配置感や息づかいまでも聴き取れるほど肉薄したボーカルの魅力がダイレクトに伝わってくる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

STAY TUNE

Suchmos

Honda「VEZEL」のCMソングにも起用されているSuchmosの代表曲。ボーカル、YONCEの艶やかなファルセットやコーラスの高音域の伸びはハイレゾならでは。また、終盤のノイジーなギターが溢れる部分でも、荒々しい音の粒をより鮮明に聴き取ることができる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

オドループ

フレデリック

アリスムカイデとうちだゆうほが出演するMVでも大きな話題を集めたフレデリックの人気曲。分厚いギター・リフで埋め尽くされるサビから一転、艶やかなリード・ギターによるソロ・パートでは、ハイレゾならではの肉薄した音像が楽しめる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

VOICES tilt-six Remix feat. Miku Hatsune

Xperia / tilt-six

XperiaのCM楽曲として2015年より親しまれている「VOICES」が初音ミクとのコラボで新たに生まれ変わった本楽曲。ハイレゾではボーカロイド特有の、生身の人間とは違う抑揚や発音を存分に楽しむことができるだろう。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

向日葵

木村カエラ

橋本愛、宮?あおい主演映画『バースデーカード』主題歌。シンプルなバラードゆえに、やはり特筆すべきは彼女の芯の通ったボーカルの魅力。時折聴こえるブレスの音や高音の抜けの良さ、そして楽曲全体を彩るストリングスの豪奢な響きもハイレゾ向きといえる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

good bye my love

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ、およそ6年ぶりとなる最新アルバム『シンドローム』の冒頭を飾る一曲。彼女の音域の広いボーカルはとてもハイレゾ向き。特に天高く舞い上がるかのような高音の伸びは何度聴いても鳥肌モノ。ブリッジ部分ではその剥き出しの生々しさに圧倒される。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

With You

THE BACK HORN

THE BACK HORNが元・東京事変の亀田誠治をプロデューサーに招いたシングル。ストリングスを交えた雄大なバラードながら、時にザラつく山田将司のボーカルの存在感が圧倒的。ボーカルとリヴァーブ成分がハッキリと分離して聴こえる点はまさにハイレゾならでは。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

DEPARTURES(ALBUM MIX)

globe

globe20周年を記念して遂に不朽の名曲群がりマスター&ハイレゾ化! クラブ・ミュージックとしても十分に機能する太く重い低音と、KEIKOの透き通るかのような高音ボーカルの魅力を最大限引き出すことに成功している。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

洋楽

Seven Years

Norah Jones

Welcome to the Black Parade

My Chemical Romance

Rotting In Vain

Korn

24K Magic

Bruno Mars

Safe and Sound

Justice

3 Miles High

Travis

楽曲解説

Seven Years

Norah Jones

今も色あせない輝きを放つノラ・ジョーンズのデビュー作からの一曲。アコギのアルペジオを軸としたシンプルな構成ゆえに、彼女の吐息混じりのボーカルの魅力が際立つ。また、左右に振られたコーラスやさり気なく配置されたパーカッションにもハッとさせられる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Welcome to the Black Parade

My Chemical Romance

マイケミ屈指の名盤『The Black Parade』が発売10周年を記念しハイレゾ化! クイーンからの影響色濃い壮大なイントロ部分のパレード感溢れるタム、スネア・ロールの臨場感が素晴らしい。そこから怒涛のバンド・サウンドへと流れる展開も白眉だ。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Rotting In Vain

Korn

ハイレゾは意外とラウド系の音楽とも相性がいい。ラウド・ロックのパイオニア的存在、KORNの最新作からの一曲を聴けばそれがわかるだろう。空間を埋め尽くすかのようなギターや戦車のようなリズム隊の一音一音が分離して聴こえ、より立体的な音像が構築される。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

24K Magic

Bruno Mars

マーク・ロンソンとの世界的ヒット・ソングも記憶に新しいブルーノ・マーズによる新作から。彼のソウルフルな歌声や80's色漂うシンセ、ファンキーなギターのカッティングなども素晴らしいが、まず一聴した時はイントロのスクラッチ音の迫力に驚かされた。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Safe and Sound

Justice

エレクトロ・ムーブメントの立役者が放った5年ぶりの新作より。ファンキーなベース・ラインを下敷きにしながらも、その上で荘厳なコーラスやストリングス、シンセの音色が織り成す立体的な音像はハイレゾで聴くとよりその魅力を増幅させてくれる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

3 Miles High

Travis

2017年2月に東名阪単独ツアーを控えるグラスゴーのポップ職人的バンドの最新作から。ハイレゾでは瑞々しいアコギの倍音をたっぷり含んだ響きや、アタック感までもが増幅。もちろんフラン・ヒーリィの滋味深い歌声やコーラスもより明瞭に鳴り響く。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

アニメ・ゲーム

APOCALYPSIS NOCTIS

FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック

コネクト

ClariS

cross the line

AKINO with bless4

残酷な天使のテーゼ(TV.Size Version)

高橋洋子

君をのせて(天空の城ラピュタ)

井上あずみ

FINAL FANTASY I〜XIV バトルメドレー2012

植松伸夫/谷岡久美/崎元仁/浜渦正志

楽曲解説

APOCALYPSIS NOCTIS

FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック

FINAL FANTASYファン待望の新作「ファイナルファンタジーXV」の戦闘シーンや本作のトレーラーなどで使用されている楽曲。ハイレゾによって壮大なオーケストラの演奏と荘厳なコーラスが入り混じるこの楽曲を存分に味わうことができる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

コネクト

ClariS

テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマに起用された楽曲。アニメ尺では聴くことのできない2:46~の壮大な間奏部分と、その直後の3:32~のボーカルソロは、ハイレゾならではの心地よさが味わえる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

cross the line

AKINO with bless4

TVアニメ「終末のイゼッタ」のオープニングテーマ。無数の音が生みだすメタルサウンドとAKINOの伸びやかでパワフルなヴォーカルはまさに圧巻!ハイレゾならではの重厚感を是非体感頂きたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

残酷な天使のテーゼ(TV.Size Version)

高橋洋子

言わずと知れたアニメ界のアンセムソング。1:06~のコーラス、ギターの臨場感もさることながら、最後の「少年よ神話になれ」のあとの反響した音の余韻にゾクゾクさせられる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

君をのせて(天空の城ラピュタ)

井上あずみ

年齢問わず大人気のジブリアニメ「天空の城ラピュタ」の主題歌。井上あずみの優しく伸びやかな透明感のある歌声が響き渡る。ハイレゾによって凄みが増している終盤間際のオーケストラの演奏にも注目していただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

FINAL FANTASY I〜XIV バトルメドレー2012

植松伸夫/谷岡久美/崎元仁/浜渦正志

FINAL FANTASYファンにはたまらない歴代FFシリーズバトル曲のフルオーケストラメドレー。ハイレゾで聴くことにより一層増した立体感やクリアなサウンドに胸を打たれる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

ジャズ

セサミ・ストリート

オスカー・ピーターソン・トリオ・アンド・ザ・シンガーズ・アンリミテッド

イパネマの娘〜悲しみのサンバ〜ビリンバウ(ライブ)

バーデン・パウエル

イン・ザ・ムード

グレン・ミラー・オーケストラ

THEME FROM LUPIN III [2013 cool ver.]

Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends

ブルー・トレイン

John Coltrane

ALIVE (feat. Anthony Jackson, Simon Phillips)

Hiromi

楽曲解説

セサミ・ストリート

オスカー・ピーターソン・トリオ・アンド・ザ・シンガーズ・アンリミテッド

大きな手から演奏される繊細なタッチが特徴的なオスカー・ピーターソン。セサミ・ストリートのメインテーマを心地よい和音で飾り立てる。懐かしいメロディーを聞きながら繊細ながらもスピード感のあるピアノソロを是非聴いていただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

イパネマの娘〜悲しみのサンバ〜ビリンバウ(ライブ)

バーデン・パウエル

ブラジル出身の名ギタリスト、バーデン・パウエル。3曲まとめてのライブ録音。冒頭からギターの豊かな和音が怒涛のごとく押し寄せる。ハイレゾ音源ならではの臨場感を是非楽しんでいただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

イン・ザ・ムード

グレン・ミラー・オーケストラ

言わずと知れたビッグバンド&名曲イン・ザ・ムード。CM等でもよく使われているので聴いたことがあるはず!もったいぶる後半、音が小さくなってもつぶれることなくきっちりと和音が響いてくるところがハイレゾ。トランペットの伸びが気持ちいい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

THEME FROM LUPIN III [2013 cool ver.]

Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends

定番中の定番曲に、音数少なめの落ち着いたアレンジを施した本楽曲は、空白を巧く使った各楽器の配置感が心地良い。特にL側にパンニングされたパーカッションの粒のキメ細かい音は、ハイレゾで聴くことによりさらに際立つ。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ブルー・トレイン

John Coltrane

半世紀以上前の録音とは思えないクリアなサウンドを楽しめる一曲。冒頭のアンサンブルによる一体感、またそのあとに続くそれぞれのソロから楽器本来の音を楽しめる。コルトレーンのテナーの軽快でありながら太さのある音を楽しんでいただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ALIVE (feat. Anthony Jackson, Simon Phillips)

Hiromi

滑らかでありつつ粒の立つ高音域のピアノの音がまさにハイレゾに生きる。ピアノの持つ音域を最大限に活かした彼女の圧倒的な熱量が感じられる一曲。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

クラシック

Pictures at an Exhibition: I. Promenade - Gnomus - Promenade

Herbert von Karajan

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 <運命> 第1楽章:Allegro con brio

佐渡 裕&ベルリン・ドイツ交響楽団

バレエ音楽《くるみ割り人形》作品71より(ロシアの踊り(トレパック))

アレクサンドル・ドミトリエフ(指揮)/サンクトペテルブルク交響楽団

ラヴェル: ボレロ

フランス国立リヨン管弦楽団/レナード・スラットキン(指揮)

ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲「四季」より「春」 ホ長調 Op.8 No.1 RV269 - 第1楽章

チョーリャン・リン(ヴァイオリン)/アンソニー・ニューマン(チェンバロ)/アンソニー・ニューマン(ポジティーフ・オルガン)/セジョン

J.S.バッハ: 小フーガ ト短調 BWV578(パイプオルガン)

菅哲也

楽曲解説

Pictures at an Exhibition: I. Promenade - Gnomus - Promenade

Herbert von Karajan

トランペットの独奏から厚みを増していくオーケストラの音が美しい。主旋律を厚みのある金管のみで奏でるアンサンブルは鳥肌もの。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 <運命> 第1楽章:Allegro con brio

佐渡 裕&ベルリン・ドイツ交響楽団

名曲「運命」。誰でも必ず聴いたことがあるベートーヴェンを代表する一曲。はじめの一音から弦の力強さが神妙さを一層かきたてる。ベルリンのイエス・キリスト教会での演奏は素晴らしい音響とあいまって神々しい。実際に教会で演奏されている姿を想像しながら聴いて頂きたい。きっと目の前に情景が浮かぶはず。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

バレエ音楽《くるみ割り人形》作品71より(ロシアの踊り(トレパック))

アレクサンドル・ドミトリエフ(指揮)/サンクトペテルブルク交響楽団

オーケストラの音域の広さが楽しめる。弦の太く豊かな響きにタンバリンのアクセントが気持ちいい。金管が攻め立てながら走り抜けるクライマックスは鳥肌が止まらない。ホールに抜ける余韻にも注目。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ラヴェル: ボレロ

フランス国立リヨン管弦楽団/レナード・スラットキン(指揮)

多くの楽器が独奏、重奏することで多彩な表情を見せるボレロ。特にクラリネットのソロ部分は独特な妖艶さが耳に響く。裏で響くスネアや弦のピッチカートにも耳を澄ませて欲しい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲「四季」より「春」 ホ長調 Op.8 No.1 RV269 - 第1楽章

チョーリャン・リン(ヴァイオリン)/アンソニー・ニューマン(チェンバロ)/アンソニー・ニューマン(ポジティーフ・オルガン)/セジョン

バイオリンによる鳥の鳴き声かのような掛け合いがホールの空間の中で響き渡る。裏で田園風景を彩るチェンバロの音もハイレゾによって一層引き立ち気持ちが良い。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

J.S.バッハ: 小フーガ ト短調 BWV578(パイプオルガン)

菅哲也

空間全体に響き渡るパイプオルガンの力強さが神々しい。適度な反響音が教会らしさを醸し出す。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

STORE

全国の家電店のウォークマンコーナーに
ハイレゾテイスティングスポットが設置されています。※一部実施していない店舗がございます。