商品情報・ストアハイレゾ・オーディオサイト ハイレゾ・テイスティング・スポット

Hi-Res TASTING SPOT ハイレゾ・テイスティング・スポット

ソニーがオススメするハイレゾ楽曲をご紹介。全国の家電店のウォークマンコーナーで実際に試聴できます!

ソニータイアップ楽曲が先行試聴できる! ソニータイアップ楽曲が先行試聴できる!
  • Don’t be Afraid -English version-

    L'Arc-en-Ciel

    出だしからピアノや電子音の瑞々しい鳴りに耳を奪われ、そして圧倒的な存在感を擁したhydeのボーカルがその中心を貫く。まるで目の前で歌われているかのような近さや艶感は、まさしくハイレゾならでは。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • Hey Now(WALKMAN ver.)

    MAN WITH A MISSION

    全体的にデジタル処理の質感を強く感じさせるソリッドな質感、そしてまるで洪水のように押し寄せるギター・リフの分厚いサウンドに鳥肌が立つ。また、音数がグッと絞られるブリッジ部では、ハウスのようなタイトかつウェットな鳴りのドラムの魅力も際立っている。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • あなた以外誰も愛せない

    JUJU

    こういったピアノとストリングス主体のシンプルなバラードはやはりハイレゾと相性抜群。JUJUのボーカルのダイナミックレンジの広さや音程の正確さがより明瞭にわかるだけでなく、リヴァーブ感やコーラスの存在感までもがグッと増している。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • ヒカリ

    anderlust

    煌びやかなシンセを中心に据えたバンド・サウンドが軸となるこの楽曲だが、越野アンナの歌声やストリングスの伸びやかな高音はハイレゾで聴くとさらに心地よく響く。また、クライマックス部となる大サビでの高揚感、迫力も鳥肌モノだ。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • I & I

    Leola

    Leolaの艶やかなボーカルやジャジーなピアノ、流麗なストリングスなどももちろん感動を誘うポイントだが、緩急をつけた演奏にさり気なく絡むようにして入ってくるパーカッションの定位感にも、ハイレゾで聴くとハッとさせられる。

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

  • The Seven Deadly Sins Medley

    瀧川ありさ

    瀧川ありさのエモーショナルな歌声と、それを盛り上げるドラマチックなストリングスが印象的なこの曲。特筆すべきは3分2秒頃のストリングスの余韻のみを残したブレイク部分と、そこからなだれ込む大サビ部分。この迫力は是非ともハイレゾで!

    ゾクゾクポイント ゾクゾクポイント

邦楽

You

雨のパレード

B E A M

WONDERVER

Newspeak

ぼくのりりっくのぼうよみ

Soup

藤原さくら

チュパカブラ

水曜日のカンパネラ

永すぎた春

パスピエ

KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ

レキシ

恋したらベイベー

Shiggy Jr.

VOICES tilt-six Remix feat. Miku Hatsune

Xperia / tilt-six

三日月 2016 ver.

絢香

EZ DO DANCE

TRF

M(A BEST -15th Anniversary Edition-)

浜崎あゆみ

楽曲解説

You

雨のパレード

「MTV VMAJ 2016」で賞を受賞したことでも話題の楽曲。音の差し引き具合、そして静と動を行き来する構成の妙が光るのは何と言っても最後の大サビの直前。福永 浩平の艷やかなボーカルの魅力がハイレゾで聴くことによりダイレクトに伝わってくる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

B E A M

WONDERVER

新進気鋭の3ピース・バンドが今年リリースした待望のデビュー・アルバムからのリード曲。バンド・サウンドを貴重としながらもサビで堰を切ったように溢れだす怒涛のシンセの音の厚みや艶感のあるボーカルの迫力は、ハイレゾで聴くと鳥肌必至だ。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Newspeak

ぼくのりりっくのぼうよみ

"ぼくりり"のメジャー1st EPからのリード曲。最初は抑揚を抑えたクールなラップ調のボーカルが、後半に進んでいくにつれて徐々に熱を帯びていく。そのピークとなるのが終盤のエモーショナルなシャウト。ハイレゾならその生々しい空気感までも逃さない。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Soup

藤原さくら

20 歳のシンガーソングライター藤原さくらによる初シングルの表題曲。フィドルやバンジョーの瑞々しい響きももちろんだが、やはり最大の聴きどころは息づかいまでもハッキリと聴こえてくるほどに近く感じる彼女の卓越したボーカルだろう。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

チュパカブラ

水曜日のカンパネラ

最新作『UMA』のリード曲。全体的にプログレッシヴ・ハウスやEDMからの影響を感じさせながらも、印象的な展開のドロップ部分はハイレゾで聴くことにより、一層の高揚感を煽られる。もちろんコムアイのトリッキーなラップも鮮明に鳴り響く。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

永すぎた春

パスピエ

パスピエによる2016年第二弾両A面シングル。ハイレゾでは成田ハネダによるキュートな歌声の高音の伸びが素晴らしい。そしてエキゾチックな世界観を演出するシンセや、そこに絡むアルペジオ主体のギター、手数の多いドラムなどもそれぞれ埋もれることなくクリアに聴こえてくる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ

レキシ

レキシの2年ぶりとなる5thアルバム収録曲。キュウソネコカミがネコカミノカマタリという変名で参加している本楽曲は、彼らお得意の小気味良いアップテンポなビートが爽快感を演出。ハイレゾなら裏拍を取るハイハットや賑やかなコーラスの奥行き感も楽しめる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

恋したらベイベー

Shiggy Jr.

Shiggy Jr.による3rdシングルとなる本楽曲は、綺羅びやかなウィンドベルとともに華やかに展開する、サビでの池田智子の伸びやかなボーカルが実に心地よい。ハイレゾではファンキーなカッティング・ギターやベース・ラインもハッキリと主張してくる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

VOICES tilt-six Remix feat. Miku Hatsune

Xperia / tilt-six

XperiaのCM楽曲として2015年より親しまれている「VOICES」が初音ミクとのコラボで新たに生まれ変わった本楽曲。ハイレゾではボーカロイド特有の、生身の人間とは違う抑揚や発音を存分に楽しむことができるだろう。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

三日月 2016 ver.

絢香

今年デビュー10周年を迎えた絢香。そんな彼女の代表曲にして不朽の名曲である本楽曲は、そのシンプルな構成故に、彼女のボーカルのダイナミックレンジの広さに驚かされる。息づかいまでもリアルに感じられ、まるで目の前で歌っているかのような臨場感に包まれる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

EZ DO DANCE

TRF

オリジナルのミックスアナログハーフマスター音源をリマスタリングに使用し、見違えるほどに解像度の高まったど派手なシンセは、高揚感を煽りながらも上品な響きに。また、ハイレゾで聴くことでバックで鳴り響く効果音の多彩さにも気づくはず。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

M(A BEST -15th Anniversary Edition-)

浜崎あゆみ

ストーンズやポール・マッカートニーを手掛ける巨匠スティーヴン・マーカソンが全曲リマスタリングを手掛けたデラックス・エディション。この曲はボーカルを前面に出すのではなく、あくまで全体との調和を意識したバランスが秀逸。15年以上も前の名曲を現代に蘇らせた。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

洋楽

Pedestrian At Best

Courtney Barnett

Wow

BECK

Power Play

HOLYCHILD

Dark Necessities

Red Hot Chili Peppers

California Kids

Weezer

Sunday

Iggy Pop

楽曲解説

Pedestrian At Best

Courtney Barnett

90年代のグランジ・サウンドを現代に蘇らせる女性SSWによるヒット曲。初っ端からノイジーなギターが炸裂するこの曲は、是非とも大きな音で聴いて欲しい。ハイレゾは何も繊細な音のみに向いているのではなく、こういった荒々しい音の魅力も増幅してくれる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Wow

BECK

今年のフジロックでヘッドライナーを飾ったことも記憶に新しいBECKの最新シングル。近年のUSヒップホップへの目配せも感じさせるシンプルながらも太く重いビートが何よりも印象的。その豊かな音圧だけでなく、奥行きや倍音までをも感じとれるのはハイレゾならでは。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Power Play

HOLYCHILD

AppleのCMにシングルが起用されたことも記憶に新しいLAの男女デュオによる新作EPからの一曲。Liz Nisticoのキッチュなボーカルに薄く重ねられたコーラスも隅々までクリアに響いてくる。また、デジタルな質感溢れるエレクトロニックなトラックの迫力も素晴らしい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Dark Necessities

Red Hot Chili Peppers

レッチリおよそ5年ぶり、通算11作目の新作より。静かに始まる導入部から、太くファンキーなベースが入って来る瞬間の臨場感はまさに鳥肌もの。少々風変わりなドラムの音色もハイレゾで聴くとハッキリと認識することができる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

California Kids

Weezer

今年のサマソニにも出演したWeezer、通算10作目となる新作のオープニング・トラック。緩急をつけた構成から一転、彼ららしい疾走感溢れるギター・ソロの臨場感やダイナミックなバンド・サウンドの迫力には思わず胸を熱くさせられる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Sunday

Iggy Pop

パンクのゴッドファーザー、Iggy PopがQueens of the Stone Ageとしての活躍でも知られるJosh Hommeとタッグを組んだ新作からの一曲。Iggy Popのダンディなバリトン・ボイスの艶感や安定感のあるドラムのマッドな鳴りが心地よい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

アニメ・ゲーム

絶対零度θノヴァティック

ワルキューレ

残酷な天使のテーゼ(TV.Size Version)

高橋洋子

君をのせて(天空の城ラピュタ)

井上あずみ

FINAL FANTASY I〜XIV バトルメドレー2012

植松伸夫/谷岡久美/崎元仁/浜渦正志

マブーレ

光田康典 & Millennial Fair

最強の栄光 -バトル2〜七英雄〜四魔貴族バトルメドレー from ロマンシング サ・ガ1〜3 (Orchestra Version)

伊藤賢治

楽曲解説

絶対零度θノヴァティック

ワルキューレ

「マクロスΔ」新OPテーマに起用された本楽曲。5人の複雑な歌い分けとハーモニーに注目して聴いて頂きたい。特にサビでの一人一人の掛け合わせでは、ハイレゾによってそれぞれが歌っている座標までもが手にとるように分かる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

残酷な天使のテーゼ(TV.Size Version)

高橋洋子

言わずと知れたアニメ界のアンセムソング。1:06~のコーラス、ギターの臨場感もさることながら、最後の「少年よ神話になれ」のあとの反響した音の余韻にゾクゾクさせられる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

君をのせて(天空の城ラピュタ)

井上あずみ

年齢問わず大人気のジブリアニメ「天空の城ラピュタ」の主題歌。井上あずみの優しく伸びやかな透明感のある歌声が響き渡る。ハイレゾによって凄みが増している終盤間際のオーケストラの演奏にも注目していただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

FINAL FANTASY I〜XIV バトルメドレー2012

植松伸夫/谷岡久美/崎元仁/浜渦正志

FINAL FANTASYファンにはたまらない歴代FFシリーズバトル曲のフルオーケストラメドレー。ハイレゾで聴くことにより一層増した立体感やクリアなサウンドに胸を打たれる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

マブーレ

光田康典 & Millennial Fair

アイリッシュ音楽を基調としたこの曲だが、チャイムの音の響きやバイオリンのフラジオレット(抑えずに弾く音)が美しい。ユーザーの記憶に残るゲームサウンドのメロディーラインを鮮明に残しながらも、新たな楽曲として楽しむことができる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

最強の栄光 -バトル2〜七英雄〜四魔貴族バトルメドレー from ロマンシング サ・ガ1〜3 (Orchestra Version)

伊藤賢治

「サガ」シリーズの楽曲を作曲家・伊藤賢治監修?のもとオーケストラアレンジ。オーケストラでの壮大な世界観を存分に味わうことができ、ハイレゾによって楽器の一音一音がより一層クリアに聴こえる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

ジャズ

セサミ・ストリート

オスカー・ピーターソン・トリオ・アンド・ザ・シンガーズ・アンリミテッド

イパネマの娘〜悲しみのサンバ〜ビリンバウ(ライブ)

バーデン・パウエル

My Favorite things

John Coltrane

Tutu

Miles Davis

THEME FROM LUPIN III [2013 cool ver.]

Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends

イン・ザ・ムード

グレン・ミラー・オーケストラ

楽曲解説

セサミ・ストリート

オスカー・ピーターソン・トリオ・アンド・ザ・シンガーズ・アンリミテッド

大きな手から演奏される繊細なタッチが特徴的なオスカー・ピーターソン。セサミ・ストリートのメインテーマを心地よい和音で飾り立てる。懐かしいメロディーを聞きながら繊細ながらもスピード感のあるピアノソロを是非聴いていただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

イパネマの娘〜悲しみのサンバ〜ビリンバウ(ライブ)

バーデン・パウエル

ブラジル出身の名ギタリスト、バーデン・パウエル。3曲まとめてのライブ録音。冒頭からギターの豊かな和音が怒涛のごとく押し寄せる。ハイレゾ音源ならではの臨場感を是非楽しんでいただきたい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

My Favorite things

John Coltrane

盤の古さが哀愁を漂わせる。マスターレコードの少しくぐもった音がより一層優しい雰囲気を作り出しているところにただ単に「ハイレゾ=クリア」ではない味を楽しめる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

Tutu

Miles Davis

Jazzにロック、ポップ、フュージョンを組み込んだ後期Miles Davisの作品。シンセサイザーやドラムマシンを使っているためスタンダード・ジャズとは一線を画す。ベース・ミュージックに演奏を加える手法をつかっているため、トランペットの音がよりクリアに聴こえてくる。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

THEME FROM LUPIN III [2013 cool ver.]

Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends

定番中の定番曲に、音数少なめの落ち着いたアレンジを施した本楽曲は、空白を巧く使った各楽器の配置感が心地良い。特にL側にパンニングされたパーカッションの粒のキメ細かい音は、ハイレゾで聴くことによりさらに際立つ。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

イン・ザ・ムード

グレン・ミラー・オーケストラ

言わずと知れたビッグバンド&名曲イン・ザ・ムード。CM等でもよく使われているので聴いたことがあるはず!もったいぶる後半、音が小さくなってもつぶれることなくきっちりと和音が響いてくるところがハイレゾ。トランペットの伸びが気持ちいい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

クラシック

Pictures at an Exhibition: I. Promenade - Gnomus - Promenade

Herbert von Karajan

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 <運命> 第1楽章:Allegro con brio

佐渡 裕&ベルリン・ドイツ交響楽団

セレナード第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 第1楽章:アレグロ

宮本文昭 指揮 オーケストラMAP'S

ハンガリー舞曲第5番ト短調

ハインツ・レーグナー(指揮)/シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)

ピアノ協奏曲イ短調作品16 第1楽章:アレグロ・モルト・モデラート

アンネローゼ・シュミット(P)/クルト・マズア指揮/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

バレエ音楽《くるみ割り人形》作品71より(ロシアの踊り(トレパック))

アレクサンドル・ドミトリエフ(指揮)/サンクトペテルブルク交響楽団

楽曲解説

Pictures at an Exhibition: I. Promenade - Gnomus - Promenade

Herbert von Karajan

トランペットの独奏から厚みを増していくオーケストラの音が美しい。主旋律を厚みのある金管のみで奏でるアンサンブルは鳥肌もの。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 <運命> 第1楽章:Allegro con brio

佐渡 裕&ベルリン・ドイツ交響楽団

名曲「運命」。誰でも必ず聴いたことがあるベートーヴェンを代表する一曲。はじめの一音から弦の力強さが神妙さを一層かきたてる。ベルリンのイエス・キリスト教会での演奏は素晴らしい音響とあいまって神々しい。実際に教会で演奏されている姿を想像しながら聴いて頂きたい。きっと目の前に情景が浮かぶはず。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

セレナード第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 第1楽章:アレグロ

宮本文昭 指揮 オーケストラMAP'S

オーケストラの奏でる強弱や、緩急が楽しめる一曲。モーツァルトの残した素敵な和音が心地いい。ピアニシモからフォルテシモに至るまでを鮮明に表現しきるところがまさにハイレゾならでは。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ハンガリー舞曲第5番ト短調

ハインツ・レーグナー(指揮)/シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)

異国的な艶めかしいメロディーが特徴的。1:12から始まるブラスと弦のクレシェンドから抜ける音の響きにハイレゾらしさが生きる。オーケストラにしかできないこの音を体感して欲しい。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

ピアノ協奏曲イ短調作品16 第1楽章:アレグロ・モルト・モデラート

アンネローゼ・シュミット(P)/クルト・マズア指揮/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

強烈に始まるピアノの旋律が印象的。ピアノによる儚くも力強い旋律が北欧の大自然を描き出す。ピアノの持つ音域をフルに使った流れ落ちるパートでは音一粒一粒が響き渡る。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

楽曲解説

バレエ音楽《くるみ割り人形》作品71より(ロシアの踊り(トレパック))

アレクサンドル・ドミトリエフ(指揮)/サンクトペテルブルク交響楽団

オーケストラの音域の広さが楽しめる。弦の太く豊かな響きにタンバリンのアクセントが気持ちいい。金管が攻め立てながら走り抜けるクライマックスは鳥肌が止まらない。ホールに抜ける余韻にも注目。

mroa

楽曲購入はこちら

店頭で試聴する

STORE

全国の家電店のウォークマンコーナーに
ハイレゾテイスティングスポットが設置されています。※一部実施していない店舗がございます。