商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステムHT-ST5000

「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(TM)」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド

「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(TM)」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド

HT-ST5000
サウンドバー
HT-ST5000
2017年11月18日発売予定
オープン価格
先行体験・展示情報はこちら

特長

最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(TM)」に対応

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(TM)」に対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間をお楽しみいただけます。

※ Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、“AAC”ロゴ及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です
※ DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS 社の登録商標または商標です。(C) DTS, Inc. All Rights Reserved.

ハイレゾ音源に対応

DSD(5.6MHz/2.8MHz)(*)やWAV・FLAC(最大192kHz/24bit)などのハイレゾ音源に対応。曲のディテール、楽器の音色、ライブの空気感までもリアルに表現。まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聞いているような、かつてない臨場感を堪能できます。

* リニアPCM変換になります

独立アンプ駆動

トゥイーターとウーファーユニットの同軸上に配置した同軸スピーカーをフロントチャンネルの3基に採用し、バイアンプによって各チャンネルをそれぞれ独立駆動しています。これによりスピーカーケーブルに生じる共通インピーダンスを避け、中低域と高域が相互に干渉しあうことなくアンプからスピーカーユニットをダイレクトにドライブできるようになりました。さらに、トゥイーターとウーファーユニット間で生じる時間軸や位相のずれを信号処理により補正しています。

4K信号とHDR信号のパススルーに対応

入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信する「4Kパススルー」(*1)に対応。さらに、4K放送対応チューナーを接続するために必要な著作権保護規格HDCP2.2に準拠しています。またHDR信号のパススルーに対応。HDRについては、HDR10 、HLG(HybridLog-Gamma)、Dolby Vision(TM)などのフォーマットにも対応することで、多彩な4Kコンテンツが楽しめます。

*1 右記信号のパススルーに対応しています(4096×2160p 59.94/60Hz(*2)、4096×2160p 50Hz(*2)、4096×2160p 23.98/24Hz、3840×2160p 59.94/60Hz(*2)、3840×2160p 50Hz(*2)、3840×2160p 29.97/30Hz、3840×2160p 25Hz、3840×2160p 23.98/24Hz)
*2 YCbCr 4:4:4, RGB 4:4:4 / 8bit対応、YCbCr 4:2:2 YCbCr 4:2:0 / 8,10,12bit対応
※ 映像ソース機器側の出力信号仕様および映像表示機器側の入力信号仕様もあわせてご確認ください
※ 4K60p 18Gbps伝送には、Premium High Speed HDMIケーブル(イーサネット対応)を推奨します

ソニーのテレビ ブラビアと調和する美しいデザイン

ブラビアと同様にシンプルで研ぎ澄まされたデザイン。さまざまなリビングに自然と溶け込む、上質で美しいたたずまいを求めました。

その他の特長

主な仕様

ピックアップ

アンケートのお願い
カタログPDFダウンロード
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ
サウンドバー/ホームシアターシステム
台座タイプ
マルチスピーカータイプ