商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

α99 Ⅱ Debut.

スピードと解像度を追求した
Aマウントフラッグシップ一眼

α Universe editorial team

ソニーは、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」(ドイツ・ケルン)に先立ち、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(ILCA-99M2)を、日本市場向けに11月より発売する予定。※発売日、価格、お客様向け先行展示などの詳細については、追ってホームページ内で紹介いたします。

新開発 ハイブリッド位相差検出AFシステム

横線検出を含む79点*1 専用位相差AFセンサーと、縦線を検出する世界最多*2 399点*3 像面位相差AFセンサーが同時に動作*4 。重なった79点が全点選択可能なハイブリッドクロス測距点として動作し、すぐれた捕捉性能と精度を実現。

AF/AE 追従*5 最高約12コマ/秒*6 の高速連写

イメージセンサーの読み出し高速化に加え、フロントエンドLSIとシャッターユニットを新開発し、さらなる高速化を実現。有効約4240万画素の高解像度を維持したまま最高約12コマ/秒のAF/AE追従の高速連写を実現。また、最高約8コマ/秒*7 のAF/AE追従高速ライブビュー連写も可能。

有効約4240万画素
35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー

ギャップレスオンチップレンズ構造やARコーティングに加え、裏面照射型構造の採用で集光効率が大幅に向上。広いダイナミックレンジと常用ISO100 〜 25600、拡張*8 ISO50 〜 102400の感度域を実現。さらに、ローパスフィルターレス仕様を選択し解像感を追求。

*1 撮影モード、レンズにより対応する測距点数は異なります *2 35mmフルサイズセンサー搭載デジタルカメラとして。2016年9月広報発表時点。ソニー調べ *3 撮影モード、レンズにより対応する測距点数は異なります。最大323点のフォーカスエリアを選択可能です。動画時は動作しません *4 ハイブリッド位相差検出AF動作時。明るさなど撮影条件によっては専用位相差センサーもしくは像面位相差センサー一方のセンサーしか使用しないことがあります。動画時は動作しません *5 撮影モード、レンズにより対応する測距エリアは異なります。また、[Continuous Shooting: Hi+]時に、ハイブリッド位相差検出AF対応時はF9以上、ハイブリッド位相差検出AF非対応時はF4以上に絞った場合、フォーカスは1枚目で固定されます *6 連続撮影モード「Hi+」時 *7 連続撮影モード「Hi」時 *8 拡張感度設定時。静止画のみ

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると
最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
閉じる
    アンケートのお願い
    デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ