商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

最先端の現場+α Vol.7 「αで撮ることで、自分の中の
『綺麗な映像』の
基準が大きく変わる」

岩元康訓:ワールドワイドで誰が見ても美しい
映像を目指す映像ディレクター

α Universe editorial team

Interview
岩元康訓 / ディレクター

「クレイジージャーニー」に使用されたパプアニューギニア撮影

監督=岩元康訓 撮影=竹内卓彌・前田大輔
「クレイジージャーニー」
毎週木曜日深夜0:10〜TBS系にて放送中
※一部地域を除く
http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

ディレクター兼シネマトグラファーとして活躍する岩元康訓さん。2015年に彼の撮影した夕日のタイムラプス映像がAppleワールドギャラリー「iPhone6で撮る」に採用され、世界中で注目を集めた。彼が常に考えているのは人の感情に訴える綺麗な映像を撮りたいということ。そんな彼はソニーα7S ・α7S IIでどんな映像を撮りたいと考えているのだろうか。

――岩元さんの考えるαの良さはどんなところですか。
岩元 現在、α7S とα7S IIで自然の美しい風景やドキュメンタリー映像を撮影しています。まず、自然を撮る時には暗い時間に撮ることが多いので高感度は外せません。また動物の走りや人の踊りなどにはハイスピードがかかせないのですが、α7S、α7S II120pまでのHSが撮影できます。しかもS-Logでも収録できる。僕が望んでいるすべてが詰まっているカメラはα以外にはありません。

――ドキュメント映像を収録する時はマルチカメラ撮影が多いと聞きました。
岩元 カメラが多くなればなるほど色を合わせないと後で大変な作業になるので、後処理(グレーディング)で色味が調整できるよう α7S II、FS7、FS5など、S-Log撮影機能が搭載されたカメラで撮影します。カラーチャートで露出も合わせれば画も合いますし、全てS-Logで揃えられるのでかなり助かりました。

――パプアニューギニアのオフィシャル映像も撮影しています。
岩元 政府観光局の依頼で様々なエリアや民族を撮影しています。S-Log収録したものが最終素材なのですが、別途ノーマルの映像も作って現地のテレビ局にも納品しました。日本のテレビ番組でもこの映像を購入してもらい、「クレイジージャーニー」(TBS)などでオンエアされています。パプアニューギニアは民族衣装やペインティングなど強くてはっきりした色がたくさんあります。一方、海に行くと同じ青でも微妙な色合いがある。その両方をαは再現してくれる。色の表現に強いのが頼もしいですね。

――東南アジアのアリラホテルでは映像以外にタイムラプスも撮影したのですね。
岩元 海外のホテルは雰囲気を重視していて、廊下もロビーも暗く、ライティングもできない。そんな状況でもカットを稼がなきゃならないという時に役に立ちました。そこでピクチャープロファイルをダイナミックレンジの稼げるCINE 1で収録しました。夜の外の景色と部屋の中が同じダイナミックレンジの中に納まっているのが利点でした。高感度なので夜でも絞れるので助かっています。タイムラプスを使うとオープニングがわくわくした画になるのでそういう気持ちを演出するために使っています。αはタイムラプスアプリがあり、ここまでの映像が手軽に撮れてしまうのはすごいことですよね。

――αで撮りたい映像があるそうですね。
岩元 実際使ってみて、αの良さに改めて気づいたので全編αで撮影した動画を制作しようと考えています。 パプアニューギニアは星空が綺麗なんですけど、自分が体験したものと実際に撮った映像の落差にがっかりしていました。水中も深くいけばいくほど暗い映像になってしまう。肉眼で見ているので「こんなものじゃない」というのがわかるんですよ。αならノイズもなく黒くつぶれない美しい映像が撮れるし、細かなディテールも表現できる。全編αで撮ることで、自分の中の「綺麗な映像」いう基準が大きく変わると思うので試したいと考えています。

アリラホテル

ホテルの美しい景観の変化をタイムラプスで撮影
昼の施設は豊富な階調が表現されている
夜のシーンは高感度撮影が活きた

監督=岩元康訓 撮影=竹内卓彌

いわもと・やすのり 1982年7月25日生まれ。(株)岩元映像製作事務所代表。(株)SPADE取締役。ドキュメンタリーから自然まで美しさを追求する映像を制作。
www.ifs.tokyo/

記事で紹介された商品はこちら

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
アンケートのお願い
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ