商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

写真家 染瀬直人 ×
RX100 IV〈後編〉

新しい表現の開拓者、RX100と出会う
~静止画も動画もRX100 IVで楽しみ尽くす~

α Universe editorial team

写真と動画の新しい表現手法の最先端で活躍する写真家・映像作家、染瀬直人は、RX100をどのように使っているのか、その一端を明かしてもらった。染瀬氏が撮影した様々な動画作品も掲載。〈前編〉はこちら

写真家/映像作家
染瀬直人
1964年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。ハナエモリ・インターナショナル「流行通信」THE STUDIOを経てフリーランスで活動。
コマーシャル、雑誌、ポートレート撮影などで活躍。近年は4K動画撮影なども手がける他、360°パノラマVR、360°動画、ギガピクセルイメージ、タイムラプス、シネマグラフなどの作品を発表。静止画と動画の狭間における新表現に取り組む。2014年ソニーイメージングギャラリーで個展「トーキョー・バーチャル・リアリティー」開催。プロフェッショナル・デジタルフォトを学ぶための勉強会「電塾」運営委員。VRなど新分野を考察するセミナー「VR未来塾」主宰。仏Kolor社Autopano Video proの国内唯一の公認アンバサダー認定エキスパート・トレーナー(Level3)。YouTube Spase Tokyo 360度動画インストラクター。2016年の受賞作品に、オーストラリア政府観光局 プロモーション「G!GA Selfie」、カンヌライオン(カンヌ広告賞)サイバー部門:金賞 ダイレクト部門:銅賞モバイル部門:銅賞第69回広告電通賞イノベーティブ・アプローチ優秀賞 コードアワード2016 ベスト・イフェクティブ賞。
http://www.naotosomese.com/

感覚を優先。JPEGの絵も気に入っている

ーーRX100 IVを使うときの、撮影モードや、その他の設定について教えてください。 RX100 IVは、いつでも持ち歩いて、スナップをサッと気持ちよく撮れます。カッコよく言えば感性のままに撮れる。それでいて画質はしっかりと期待できる。そういう用途のカメラですから、撮影モードはプログラムオートまたはオートモードもよく使います。ISO感度、絞りとシャッター速度が自分の意図に合っていることを確認しながら、感覚的に撮ることを優先します。そして、露出補正を使って、自分の表現に近づけていきます。
オートフォーカスのエリアも25点と広範囲に配備されているのでワイドを使うことが多いですね。ここに絶対に合わせたいというときはフレキシブルスポットを使います。人物をポートレート的に撮るときは瞳AFを使います。動画の撮影とかタイムラプスのときはマニュアルフォーカスが多いですね。また、アングルやポジションを容易に替えられる可動式液晶モニターもとても便利です。
ファイル形式は、プライべートのスナップ撮影の時はJPEGやJPEGのエクストラファインを使うことも多いですね。このカメラのJPEGの絵づくりを気に入っているということもあります。撮影後は写真編集ソフトでセレクトして、画像調整します。仕事の撮影や、あまりにも輝度差が大きいような場所だったり、凝った作品にしたいときはもちろんRAWで記録します。

スーパースローモーションならではの美しい世界

ーーRX100 IVで動画を撮ることもありますか。 はい、動画は実用的なことでも使えますし、スナップ的な動画も楽しいですね。動画のほうが伝わることもあります。いまはFacebookに動画と静止画を混ぜてアップしている方もいるし、短い動画専門の共有サイトもありますね。一般的に昔よりも動画に対する敷居はなくなってきています。私も、静止画を撮 るときに動画でも撮ってみたり、人と会ったときひとこと話してもらって撮影するなど、気軽に楽しんでいます。静止画と動画を、自由に行き来して撮るのが理想的ですね。RX100はそれが実現出来るカメラだと思います。

ーーRX100 IVから搭載されているスーパースローモーション(ハイフレームレート)撮影も使いますか。 スーパースローモーションは非常に面白い表現ですね。これには誰もがクリエイティビティを刺激されるのではないでしょうか。単なる雨の水滴でも、スーパースローモーションなら、葉の上に落ちた雨滴が玉になって形を変えながらころころ転がるように流れていくといった、肉眼では見ることができない詩的な映像が撮れます。

Raindrops dancing on a lotus leaf SONY NEX FS700J,Super Slow Motion(NEX FS700J)
※クリックすると別ウィンドウが開きます

たとえばNEX FS700Jで撮影したこの動画ですが、このとき、あいにく梅雨時に撮影することになってモチーフに悩んでいたのですが、いっそ雨を撮ってみようと思い立ちました。蓮池に行ってみると風に揺らめく蓮の葉がドラマチックに撮れるかもしれないと感じ、葉の上に降る雨を撮影することにしました。上がりを見てみると、狙い通り、蓮の葉の上で踊るように転がる雨滴の表情をバッチリと捉えることができました。肉眼で見るのとは全く異なる、スーパースローモーションならではの美しい世界です。

RX100m4-Super Slow Motion(RX100 IV)

ーーRX100 IVで撮られたこの都会の風景も、素敵ですね。普通はスーパースローモーションを使おうとすると、どうしても「とても動きの速いもの」を探さなくてはと力(りき)んでしまいますが、こういう被写体もあるんだと気づきました。 スーパースローモーションは、水の動きや、人間や動物の動作、風船の破裂する場面などがよく題材になりますが、この動画はRX100らしく、スナップ的に街を歩きながら題材を見つけ、すべて手持ちで撮影しました。動きを強調するため、色味はシンプルなモノクロに仕上げました。こうしてみると、何気ない見慣れた光景も異次元の出来ごとのように表現できるのが面白いと思います。このような日常のスナップ的なスローション撮影は、大型カメラではなかなかできないことで、RX100の機動性があってこそだと思います。
スタートトリガーとエンドトリガーの機能も備わっていて、一瞬のチャンスを逃さないという点もいいですね。仕事の動画撮影はαを使うことが多いのですが、RX100 IVからピクチャープロファイルのS-logを選ぶことができるようになったので、今後、仕事の場面でも、αで撮影した動画と、RX100 IVで撮影した動画を組み合わせるような使いかたも出てくるかも知れません。

時間を圧縮して見せるタイムラプスもRX100 IVで

ーーその他に、RX100 IVできる動画撮影の楽しみ方があれば教えてください。 RX100 IVは、PlayMemories Camera Apps(プレイメモリーズカメラアプス)のいろいろな機能を追加できますが、アプリのなかでも私がよく使うものにタイムラプスがあります。タイムラプスは、ちょうどスーパースローモーションの逆で、移りゆく自然の美しさ(花の開花、雲の流れなど)を圧縮して短時間で見せることができるものですね。これまではタイムラプスもαで撮ることが多かったのですが、同じアプリがRX100 IVでも使えるので、こちらでもどんどんタイムラプスを撮ってみたいと思います。
ここに例としてあげたタイムラプス動画は、画家のロッカクアヤコさんが山梨県北杜市のギャラリートラックスで作品展を開催したときに、ギャラリーの庭で特別に新作を描きおろしていただき、その制作風景をタイムラプスで撮影したものです(α7 Rなどで撮影)。

ーータイムラプスは非常に惹きつけられますが、いざ自分が撮るとなると、何を撮っていいかわかりませんし、結果が出るまでに時間がかかるので、被写体選びや撮影のノウハウを教えていただけると嬉しいです。
動きや変化がある題材、ものがゼロから出来上がっていくところ、パーティーの様子など、被写体が身近なものでも、アイディア次第でユニークげ品になると思います。

ーーたいへん貴重なお話をありがとうございました。最後に、今後のRX100シリーズに期待されていることがあればお話ください。 RX100シリーズには様々な技術が入っていて、どんどん進歩していますので、今後も楽しみですね。私は写真や映像の進化に大変興味を持っています。80年代初頭のSF映画「ブレードランナー」に、主人公が写真をディスプレイの中でどんどんクローズアップしていって、、最後には被写体の周囲に回り込んで立体的に見るようなシーンがあります。こうしたことを現実にしてしまうのがギガピクセルイメージやビュー・インターポレーションという技術です。360度動画、超高精細の映像なども、もはや一般的になってきていますよね。ソニーの新しい技術をカメラに投入して、もっともっとデジタル写真を面白げくしていってほしいですね。

染瀬直人 × RX100 Part3

アメリカ・ニューヨークグランドセントラル駅近く。駅へと向かっていくパースペクティブ。 RX100 IV
アメリカ・ニューヨークセントラルパーク 朝のセントラルパーク。ストレッチをする男性の後ろ姿に清々しさを感じた。 RX100 IV
アメリカ・ニューヨーク セントラルパーク サイクリングの一団とすれ違った瞬間にRX100 IVを構えた。 RX100 IV
アメリカ・ニューヨークセントラルパーク 飛行機雲が高く伸びた青空と公 園の緑が織りなすコントラスト。自分の影を入れ込んで、撮影してみた。これもまたセルフポートレート。 RX100 IV
DSC-RX100M4 f/4 1/400秒 ISO 640
カナダ・ケベックシティ ランドマークのケベック・タワーから街を一望。アングルを傾けたことで、空撮にも似た効果が出た。 RX100 IV
DSC-RX100M4 f/2 1/25秒 ISO2500
カナダ・ケベックシティ 街を囲む城壁から、夜のケベックの旧市街を望む。 RX100 IV
DSC-RX100 f/5.6 1/500秒 ISO 125
オーストラリア・ゴールドコースト 雨上がりのビーチ。虹はすぐに消えてしまうことがあるが、いつもRX100を携えているので、こうしたチャンスも逃さない。 RX100
DSC-RX100M2 f/1.8 1/30秒 ISO 250
オーストラリア・シドニー RX100 II
タイムラプス撮影中に予報通りのスコールが。急いでロケーション・コーディネーターの車に逃げ込み、窓の向こうを見ると、街が雨滴に滲んでいた。
DSC-RX100M2 f/6.3 1/800秒 ISO 160
シンガポール マリーナベイ RX100 II
シンガポールの繁栄を象徴する高層ビル群が立ち並ぶマリーナ地区。何気ない中に不思議な印象を感じた。
DSC-RX100M2 f/1.8 1/30秒 ISO 2000
シンガポール 滞在したホテルの近未来的で荘厳な吹き抜けを見上げて撮影。 RX100 II
DSC-RX100M2 f/4 1/160秒 ISO 160
シドニー オペラハウスのシルエットと見事な朝焼け。早朝のタイムラプス撮影中に出会った絶景。 RX100 II
DSC-RX100M2 f/4 1/160秒 ISO 160
オーストラリア・シドニー RX100 II
ポート・ジャクソン湾にかかるシティとノースを結ぶシドニーハーバーブリッジ。ノース側のビルに反射した陽光が海に映り込んでいる。
DSC-RX100M4 f/4 1/320秒 ISO 1250
中国・上海 上海の目抜き通り南京東路。夕暮れの中、看板のネオンが輝き出す時間。なぜか活気ある街がどことなく寂しげに撮れた。 RX100 IV

記事で紹介された商品はこちら

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
アンケートのお願い
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ