商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

FE 100mm F2.8 STF GM OSS
Debut

αレンズ史上最高のぼけ味にこだわったSTFレンズ

α Universe editorial team

高解像と洗練されたぼけを両立した、
「G Master STFレンズ」がついに登場

新たにG Masterシリーズに加わる本レンズは、G Masterブランドにふさわしい高い解像力とぼけの質に徹底的にこだわった、豊かな表現を可能にする100mmの中望遠単焦点です。アポダイゼーション(APD)光学エレメントに加え、口径食が発生しにくい設計や新規設計の11枚羽根絞りを採用。息をのむような柔らかく上質な独特のぼけ描写が、ピントのあった被写体を鮮明に際立たせ映像に自然な立体感をもたらします。加えて高基準の光学設計が実現する、画面周辺まで極めて高い解像性能も有しています。
また、コントラストAFと像面位相差AF両方に対応。DDSSM(ダイレクトドライブSSM)搭載による高速高精度かつ静粛なAF性能で、静止画、動画問わず撮影者が創作に集中できるようサポートします。マクロ域への切り換えが可能な「マクロ域切り換え機能」を搭載。これにより高い解像性能を維持しつつ、最短撮影距離0.57m、最大撮影倍率0.25倍の近接撮影が可能です。レンズ内蔵の光学式手ブレ補正機構により、暗い場所での撮影や近接撮影時のブレも効果的に補正します。
フォーカスホールドボタン、AF/MF切換スイッチ、絞りリング、絞りリングのクリック入/切、幅広のフォーカスリングなどの高い操作性を備えるほか、屋外撮影でも安心できる防塵防滴に配慮した設計です。

※対応カメラはサポート情報をご覧ください。

STF(Smooth Trans Focus)レンズとは
STF(Smooth Trans Focus)レンズは、アポダイゼーション光学エレメントという特殊効果フィルターを内蔵することで、滑らかで理想的なぼけ味が得られるレンズです。ハイライトは自然な広がりを持ち、点光源のぼけが欠ける口径食や二線ぼけが出にくいよう配慮された設計により、ぼけを生かしたナチュラルで立体感のある画像を堪能できます。デジタル処理ではレタッチできない、ぼけ描写の美しさにこだわり、独創的な表現を求める方におすすめのレンズです。

T No.(Tナンバーについて)
STFレンズの絞りリングには、アポダイゼーション効果により通過光量が減少するためレンズ口径と焦点距離により決まるFナンバーではなく、Tナンバーが表記されています。またボディで表示、記録されるF値もTナンバーの数値となります。

アポダイゼーション光学エレメントで
高めたぼけ描写

ぼけの質に徹底的にこだわり、既存のアポダイゼーション(APD)光学エレメントを新たに見直し、SEL100F28GM用として開発。通常のレンズでは難しい、滑らかな前ぼけと後ぼけを両立させ、美しいぼけ味を実現してます。

アポダイゼーション(APD)光学エレメントとは
アポダイゼーション(APD)光学エレメントは、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルターです。絞りの近くに配置され、点像の輪郭を柔らかくすると同時に、二線ぼけの発生を抑制。結果として、ピント面は非常にシャープでありながら、前ぼけ・後ぼけの両方で滑らかで美しいぼけ味を得られます。

FE 100mm F2.8 STF GM OSS
その他のレンズ

作品作りに集中できる高速高精度AF対応

コントラストAFと像面位相差AF両方に対応し、MF専用であったSAL135F28STFから大きく進化を遂げています。SEL2470GMやSEL90M28Gで実績のあるダイレクトドライブSSM(以下DDSSM)を搭載。高速性能、高精度、静粛性を兼ね備えることで静止画・動画を問わず作品作りに集中できるハイパフォーマンスを実現しています。 DDSSMは、圧電素子の超音波伸縮運動を用いてフォーカスレンズを駆動するソニー独自のデバイスです。高い停止位置精度から通常撮影だけでなく近接撮影においても高速で精緻なピント合わせが可能であり、駆動時の静粛性から動物や静かな場所での撮影にも効力を発揮、あらゆるシーンでストレスのないAFを実現しています。さらに動画撮影時の微少往復駆動(ウォブリング駆動)により高速で静かなAFが可能です。AFだけでなく、MF時でもスムーズな応答性を実現。操作性にも配慮し、レスポンスよいピント合わせが可能です

※対応カメラはサポート情報をご覧ください。

被写体に寄れる近接撮影切り替え機能

ぼけ味に徹底的にこだわった本レンズでは、ぼけ表現が出しやすい近接域での撮影領域を拡大するため、リングによるマクロ域への切替機能を搭載しています。これにより、近接撮影時も高い解像性能を維持しつつ最短撮影距離0.57m、最大撮影倍率0.25倍の近接撮影が可能です。

低速シャッター撮影に効果的な光学式手ブレ補正機構搭載

光学式手ブレ補正機構を搭載。薄暗い場所での撮影でも被写体をシャープにとらえます。α7第二世代ボディ装着時は、ボディ内蔵の手ブレ補正の効果も得られるため、さらに撮影領域が広がります。

撮影者をサポートする操作性

絞りリング、絞りリングのクリックOn/Offスイッチ、カスタム設定可能なフォーカスホールドボタン、AF/MF切換スイッチ、幅広のフォーカスリング等を搭載し操作性を高めています。絞りは絞りリングの操作でシームレスに変わります*露出値はカメラ側の設定に応じて1/3段または1/2段ずつ変化
マウント部のラバーリングをはじめ、屋外での使用も安心の、防塵防滴に配慮した設計です。(防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ホコリや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません)

商品について 詳しくはこちら
記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると
最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
閉じる
    アンケートのお願い
    デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ