商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

ネイチャー&ワイルドライフ
フォトグラファー 野村哲也氏

究極の絶景 〜地球の息吹を求めて〜(アイスランド編)

α Universe editorial team

全世界の踏破を目標に、滞在する国々で出会う自然や動物、人を撮り続ける野村哲也氏。第2回目は、同氏がアイスランドにおいて撮影した絶景や動物とともに、撮影エピソードをご紹介いただいた。

野村哲也/ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファー 1974年、岐阜県生まれ。“地球の息吹”をテーマに、北極、南米、南極などに被写体を追い求める。2007年末から南米チリのパタゴニア、2010年から富士山&熱海、2012年から南アフリカ&イースター島と2年ごとに住処を変える移住生活を開始。現在までの渡航先は120カ国以上に及び、世界193カ国踏破を目指す。秘境ガイドやTV出演、マスコミのアテンドなどに携わり、国内では写真を織り交ぜた講演活動を精力的に続けている。著書は多数で、13作目となる最新刊は「ナミブ砂海 世界でいちばん美しい砂漠(福音館書店)」
NATIONAL GEOGRAPHIC Travel Photographer of the Year Contest 2017 People's Choice 第2位。
http://www.glacierblue.org/

α7R II,18mm,F8,1/1000秒

時代が変わった。
アイスランドでオーロラを撮影しているときに、そう確信した。
今までの撮影技法から、今だから出来る撮影技法に切り替えるとき。

一般的に、オーロラは白い雲のような感じで出現することが多いが、今までであれば、いちいち三脚を立てて、スローシャッターを切り、雲に色が付いていないかを確認した。だが、ダイナミックレンジが広くISO 5万レベルの高感度撮影時のノイズも少ないαであれば、手持ち撮影が可能となり、オーロラなのか雲なのかが一瞬で判別できる。機動性が高くなることで、早めに準備も完了し、突然オーロラが舞いだしても、慌てずに対処できるのだ。

α7R II,16mm,F4.5,5秒,ISO-5000
α7R II,16mm,6秒,ISO-6400

ピント拡大とピーキングのお陰で、オーロラや星にも完璧にピントが合わせられるようになった。ピントリングを無限遠に固定し、動かないようにテープで固定して撮影するというのが通例だったが、実はレンズによって、無限遠とピントが合う位置に、僅かに“遊び”がある。無限遠からほんの少しだけ戻したところ、そここそがピントの合う点となるが、それらをピーキング機能(ピント面の色付け)によって、ピント拡大(5倍)して微調整出来るのだ。フィルム時代は、高感度が1600〜3200(増感)までしか上げられなかったため、明るい広角レンズで絞りを開放にして、出来るだけ速いシャッターを切らなければならなかったが、現在はオーロラにも大地にもピントが合わせられる時代。ISOを1万以上に上げて、F8まで絞れば、どちらもクリアに写し撮れるのだ。

α7R II,10mm,F5.6,ISO-6400

氷河のトンネルを撮影した時は、多くの観光客が画面に映り込んでしまうことに頭を悩ませた。どうやったら、より氷河を蒼く、人を少なく出来るのか? チルト可動式液晶モニターを下に向け、トンネルの天井付近まで右手をあげて撮影。ひと昔前であれば、こんな暗い場所では、三脚を立てて、ファインダーを覗き、スローシャッターで撮影するほかなかった。決して撮れなかったものが、今は撮れる時代になった。

α7R II,10mm,F11,1/13秒,ISO-6400

初夏のアイスランドを1カ月かけて撮影した時は、虹と滝、鳥と動物たちがメインとなった。滝を写す時は、シャッタースピードを何秒にしようか迷い、一眼レフを使っていた時はいつも段階的に撮影していた。1/8000秒から徐々に遅くしていき、最後は1秒くらいまで。そして家に帰ってから一番良いものを抽出した。でも、今はそれらを現場で全てまかなえる。まず動画モードにして、1/8000秒からどんどんシャッタースピードを遅くしていく。そこで最も流れが美しいと思ったところで、写真モードに変えてそのシャッタースピードで撮影する。一日の中で本当に太陽光が美しい時間は、朝夕の各2時間ほどしかない。そうであれば、時間を有効に使い、ひとつの場所で出来るだけ効率的に、短時間で撮影し、新たな場所へ向かいたい。それが「α」に替えてからの自分の撮影スタイルになった。

α7S,98mm,F4.5,1/1250秒,ISO-1250
α7R II,22mm,F10,1/640秒,ISO-200
α7S,14mm,F7.1,1/500秒,ISO-200

海を悠々と泳ぐクジラやシャチは、αのコンティニュアスAFで殆ど食いついてくれるが、宙を弓矢のように飛んでいくパフィン(ツノメドリ)は、なかなか合わせるのが難しい。それであれば、機能を組み合わせれば良い。DMFモードにして、絞りをある程度上げて、宙を飛ぶ鳥にピーキングで色付けし、範囲に入った瞬間に連写だ。

α7R II,200mm,F10,1/400秒,ISO-200
α7R II,200mm,F10,1/400秒,ISO-200
α7R II,75mm,F10,1/400秒,ISO-200
α7R II,200mm,F4,1/1600秒,ISO-200

これからは、撮影対象によって、新たな方法や組み合わせが多く出てくるだろう。今までの「セオリー」が弊害になることだってある。だからこそ、初心者にこそ、αでカメラライフを始めて欲しい。柔軟な感性で今まで誰も見たことがない視点で切り取って欲しい。 「α Universe」を訳せば「αの宇宙」。全世界中の人々が、ドキドキ、ワクワクしながら写真を写し、それらをアップロードする。

「写真世界のオープンソース化」

ここを訪れると、どの段階の人でも学べ、次へ生かしていける場になる。 僕も微力ながら、持っている情報や撮影技術などを、この連載「究極の絶景」を通して出し切りたいと思っている。

α7R II,35mm,F16,1/60秒,ISO-250
α7R II,69mm,F8,1/250秒,ISO-400
α7R II,28mm,F9,1秒,ISO-50
α7R II,116mm,F8,1/125秒,ISO-200

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
本サイトに掲載されている文章、画像、映像、情報等を許可なく複製、加工することはできません。
他のウェブサイトへの転載や公衆送信などの行為はお断りしています。
アンケートのお願い
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ