商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

PROFESSOR プロフェッサー

花火写真家 金武 武 Takeshi Kanetake

1963年神奈川県横浜生まれ。旧姓福田。写真の技術を独学で学び、30歳で写真家として独立。花火写真家として、打ち上げ花火を独自の手法「福田式撮影術」で撮り続ける。写真展やイベント、雑誌等の各メディアなどで作品を発表。花火の解説や講演会の依頼、写真教室での指導も増え続けている。

専門分野
  • 花火撮影(福田式)
活動の拠点
  • 神奈川 / 全国
セミナーの内容について

金武氏は、17歳で初めて魅力を知り、日々進化を続ける「花火」を長年被写体として追い続けているフォトグラファーです。長く尾を引くような、美しい花火の写真はもちろん、まるで花火が本物の花のように見える「福田式撮影術」と呼ばれる独自の手法で撮影をなさっています。セミナー/トークショーの中では、単なる撮影テクニックだけでなく、どのような花火がどのような撮影に適しているか…といったお話も、併せてご紹介いただきます。さらに、実際の花火大会撮影とセットの講座では、参加される方の撮影習熟度や所有モデルに応じて、以下のような多彩な撮り方を教えていただきます。
○20mm前後の広角域を利用した、花火の全景撮影 (基礎)
○PlayMemories Camera Apps「ライトトレイル」を活用したライブビュー撮影 (α7S, α5100の方)
○50〜90mm前後の領域で、花火の一部を印象的に切り取る撮影 (応用)
○「福田式撮影術」へのチャレンジ (応用/難易度高)
花火は夏だけのものではなく、オールシーズン/全国で打ち上げられています。金武氏と一緒に、花火を楽しみながら、美しい写真を撮ってみませんか?

閉じる
    本サイトに掲載されている文章、画像、映像、情報等を許可なく複製、加工することはできません。
    他のウェブサイトへの転載や公衆送信などの行為はお断りしています。
    アンケートのお願い
    デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ