製品情報 > デジタル一眼カメラ α > レンズ史に名を刻むツァイスの真価
デジタル一眼カメラ α(アルファ)

レンズ史に名を刻むツァイスの真価

「カールツァイスレンズ」。それは、写真を趣味にしている者にとって長年憧れの的だった。フィルムカメラ時代には「暗室の中で浮かび上がってくる画像を見ただけで、ツァイスレンズで撮影したか否かが分かる」と言わしめたほど、立体感、実在感の再現は伝説となっている。それほどの歴史を持つカールツァイスをオートフォーカスで使用できる唯一(※)のデジタル一眼カメラが、ソニーの“α”であることはご存知だろうか。そんな“α”ならではの楽しみかたも踏まえながら、レンズ史にその名を刻んできたカールツァイスレンズの圧倒的な描写力を、ぜひ堪能してみてはいかがだろう。

※2012年8月現在

レンズを変えた、カールツァイスの軌跡

写真レンズ発展の歴史は、カールツァイスなしには語れない。カールツァイス社は十九世紀半ばのドイツ・ケルンでその産声を上げる。カール・ツァイス自ら、厳しい検査に合格しなかった製品は打ち壊し、世に出さなかったという逸話が残っているほど、品質管理には当時から絶対の信頼を誇っていた。そして、エルンスト・アッベとの出会いがレンズに革命をもたらす。
それまで経験に頼っていたレンズ設計を、初めて科学的なアプローチによる光学技術として理論化したのだ。さらに写真レンズの発展を飛躍させたのが、カールツァイス社による全く新しいレンズ光学系の開発だ。「プロター」「プラナー」「ゾナー」と言った、歴史に残る往年の名レンズの誕生である。色収差の評価に使われる「アッベ数」や、コマ収差と非点収差を抑える「アナスチグマート光学系」、さらにホタル石を用いた「アポクロマート」などの現在も使われている光学技術は、カールツァイスが開発・発展させたものであり、カールツァイスの光学技術の歴史が写真レンズの歴史そのものだと言っても過言ではない。

歴史に残るツァイスの名レンズ

Proter プロター(1890〜)
カールツァイスが写真部門を設立し最初に誕生した写真レンズ。原形や基本という意味のプロトから命名。
Planar プラナー(1896〜)
大口径と像面の平坦性を両立し、かつ非点収差の除去にも成功した、高性能レンズの代名詞となったレンズ。
Tessar テッサー(1902〜)
プロターと改良型のウナーから発展したレンズ。先鋭な描写を得られることから「鷹の目」と称された傑作。
Sonnar ゾナー(1929〜)
ツァイスレンズの高画質を世に知らしめた名レンズ。当初は標準レンズだったが、現在は望遠系のレンズに採用。

カールツァイスが見いだした、美の指標

2つの写真を見比べて欲しい。あなたはどちらがシャープに見えるだろうか。左は「解像力は高くないが、コントラストが高い」写真。右は「解像力は高いが、コントラストの低い」写真である。
写真レンズの評価が解像力一辺倒だった時代に、コントラストと解像力がシャープネスに与える影響を提示し、それらを総合的に評価するMTF(Modulation Transfer Function)を提唱したのがカールツァイスだ。今ではレンズ性能の評価にMTFを用いていない企業はないといっていい。カールツァイスは、美の指標ともいえるMTFをレンズ1本1本に示すことで、カールツァイスレンズの描写の良さを保証したのである。

レンズ性能がひと目で分かるMTF

(1) コントラストの再現(%) (2) 像の細かさ (空間周波数 本 / mm) (3) 画面中心からの距離 (mm)

MTFは、画像(被写体)における細かさごとのコントラストの再現を示したもので(上左図)、通常は画像が細かくなるほどコントラストも低くなる。レンズメーカーが示すMTFの多くは上右図のように、画面の各点(画面中心からの距離で示す)におけるMTFを、画像の細かさごとにまとめて表示する場合が多い。

至高のT*(ティースター) コーティング

レンズの表面に薄い幕を均一に蒸着することによって、レンズ表面での光の反射を抑え、レンズの透過率を上げる技術「レンズコーティング」が、もともとはツァイスの特許であったことはよく知られている。ツァイス社はさらに、写真用レンズにおいていく層もの薄膜を重ねる多層膜の理論を確立した。これがT*コーティングである。
それまではレンズ表面での反射が多く、レンズの透過率は低かったので、レンズ性能をあげるためにレンズ枚数を多くすることが困難だったが、コーティング技術の開発によってそれが可能になり、より高性能なレンズが開発されるようになった。もちろんレンズの内面反射も抑えられ、フレアーの少ない、よりコントラストの高いレンズができるようになったことは言うまでもない。
カールツァイス社ではこのT*コーティングを、単にレンズ面に施しているというだけでなく複数のレンズで構成される光学系全体の性能が基準を満している場合にだけT*と記載し、高い信頼性の証としている。

コーティングの有無による光の反射量比較概念図

(1) 光源 (2) 撮像素子 (3) 反射が多い (4) 反射が少ない

圧倒的な描写力を誇るレンズラインアップ

Planar T* 85mm F1.4 ZA SAL85F14Z

F1.4の絞り開放値から理想的な描写性能を示し、全画面にわたり高い解像感と美しいぼけ味を高次元で両立する、新時代の「プラナー」。α(Aマウント)本体搭載のボディ内蔵手ブレ補正機能と大口径レンズの組み合わせにより、暗いシーンの手持ち撮影にも威力を発揮。

Sonnar T* 135mm F1.8 ZA SAL135F18Z

焦点距離135mmクラスでは非常に明るい開放F値1.8の大口径望遠レンズ。高い解像感だけでなく、画面周辺までシャープで緻密(ちみつ)かつ極めて高いコントラストと抜けのよい描写力を誇る。最短撮影距離0.72mという高い近接撮影能力を達成していることも大きな魅力。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM SAL24F20Z

圧倒的な広角描写で多くのフォトグラファーを魅了してきた「ディスタゴン」の名を冠するF2.0の大口径広角単焦点レンズ。画面全域でシャープネス、コントラストに優れた描写力を実現し、開放F値2.0と円形絞りによるぼけ味の演出も魅力。さらに最短約19cmまでの近接撮影が可能。

Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z

開放F値2.8の大口径標準ズームレンズ。「T*コーティング」を施した光学系は、諸収差が良好に補正されており、絞り開放からコントラストに優れたシャープな画質が得られる。さらに円形絞り採用による自然で美しいぼけ味を生かしながら、幅広い撮影ジャンルでの新しい写真表現が可能。

Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM SAL1635Z

超広角領域の16mmから広角35mmまでをカバーする開放F値2.8の大口径広角ズームレンズ。最大撮影倍率0.24倍と高い近接撮影能力を実現し、絞り開放からコントラストや周辺光量特性に優れたシャープな画質が得られる。レンズ内蔵SSM(超音波モーター)による迅速で静粛性の高いAFも魅力。

Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

APS-Cフォーマットのデジタル一眼カメラ専用に最適化された光学設計を採用しているズームレンズ。ズーム全域にわたりコントラストに優れた透明感のあるクリアな画質が得られるほか、さらに円形絞りの採用することで夜景などの点光源も美しい表現を実現している。

αはソニー株式会社の登録商標です。

製品情報 > デジタル一眼カメラ α > レンズ史に名を刻むツァイスの真価