商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αレンズ交換で世界が変わる ソニーのEマウントレンズ

レンズ交換で世界が変わる ソニーのEマウントレンズ

レンズ交換で今まで撮れなかった写真を撮影しよう

レンズを交換すると、カメラの性格を変身させることができます

レンズを交換すると、カメラの性格を変身させることができます

新しいレンズを手にすることで、今まで知らなかった世界を写し取ることができます。たとえば、ぐっと近寄ることで普段見えない小さな世界を写し取れるマクロレンズ。遠くの被写体を手元に引き寄せ、美しいぼけ味も楽しめる望遠レンズ。人間の視野より広い角度を写せる広角レンズなどです。レンズの交換は、新しいカメラを手に入れたのと同じ意味があるのです。

つまり・・・あなたのカメラが別のカメラに変身します

つまり・・・あなたのカメラが別のカメラに変身します

カメラとレンズの知識を深めよう!

レンズ交換はとても簡単

画角の違いを見ていこう

画角って何?

画角とは、写る範囲を角度で表わしたものです。レンズの焦点距離が長くなると画角は狭くなり、逆に焦点距離が短くなると、画角は広くなります。撮影した写真は、下の比較のように画角が大きいと写る範囲が広くなり、小さいと写る範囲が狭くなります。

被写体までの距離が同じで画角のみ変えた場合
  • 10mm
  • 18mm
  • 35mm
  • 50mm
  • 135mm
  • 210mm
被写体の写る大きさを固定して、画角を変えた場合

被写体(作例では人物)をおなじ大きさになるように撮影した場合、広角レンズで撮影すると背景が広い範囲で写り、遠近感が強調されます。一方、望遠レンズで撮影した場合、背景は少しの範囲しか写らず、遠近感は少なく(圧縮されて)写ります。

  • 10mm

    広角側では被写体(人物)との撮影距離は近くなります。背景を多く写し込むことができ、その場の雰囲気を写真に残しやすくなります

  • 210mm

    望遠側では被写体(人物)との撮影距離がかなり遠くなり、背景の圧縮効果が得られます

あなたのカメラを変身させる交換レンズ

※PDFヘ遷移いたします