商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα5100特長 : 新世代の一眼画質
特長 : 新世代の一眼画質

大きくぼかしてキレイに撮れる、有効約2430万画素APS-Cセンサー

一般的なデジタル一眼カメラと同じAPS-Cサイズの有効約2430万画素「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載。この大きなセンサーにより、美しいぼけや豊かな階調表現、暗い所でも低ノイズでクリアな画質など、一眼ならではの美しい描写を実現します。さらに、独自のオンチップカラムAD変換やデュアルノイズリダクション、ギャップレスオンチップレンズ構造などに加え、ソニーの最先端のプロセス技術により集光効率が大幅に向上。高い解像力を最大限に発揮しながら、高感度撮影時にはノイズを徹底的に抑制し、暗いシーンもクリアに撮れます。

集光効率を飛躍的に高めるギャップレスオンチップレンズ構造

レンズから入射する光を最大限にイメージセンサーに取り込むため、隣接する画素間のギャップを最小限に抑え、集光効率を飛躍的に高めました。さらにオンチップレンズの位置を光の入射角に合わせて最適化し、入射角が厳しくなるイメージセンサー周縁部まで高画質を実現しています。

ノイズを徹底的に抑制し、最高ISO感度25600を実現

APS-Cサイズの大型イメージセンサーの性能を最大限に生かし、高い解像度と最高ISO感度25600という高感度性能を両立。高感度撮影時でもエッジや輪郭部のシャープさを保ちながら、圧倒的な低ノイズを実現します。光量の少ない場面でも高速シャッターを確保できるため手ブレを抑えた写真が撮れ、フラッシュを発光させずに雰囲気を残した描写が可能です。

新世代の画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」

圧倒的な処理能力でリアルタイムに見たままの質感や高精細感を忠実に再現する、新世代の高速画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」を搭載。処理速度が飛躍的に向上しただけでなく、ディテールリプロダクション技術や回折低減処理、進化したエリア分割ノイズリダクション技術の採用により質感描写をさらに高め、リアリティーのある高画質を実現します。

質感描写を高めるディテールリプロダクション技術

画像処理エンジン「BIONZ X」では、細部の質感描写が大幅に進化。信号処理プロセスにおけるディテールリプロダクション技術により、デジタル特有の輪郭強調を抑え、高い解像感による自然な立体感を再現します。

絞っても高い解像感を維持できる回折低減処理

センサーの多画素化にともない、深い被写界深度で撮影する風景撮影などで課題となるのが回折現象です。画素サイズが小さくなるほど、また絞りを絞るほど顕著に現れるこの症状を低減する回折低減処理を搭載。絞り値に応じたフィルター処理を適用し、パンフォーカス撮影においても高い解像感を実現します。しっかり絞り込んで撮りたい風景撮影などに威力を発揮します。

効果的にノイズを抑えるエリア分割ノイズリダクション

シーンに応じて画像の特長を判別し、エリアごとに最適なノイズ低減処理とシャープネス処理を行うことで、低照度環境下でも解像感を維持したままノイズを大幅に低減する「エリア分割ノイズリダクション」。「BIONZ X」ではさらにディテールリプロダクション技術と組み合わせることで、高感度時でも従来以上に解像感を高めながら効果的にノイズを抑え、クリアで抜けの良い高感度画質を実現します。

撮りたいイメージをかんたんにつくれる「マイフォトスタイル」

液晶画面を見ながらダイヤルを回すだけで、背景をぼかしたり、色味を変えたり。「マイフォトスタイル」なら、背景のぼけの大きさを変えられる「背景ぼかし(*)」をはじめ、「色あい」「明るさ」「鮮やかさ」「ピクチャーエフェクト」の5項目を直感的に操作できます。カメラに詳しくなくても、画面を見ながらあれこれ試して、これだと思うイメージをかんたんに表現できます。「マイフォトスタイル」は、動画を撮影するときも活用できます。

* 被写体や撮影距離、使用するレンズによって得られる効果は異なります
※ 「Eマウントレンズ」を装着時のみ

カメラまかせでキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」

撮影状況やシチュエーションを見分けて、絞りやシャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどを、カメラが最適な設定に自動で調整する「おまかせオート」モードを搭載。さらに、認識したシーンに応じて最適な撮影機能を自動的に呼び出して撮れる「プレミアムおまかせオート」モードなら、逆光時は「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」、夜景では「手持ち夜景」モードなど、高度な撮影機能を手軽に使えます。シャッターを押すだけで、カメラまかせでキレイな写真がかんたんに撮れます。

個性的なアート作品がつくれる「ピクチャーエフェクト」

個性的な作品づくりを楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能を搭載。「トイカメラ」や「ポップカラー」、「ソフトフォーカス」をはじめ、「イラスト調」や「水彩画調」など、13種類のエフェクトを使って印象的な作品を撮影できます。パソコンで画像加工しなくても、カメラの設定だけで自分らしい仕上がりを自由に楽しめます。

※ P・A・S・Mの露出モードでのみ可能
※ 一部のエフェクトは、ライブビュー画および動画撮影時に反映されません
※ 画質設定がRAW、RAW+JPEG時には使用できません

* 「マイフォトスタイル」からは設定できません

表現の幅をさらに広げる「Eマウントレンズ」

携帯性に優れた薄型広角レンズをはじめ、光学式手ブレ補正機能を内蔵したズームレンズに加えて、世界中のフォトグラファーが賞賛するツァイスレンズや、動画撮影にも威力を発揮するGレンズなど、さまざまなレンズをラインアップ。撮影するシーンや被写体に合わせてレンズ交換することで、表現の幅がさらに広がります。

手ブレを抑えてキレイに残せる、レンズ内手ブレ補正機能

キットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(*)、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(*)をはじめ、超広角ズームレンズのE 10-18mm F4 OSS、単焦点レンズのE 35mm F1.8 OSSなどには、光学式手ブレ補正機能を内蔵。さまざまなシーンで気になる手ブレをしっかり抑えて、クリアな画質でキレイに残せます。

* E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSはILCE-5100LとILCE-5100Yのキットレンズ、E 55-210mm F4.5-6.3 OSSはILCE-5100Yのキットレンズになります
※ 手ブレ補正の効果は、撮影条件により異なります

マウントアダプターでAマウントレンズでの撮影も可能

ソニー独自開発の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を搭載したマウントアダプターLA-EA4(別売)を使えば、すべてのAマウントレンズ (*)を装着可能。さらに静止画・動画を問わず高速・高精度なTTL位相差検出方式AFが働き、決定的な瞬間を逃さずとらえられます。広角から望遠まで豊富なαレンズ(Aマウントレンズ)で、より多彩な表現を楽しめます。

* STFレンズはマニュアルフォーカス専用、またテレコンバーターとミノルタのXiレンズ、1倍/3倍マクロレンズでは使用できません
※ 動画記録中はカメラやレンズの作動音、操作音などが記録される場合があります

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
レンズスタイルカメラ
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)