商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αNEX-7特長 : 充実の基本性能
特長 : 充実の基本性能

構図を選ばず、的確なピント合わせができる25点フォーカスエリア

25点のフォーカスエリアが画面の広範囲をカバーし、どんな構図でも被写体をとらえる「マルチポイント」。画面中央のみでピントを合わせる「中央重点」。 ユーザーが任意にピントを合わせる位置を指定できる「フレキシブルスポット」。3種類のフォーカスエリアから、被写体や構図にあわせて選択できます。

撮影シーンに応じて使い分けられるフォーカスモード

カメラが自動でピント合わせを行うオートフォーカスのほか、手動でピントを合わせるマニュアルフォーカス、オートフォーカスでピントを合わせた後に、手動でピントを微調整できる「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」機能も搭載。「DMF」は、AFとMFを瞬時に切り替えられるので、微妙なピント合わせに威力を発揮します。また、オートフォーカスモードは、「シングルAF(AF-S)」と動いている被写体にピントを合わせ続ける「コンティニュアスAF(AF-C)」があります。

※ 「DMF」はEマウントレンズ装着時に対応

瞬時にフォーカスモードを切り替えられるAF/MFボタン

オートフォーカス(AF)とマニュアルフォーカス(MF)を瞬時に切り替えられるAF/MFボタンを搭載。カメラを構えたホールディング姿勢のまま、指先だけでフォーカスモードを切り替えられるので、ピントを合わせたい被写体に素早くフォーカスできます。

手動でのピント合わせをサポートする「MFアシスト」機能

ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)時を含む、手動でのピント合わせを行うときに便利なのが「MFアシスト」機能です。画面の一部を約5.9倍または約11.7倍に拡大し、細部のピント合わせが可能です。マニュアルフォーカスモード設定時には、フォーカスリングの回転操作に連動して(*)自動的に拡大表示に切り替わります。

* Eマウントレンズ装着時のみ。Aマウントレンズを装着した場合、ソフトキーの「MFアシスト」で拡大表示が可能です

ピント確認を容易にする「ピーキング」機能

マニュアルフォーカス時に、画面内のシャープな部分を色つきで表示します。液晶モニターはもちろん、ファインダー内でもどこにピントが合っているかが一目で確認でき、細かなピント合わせを行うマクロやポートレート撮影に便利です。ピーキングの色は白、赤、黄色から選べ、ピーキングレベルは3段階から選択できます。また、Aマウントレンズ(*)を装着している際にも活用できます。

* 別売のマウントアダプターLA-EA2またはLA-EA1が必要です
※ 「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」機能時も設定可能です

構図合わせに便利な「グリッドライン」表示

液晶モニターはもちろん、ファインダー内にもグリッドラインを表示できるので、水平や垂直の傾きを補正しながら、緻(ち)密なフレーミングが可能です。

カメラが自動で最適に調整する、8種類のシーンセレクション

撮影シーンに応じてモードを選択するだけで、カメラが自動的に絞りやシャッタースピードはもちろん、ホワイトバランスや画質まで、シーンに最適になるようコントロールします。「ポートレート」「風景」「マクロ」「スポーツ」「夕景」「夜景ポートレート」「夜景」「手持ち夜景」モードの8種類から選択できます。

撮影意図に応じて選べる撮影モード

フルオートの簡単撮影機能のほか、本格的にクリエイティブな意図を反映できる撮影モードを搭載。シャッタースピードと絞り値を自動設定する「プログラムオート(P)」をはじめ、「絞り優先(A)」「シャッタースピード優先(S)」「マニュアル(M)」などの設定が可能です。

イメージに合った露出が得られる露出補正/露出ブラケット機能

-5EVから+5EV間で1/3EVステップの露出補正が可能。自動で露出を変えて撮影する「露出ブラケット」なら、1/3もしくは 2/3EVステップで 3 枚のブラケット撮影が行え、撮影結果を比較して最適な1枚を選べます。

光の状況や目的に合わせて選べる、3種類の測光モード

CMOSセンサーがとらえた画像を1200分割し、各エリアの測光データから適正な露出を決定する「マルチ測光」。画面中央部周辺に重点をおきながら全体の明るさを平均的に測光する「中央重点平均測光」、中央部のフォーカスエリア付近を測光する「スポット測光」から、好みやシーンに合わせて選択できます。

好みの露出に固定できる、AEロックボタン

手動で露出を固定できるAEロックボタンを搭載。撮りたい被写体の露出を変えずに、構図だけを変更したいときに便利です。さらに、レバーを切り替えると、オートフォーカスとマニュアルフォーカス操作をワンプッシュで変更できるAF/MFボタンとして使えます。

表現に合わせて色彩を調整できるホワイトバランス

カメラがシーンの光源を自動で判定して、見たイメージに近い自然な色合いを再現する「オートホワイトバランス(AWB)」。そのほか、赤みや青みを強調したい場合には、「太陽光」「電球」「蛍光灯」などのプリセットモードから選択できます。さらに、「色温度&カラーフィルター」「カスタム」も搭載しています。また、「OPTION」を選択すれば、ホワイトバランスをライブビューで確認しながら表現に合わせて色合いを微調整できます。

レンズごとに設定できる「AF微調整」機能

装着したレンズごとに、意図的に合焦位置を前後に微調整できます。メニューから前後20ステップの設定値を選択して調整でき、最高30種類のレンズのAF調整値を登録可能です。レンズに応じた高精度なAF撮影ができます。

※ LA-EA2装着時。Aマウントレンズのみ

広角18mmレンズの画角をカバーする内蔵フラッシュ

焦点距離18mm(*)までの画角をカバーする、ガイドナンバー6(ISO100・m)の内蔵フラッシュを搭載。フラッシュモードは、「自動発光」のほか、雰囲気のある夜景ポートレートが撮れる「スローシンクロ」、動きの軌跡を表現できる「後幕シンクロ」や「強制発光」「発光禁止」「ワイヤレス」を搭載しています。

* レンズ表記の焦点距離

SDメモリーカードにも対応したマルチスロット搭載

“メモリースティック PRO デュオ”や“メモリースティック PRO-HG デュオ”、SD/SDHCメモリーカードに対応したマルチスロットを搭載。SDXCタイプのSDメモリーカードも使用できます。なお、SDXCメモリーカードはSDXCに対応している機器で使用できます。SDメモリーカード、SDHCメモリーカードのみに対応した商品では使用できません。

“メモリースティック PRO-HG デュオ”HXなら“α”での使用に最適。詳しい情報はこちら
※ ソニー製ブルーレイディスクレコーダー/DVDライターVRD-MC6・MC10は、SDXCメモリーカードに記録された映像・写真のメモリースロットからの取りこみ、およびUSBケーブル接続による取りこみには対応していません。また、パーソナルコンピューター「VAIO」については以下の商品でSDXCメモリーカードに記録された映像・写真のメモリースロットからの取りこみ動作確認を実施しています
・2010年1月以降に発売された「VAIO」Eシリーズ
・2010年5月以降に発売された「VAIO」Pシリーズ
・2010年6月以降に発売された「VAIO」Lシリーズ、Jシリーズ、Fシリーズ、Sシリーズ、Zシリーズ

また、SDXCメモリーカードに記録された映像・写真のUSBケーブル接続による取りこみについては、これらに加えて2010年6月以降に発売された「VAIO」Xシリーズでも動作確認を実施しています。詳しい情報はこちら

レンズ交換時のゴミやホコリをカットするアンチダスト機能

CMOSセンサー前面に配置されているローパスフィルター表面に帯電防止コーティングを施し、ゴミをつきにくくしています。また、電源オフのたびに、自動的にフィルターを超音波振動させることで、レンズ交換時に付着しやすいゴミやホコリをふるい落とします。

約430枚まで撮れる進化した“スタミナ”性能

CMOSセンサーの省電力化により、1回の充電で液晶モニター使用時は、静止画を最大約430枚(*1)、動画を約100分(*2)撮影可能。ファインダー使用時は、静止画を最大約350枚(*1)、動画を約90分(*2)撮影できます。また、インフォリチウム機能付きの小型Wシリーズバッテリーの採用により、画面上にバッテリー残量を1%刻みで表示します。

*1 CIPA規格準拠
*2 連続撮影できるのは1回の撮影あたり約29分、または最大2GBです

付属ソフトウェア

画像管理ソフト「PMB(Picture Motion Browser/ピクチャー モーション ブラウザー)」

パソコン内のすべての写真や動画をカレンダー上で簡単に整理・閲覧できるソフトウェアです。撮影後の写真加工だけでなく、フルハイビジョンで撮影した動画の編集も可能。60p/24pの動画フォーマットにも対応しています。

※ オンラインアップデートすることにより“PlayMemories Home”をご使用頂けます
“PlayMemories Home”について詳しくはこちら

写真ファイリング・セレクト閲覧ソフト、RAW現像ソフト「Image Data Converter(イメージ データ コンバーター)」

従来の「Image Data Converter(イメージ データ コンバーター)SR」と「Image Data Lightbox(イメージ データ ライトボックス)SR」の機能を融合させたRAW現像および編集、画像閲覧・選別用の新しい統合ソフトウェア。トーンカーブやシャープネスなどの多彩な補正機能を使ったRAW画像の編集、露出やホワイトバランス、クリエイティブスタイルなどの調整が可能です。また、RAW/JPEG画像の一覧表示や比較、レイティングなど、RAWデータからの作品づくりをサポートする豊富な機能を備えています。

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)