商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αSAL70200G特長
SAL70200G
デジタル一眼カメラ“α”用レンズ

SAL70200G

商品の特長

主な特長

大口径F2.8ながら使用頻度の高い望遠焦点領域をカバー。色収差を良好に補正するEDガラス4枚を使用した光学系により、ズーム全域で高コントラストで高い描写性能を誇ります。レンズ内蔵のSSM(超音波モーター)とインターナルフォーカシングにより、レスポンスと静粛性の高いレンズ駆動を実現。AF合焦時にMFに移行できるDMFモードと、MFにいつでも移行できるフルタイムDMFモードを選択でき、ピントの微調整もスムーズです。3カ所に設置したフォーカスホールドボタンやフォーカスレンジ切り換えスイッチなど操作性にも配慮しています。

  • ※ 三脚座はあらかじめ取りはずすか、回転させておけば、手持ち撮影や持ち運びの際に邪魔になりません

撮影例

サムネイル画像を選んでクリックすると、拡大画像が表示されます。

拡大
シャッタースピード 1/500秒
F値 F2.8
拡大
シャッタースピード 1/400秒
F値 F5.6
拡大
シャッタースピード 1/1250秒
F値 F2.8

大きさ:最大径φ87mm、全長196.5mm
質量:約1340g(三脚座別)

レンズ構成図

MTF曲線

MTFはレンズのコントラスト再現性を示すレンズ性能評価方法のひとつ。撮像面上で画像がどれだけ被写体を忠実に再現しているかを、周波数特性で表現します。MTF特性図は、横軸が画面中心からの距離(mm)、縦軸がコントラストとなっており、また、MTF特性は代表的な空間周波数(10本/mm、30本/mm)について、方向(放射線状:R、同心円状:T)、絞り値(開放、F8)の条件により表されています。