商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αSEL50M28特長
特長

主な特長

小型・軽量で日常使いに最適なフルサイズ対応の高性能標準マクロレンズ

マクロ撮影時に50mmの画角を生かして、中望遠マクロレンズと比べてより広い範囲の背景を入れたフレーミングを楽しめる35mmフルサイズ対応の標準マクロレンズです。標準画角50mm、最短撮影距離0.16m、作動距離約50mm以下、最大撮影倍率1.0倍の優れた近接撮影性能を実現し、最大径70.8mm×長さ71mm、質量約236gの小型軽量設計で携行性にも優れています。また、フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンが快適なマクロ撮影をサポート。倍率/距離表示を備え、マクロレンズとしての利便性も向上。さらに、ED(特殊低分散)ガラスの採用により色収差を、非球面レンズの採用により像面湾曲を良好に補正し、画面周辺までシャープに描写。7枚羽根の円形絞りと開放F値2.8による、ぼけを生かした撮影表現も可能です。さらに、防塵・防滴(*1)に配慮した設計を施し、本格的なマクロ撮影による作品づくりから、テーブルフォト、スナップ、風景、ポートレートの撮影まで幅広いシーンで活躍します。

レンズ構成:7群8枚
最短撮影距離:0.16m
最大撮影倍率:1.0倍
焦点距離イメージ:75mm(*2)
フィルター径:φ55mm
大きさ:最大径φ70.8mm、全長71mm
質量:約236g

*1 防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません
*2 撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値(mm)

小型・軽量設計で、等倍撮影も可能な35mmフルサイズ対応標準マクロレンズ

等倍撮影も可能な35mmフルサイズ対応の標準マクロレンズ。最大径70.8×長さ71mm、質量約236gの小型・軽量設計で気軽に持ち運び可能です。コンパクト設計のα7シリーズとの組み合わせもよく、日常使いのレンズとして活躍します。

最短撮影距離0.16mで、被写体に接近しての撮影が可能

最短撮影距離0.16m、作動距離50mm以下のため、被写体に接近して撮影できます。撮影者が近くにある被写体と撮影距離を作るため移動する必要がなく、座ったままテーブルフォトが撮れるなど、室内の撮影でも快適に使用できます。

フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンが快適なマクロ撮影をサポート

フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンの搭載により、快適なマクロ撮影が可能です。AFとMFを素早く切り替えられるフォーカスモードスイッチは、その場の状況に適したフォーカスでのマクロ撮影を可能にします。フォーカスレンジリミッターは、あらかじめ合焦する範囲を限定することで、素早いピント合わせを実現。また、フォーカスホールドボタンは、ボタンを押している間、ピント位置を固定可能。フォーカスロック撮影を容易に行えます。

倍率/距離表示を備え、マクロレンズとしての利便性を向上

正確な倍率や距離を一目で確認できる倍率/距離表示を採用。細やかなマクロ撮影にも対応できます。

画面周辺までシャープな描写を実現

ED(特殊低分散)ガラスの採用により近接撮影時の軸上色収差を、非球面レンズの採用により像面歪曲を良好に補正し、画面周辺までシャープに描写します。

被写体を引き立たせるぼけを生かした撮影表現が可能

画面の隅々までシャープに描写できる一方、7枚羽根の円形絞りと、開放F値2.8によるぼけを生かした表現も可能。被写体を引き立たせた撮影に効果的です。

至近距離だけでなく、通常領域でも使用可能

マクロレンズとしてだけでなく、風景やポートレート撮影などで便利な50mmの標準レンズとしても使用できる汎用性の高いレンズです。通常領域の撮影でも画面周辺までシャープな表現や美しいぼけなど、優れた描写性能を発揮します。

防塵・防滴に配慮した設計(*)

屋外の厳しい環境下での使用を考慮し、ほこりや水滴の浸入を防ぐ設計を採用しています。

* 防塵・防滴に配慮した設計となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません

レンズ構成図

MTF曲線

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)