商品情報・ストアLife Space UX Life Space UXについて ポータブル超短焦点プロジェクター

ポータブル超短焦点プロジェクター

壁やテーブル面など、家の中のさまざまなところに。
好きな映画や写真、動画などを投写できるポータブル超短焦点プロジェクター。
小型サイズながらバッテリーとスピーカーを内蔵し、
生活の中の新しい映像と音楽の楽しみ方を提案します。

開発のこだわり

開発の想い

「部屋や家具のレイアウトを気にせず自由に楽しめるプロジェクターを開発したい」
この想いから開発はスタートしました。
テレビやプロジェクターの置き場所によって、家の中での居場所が縛られてしまう。もっと見たい時に、見たい場所で楽しめるプロジェクターがあったらという想いから、すっきりとした空間を作りながらも、部屋のレイアウトや家具の制約を受けないプロダクトをコンセプトとして開発に入りました。

ポータブル超短焦点プロジェクターは、独自開発の小型の超短焦点レンズや光学モジュールによって、場所を取らずに、壁際に置くだけで、さまざまな映像コンテンツを22インチから最大80インチまでの大きさで投写することができます。

持ち運びやすさへの追及

徹底的にこだわったのがプロジェクターの本体サイズです。
家の中で持ち運ぶには、片手で手軽につかめる横幅に収めることが重要だと考え、本体の幅を約8センチにすることを決め、小型化に挑戦。
熱を持つレーザー光源を使い、さらにスピーカーやバッテリーを搭載した製品を、持ち運べる小型サイズにするために、ヒートシンクやパンチングメタル形状に工夫を凝らし、技術的に難しいとされていた放熱機構の設計課題を解決しました。手軽に持ち運べる心地よいサイズ感を実現しています。
また、手に持った時の感触も大切にしており、本体側面には、レザー調のテクスチャーを施しています。

壁とテーブル、
投写面を簡単に変えて楽しむための工夫

新しいプロジェクターの楽しみを提供したい。そんな想いでつくられた小型の超短焦点プロジェクターは、壁だけでなく、テーブルや床にも投写できるように設計しました。
プロジェクター本体には加速度(姿勢)センサーを搭載させ、壁か床側かを判断して自動で投写画面を見やすいように反転させたり、持ち上げるときにはレーザーが目に入らないように消える仕様にしています。これもさまざまな利用シーンを実際に試しながら生まれたこだわりです。

スマートフォンに入っている写真や動画を投写して家族や友人と囲んで見たり、手元の空いたスペースに好きな映像を映し出すなど、新しい映像の楽しみ方を体験いただけます。

プロジェクターの常識にとらわれない使いかたの提案

常識にとらわれずにたどり着いた新しいプロジェクターの使い方。
その一つが、プロジェクターから映し出される動画や静止画をインテリアの一部として、より自分の好きな空間や心地よい時間を作ること。
このような使い方の提案として、スマートフォンの位置情報から取得した、実際の天気と連動した映像をプリインストールでご用意。天気によって映像が変化するので、窓から自然の景色を楽しむような体験ができます。

空間をそこなわない、
「自然な目線の高さ」に合うスタンド

アクセサリーのスタンドにもこだわりがあります。
空間をそこなわないデザインにしながら、椅子やソファに座ったときに、心地よく映像が楽しめるように、プロトタイピングを繰り返し行い、細かな微調整を重ねてきました。
結果として、座った時に最適な目線の高さに合わせたスタンドの高さと台座の大きさのバランスを取ることができました。

※実際の投写画像の見え方は、コンテンツおよび環境光によって異なります

壁やテーブルを使った新しい映像体験を提案する、
ポータブル超短焦点プロジェクター

ポータブル超短焦点プロジェクター
LSPX-P1

商品情報

Life Space UX サイトマップ