本文へ

法人のお客様>業務用オーディオ>デジタルワイヤレスマイクロホンシステム

デジタルワイヤレスマイクロホンシステム
トップページ
デジタルワイヤレスシステムの概要 デジタルワイヤレスシステムの特長 デジタルならではのワークフロー
ワイヤレスマイクロホンは今、新たなステージへ
1991年NABショーでUHF800シリーズを発表して以来、ソニーはワイヤレスマイクロホンのリーディングカンパニーとして、放送局・サウンドエンジニアにUHF帯ワイヤレスマイクロホンを提供してまいりました。
「ワイドダイナミックレンジを備えた高音質」で「安定した伝送系」、「多チャンネル同時運用」。この3つのデザインポリシーを持つソニーのワイヤレスマイクロホンは、世界中のプロフェッショナルから好評を博し、数多くのシステムが稼働しています。
しかし近年の地上放送のデジタル化をはじめとするHD映像機器の普及や、コンサートPAなどでのデジタル音声素材伝送・記録の普及に伴い、多くのお客様から「もっと良い音を」、「もっと多チャンネルで」というご要望をいただいておりました。
その声に応えるためソニーは、デジタルオーディオ無線伝送技術の開発にチャレンジ。デジタルオーディオ無線技術を用いることで、有線伝送と同等の音質と性能を確保しながら、さらに多くのチャンネルを使用できる世界を創りたいと考えています。
「すべてのオーディオ機器の接続をワイヤレスで!」これが、ソニーが目指しているテーマです。
ページトップへ