法人のお客様

AVCHD

HXR-MC50J
AVCHDカムコーダー

HXR-MC50J

商品の特長

ソニー独自の光学技術を結集した、高性能「Gレンズ」を搭載。小型サイズながら光学10倍、動画撮影時で広角29.8mm(*)を実現。また、静止画撮影時はさらに26.3mmの広角で撮影ができます。さらに、6枚羽根の虹彩絞りを採用しており、「アイリス優先」機能を使うことで被写界深度の浅い映像表現が可能です。

  • * 35mm換算値アクティブモードOFF時

撮像素子に「裏面照射技術」を採用。CMOSセンサー配線層を受光部の下部に配置することで、入射光を効率的に利用できるようになり、低照度で低ノイズ・高画質な撮影を可能にしました。

タテ・ヨコ2方向の光学式手ブレ補正に加えて、テレ端側では電子式補正で回転方向のブレも補正する「アクティブモード」を搭載。「スタンダードモード」に比べてワイド端で約10倍、テレ端では約2倍の補正効果が得られます。

  • ※ 電子式補正では、画角が変わります

AVCHD規格でのHD記録に加え、DVD-VIDEOと互換性の強いMPEG-2コーデックを使ったSD記録にも対応しています。

  • ※ プログレッシブ記録およびリニアPCM音声の記録・再生には対応しません

64GBの内蔵メモリーに長時間記録が可能なうえ、“メモリースティックPROデュオ”(Mark2)/“メモリースティックPRO-HGデュオ”またはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上)をメモリーカードスロットに差して記録できます(*)。

  • * メモリーカードと内蔵メモリーのリレー記録には対応していません

カムコーダー本体にステレオミニジャックで接続できる小型ガンマイク(ECM-CG1S)とレンズフード、高容量バッテリー NP-FV70を付属しました。

付属のUSBアダプター(VMC-UAM1)を使い、HXR-MC50J(*1)で撮影したファイルを、外付けハードディスクドライブ(*2)へ保存することができます。保存にはパソコンを使用する必要がなく、また保存された素材の確認もHXR-MC50Jの再生機能を使い、カムコーダーの液晶モニターまたはテレビを接続して確認することができます。

  • *1 HXR-MC50JをAC電源で駆動する必要があります
    *2 以下の条件を満たす外付けハードディスクドライブが使用できます。ただし条件を満たすすべての機器について動作を保証するものではありません
    ・USB2.0の規格を満たしているもの(USBハブ経由での接続には対応していません)
    ・2TB以下の容量(AC電源で駆動するタイプを推奨)
    ・FAT32でフォーマットされていること

・NightShot(ナイトショット)
本体装備の赤外線ライトを使って暗闇での撮影も可能です。
・3.5型“XtraFine”液晶にTruBlack技術を採用
TruBlack(トゥルーブラック)技術を採用、高コントラストで明るく、引き締まった黒を表示可能。写り込みも大幅に低減して約170度の視野角を確保しています。
・マニュアルボタンで自動/手動の切り換えなどが可能
マニュアルボタンに次の機能を割り当てることができます。
「FOCUS 優先」、「EXPOSURE 優先」、「IRIS 優先」、「シャッタースピード 優先」、 「AEシフト 優先」、「ホワイトバランスシフト 優先」
・GPS機能搭載
GPS機能により、動画や写真の撮影時に位置情報を記録することができます。
・おまかせオート搭載
カメラが自動で、顔認識・シーン認識・手ブレ検出の3種類の検出機能を組み合わせて約90パターンの撮影シーンから最適な設定を自動で設定します。

HXR-MC50Jに付属するWindowsパソコン用のアプリケーションソフトウェア「PMB」を使うことで、次の操作が可能となります。
・パソコンへの動画・静止画の取り込み
・取り込んだ動画・静止画の閲覧、編集
・ディスクの作成

カタログPDFダウンロード