space
space
Promedia 放送・業務用レコーディングメディア space
space
ヘッダー背景
ホームへ グローバルナビ背景 商品情報 グローバルナビ背景 技術情報 グローバルナビ背景 サポート グローバルナビ背景 FAQ/用語集 グローバルナビ背景 インタビュー グローバルナビ背景 button_blank
space
space
top背景 Site Map
トップイメージ
space
商品情報
space
全商品ラインナップ
商品&価格一覧
カートン入数一覧
テープ早見表
デジタルフォーマット一覧
この機器にはこのテープ
カタログダウンロード
関連ページリンク
価格表価格表
space space
デジタルフォーマット一覧デジタルフォーマット一覧
space space
この機器にはこのテープ この機器にはこのテープ
space space
カートン入数カートン入数
space space
ソニーテープの歴史 ソニーテープの歴史
space space
HDV長時間記録で拡がる運用 HDV長時間記録で拡がる運用(06. 6. 9)
space
MPEGフォーマットの説明MPEGフォーマットの説明
space space
ポイントHDVアンケートご協力のお願い(05.2.15)
space space
ポイント カタログ(PDF:896kB)
space space
ポイント テープ取り扱い注意事項(PDF:1.2MB)
space space
ポイント テープの保存方法
(PDF:312kB)
space space
ポイント テープの輸送方法
(PDF:312kB)
space space
ポイント 採用番組のご紹介
space space
ポイント 機器情報
space space
space
DigitalMaster
Digital Master
コンテンツの高画質化が進むなか、ローコスト制作のニーズに応えるHDVフォーマット。その美しいHD映像を確実に記録するために、数多くの新技術を投入し、当社のDVシリーズカセットとしては最高峰の特性を実現しました。二度と取り直しのきかないような撮影でも安心してお使いいただけます。また、業務用メディアとしてDVCAMと同等の耐久性がありますので、HDV機器にはもちろん、DVCAM機器用のマスターテープとしてもおすすめします。
*1 DVCAM記録にはDVCAMロゴの付いた「DVCAMシリーズ」「DigitalMasterシリーズ」をお使いください。
DV / HDV記録にはDVロゴおよびminiDVロゴのついたテープが使用できます。
HDVフォーマット記録におすすめの高い特性を実現
高密度・高効率 磁性体「ハイパーエバーティクルV」を新開発
DigitalMasterでは"Cosmicnano Technology"によるハイパーエバーティクルV磁性体を採用。信号が記録される磁区構造を微細化し、高密度で生成させることで、単位面積あたりの記録密度が飛躍的に向上しています。これにより、RF出力およびCNレベルが向上し、HDV記録に求められる十分なエラーレートマージンを確保しました。
ハイパーエバーティクル
図形をクリックすると拡大図が表示されます
低ドロップアウト
space
DigitalMasterは、従来に比べてドロップアウトを可能な限り低減させ、かつ ばらつきも最小限にとどめています。
右の分布図をご覧いただければ、DigitalMasterがいかに良好な状態であるか、ご確認いただけるでしょう。

低ドロップアウトグラフ拡大
space
space
space
space space space
エラーレートの低減
space
エラーレートはC/Nとドロップアウトに大きく影響されます。DigitalMasterは、C/Nの向上と、ドロップアウトの減少をはかることで、エラーレートを低く抑えています。
エラーレートマージンが大きく、悪条件でも映像・音声記録の余裕を確保しているDigitalMasterは、まさに「業務用マスタークォリティテープ」と呼ばれるにふさわしい記録特性を実現しています。
エラーレート特性 図形をクリックすると拡大図が表示されます
 
業務用制作に求められる高い耐久性を確保
新DLC(ダイヤモンドライクカーボン)保護層を採用
保護層を製膜するプロセスを発展させて、堅さとしなやかさを併せ持つDLC(Diamond Like Carbon)構造に進化させ、さらに高い耐久性を実現しました。
テープの同じ場所で一時停止(スタンバイ状態)にした場合、低温環境では弊社民生用HDVテープに比べて、約3倍の耐久性を実現しています。
DigitalMasterバックコート層 連続スタンバイスチル時間グラフ
図形をクリックすると拡大図が表示されます
新潤滑剤を採用
潤滑剤を新たに開発し、低く安定な摩擦特性を実現することで、テープダメージを低減し繰り返し走行時の耐久性を向上しています。
編集耐久性グラフ
図形をクリックすると拡大図が表示されます
走行安定性の進化
HDVに求められるより安定な走行特性を追い求め、従来のDigitalMasterで採用してきたバックコート層の材料をさらに進化させ、バックコート側と接触するガイドとの摩擦特性について最適となるバックコート材を新規開発しました。 プロフェッショナルに求められる広い活動範囲、過酷な環境 でも高いクオリティーの安定した走行を実現します。
●記録時間/テープ長
型名 記録時間(分) テープ長(m)
HDV/DV DVCAM
PHDV-276DM 276 184 315
PHDV-186DM 186 124 214
PHDV-124DM 124 82 143
PHDV-64DM 64 42 75
PHDVM-63DM 63 41 73
PHDVM-34DM 34 22 41
 
●物理特性
項目   単位 仕様
カセット外形寸法(W×H×D) STD mm 125×78×15
mini mm 66×48×12
ケース外形寸法(W×H×D) STD mm 94×139×20
mini mm 78×108×20
 ベース厚 μm 6.3
 バックコート厚 μm 0.5
 磁性層厚 μm 0.2
 テープ全厚 μm 7.0
 テープ幅 mm 6.35
 
●磁気特性
項目 単位 仕様
 保磁力(Hc) kA/m 125
 残留磁束密度(Br) mT 550
 角形比(Br/Bm) - 0.82
 
●ビデオ&オーディオ特性※
項目 単位 仕様
 RF再生出力 dB +1.5
 C/N dB +2.5
※ソニーリファレンステープと比較
D-1 D-1ページトップへ
D-1