HDV | HVRシリーズは「HDV規格」を活用した業務用映像制作機器です。

HDV規格・策定企業(50音順)

「HDV規格」とは、現在普及しているDV規格のカセットテープを使って、HDの映像と音声を記録・再生するための新しい映像規格。2003年9月、国内4社のビデオカメラメーカーを中心に策定されました。

[HDとSD]

HD=“High Definition”(高精細)の略。テレビ放送において、人間に効果的に臨場感を与えられるような走査線数(画質)、画面縦横比(画角)などを検討していくつかの方式が策定されている。一方で、従来のテレビ放送はSD=“Standard Definition”と呼ばれる。

HDTVとSDTVの比較

映像圧縮には、MPEG2 (15GOP)を採用

映像圧縮方式は、MPEG2MP@H14に準拠。また、HDV規格賛同メーカーより、対応ノンリニア編集システムの発売が表明されており、従来のDV編集のオペレーションと同じように、i.LINK接続によるフレーム単位のノンリニア編集が可能となります。一方で音声は 「MPEG1 Audio Layer II」を採用。16bit・384Kbpsで音楽CDと同等の音質となっています。

[強力なエラー圧縮能力]
「MPEG2」には、DV方式よりもデータの欠落による画質への影響が大きいという課題がありました。そのため、HDV規格では訂正符号量を増やし、複数のトラック間のエラー訂正方式とすることで、エラー能力を向上。データ欠落に対する耐性を強化しています。

1080iと720p。HDV規格の2つの記録フォーマット。

ちらつきの少ない表示が得られるHDV720p方式(プログレッシブ)と、動きのなめらかな表示が得られるHDV1080i方式(インターレース)。HDV規格には、2種類の記録フォーマットがあります。

HDV規格とDV規格の比較

画像フォーマットの記述方式

HDVは、DV規格のテープが使用可能

HDVはDV規格のカセットテープが使用可能です。HVRシリーズで採用したHDV1080i方式は、記録ビットレートは約25Mbps、テープ上の記録トラックピッチは10μmと、家庭用DV(SP)と同じです。したがって、テープに記録できる時間も家庭用DV(SP)と同じです。
一方で、業務用DVフォーマットである、DVCAMは、記録の信頼性や編集精度を高めるため、記録トラックピッチが15μmと、HDV/DV(SP)の 1.5倍となっています。その為、同じテープを用いてDVCAMで記録した場合の記録時間は、HDV/DV(SP)記録時の時間の3分の2になります。

CLOSE