システムのネットワーク化が進むとともに、ワークフローの中核的な役割を担うノンリニア編集機には作業効率の向上が要求されます。
XPRI NSは、コンピューターネットワークやサーバーシステムを活用したネットワーク制作環境における運用に主眼を置き、作業スピード、汎用性、安定性の向上を追及。
映像編集のワークフローをより一層効率化し、SDTVはもちろん、HDTV番組をはじめとする、幅広いコンテンツ制作で活躍します。

What’s XPRI NS

新開発ハードウェアで、MPEG HDフォーマットにネイティブ対応

新規に独自開発したハードウェアコーデックチップ採用の「MPEG HD/SD入出力ボード」を搭載しました。従来のソフトウェアでのエンコード/デコードに加え、ハードウェアでコーデック処理することにより、レスポンスを最大限にまで高めつつ、精度の高いフレーム編集が可能となりました。快適なMPEG HDフォーマット編集を実現します。

処理速度の向上により、次世代ワークフローへの対応も可能

これからの映像編集の現場では、ファイル出力は重要な納品形態であるとソニーは考えます。これまでは、VTRへ出力する際、リアルタイムエフェクトを30フレーム/秒でSDI出力することは可能でした。しかし、ファイル転送の場合は、それ以上のパフォーマンスが必要となります。また、XPRI NSは汎用ワークステーションを採用しているため、CPUおよびGPUのパフォーマンスが向上した際には、さらなる処理速度の向上が見込めます。

これからのネットワーク制作環境に欠かせない、MPEG HDフォーマット

目的に応じてさまざまなカメラやフォーマットで撮影された素材を、効率よく配信/納品/保存するには、従来の映像/音声信号のほかに、ネットワークでファイルを転送/共有し、作業効率を上げる必要があります。そのため、現在汎用的に使用されているネットワークインフラでも効率よく転送でき、かつ将来的にシステム拡張も可能なフォーマットとして、「MPEG HD」を採用しました。

↑ PAGE TOP

MPEG HDフォーマットのメリット

XPRI NSで採用しているMPEG HDフォーマットは、XDCAM HDにも採用されているMPEG-2 MP@HLコーデックです。最高画質で35Mbps、従来のHDクオリティーファイルに比べ、時間尺に対するファイル容量を軽減できます。ネットワークでの転送や保存を快適に行うためには、ファイル容量の軽減は特に重要な要素となります。

【MPEG-2 Long GOP/Short GOP】

MPEG-2圧縮には、複数のフレームにまたがって圧縮するLong GOPと呼ばれる方式と、1フレームごとに圧縮するShort GOP/イントラフレームと呼ばれる方式があります。

MPEG-2Long GOPは、高い圧縮率を実現するために、1枚のフレーム内で圧縮が完結しているイントラフレーム(Iフレーム)をもとに、前後の映像(Pフレーム、Bフレーム)を、Iフレームや別のPフレームとの差分データからの計算により再現することで、動画として再生させています。Iフレームから次のIフレームまでにあるフレームを1組と考え、これをGOP(Group of Pictures)と呼びます。

PフレームやBフレームは、データ量がIフレームに比べて小さいため、GOPを長くすれば(Long GOP)映像の圧縮率を高くすることができ、デジタル放送の送出やDVDビデオなどでの利用に適しています。一般的には15フレームを1グループとした圧縮を15GOP(Long GOP)と呼んでいます。

一方、Short GOP/イントラフレーム方式では、Iフレームのみを用いた圧縮を採用し、フレーム精度での編集コントロールを実現していますが、映像の圧縮率は低くなります。

Long GOPの例

1GOP=イントラフレーム方式


↑ PAGE TOP