本文へ

法人のお客様>プレスリリース・新着情報>お知らせ詳細

お知らせ

2015年11月13日
2015年12月22日改訂

新商品

旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルを発売
−大学での講義収録から、会議場、ホール、企業の会議室まで、さまざまな映像の有効活用に向けて−

 ソニーは、旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルとして、フルHD(1920×1080)かつ60フレーム/秒での映像出力に対応し、動きのある被写体を高画質でなめらかに撮影できる、旋回型リモートカメラ『SRG-360SHE』を発売します。

 従来、旋回型リモートカメラは、映像制作用途として展開されてきましたが、大学や専門学校、会議場、ホール、教会など、映像コンテンツを遠隔地配信や二次利用する撮影シーンにおいても、人手を要することなく広範囲を撮影可能な旋回型リモートカメラの活用が進んでいます。
 ソニーは、映像制作用カメラの開発で培った高画質映像技術や独自技術を搭載した本機を、この新たな市場にも導入していくことにより、さまざまな映像資産の多様な活用をさらに推進します。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
旋回型リモートカメラ『SRG-360SHE』 2016年2月中旬
2016年4月中旬
490,000円+税
 本機は、フルHDの高画質に加え、1/2.8型Exmor® CMOSイメージセンサーを搭載し、60フレーム/秒での映像伝送を実現しました。動きのある被写体の残像を抑え、講義中の講師の動きや表情もしっかりとらえます。
 逆光時などのコントラストを補正し視認性を大きく向上させるワイドダイナミックレンジ機能「View-DR」を搭載しており、明所/暗所/逆光時など設置環境に左右されず、黒つぶれ・白とびを抑制した高感度で高精細な撮影を可能とします。
 また、本機は、業界最高クラスの30倍光学ズームレンズを搭載しました。大学の大講堂での講義など、広い会場における収録でも使用できます。収録した講義の映像は、リアルタイムで分校に配信することに加え、後にアーカイブ映像として校内外において学生が視聴するソリューションの提案も可能です。

 ソニーは、2004年に業界で初めて映像制作用の旋回型カメラを発売して以来、放送局やブライダル映像制作 、イベント収録などの小規模映像制作においてさまざまな映像ソリューションを提案しております。
 この度、フラッグシップとして本機を導入することにより、より多彩なラインアップ展開で、大講堂から企業の会議室まで、さまざまな映像資産の多様な活用を推進してまいります。

■『SRG-360SHE』の主な特長

  1. 高精細、高フレームレート撮影に対応

 1/2.8型 Exmor CMOSイメージセンサーを搭載し高精細な映像を撮影します。また、60フレーム/秒での映像伝送可能です。

  1. 旋回型カメラとして業界最高クラスの光学30倍ズーム

 遠く目立たない場所からでも十分にズームして撮影できるため、カメラの存在を感じることなく授業や講演を実施できると共に、設置の柔軟性を実現します。

  1. 多彩なインターフェース

 HD SDI (3G-SDIも対応)、HDMIおよびIPの3種類のビデオ出力を搭載しており、さまざまな周辺機器に対応可能です。そのすべてでフルHD(1920×1080)かつ60フレーム/秒の映像伝送に対応します。
 RS422接続用には、VISCA*1ケーブルの接続端子としてRJ45を採用し、接続・設置の簡易化を図ります。

  • *1 VISCA(ビスカ)はソニーが開発したコンスーマーカムコーダーなどを制御するプロトコルです。VISCAはソニーの商標です。
  1. クラス最高レベルの旋回性能の実現とトレースメモリー機能の搭載

 新メカニズムの搭載により、旋回とズームの同期性能を向上しました。(SRGシリーズ従来機種比) さらにより細かな動きに追随するため、通常モードに低速モードを追加しました。
 また、高額なコントローラーを使わずに簡易型ジョイスティックリモートコントローラーRM-IP10の動きをワンタッチで記録できるトレースメモリー機能を搭載し、ボタン操作だけで、ジョイスティックによる操作と同じ軌跡の再生を可能にしました。

  1. PoE+対応

 PoE+に対応し、電源工事の簡素化、設置工事コストの低減、省ケーブルに貢献します。

  1. 「View-DR」により、高いダイナミックレンジを実現

 「View-DR」は、1フレーム内でシャッタースピードが異なる複数枚の画像を合成し、同時に明暗部コントラスト補正機能(VE:ビジビリティーエンハンサー)を組み合わせることで、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させるソニー独自のワイドダイナミックレンジ機能です。さまざまな照度環境でも映像の白とびや黒つぶれを抑えます。

  1. 16種類のプリセットポジション機能を搭載

 よく使う旋回カメラポジション(パン、チルト、ズームなど)を最大16種類*2までメモリーできる「プリセットポジション」機能を搭載しました。記憶したポジションを呼び出すことで、都度のカメラ操作に煩わされることなく、同じ設定での映像を自動的に撮影できます。

  • *2 VISCA(*1)使用の場合。

 またWEBコントローラー利用の場合には最大256か所までのプリセット・サムネイル表示が可能になります。

  1. 充実のオーディオ性能

 AAC(Advanced Audio Coding)を採用し、高音質な音声記録を可能にします。RTSP方式の採用によりリアルタイム性を強化し、講義収録等で重要となる音声と画像の遅延を最小化しました。
 ステレオ入力、簡易イコライザー、オートレベルコントロール対応で多彩な音声収録が可能です。

  1. SRGシリーズで初のタリーランプを搭載

 大型のタリーランプ搭載により、マルチカメラ操作時にON AIRカメラの確認が容易になりました。

■お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

■ソニー製品情報
ページトップへ