法人のお客様 CATVソリューション 番組自動送出システム SWEV-X100

信頼の技術でケーブルテレビ局の4K&HD放送を支える
ソニーのCATVソリューション

番組自動送出システム SWEV-X100

番組自動送出システムSWEV-X100はコミュニティチャンネルのHD放送に加えて、次世代の放送システムである4K放送の混在運用も1システムで構築可能です。
HD放送の多チャンネル運用や4K放送との混在運用での効率化を図るため、番組コンテンツ管理機能(CMS)も標準装備し、先進的なファイルベース運用を実現しています。

4K & HD送出とCMSによる先進的なファイルベースオペレーションを実現する
番組自動送出システム
4K&HD
  • 1システムによる4K&HD送出に対応
  • 4K&HDのサイマル送出に対応
  • 4K番組素材のコンテンツ管理を標準装備
APC+CMS
  • 番組送出機能(APC)に加えて、番組コンテンツ5万件の管理機能(CMS)も標準装備
  • 番組コンテンツのエクスポート機能により、さまざまな活用に対応
Multi&Auto
  • 複数端末による16チャンネル同時編成への対応
  • 最大32操作端末による同時アクセス
  • 番組編成データと連携した送出サーバーへの番組コンテンツ自動転送
Safety
  • 24時間365日のリモート監視&専任スタッフの有人対応
  • XDCAM Station(送出サーバー)の冗長化対応
  • 最新のOS(Windows10 Pro)に対応

4K&HD

4K&HDのサイマル放送運用

SWEV-X100標準ソフトに4K対応オプションを追加することで、4K送出サーバーと4Kルーティングスイッチャーの制御に対応。また、4KアップコンバーターとHDダウンコンバーターを追加することで、4K番組コンテンツをHD放送に、HD番組コンテンツを4K放送に出力するサイマル放送にも対応可能。

APC+CMS

CMS機能を標準搭載

SWE-X100は番組自動送出機能(APC)に加え、約5万件のコンテンツを管理が可能な番組自動コンテンツ管理(CMS)を標準装備しています。
また、プレイリストに基づいて番組コンテンツサーバーから送出サーバーにコンテンツを自動転送できるため、運用を効率化し、誤操作のリスクを低減します。

Multi&Auto

CMS管理のコンテンツサーバーから送出サーバーへの番組コンテンツ自動転送

プレイリスト編成で登録された番組コンテンツは、送出時間の24時間前(初期設定により時間変更可能)に番組コンテンツサーバーから送出サーバーに自動転送されます。自動転送時に必要な番組コンテンツがCMSに登録されていない場合は、番組コンテンツが登録された時点で自動転送します。
また、最大32台の操作端末から、最大16チャンネルのプレイリスト(送出16チャンネル・収録16チャンネル)の同時編成にも対応しています。

Safety

24時間365日全国サポートの保守サービス

番組自動送出システムSWEV-X100は24時間365日の保守サービスプログラムを別途ご用意しています。
お客様と弊社CATVサポートセンターをビジネス向けに特化した、信頼性の高いソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のマネージド型インターネットVPNにて接続し、番組送出システム全体の24時間365日の常時リモート監視に対応します。

XDCAM Station(送出サーバー)の冗長化

XDCAMプロフェッショナルメディアステーション「XDCAM Station」をHD送出サーバーとしてシステム構築した場合、オプションソフトウェアにより、 XDCAM Station 2台の冗長化構成に対応可能です。
冗長化構成は送出チャンネル毎に構築可能なため、段階的なシステム構築にも対応できます。