法人のお客様 教育ICTソリューション デジタルペーパーLMS連携

デジタルペーパーを活用することで、「書きながら考える/考えを整理する/理解する」という学びの基本をLMS(ラーニングマネジメントシステム)と連携させることが可能です。
手書きしたものを無線LAN経由で教員と学生がやりとりしたり、手書きによる学修履歴をポートフォリオとして蓄積したりすることができます。
また、手書きによる教員とのコミュニケーションは、個々の学生の理解度を的確に把握することにつながる他、講義の内容や方法の改善と向上にも貢献。
さらに、教員の添削作業の効率化やペーパーレス化も実現します。

講義やゼミでの活用

「手書き」によるリアクションペーパーやレポートを、無線LAN経由で教員⇔学生間でやりとりすることができます。
「手書き」によるコミュニケーションが活性化することで、個々の学生の理解度を的確に把握することにつながり、講義内容や方法の改善、向上(FD活動)にも貢献します。

教員の添削作業の効率化、ペーパーレス化

学生への講義資料やレジュメ、課題の配付、レポートやテストの回収はLMSを通して行い、配付、回収にかかる作業を効率化します。
デジタルペーパーを利用することで、学内のペーパーレス化にも寄与します。
教員はLMSからデジタルペーパーに学生からの提出物を取り込むことができ、"紙"のように添削作業を進め、学生にフィードバックすることができます。「手書き」によるフィードバックは学生の学修意欲を促進し、学修環境の質的向上にもつながります。