IPELA
ネットワークカメラ/防犯・監視システム

最大フレームレート60フレーム/秒、最低被写体照度0.1ルクスを実現。高画質、高性能なフルHD対応ボックス型ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

SNC-VB630

希望小売価格190,000円+税
  • 付属:CD-ROM(付属プログラム)×1、落下防止用ワイヤーロープ×1、段付きネジM4×1、電源用コネクター(2P)×1、保証書(冊子)×1、設置説明書×1、安全のために×1

  • スタンダードなボックス型のネットワークカメラです。
  • 新規開発の画像処理エンジン採用により、HD映像を60フレーム/秒のフレームレートで出力できます。※ シングルコーデック時
  • 解像度1920×1080ピクセルのフルHD映像出力に対応したネットワークカメラです。
  • 映像圧縮方式はJPEG方式とH.264方式に対応し、最大3種類の設定による映像ストリームの同時配信が可能です。
またH,264は従来のベースラインプロファイルに加え、新たにメインプロファイル、ハイプロファイルに対応しています。
  • 1/2.9型“Exmor”(エクスモア)CMOSイメージセンサーを搭載しています。
  • 焦点距離を任意に変更できるレンズを搭載しています。
  • 音声入出力端子を装備し、音声双方向通信が可能です。
  • あらかじめカメラ本体に保存した音声ファイル(3種類まで可能)をセンサー入力や動体/不動体検知などによって再生することができます。
  • 動体検知機能を搭載しています。
※ ネットワークカメラ SNC-CS10/CS11/P1/P5/RZ25NはMPEG-4設定時のみ有効です
※ カメラーサーバーは、各チャンネルごとに独立した動体検知機能を搭載しています
  • 日没間際など、照度が足りない環境ではカメラ内蔵のIRカットフィルターを外して感度を上げることにより、低照度環境でも周囲の状況を確認することがきます。映像はモノクロになります。
  • 1フレーム内でシャッタースピードの異なる2枚または4枚の画像を合成。同時に明暗部コントラスト補正機能を組み合わせることで、逆光時や低照度時の撮影において、明部/暗部の視認性を向上させることができます。
  • Power Over Ethernetの略。IEEE802.3afに準拠した電源供給ユニット(PoEインジェクターまたはPoE HUB)からネットワークケーブルを介して電源供給が可能です。ネットワークケーブル1本でカメラやカメラサーバーに電源供給できるため設置の自由度が向上します。
  • オープン・ネットワーク・ビデオ・インターフェイス・フォーラム(ONVIF)の定めるネットワークビデオ製品インターフェイスの標準仕様に準拠しています。※ SNC-VB630/VB600/VB600B/VM630/VM600/VM600Bはファームウェアバージョン1.4以降にて対応

カタログPDFダウンロード