愛情点検のおすすめ

愛情点検
愛情点検のおすすめ

愛情点検は、万一の製品異常を発見できるよう、日頃のお手入れによるセルフチェックのおすすめです。

  • ご購入(設置時)

    取扱説明書の「安全のために」をよく読みましょう。

  • お手入れ(1ヶ月に1回)

    こまめな掃除でほこりを溜めないようにしましょう。 (特に電源プラグやコンセント)

  • 点検(1年に1回)

    取扱説明書の「こんな症状はありませんか」などに従って、1年に1回のセルフチェックをしましょう。

  • 故障したら(相談・修理)

    ご使用を中止し、電源プラグをコンセントから抜いて、お買い上げ店またはソニー相談窓口に修理をご依頼ください。

製品を安全に正しくお使いいただくために

定期的にチェックしましょう

    • コンセントと電源プラグの間にほこりがたまっていないか
    • プラグがしっかり差し込まれているか
    • 電源コードに傷みがないか

故障したら使わない

  • こんな症状はありませんか

    • 動作がおかしい
    • 異常な音やにおいがする
    • 内部に水、異物が入った
    • 煙が出たら
    • 製品を落としたり、キャビネットなどが破損したとき
    • 充電池が破損したり、液漏れしたら
  • →
    ↓
  • 万一、異常が起きたら

    電源を切る

    電源プラグをコンセントから抜く。
    充電池をはずす

    お買い上げの店または
    ソニー相談窓口 に修理を依頼する

お手入れについて

はじめに

  • 雷が鳴り出したら、製品、アンテナ線や電源プラグに触れない

    落雷により、感電することがあります。 雷が予測されるときは、電源プラグ、USBケーブルなどをすべて抜いてください。

  • 接触禁止マーク
  • お手入れの際、まず電源プラグを抜く

    電源プラグを差し込んだままお手入れをすると、思わぬ事故や感電の原因となることがあります。

  • 電源プラグをコンセントから抜くマーク

外装/キャビネットのお手入れ

  • 汚れのひどいときは、水で少し湿らせた布で拭いたあと、さらに乾いた布で水気をふいてください

  • 指示マーク
  • テレビの下は柄つきモップなどを使用してください。狭いので手を入れて掃除しないでください

  • 指示マーク

次のことを必ずお守りください。

  • 液晶画面に直接水や洗剤をかけない

    吹きかけた水や洗剤がたれて、故障する場合があります。

  • 禁止マーク
  • シンナー、ベンジン、アルコールなどの化学薬品類を使用しない

  • 禁止マーク

カメラのお手入れと保管

液晶モニターのお手入れ

  • 指紋やゴミが付いて汚れたときは、表面のごみなどをやさしく取り除いてから、柔らかい布などを使ってきれいにすることをおすすめします
  • 手の脂、ハンドクリーム等が付いたままにするとコーティングが剥がれやすくなりますので、早めに拭き取ってください
  • ティッシュペーパーなどで強く拭くとコーティングに傷がつくことがあります

レンズのお手入れと保管

  • 次の時は必ず柔らかい布などでレンズの表面をきれいに拭いてください
    -
    レンズ面に指紋などが付いたとき
    -
    高温多湿の場所や海岸など塩の影響を受ける環境で使用したとき
  • 風通しの良い、ゴミやほこりの少ない場所に保管してください
  • カビの発生を防ぐために、お手入れは定期的に行ってください
  • レンズ面を清掃するときは、市販のブロアーでほこりを取り除いてください。汚れがひどい場合は、柔らかい布やレンズティッシュにレンズクリーナーを染みこませ、レンズ中央から円を描くように軽く拭いてください。レンズクリーナーを直接レンズ面にかけないでください

ウォークマン®のお手入れ

本体表面の汚れ

  • 柔らかい布(市販のめがね拭きなど)を使って拭いてください
  • 汚れがひどいときは、薄い中性洗剤溶液をしめらせた布で拭いてください
  • シンナーやベンジン、アルコールなどは表面の仕上げを痛めますので使わないでください
  • 内部に水が入らないようにご注意ください

WM-PORT端子内のほこり

WM-PORT端子に入ったほこりを取り除くときは、乾いた柔らかい布を使ってください。
水分を含んだ布を使用したり、息を吹きかけてほこりを飛ばしたりすると、金属端子に故障の原因となるサビを発生させてしまいます。
WM-PORTキャップが付属している製品をお使いの場合、WM-PORTキャップが水やほこりの進入を予防しますので、ご活用ください。
取り付け方は取扱説明書をお読みください。

ケースと本体の間の汚れ

ケースをご使用になっている方は、ときどきケースを外して清掃することをお勧めします。 ケースと本体の間に溜まったほこりが、湿気を留めてしまう場合があるためです。

イヤーピースのお手入れ

ヘッドホンからイヤーピースをはずし、うすめた中性洗剤で手洗いしてください。洗浄後は、水気をよくふいてからご使用ください。

●イヤーピースのはずしかた

ヘッドホンを押さえた状態で、イヤーピースをねじりながら引き抜いてください。
イヤーピースが滑ってはずれない場合は、乾いた柔らかい布でくるむとはずれやすくなります。

●イヤーピースのつけかた

イヤーピースがはずれて耳に残らないよう、イヤーピースの?が、ヘッドホンの突起部分にある?の位置にくるまで押し込んでしっかりつけてください。

愛情点検

長年ご使用のテレビの点検を!

  • こんな症状はありませんか

    • 電源コードやプラグが異常な熱を持っていませんか
    • 異常な熱や煙が発生したり変な臭いや音(パチパチ)がしませんか
    • 電源を入れても画像や音が出ないことがありませんか
    • 故障状態のまま使用していませんか
  • →
    ↓
  • すぐに電源プラグを抜いて使用を中止し、故障や事故の防止のために、お買い上げ店またはソニー相談窓口 にご相談ください。

お買い上げ時とそのあと1年に1度は取扱説明書の「長年ご使用のテレビの点検を!」の症状がないかを点検してください。
内部にほこりがたまったまま長い間掃除をしないと、火災や故障の原因となることがあります。
湿気の多くなる梅雨期の前に掃除を行うと、より効果的です。
通風孔付近にほこりが付着するときがありますが、掃除機などで1か月に1度、ほこりを吸い取ることをおすすめします。
なお、1年に1度は内部の掃除を、5年に1度の点検をお買い上げ店またはソニー相談窓口にご依頼ください(有料)