製品の上手な使い方

ハンディカム®、アクションカムの「上手な使い方について」

このような使い方をしていませんか

  • 運転中に使用しない

    自動車、オートバイなどの運転をしながら、撮影、再生をしたり、液晶モニターを見ることは絶対おやめください。交通事故の原因となります。

  • 禁止マーク
  • 撮影時は周囲の状況に注意をはらう

    周囲の状況を把握しないまま、撮影を行わないでください。事故やけがなどの原因となります。

  • 禁止マーク
  • カメラやマウントは運転操作の妨げとなる場所に付けない

    運転操作や前方の視界を妨げる場所に取り付けないでください。事故やけがの原因となります。

  • 禁止マーク
  • アクション中は画面を注視しない、設定変更をしない

    自動車、オートバイ、自転車などの運転をしながら、モニター画面を注視したり、ライブビューリモコンやカメラを操作することはおやめください。交通事故の原因となります。

  • 禁止マーク
  • カメラやマウントは確実に取り付ける

    カメラやマウントは取扱説明書に従って確実に取り付けてください。正しく取り付けないと、落ちるなどして事故やけがの原因となります。

    取り付け例です。

    詳しくは取扱説明書をお読みください

  • 指示マーク
  • 電池やショルダーベルト、ストラップを正しく取り付ける

    正しく取り付けないと、落下によりけがの原因となることがあります。また、ベルトやストラップに傷がないか使用前に確認してください。

  • 指示マーク
  • 指定以外の電池、ACアダプター、バッテリーチャージャーを使わない

    火災やけがの原因となることがあります。

  • 禁止マーク
  • 長時間、同じ持ち方で使用しない

    • 使用中に本体が熱いと感じなくても皮膚の同じ場所が長時間触れたままの状態でいると、赤くなったり水ぶくれができたりなど低温やけどの原因となる場合があります
    • 以下の場合は特にご注意いただき、三脚などをご利用ください
      -
      気温の高い環境でご使用になる場合
      -
      血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合
  • 禁止マーク
  • 使用中は機器を布で覆ったりしない

    熱がこもってケースが変形したり、火災、感電の原因となることがあります。

  • 禁止マーク
  • 通電中のACアダプター、バッテリーチャージャー、充電中のバッテリーや製品に長時間ふれない

    長時間皮膚が触れたままになっていると、低温やけどの原因となることがあります。

  • 禁止マーク
  • フラッシュ、ビデオライトなどの撮影補助光を至近距離で人に向けない

    • 至近距離で使用すると視力障害を起こす可能性があります。特に乳幼児を撮影するときは、1m以上はなれてください
    • 運転者に向かって使用すると、目がくらみ、事故を起こす原因となります
  • 禁止マーク
  • レンズや液晶モニターに衝撃を与えない

    レンズや液晶モニターは、強い衝撃を与えると割れて、けがの原因となることがあります。

  • 禁止マーク
  • プロジェクター発光部を直接のぞかない

    (プロジェクター機能搭載モデル)

    投影中にプロジェクターのレンズをのぞくと強い光が目に悪影響を与えることがあります。

  • 禁止マーク
  • 分解や改造をしない

    火災や感電、けがの原因となることがあります。
    内部の点検や修理はお買い上げ店またはソニー相談窓口にご依頼ください。

  • 分解禁止マーク
  • ぬれた手で使用しない

    感電の原因になることがあります。

  • ぬれ手禁止マーク
  • 内部に水や異物(金属類や燃えやすい物など)を入れない

    万一、水や異物が入ったときは、ソニー相談窓口にご相談ください。

    • すぐに電源を切り、電池を取り出してください
    • ACアダプターやバッテリーチャージャーなどもコンセントから抜いてください
  • 水ぬれ禁止マーク
  • 機器本体や付属品、メモリーカードは、乳幼児の手の届く場所に置かない

    電池などの付属品や、メモリーカードなどを飲み込むおそれがあります。乳幼児の手の届かない場所に置き、お子様がさわらぬようご注意ください。万一、飲み込んだ場合は、直ちに医師に相談してください。

  • 禁止マーク
  • 不安定な場所に置かない

    ぐらついた台の上や傾いた所に置いたり、不安定な状態で三脚を設置すると、製品が落ちたり倒れたりして、けがの原因となることがあります。

  • 禁止マーク
  • 下図の部分をつかんで持たない

    (ハンディカム®の一例です)

  • 禁止マーク
  • 使用や保管してはいけない場所

    次のような場所に置かないでください。

    • 異常に高温、低温または多湿になる場所
      炎天下や熱器具の近くや、夏場の窓を閉め切った自動車内は特に高温になり、放置すると変形したり、故障したりすることがあります。
    • 激しい振動や強力な磁気のある場所
      故障の原因になります。
    • 強力な電波を出す場所
      正しく撮影できないことがあります。
    • テレビ、ラジオなどのチューナーの近く
      雑音が入ることがあります。
    • 砂地、砂浜や砂ぼこりの多い場所
      砂がかかると故障の原因になるほか、修理できなくなることもあります。
    • 液晶モニターやファインダー、レンズが太陽に向いたままとなる場所(窓際や室外など)
      液晶モニター内部やファインダーを傷めます。
  • 注意マーク
  • 防水性能に関する注意

    水中・水辺で使用する前には、防水パッキンや防水パッキンの当たる面に傷やゴミ、砂粒、毛髪、ほこり、塩、糸くずなどが付着していないかを充分確認し、ある場合は柔らかい布で必ず取り除いてください。正しく取り扱わないと、水没の原因となります。

  • 注意マーク
  • フラッシュ、ビデオライトご使用上の注意

    • 点灯したまま放置しない
    • 使用中に紙や布などの燃えやすいものを近づけない
    • ビデオライトの点灯中および消灯直後のランプに触らない
    • 指定以外のランプを使用しない
    • 可燃性/爆発性ガスのある場所でフラッシュまたは、ビデオライトを使用しない
  • 注意マーク
  • ACアダプターについて

    • ACアダプターは手近なコンセントを使用してください
      製品を使用中、不具合が生じたときはすぐにコンセントからプラグを抜き、電源を遮断してください
    • ACアダプターを壁との隙間などの狭い場所に設置して使用しないでください
    • ACアダプターのDCプラグやバッテリー端子を金属類でショートさせないでください。故障の原因になります
    • ACアダプターを製品本体から抜くときは、DCプラグと製品本体を持って取り外してください
  • 注意マーク
  • 電源コードについて

    製品付属の電源コードは専用です。他の電気機器では使用しないでください。

  • 注意マーク
  • 電池や付属品、メモリーカード、アクセサリーなどを取り外すときは、手をそえる

    電池やメモリーカードなどが飛び出すことがあり、けがの原因となることがあります。

  • 指示マーク
  • HDMIケーブルについて

    • HDMIケーブルはHDMIロゴがついているものをお使いください
    • カメラ側はHDMIミニコネクタやHDMIマイクロコネクタ、テレビ側はテレビの端子にあったプラグのHDMIケーブルをお使いください
    • 著作権保護のための信号が記録されている映像を、製品本体のHDMI OUT端子から出力できません
    • 一部の機器では、映像や音声が出ないなど正常に動作しない場合があります
    • カメラと接続機器の出力端子同士を接続しないでください。故障の原因となります
  • 指示マーク
  • メモリーカード・内蔵メモリーについて

    • 次の場合、画像ファイルが破壊されることがあります。破壊された場合、内容の補償についてはご容赦ください
      -
      画像データの読み込み中やデータの書き込み中(アクセスランプが点灯中および点滅中)にビデオカメラの電源を切ったりした場合や、メモリーカードを取り出した場合
      -
      静電気や電気的ノイズの影響を受ける場所で使った場合
    • 大切なデータは、パソコンのハードディスクなどへバックアップを取っておくことをおすすめします
  • 指示マーク
  • メモリーカードについて

    • メモリーカード本体およびメモリーカードアダプターにラベルなどは貼らないでください
    • 端子部に触れたり、金属を接触させたりしないでください
    • 強い衝撃を与えたり、曲げたり、落としたりしないでください
    • 分解したり、改造したりしないでください
    • 水にぬらさないでください
    • 小さいお子さまの手の届くところに置かないようにしてください。誤って飲み込むおそれがあります
    • メモリーカードスロットには、対応するサイズのメモリーカード以外は入れないでください。故障の原因となります
    • 次の場所での使用や保管は避けてください
      -
      高温になった車の中や炎天下など気温の高い場所
      -
      直射日光のあたる場所
      -
      湿気の多い場所や腐食性のものがある場所
  • 指示マーク
  • 結露について

    結露とは、製品を寒い場所から急に暖かい場所へ持ち込んだときなどに、本体内に水滴が付くことで、故障の原因になります。

    結露が起きたときは

    電源を入れずに、結露がなくなるまで(約1時間)放置してください。

    結露が起こりやすいのは

    次のように、温度差のある場所へ移動したり、湿度の高い場所で使うときです。

    • スキー場のゲレンデから暖房の効いた場所へ持ち込んだとき
    • 冷房の効いた部屋や車内から暑い屋外へ持ち出したとき
    • スコールや夏の夕立の後
    • 温泉など高温多湿の場所

    結露を起こりにくくするために

    ビデオカメラを温度差の激しい場所へ持ち込むときは、ビニール袋に空気が入らないように入れて密封します。約1時間放置し、移動先の温度になじんでから取り出します。

  • 指示マーク
  • 海外で充電する

    取扱説明書の内容をよくお読みください。電源コンセントの形状の異なる国や地域では、電源コンセントに合った変換プラグアダプターをあらかじめ旅行代理店でおたずねの上、ご用意ください。電子式変圧器(トラベルコンバーター)は使わないでください。故障の原因となることがあります。

    〈海外のコンセントの種類〉

  • 指示マーク
  • バッテリーを長期間使用しないときは

    • 機能を維持するために1年に1回程度満充電にしてビデオカメラで使い切ってください
    • バッテリーを取り外して、湿度の低い涼しい場所で保管してください
  • 指示マーク
  • 長期間使用しないときは、電源を外す

    長期間使用しないときは、電源プラグをコンセントから外したり、電池を本体から外して保管してください。火災の原因となることがあります。

  • 電源プラグをコンセントから抜くマーク

ワイヤレス機能のご使用上の注意 (ワイヤレス機能搭載モデル)

  • 病院などの医療機関内、医療用電気機器の近くではワイヤレス機能を使用しない

    電波が影響を及ぼし、誤動作による事故の原因となるおそれがあります。

  • 禁止マーク
  • 航空機内で使用する場合は、客室乗務員の指示に従う

    電波が影響を及ぼし、誤動作による事故の原因となるおそれがあります。

  • 禁止マーク
  • 心臓ペースメーカーの装着部位から離して使用する

    電波によりペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。
    詳しくは取扱説明書をお読みください。

  • 指示マーク
  • 製品を使用中に他の機器に電波障害などが発生した場合は、ワイヤレス機能の使用を中止する

    電波が影響を及ぼし、誤動作による事故の原因となるおそれがあります。

  • 指示マーク