電源プラグ・コードの点検

取扱説明書の「安全のために」などをよく読んで、正しくお使いください。

ご存じでしょうか? “トラッキング現象”

コンセントに電源プラグを差し込んだままにするとほこりがたまり、ほこりが呼び込んだ湿気により差し込みプラグの両極の間に微弱の電流が流れ、火花放電を繰り返します。そのため樹脂部分が徐々に炭化し「トラック」と呼ばれる電気の道をつくる現象です。プラグの両極間に電気が流れて放電により発火する場合があります。
火災の原因になることがあり危険です。

  • 1.ほこりがたまる
  • →
  • 2.ほこりが湿気を吸う
  • →
  • 3.スパークが起こり、電気プラグの一部が炭化する
  • →
  • 4.発火する
定期的に電源プラグを抜き、乾いた布でほこりを取り除いてください
トラッキングが起こる工程
定期的に電源プラグを抜き、乾いた布でほこりを取り除いてください

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)の動画「トラッキング現象」はこちら

“電源プラグ・電源コード“点検のお願い

こんな状態ではありませんか

  • 電源コードを曲げると、
    電源が切れたり入ったりする

  • 電源プラグの刃が変形している

  • 電源コードの一部が熱い

  • 電源コードに傷みがある

  • ※電源コードの傷みの例

    • 折れ曲がっている

    • へこんでいる

    • 被覆の傷み

  • このような症状を見つけたら、
    お買い上げの店またはソニー相談窓口に修理をご依頼ください。

定期的にチェックしましょう

  • 電源プラグにほこりがたまっている

  • 禁止マーク
  • 熱器具に近づけない

  • 禁止マーク
  • 電源プラグや電源コネクターの差し込みが緩い

  • 禁止マーク
  • 電源コードが製品や壁や棚の間にはさみ込んだり、重いものをのせない

  • 禁止マーク
  • 子どもの遊び場所や通路の引き回しに注意する

  • 禁止マーク
  • 電源コードをステップルなどで固定しない

  • 禁止マーク

取り扱いに注意しましょう

  • 電源コードを巻いたり、束ねたまま使用しない

    電源コードが熱をもって危険です。
    必ず電源コードは伸ばしてお使いください。

  • 禁止マーク
  • タコ足配線はしない、必ず定格容量を守る

    火災の原因となります。

    NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)の動画「タコ足接続」はこちら

  • 禁止マーク
  • 電源コードは引っ張らない

    コードの芯線が切れたり、ショートなどを起こします。

    必ず電源プラグを持って抜いてください。

  • 禁止マーク
  • ぬれた手で電源プラグにさわらない

    感電の原因となることがあります。

  • ぬれ手禁止マーク
  • 雷が鳴り出したら、製品や電源プラグには触れない

    感電の原因となります。

  • 接触禁止マーク
  • 電源コードを加工したり、傷つけたりしない

  • 禁止マーク
  • アース線のある電源プラグは必ずアースを接続する

    (アース線搭載モデル)

  • アース線を必ず接続せよ
  • 水まわり場での使用には注意する

  • 注意マーク